ITライフハック

液晶テレビ

最大4万円も節約できるテレビ録画の裏技? 知る人ぞ知るお得なソフト活用



地上デジタル放送の普及によって、家庭はハイビジョンの高画質な映像(HD映像)を視聴する時代となった。さらにこの美しいHD画像を家庭でも簡単かつ大量に録画もできるようにもなっている。

HD画像は高画質だがデータ量も大きくなっており、これまでのように好き放題に録りまくっていると、すぐにハードディスク(HDD)がいっぱいになってしまい、泣く泣くまだ見ていない録画番組を消さなければならなくなった! そんな体験があるのは、筆者だけではないだろう。

問題を解決する一般的な方法は2つ。外付けのHDDか、ブルーレイディスク(ブルーレイ)レコーダーを購入するかだ。
HDDを購入すれば、容量は増やせるが、それなりにおサイフにもダメージがある。一方、ブルーレイディスク(ブルーレイ)レコーダーは、さらにダメージは大きく、最低でも5万円の出費は覚悟しなければならない。

実に悩ましい限りだが、その悩みを解決する隠れた人気商品をつかった裏技を見つけたので紹介しよう。

アイ・オー・データ機器のネットワークダビングソフトウェア「DTCP-IP Disc Recorder」だ。これがあれば、録りためたテレビ番組を、パソコンのブルーレイドライブで合法的に保存することができるのだ。つまり、手持ちのパソコンがブルーレイレコーダー代わりになり、5万円をガッツリ節約できるのだ。


続きを読む

ここまでできるか!ワイヤレスで地デジ視聴からリモコン操作まで ネットブックが家電になる



地デジ録画番組を魔法のように家のどこでも見られる!神レコーダー「RECBOX」』では、アイ・オー・データ機器の「RECBOX」でテレビ番組をダビングして、パソコンにワイヤレスで配信する方法を紹介した。

「RECBOX」は神レコーダーとも言える便利なアイテムだが、放送中のテレビ番組をパソコンでリアルタイムに見たい人もいるだろう。

パソコンで地デジを見るには、地デジチューナーを繋げばよいわけだが、デスクトップパソコンのように拡張スロットのないネットブックやノートパソコンでは、別途USB機器などのチューナーを用意しないと視聴はできない。どこにでも持ち歩ける便利なネットブックであっても、こと家電のように地デジ視聴となると、ベッドの中でインターネットを楽しむようなわけにはいかないのだ。

そこで今回は、ネットブックでも無線LAN経由で地デジをリアルタイムに見られる「究極の地デジ配信システム」の作り方を紹介しよう。

続きを読む

最大15倍圧縮で長時間録画!録画にこだわったPC用チューナー



バッファローは、パソコンで地上/BS/110度CSデジタル放送が楽しめる3波チューナー「DT-T70/U2」を2011年5月下旬より発売すると発表した。長時間録画を可能にする「MPEG4-AVC/H.264」への変換機能を搭載し、無圧縮に比べ最大15倍の時間のテレビ番組を録画できる。

続きを読む

シャープの新しい提案!持ち運べる液晶TV"AQUOS"の狙い



放送のデジタル化や家庭内でのワイヤレスインターネット環境が進展し、テレビの視聴スタイルが多様化している。そうしたテレビ市場に対して、シャープが新しい商品を投入する。

シャープは、家の中の見たい場所に持ち歩いて、デジタル放送やインターネットが楽しめる液晶テレビ「フリースタイル AQUOS」FE1シリーズ(20V型)を2011年6月1日より発売することを明らかにした。
価格はオープンプライス。ボディカラーは、ブラックとホワイト、ピンクの3色。

続きを読む

家電エコポイントはテレビ販売に貢献したのか?GfKが実態を調査

東日本大震災ですっかり忘れ去られた感じもあったが、空前の薄型テレビ特需を巻き起こした家電エコポイント制度が3月末で終了した。果たして、家電エコポイントはどのくらい販売に貢献したのだろうか。
ジーエフケーマーケティングサービスジャパン(GfK)は、家電エコポイント制度対象3品目(薄型テレビ、エアコン、冷蔵庫)の販売動向について調査を行った。そこから薄型テレビの販売が急増した実態が見えてきた。

続きを読む

3万円台のAQUOSが超お買い得!薄型テレビを買うノウハウを伝授【激安チェック】

アナログ放送から地上デジタル放送へ完全移行する2011年7月が迫ってきている。自宅のテレビが地上デジタル放送に対応していない人の中には、この機会に地上デジタル放送対応の薄型テレビを購入したいと考えている人も多いだろう。実際に、大手家電量販店の店頭では、薄型テレビを大々的に宣伝しており、テレビコーナーは人だかりの山だ。

また家電エコポイントは、2011年3月31日で終了となる。まさに今月が薄型テレビを買うラストチャンスと言っても過言ではないだろう。40V型や42V型の大画面テレビに買い換えた場合、1点1円で計算すれば、1万円以上のキャッシュバックがあるのと同じだ。

そこで、今週もお買い得な薄型テレビと、大幅値下げランキングの情報をお届けする。まずは、家電エコポイントについてキッチリとおさえておこう。

続きを読む

CELLレグザの思想を受け継いでいます!東芝の新レグザエンジンCEVO第一弾「Z2」



グラスレス3Dで3D液晶テレビに新風を巻き起こした東芝が、主力モデル「Zシリーズ」の新モデル「Z2」を発表した。「47Z2」(総低価格が32万円前後)、「42Z2」(25万円前後)、「37Z2」(20万円前後)の3モデルで、3月25日から発売する。

今回は3Dテレビではないが、発表会では、東芝 ビジュアルプロダクツ社 映像第一事業部 TVマーケティング部 本村裕史氏が、「新たに開発したレグザエンジンCEVOを搭載した第一弾です。第一弾ということは、第二弾、第三弾があるということです」と、今後スマートTV、3Dと続く可能性があることに含みを持たせた。

続きを読む

人気女性タレントのすっぴん顔がハヤリ! 2011年3月3日朝刊【ITライフハック+】

昨日の主要ニュースがひと目で分かるITライフハック+。ノーメーク顔を披露する女性タレントが続出。矢口真理、益若つばさが相次いですっぴんをネットで公開した。もちろんファンが殺到。ということで、まずはライブドアニュースでピックアップした最新記事から順に紹介していこう。

続きを読む

REGZAが3万円台の衝撃プライス!薄型テレビは賢く買わなきゃ損だ【激安チェック】

家電量販店に行くと、テレビコーナーは人だかりの山だ。それもそのはず。家電エコポイントが終了となる3月31日まで、残り1ヶ月となった。ポイントがもらえる条件は昨年よりも厳しくなったものの、40型超の大画面テレビでは1万円以上の家電エコポイントが付与される。テレビの買い換えを考えている人には、まだまだ大きな存在感があるのも事実だ。

さらに地上アナログ放送が停波となる2011年7月が迫ってきた。地上デジタル放送が見られるテレビを所有していない人の中には、テレビの買い換えを検討している人も多いだろう。

そこで、今週もお買い得な薄型テレビと、大幅値下げランキングの情報をお届けする。まずは、家電エコポイントの最新情報について見てみよう。

続きを読む

40型AQUOSが実質4万円台の衝撃!42型も4万円台で購入できる時代へ【激安チェック】

地上アナログ放送が停波となる2011年7月が迫ってきた。地上デジタル放送が見られるテレビを所有していない人の中には、テレビの買い換えを検討している人もいるだろう。購買意欲をかき立てる家電エコポイントは、今年の1月よりさらに厳しい条件が課せられるようになり、3月31日には終了となる。家電エコポイント制度を利用するなら、この1ヶ月が最後のチャンスと言えるのだ。

そこで、現在の家電エコポイントの最新情報に加え、購入しやすい価格帯の32型、お買い得感のある40型、そして大画面テレビが欲しい人のために42型以上の、薄型テレビの激安情報をお届けするとともに、新たに大幅値下げランキングも紹介しよう。

続きを読む

その鮮やかさはLED液晶テレビを超えた!三菱のレーザーバックライトのスゴサ



パナソニックのプラズマテレビ「ビエラ」や、東芝の液晶テレビ「レグザ」など、薄型テレビにはさまざまな方式があり、裸眼3Dであったり、黄色をくわえた4原色表示を実現したり、各社で特徴を出している。

そこに、三菱電機はまったく新しい方式の液晶テレビとして、レーザーバックライトを採用した液晶テレビを開発したことを明らかにした。赤色レーザーとシアン色LEDを光源に用いることにより、鮮やかな色を再現することが特徴だ。

続きを読む

REGZA/AQUOSが実質4万円台!薄型テレビは40型が衝撃プライス【激安チェック】

大手家電量販店に行くと、薄型テレビが山のように積まれており、それを見るお客さんも多い。それもそのはず。地上アナログ放送が停波となる7月が迫っているからだ。地上デジタル放送が見られるテレビを所有していない人は、まさにいつ買えばよいのかを、悩んでいる最中でもあるだろう。

家電エコポイントは、今年の1月よりさらに厳しい条件が課せられるようになったが、40V型で1万1,000点の家電エコポイントが付与されるなど、家電エコポイントの有無は大きな差となって現れる。

そこで、現在の家電エコポイントの最新情報に加え、購入しやすい価格帯の32型、もっともお買い得感のある40型、そして大画面テレビが欲しい人のために42型以上の、薄型テレビの激安情報をお届けしよう。

続きを読む

40型REGZAが実質4万円の衝撃!薄型テレビは大画面の格安品をねらえ【激安チェック】

地上アナログ放送が停波となる7月まで、すでに半年を切っている。地上デジタル放送が見られるテレビを所有していない人の中には、これから地デジ対応の薄型テレビを購入したいと考えている人も多いだろう。

家電の販売促進を促した「家電エコポイント」は、2011年1月よりさらに厳しい条件が課せられるようになってきたものの、大画面テレビへの買い替えを考えているなら、家電エコポイントの有無は大きな差となって現れるのも事実だ。実際、40V型では、1万1,000点の家電エコポイントが付与される。

そこで、現在の家電エコポイントの最新情報と、人気のある32型、お買い得感のある40型、そして大型テレビが欲しい人のために42型以上の、お買い得なテレビ情報をお届けしよう。

続きを読む

実質4万円台で買える東芝REGZA!薄型テレビを賢く買うテクニック【激安チェック】

昨年の12月にほぼ半減し2011年1月よりさらに厳しい条件が課せられた「家電エコポイント」だが、ポイントが少ないとはいえ、まだまだ付与される製品は多い。その一方で、前回の記事で紹介したように、32型の液晶テレビは3万円台にもなっている。そこで今回は、現在の家電エコポイントの最新情報と、人気のある32型、お買い得感のある40型、そして大型テレビが欲しい人のために42型以上の、お買い得なテレビ情報をお届けしよう。

続きを読む

液晶特許はまさに死活問題!シャープ、台湾AUO社を提訴

目覚まし付きの新AQUOS」のように常に新しい液晶テレビを投入しているシャープは、世界的な液晶メーカーでもある。容易に推測できるように、液晶関連特許をたくさん持っているわけだが、それらが他社に無断で使われていたとしたら、死活問題だ。そうした特許に対して、同社が動き出した。

シャープは2011年1月24日(米国時間)、米国国際貿易委員会(ITC)において台湾のAU Optronics Corporation(AUO社)及びその顧客である液晶テレビならびに液晶モニターのセットメーカーを、デラウエア州地方裁判所においてAUO社を、それぞれ提訴したことを明らかにした。

続きを読む

目覚ましや録画は当たり前!新AQUOSはセカンドテレビだ



「ネット時代の次世代3Dテレビ!ソニー新BRAVIAの驚くべき機能」でお伝えしたように、家電メーカー各社は、自社のテレビに様々な機能を盛り込むことで、他社との差別化を図っている。薄型テレビの国内シェアで1位のシャープは、独自の工夫を凝らした新たな製品を投入する。

続きを読む

7万円台で42型のREGZAが買える!薄型テレビの最新動向【激安チェック】

昨年の12月にほぼ半減し2011年1月よりさらに厳しい条件が課せられた「家電エコポイント」だが、その一方で、実売3万円台で録画対応の地デジテレビが登場するなど、魅力的な薄型テレビが登場している。また一部のメディアでは、「1月が底値ではないか」との報道もある。そこで今回は、現在の家電エコポイントの最新情報と、人気のある32型、お買い得感のある40型、そして大型テレビが欲しい人のために42型以上の、お買い得なテレビ情報をお届けしよう。

続きを読む

グラスレス3Dで40インチ超!史上最強の薄型TV「レグザ」登場へ

CESで参考出展する56V型のグラスレス3Dテレビ


2010年に話題となった東芝のグラスレス3Dが、2011年はさらに進化する。東芝は、1月6日から9日まで米ラスベガスで開催される2011 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」に、日本で発売したばかりの20V型と12V型のグラスレス3Dテレビを展示するほか、65V型と56V型の大型グラスレス3Dテレビを参考展示する。

さらに、2011年は40型以上の大画面グラスレス3Dテレビを商品化することを明らかにした。
日本市場、北米市場を皮切りに、グローバルで展開する。

続きを読む

iPhoneの強い味方!大画面テレビに映像を出力できるアダプタ



無線ワンセグチューナーキーボードといった便利な周辺機器が多いiPhoneに、新たな周辺機器が追加された。それが、サンワサプライから発売されたiPhone&iPad液晶テレビHDMIアダプタ「500-HDMI003」だ。オープン価格で、直販サイト「サンワダイレクト」では5980円で販売している。

続きを読む

メガネあり?それともメガネなし?進化する3D技術(前編)【最新ハイテク講座】

3Dテレビ発表会の風景。大型の家庭用3Dテレビは専用メガネを使用することが多い


人間は左右の目の間隔が約7cm程度といわれている。同じものを見たとき、左目と右目で見る角度が変わるため、目に映し出される画像は少しずれている。それを頭の中で合成することで、物が立体に見えるのだ。ということは、左目と右目で捉える画像に微妙な差をつければ、物が立体に見えるのだ。
今回の最新ハイテク講座では、どのようにして、右目と左目で違う画像を見せているのかを調べてみよう。


同じ3Dでも、映画や液晶テレビなどは専用メガネが必要で、スマートフォンや携帯ゲーム機は裸眼で楽しめる。
メガネが必要な方式はメガネを通して、左目用と右目用の画像を分けている。一方の裸眼の場合はディスプレイ側から左右それぞれの画像を左目と右目に向かって放している。このように大きく分けると、このようにメガネあり、なしで分けることができる。
まずは3D専用メガネを使う方式から説明していこう。現在大きく分けて、アクティブシャッター方式と偏光板方式のふたつがある。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ