ITライフハック

横浜

「ファイナルファンタジー」誕生30周年を記念して横浜市とコラボ

無題

スクウェア・エニックスは、全世界累計1億3,000万本以上の出荷・ダウンロード販売を誇るRPGシリーズ「ファイナルファンタジー」(FF)誕生30周年を記念して横浜市とコラボレーションすることを発表、そのメインイベントとして、ファイナルファンタジーXIVプロジェクションマッピング映像作品「海洋都市ヨコハマ『龍神バハムート、襲来』」を2017年6月10日(土)~11日(日)にヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルにて特別上映すると発表した。

「ファイナルファンタジー30周年×横浜」コラボレーション企画では、プロジェクションマッピング映像作品の特別上映をはじめ、横浜の名所や名産品が「ファイナルファンタジー」仕様になるなど様々な企画を展開する。

「ファイナルファンタジー」を生み出したスクウェアは、横浜市港北区日吉の地で発足した。また、スクウェアの初期作品を手がけたスタッフには神奈川県にある大学出身者も多く、「ファイナルファンタジー」と横浜はとても縁の深い関係にあるとのこと。また、海外との交流が盛んに行われてきた歴史を持つ海港都市横浜は、「ファイナルファンタジー」に多く登場する港町を強く想起させる。そんな横浜市と、記念すべき30周年を一緒に盛り上げたいという想いから、今回のコラボレーションをオファー。みなとみらい地区をはじめとする事業者と「ファイナルファンタジー30周年×横浜」実行委員会を立ち上げ、それを横浜市が支援する形で今回の企画が実現した。

■実施概要
タイトル:海洋都市ヨコハマ「龍神バハムート、襲来」
場所:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
日時:6月10日(土)?11日(日)
上映時刻:19:20~/19:50~/20:20~/20:50~/21:20~(天候等の都合により、変更になる可能性がある)
上映時間:約10分間
予告編:https://youtu.be/pMQ6G0KVsy4
Webサイト:http://www.finalfantasy.jp/30th/yokohama
観覧エリア:コスモワールド付近運河沿い、カップヌードルミュージアム付近運河・海沿い、汽車道等
※観覧エリアではサウンド付で楽しめる。


© 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION: c2017 YOSHITAKA AMANO

公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
女性の約半数が付き合う前にキスした経験アリ!?~コミックシーモア調査レポート~
NVIDIA、賞金総額60万円のeSportsトーナメント、「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」を開催
ライフイズテック、「進撃の巨人」のキャラクターや世界観でデザインが学べる「創造兵団」を開催
羽田で偽家康騒動? はねだ江戸まつり2017~母上感謝祭~本日より開催中<PR>
「アイドルマスター シンデレラガールズ」とスニッカーズのコラボレーション企画の第3シーズンを開始





横浜のことならおまかせ!「あとろこ横浜」アプリでGWを満喫しよう!

ロゴ+プレゼントキャンペーン画像

ゴールデンウィーク直前。おでかけの計画を立てている人も多いと思うが、まだどこに行こうか決まらずに悩んでいる人いるのでは? そんな人でもご安心。それならアクセスも抜群で観光地としても人気な「横浜」がおススメだ。

みなとみらいや中華街・山下公園周辺などアクティブなレジャー派も、のんびり散策派も年齢層問わず楽しめる。

横浜を巡るなら必須のアプリがある。それが横浜を存分に楽しむための「あとろこ横浜」アプリだ。

「あとろこ横浜」は、地域特化型アプリとして横浜のあらゆるスポット情報をリアルタイムに発信している情報アプリ。店舗によってはクーポンも提供しているので、お得に賢く横浜を楽しむことができる。

横浜のブランド向上貢献を推進する「横浜観光プロモーション認定事業」からも公認を受けているので、安心して使うことができるのもうれしい。

■プレゼントキャンペーン
さらに今なら、「あとろこ横浜」アプリでは、4月24(金)より「横浜クルーズ船ロイヤルウイング」や「横浜みなとみらい万葉倶楽部」の招待チケットが当たるプレゼントキャンペーンを開催中だ。

「港町」横浜を大型客船から満喫できる「横浜クルーズ船ロイヤルウイング」は、オリジナルメニューの食事やスイーツと共に横浜ベイブリッジやみなとみらいの景色を楽しめる極上のクルージングだ。

横浜クルーズ

また「横浜みなとみらい万葉倶楽部」は、横浜にいながらにして熱海・湯河原温泉を都会で堪能できるみなとみらいのオアシス。24時間営業で宿泊もOK。

万葉倶楽部

家族や友達、恋人と、もちろん一人でも、まだまだ知らないワンランク上の「横浜」を楽しんでみてはいかが?

■プレゼントキャンペーン概要
キャンペーン期間:2017年4月24日(月)~5月31日(水)24時まで
抽選発表:6月上旬
賞品:
・横浜クルーズ船 ロイヤルウイング「ティークルーズスイーツセットペアギフト」:5組10名様
・横浜みなとみらい 万葉倶楽部「ギフト券5000円分」:5組10名様
※別途、入湯税100円が必要となります。
※18歳未満および高校生の方の入館・利用につきましては、保護者の方のご同伴が必要です。
・あとろこオリジナルQUOカード(500円相当):10名様
応募方法:
アプリ「あとろこ横浜」内の応募フォームよりご応募をお願いいたします。

ダウンロードQR

■「あとろこ横浜」アプリとは?
横浜の地域特化型アプリ「あとろこ横浜」は、横浜のグルメ・ショッピング・観光地などのスポット情報が満載。今まで知らなかった情報の発見や、これまで以上に横浜を好きになれるコンテンツが充実。クーポンやスタンプなど、お得に・楽しく横浜を満喫できるの機能を備える。

あとろこ横浜
■アプリダウンロード
iOS<App Store>
Android<Google Play>

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に読売新聞、ananなど新たに22メディアが参画
10周年限定キャラクター登場で「PASMOのミニロボット 探そう!キャンペーン」開催
「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始





タイムカプセル+が劇的進化!位置情報を使ったアプリ開発支援プラットフォームへ



災害地で大活躍するアプリ! 万が一のときに役立つタイムカプセル+』で紹介したように、思い出共有アプリ「タイムカプセル+(プラス)」は2013年3月に公開されてから、「あらゆる土地に人類のキオクを貯める」ことをテーマに様々な機能が追加されてきた。

そんな同アプリであるが位置情報を使ったアプリ開発支援プラットフォームへと進化を遂げた。そのプラットフォームとして導入された初めてのアプリとして「横浜F・マリノス コレクションカード」がリリースされた。

そこで「タイムカプセル+」の新機能に加え「横浜F・マリノス コレクションカード」について紹介しよう。

続きを読む

魅力的なチームづくりへ!DeNA、プロ野球参入が決定



ディー・エヌ・エーは、日本プロフェッショナル野球組織(NPB)への加盟申請をおこなっていたが、2011年12月1日、同組織の承認を得て、プロ野球への新規参入が決定したことを明らかにした。

続きを読む

【速報】横浜DeNAベイスターズ誕生か!DeNAがプロ野球に参入した理由



ディー・エヌ・エー(DeNA)は2011年11月4日、本日開催の取締役会において、株式会社東京放送ホールディングス(TBS HD)及びBS-TBSより横浜ベイスターズの発行済株式の66.92%を取得することを決議し、TBS HD及びBS-TBSと株式譲渡契約を締結したことを明らかにした。また、本日、日本プロフェッショナル野球組織(以下NPB)への加盟申請をおこなった。

球団名は、「横浜DeNAベイスターズ」を予定している。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ