ITライフハック

楽天モバイル

楽天モバイルが5千人を対象に音声・データ通信サービスを無償で提供する「無料サポータープログラム」への受付を10月1日より開始 -

20190906New_logo

楽天モバイルは2019年10月1日(火)より携帯キャリア事業としてのサービスへの受付を開始し、まずは5,000名を対象に、音声・データ通信を無償で利用できる「無料サポータープログラム」を実施する。その後、対象者を順次数万名へ拡大する予定だ。

「楽天モバイル」は、世界初となるエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネイティブネットワークを提供する。顧客への安定したネットワーク品質の提供を担保し、お客様からサービスやネットワークへの意見・要望をもとに迅速に改善を行うため、まずは5,000名を対象に「無料サポータープログラム」を実施する。

本プログラムは、2019年10月1日(火)より「楽天モバイル」Webサイトでの受付を開始し、2020年3月31日(火)まで提供する。なお、有料の正式なプランを2020年3月31日までに開始した場合には「無料サポータープログラム」自体は終了となるが、同プログラムを継続利用する人には、プランの切替後も2020年3月31日まで、アンケート等のモニター調査に協力する対価として、通信料金と同額程度のモニター報酬が支払われる。

■応募手順
2019年10月1日(火)午前0時00分から10月7日(月)午前9時59分までの間、「楽天モバイル」ウェブサイト内「無料サポータープログラム」申込ページより、申し込みを受け付け。

■申し込み後の手続き
申し込んだ人には、10月11日(金)より順次、案内のメールを送付する。申込者多数の場合には、抽選のうえ案内する。契約情報の登録および本人確認を完了した人から、専用SIMカードまたは専用SIMカードと購入製品のセットが順次発送される。

また2019年10月より、スマートフォン7機種、Wi-Fiルーター2機種を発売する。そのうち、Galaxyブランドの2製品はMVNOサービスを含む「楽天モバイル」で初めての取り扱いとなる。新製品は「無料サポータープログラム」、およびMVNOサービスのいずれも利用できる。

なお、本新製品および「楽天モバイル」が今後販売する機種は、すべてSIMロックのかかっていない「SIMロックフリー」となる。新製品情報は、「無料サポータープログラム」紹介ページにて確認可能だ。

「楽天モバイル」の携帯キャリアサービスは、2019年10月より全国で利用可能。自社ネットワークサービスエリアは「東京23区、名古屋市、大阪市および兵庫県の一部」となる。東京23区、名古屋市、大阪市以外の地域においてはKDDIおよび沖縄セルラー電話とのローミング協定に基づきネットワークの提供(トラヒック混雑エリアを除く)を受けることで、サービス開始時より日本全国でLTE通信サービスを提供する。ネットワーク対象地域の詳細は、2019年9月24日以降、「楽天モバイル」のサービスページより確認できる。

自社ネットワークの提供エリアは順次拡大していく予定だ。KDDIおよび沖縄セルラー電話とのローミング協定は、提供期間を2026年3月末までと定め、その期間内に「楽天モバイル」は自社で全国ネットワークの構築を着実に進め、完成した地域から順次、自社ネットワークへ切り替えを行っていく。

20190906概要

20190906schedule

20190906device_image_final
20190906製品表


無料サポータープログラム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
青函トンネルの全区間で携帯電話サービスが利用可能に
NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に






MMD研究所、「2016年4月格安SIMサービス通信速度調査」を実施

MMD研究所は、「2016年4月格安SIMサービス通信速度調査」を実施し、その結果を公表した。調査は、2016年3月18日に同研究所から発表した「格安SIMサービスの利用動向調査」より、格安SIMサービスシェア上位10サービスにて実施した。
続きを読む

楽天モバイル、ローソン店頭で端末が受け取り可能に。初めは渋谷区と世田谷区の店舗から

楽天とローソンは、オンラインとオフラインの連携強化を目的に、「楽天モバイル」が取り扱うSIMカードおよび端末を、ローソンおよびナチュラルローソンの一部店舗(東京都渋谷区および世田谷区内の18店舗)で受け取ることができる「楽天モバイル コンビニ受け取り」サービスを、3月3日(木)から開始すると発表した。3月2日(水)18時から申し込みを受け付け、3月3日(木)正午から対象店舗の店頭で商品を受け取ることが可能。
続きを読む

日本エイサー、1万2,000円のSIMロックフリースマホを楽天モバイルにて発売

日本エイサーは、国内スマートフォン市場本格参入の第2弾として、4.5型SIMロックフリーAndroidスマートフォン「Acer Liquid Z330」を、楽天コミュニケーションズにて、SIMカードとのセットで2015年12月12日(土)より発売開始すると発表した。
続きを読む

楽天モバイルからファーウェイ・ジャパンのスマホ「honor6 Plus」が登場

楽天グループの通信会社であるフュージョン・コミュニケーションズは2015年5月20日、華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)の最新スマートフォン「honor6 Plus」と、楽天モバイルのSIMカードとのセット販売の予約受付を開始したと発表した。端末の出荷および販売開始は、6月中旬を予定している。また楽天モバイルは、国内の通信事業者として独占的に「honor6 Plus」を取り扱うこととなる。

続きを読む

楽天モバイル「楽天カフェ 二子玉川ライズ S.C.店」に申込受付カウンターを設置

楽天グループの通信会社であるフュージョン・コミュニケーションズは、「楽天カフェ 二子玉川ライズ S.C.店(東京都世田谷区)」に「楽天モバイル申込受付/申込相談カウンター」を4月24日に新設し、同日から、新規契約および携帯電話ナンバーポータビリティー(以下、MNP)(注1)申込受付と、MNP転入手続きの即日対応を開始します。

なお「楽天カフェ 二子玉川ライズ S.C.店」は、4月24日に開業する商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」内に同時にオープンする。

楽天モバイルでは、昨年12月5日には東京都渋谷区にある楽天カフェ内、2015年3月21日には楽天イーグルスの本拠地である宮城県仙台市の楽天イーグルスグッズショップ内に楽天モバイルのカウンターを設け、直接スタッフから説明を受けたうえで契約をしたいというユーザーのニーズに対応してきた。今後も実店舗での申込受付カウンターを全国各地へ拡充していく。

■新設楽天モバイル申込受付/申込相談カウンター概要
名称:「楽天カフェ 二子玉川ライズ S.C.店」楽天モバイル申込受付/申込相談カウンター

場所:東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット2F

営業時間:10:00~20:00

対応業務(注2):
・楽天モバイルの新規(SIM単体・端末セット)およびMNP申込受付
・MNP転入手続きの即日対応
・その他楽天モバイルに関する各種案内

契約時に必要なもの:
・契約者本人名義のクレジットカード
・本人確認書類
(免許証、保険証、日本国発行のパスポート、住民基本台帳カード、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、特別永住者証明書、外国人登録証明書、在留カードのうちいずれか1つ)
・端末の割賦販売をご希望の場合は、口座情報(注3)
・MNPをご利用の場合はMNP予約番号

<補助書類>(注4)
・公共料金領収書
・住民票
・届出避難場所証明書


注1:MNP(携帯電話ナンバーポータビリティー)とは、携帯電話会社を変更した場合に、現在利用している電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度です。
注2:ご契約中のプラン解約、お申し込み時に登録された情報の変更は当カウンターでは受け付けておりません。
注3:端末の店頭での受け渡しは一括支払いで購入されるお客様のみとなり、分割支払いで購入されるお客様へは後日配送します。
注4:本人確認書類と現住所が異なる場合は、発行日から3か月以内の補助書類が必要です。身体障害者手帳に住所の記載がない場合は、補助書類が必要です。

楽天カフェ
楽天モバイル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事をもっと見る
自分のゴルフスイング動画に全国のプロからコメントが届くアプリが登場
株式会社H2H、過ごした時間がポイントに変わるスマホアプリ「time wallet」を発表
ソフトバンクモバイル、松井玲奈主演のWebCMを公開
モバイルアプリでもウイルスの脅威が増加! マカフィー、2014年第4四半期の脅威レポートを発表
Qi(チー)に対応し車のジャンプスターターにもなる大容量モバイルバッテリー


楽天モバイルで富士通「ARROWS M01」販売開始。二子玉川と仙台にも店舗展開

楽天系列のフュージョン・コミュニケーションズは、2月24日、記者発表会を開催し、同社が展開している「楽天モバイル」の端末に富士通製「ARROWS M01」の販売を開始するとともに、渋谷の楽天カフェに続くリアル店舗として、二子玉川と仙台に店舗を開設すると発表した。

このほかデータ通信専用SIMサービスの提供を開始するとともに、2.1GBの高速データ通信付きプランを900円から利用できることも明らかになった。

続きを読む

楽天モバイルが楽天カフェで新規契約・MNP乗りかえの即日対応を開始

楽天グループの通信会社であるフュージョン・コミュニケーションズは、1月22日から東京・渋谷の楽天カフェ内の楽天モバイル申込受付/申込相談カウンターでのサービス内容を拡充し、新規契約と携帯電話ナンバーポータビリティー(以下、MNP)転入手続きの即日対応を開始する。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ