ITライフハック

漢字

小学生向け漢字問題集で人気の“いちまるシリーズ”に初の絵本が登場

_prw_PI1im_Y1upASaH

日本漢字能力検定協会は、2017年11月14日(火)に、漢字のおもしろさと奥深さを子どもたちに伝える「漢検の絵本 いちまるとふしぎな手」を発売する。価格は1,080円(税込)。

本書は、漢字のおもしろさと奥深さ、 そして人と人とのつながりに触れることができる絵本。累計発行部数34万部を突破する小学生向け漢字問題集“いちまるシリーズ”初の絵本として、小学校入学前の幼児向け(3~6歳)に制作した。

漢字が単なる文字ではなく、様々な想いや記憶を込めることができる、ぬくもりのあるも
のであると感じられる、新感覚の漢字絵本だ。

物語に登場する漢字は、「手」一字。主人公は、小学生向け漢字問題集“いちまるシリーズ”「いちまるとはじめよう! わくわく漢検」(当協会発行)で、子どもたちに人気のキャラクター“いちまる”。

ストーリーは、大切な人への想いを漢字一字とメッセージで表現する「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」(当協会主催)の過去の受賞作品4点がベースになっている。同じ「手」という漢字でも、赤ちゃんの手は「小さな手」、お母さんの手は「ふしぎな手」、お父さんの手は「ごつごつした手」、おばあちゃんの手は「しわしわの手」と、様々な「手」の持つぬくもりが絵本の中に広がっている。

■商品情報
書籍名:『漢検の絵本 いちまるとふしぎな手』
概要:―読んだあと、手をつなぎたくなる絵本―
[あらすじ]
今日は“いちまる”のおばあちゃんの誕生日。
いちまるは妹と二人で、お祝いのケーキを届けにおばあちゃんの家へ向かいます。
道に迷った二人の前に突然現れたのは、「手」とかかれた扉。
扉を開くと、不思議な「手」の世界がひろがり・・・
漢検公式キャラクター“いちまる”が、絵本を通じて、漢字の持つぬくもりや楽しさをお
届けします。
定価:1,080円(本体1,000円+税8%)
発売日:2017年11月14日(火)以降、順次書店店頭に並びます。
体裁:A5変型判 
色数:4色(カラー)
ページ数:40ページ
編者:公益財団法人 日本漢字能力検定協会
発行所:公益財団法人 日本漢字能力検定協会
ISBN:978-4-89096-370-6


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「Shadowverse」の大会「RAGE Shadowverse World Grand Prix JCG予選大会」を開催
楽天トラベル、2017年でスキー・スノーボード旅行が人気の宿ランキングを発表
「委員長・椎名乙葉 時間ですよ」「委員長・椎名乙葉 タイマーですよ」がAmazon Alexaに対応
数々のプロ選手を輩出したeスポーツプレイヤーの登竜門「Logicool G CUP 2017」決勝戦の開催概要が決定
楽天トラベル、2017年 湯治体験が人気の温泉宿ランキングを発表

漢検の絵本 いちまるとふしぎな手
日本漢字能力検定協会
2017-11-13



遊びながらマスター!iPhoneの入力を覚えるアプリ「フリック ファン」



フリック練習をするアプリ。
漢字表示で、単語、短文、テストがあり、段位が表示される。
フリック練習アプリをいろいろ試してみています。無料版を試してみたら良かったので有料版をダウンロードしてみました。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ