ITライフハック

東北地方太平洋沖地震

電力確保でガスタービンを増設へ!東電"あらゆる努力をする"

東日本大震災に伴う原子力発電所の事故により、一部の地域では夏の電力確保が心配されている。そうした状況を踏まえ、東京電力が新たな展開を開始した。

続きを読む

ソフトバンク、被災したユーザーの利用料を減免

東日本大震災で被災した人に対して、キャリア各社は様々な取り組みをしている。ソフトバンクもそうしたキャリアのひとつだ。そんな同社が東日本大震災および長野県北部の地震により、被災・避難したユーザーの利用料金等の無償化を明らかにした。

続きを読む

東日本大震災が襲い掛かる!そのとき女川原子力発電所は



東日本大震災では、東京電力福島第1原子力発電所が壊滅的な被害を受けた。いまでも危機的状況は続いている。東北電力も同じく太平洋岸、宮城県牡鹿郡女川町に女川原子力発電所がある。
女川原子力発電所では、1号機と3号機が通常運転中、2号機が原子炉起動中のところ、地震発生に伴い、3月11日14時46分に全号機で原子炉が自動停止した。震災時に安全確保のために設計通りに停止したもので、原子炉の温度も100度未満と冷温状態で安定している。
だが、国内観測史上最大規模の地震が女川原子力発電所に襲ってきた状況を東北電力が明らかにした。

続きを読む

己の非力さが、歯痒い!孫さん 少年の詩に本音を語る



東日本大震災に伴い、様々な支援活動を行っている、ソフトバンク創設者の孫正義氏は、今もっとも注目されている人物のひとりだ。

いつも強気に見える孫正義氏が少年の詩に対して、思わず本音をもらした。

続きを読む

東芝が警報付ポケット線量計と防水性作業服を提供! 2011年4月2日朝刊【ITライフハック+】

昨日の主要ニュースがひと目で分かるITライフハック+。東日本大震災の影響で福島原子力発電所が予断を許さない状況となった。東芝では警報機付ポケット線量計などを、震災支援として東京電力に提供する。それでは順に最新ニュースをピックアップしよう。

続きを読む

インデックスが画期的な着信音!「節電着信音」で節電を

東日本大震災では、被災された方々のために、被災情報や普及状況などを中心にネットやソーシャルメディアで多くの情報が発信された。モバイルでも災害用伝言板が利用でき、義援金を受け付けている。このような震災情報や震災支援以外に、携帯電話で震災時に節電に役立つサービスが登場した。
それが、インデックスがモバイルサイト「速報 Musicサーチ」で無料提供を開始した着信メロディ「節電着信音」だ。
一般的に使用される着信音に比べてスピーカー部分の消費エネルギーが抑えられるとのことだ

続きを読む

マイクロソフトが震災からの復興を支援!被災者の課題やニーズをサポート 2011年4月1日朝刊【ITライフハック+】

昨日の主要ニュースがひと目で分かるITライフハック+。日本マイクロソフトやエリクソンが震災支援策を発表している。日本マイクロソフトは、被災者に課題やニーズを把握・管理できる「復興活動支援クラウド」を無償提供する。それでは、最新ニュースをピックアップしていこう。

続きを読む

エリクソンが震災支援!通信復旧のために機材などを空輸

チャーターしたヘリコプターや支援機材などを飛行機に積み込みスウェーデンを出発


東日本大震災では、各地が大きな被害を受けた。JRや通信事業者をはじめ、さまざまな企業がこの災害からの復旧を目指している。エリクソンも通信事業者向けにサービスを提供しているメーカーとして、通信インフラの復旧作業を支援する。

続きを読む

経済産業省が発電所の安全対策を緊急指示 2011年3月31日朝刊【ITライフハック+】

昨日の主要ニュースがひと目で分かるITライフハック+。経済産業省が「平成23年福島第一・第二原子力発電所事故を踏まえた他の発電所の緊急安全対策の実施について」として、東京電力などに安全対策を講じるように指示した。それでは、最新ニュースをピックアップしよう。

続きを読む

震災ニュースよりも安否情報!さらに東京電力サイトは訪問者が10倍に



東日本大震災では、Twitterをはじめ、ソーシャルネットワークやニュースサイトが、よく利用されたという。ニールセン・ネットレイティングスが提供するインターネット利用動向調査「NetView」をベースに、ネットレイティングスがまとめた東日本大震災が発生した週の週間データから、震災にあわせて訪問者数が伸びたサイトが明らかになった。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ