ITライフハック

災害

「防災力」を高め、防災タイプを診断する「全国統一防災模試」をYahoo! JAPANアプリで開始

グラフィック

ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は、東日本大震災から7年を迎える今、改めて震災の記憶の風化を防ぎ、災害への備えの重要性を啓発するため、スマートフォン用アプリ「Yahoo! JAPAN」内にて、防災に必要な知識や能力を問う「全国統一防災模試」を2018年3月1日(木)から31日(土)までの期間限定で実施する。

Yahoo! JAPANは、昨年、銀座「ソニービル」に津波の高さを表現する屋外広告を掲出し、災害を忘れず防災意識を高めてもらうための啓発活動を実施した。

本年は、いつか起こりうる災害への備えとして、災害時に役立つ知識を身に付けておいてほしいという想いから、東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔 准教授監修のもと、「発災」「避難」「避難所」「生活再建」のフェーズに合わせた全25問の設問から構成される「全国統一防災模試」を実施する。また、タップやコンパス機能などスマートフォンの特性を活かしたインタラクティブな問題も用意しており、体験を通じて、知識の習得ができる。

「全国統一防災模試」の結果は点数(満点は 100 点)として表示される。さらに、正解した問題の傾向から、防災に必要な5つの能力(「防御力」「行動力」「協働力」「知識力」「判断力」)がチャートとして表示され、能力の特性から「防災優等生」「防災の番人」などのタイプ(全33タイプ)が診断される。点数や診断結果は、SNSでシェアすることができる。

「全国統一防災模試」の期間終了後(4月1日以降)には、A4サイズ1枚にまとまった設問と解答の一覧を、Yahoo! JAPAN特設サイトからダウンロードができる予定だ。印刷して職場や家族で共有するなど、模試の内容を復習することが可能だ。

また、3月10日(土)に東京・丸の内の「KITTE」にて「全国統一防災模試」を体験できるイベントも開催予定だ。

さらに、本木雅弘さんを起用した新CMを3月1日(木)より放映開始し、「全国統一防災模試」への参加を促していきます。Yahoo! JAPANは本取り組みに加え、本年も、復興支援や防災を目的としたさまざまなコンテンツを提供予定だ。

■Yahoo! JAPAN「全国統一防災模試」概要>
期間: 2018 年 3 月 1 日(木)~3 月 31 日(土)
参加要件:スマートフォンアプリ「Yahoo! JAPAN」のダウンロード
対応デバイス: スマートフォン(iOS、Android)
端末範囲:iOS9 以上、Android4.2 以上 ※端末によっては一部非対応機種があります。


全国統一防災模試_Q13画面+

問題篇CMカット_01


特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
PC向けVRゲーム「初音ミクVR」がミクの日に登場
日本の伝統芸能“落語”と“ドラゴンクエスト”が融合!?落語の名所“新宿末廣亭”で「ドラクエ落語」を開催
スペースインベーダーを教材に、子供達へゲーム作りとプログラミングを京都・東京で無料体験
東京さくらトラム(都電荒川線)フォトコンテスト開催
月の表面を3Dプリンターで再現した「LUNA LIGHT -ルナライト-」が発売






今年の「防災の日」は家族で防災訓練!大和ハウス、「2017年度防災意識調査」の結果を発表

大和ハウス「2017年度防災意識調査」

大和ハウス工業株式会社は2017年8月29日、 9月1日の「防災の日」を前に、 お客さんに対する「安全・安心」な住まいの提供に役立てるため、 住宅購入検討者を対象にした防災意識と実態に関する調査の結果を発表した。

今回の調査では、 地震に対する不安は昨年よりも高まっているものの、 3人に1人は家族間で防災に関する情報が共有されておらず、 また、 家族で避難訓練に参加したことがない家庭が85%にものぼった。 さらに、 災害時の対策について家族間でコミュニケーションをとっている家庭は少なく、 具体的な情報共有がなされていない、 という現状が浮き彫りになった。

■災害に対する意識は高く、 地震に対して8割以上が「不安」と回答。 一方で、 防災対策は低下傾向に。
2016年では78.9%が地震に対して「不安」と回答し、 今年は81.5%に上昇した。 一方で、 「ラジオ、 懐中電灯、 医薬品、 飲料水の準備」、 「地震保険の加入」、 「家具等の転倒防止」などの防災対策は軒並み低下傾向にある。 災害への不安が高まる一方で準備が手薄になりつつある可能性がある。
sub4

■もしも…災害が起きた時、 家族で防災情報を共有しているのは半数以下。 3人に1人は「何も共有していない」。 理由は家族間での話し合いの機会が少ない? 機会を作ることができていない?
災害が起きた時、 真っ先に心配するのは「子どもや孫」。 しかし、 3人に1人は、 「もしも・・」の時の「避難場所」や「連絡方法」などを家族で共有していないという結果になった。 「必要性は感じていても・・」、 「どこかで大丈夫と思っている」、 「(話し合う)時間や機会がない」など、 家族間で話し合う機会が少ないことなどが主な理由だ。
sub7

■1年以内の防災訓練参加率、 男性35.9%、 女性19.7%。 さらに、 女性の約4割が防災訓練に「参加したことがない」。 防災に対する  自己評価も「39点」。
災害を未然に防ぐ、 拡大防止などの訓練「防災訓練」。 女性の約4割が参加したことがなく、 1年以内の参加率も男女に差がある。 また、 家族と防災訓練をしたことのない方は85.5%にのぼった。
sub14

いつ起こるかわからない「災害」。 今年の防災の日は家族で防災訓練を実践してみては如何だろうか。

調査概要
調査名 :20代~50代の男女に聞く「2017年度防災意識調査」
実査時期 :2017年8月9日(水)~2017年8月12日(土)
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :全国/新築戸建住宅(注文住宅・建売住宅)購入検討者
回答者数 :1,035名(20代~50代の男性518名・女性517名)


大和ハウス工業株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
声優・藤田茜と稲川英里がユーザーと一緒に肝試しを体験
ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率54.0% 前月比2.3ポイント増
「クリエイター奨励プログラム」がニコニコ生放送に対応。生放送の人気度に応じてユーザーが収益化可能に
最初で最後のファン感謝祭「勇者ヨシヒコ ダイブイキタクナルツアー」をニコ生で独占生中継
niconico×ダ・ヴィンチ「第3回 次にくるマンガ大賞」受賞作品決定







東日本大震災の発生から6年。“防災動画の決定版”が完成

名称未設定-1

NHKは、全国の防災の知恵を結集した動画「つくってまもろう」を、 Webサイト及びFacebookなどに公開した。

東日本大震災の発生から6年。災害が多発する日本では、命や暮らしを守る“防災のアイデア”が数多く生まれている。NHKは、視聴者から募ったアイデアや専門家のノウハウを厳選し、25本の映像を制作。それらをアーカイブしたウェブサイトと、ダイジェスト動画を公開した。日本で、あるいは世界で、災害による困難に直面した方々にお役立ていただきたいと考えているとのこと。

つくってまもろう
Facebook 動画

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
水族館の人気者がハンコに。海の生きものにいつでも会える「うみのいきものずかん」
ソフトバンク、小学生を対象にしたプログラミング体験イベント参加者を募集開始
日本向けに開発したプリングルズの新定番フレーバー「ハラペーニョ&オニオン」が登場
「PSP」などソニーの人気製品を親子で分解!ソニー・エクスプローラサイエンスがワークショップを開催
「ソニービル記念品ルーバー」チャリティ販売をスタート






東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ

1334ac39b3c4a1146655a2171bb2c4ee_s

近年、甚大な被害をもたらす自然災害が、相次いで起こった日本。間もなく、東日本大震災から6年、熊本地震から1年となる今、改めて、生活者の防災に対する意識や備えの実態について、全国の男女1,000名を対象にアンケート調査を行った。

■大災害に対して備えをしている人は、 83%
大災害(人間の社会生活や生命に大きな被害をもたらす規模の自然災害)に備えて、 83%が「何かしらの備え」をしていることが分かった。備えているものは多い順に、「日用品・水・食料品などの備蓄」52%、次いで「徒歩での帰宅経路の確認」48%、「保険加入」47%と続く。

また、この1年で備えを強化したものをたずねると、「日用品・水・食料品などの備蓄」が最多の24%で、次いで「災害速報のサービスやアプリの利用」18%、スマホ等の充電用に「モバイルバッテリーを携帯」17%と続き、デジタル関連の備えを強化していることが分かった。

【図】大災害に対する備え
<全体 / n=1,000>
sub4


【図】大災害に対する備え(備えているもの、この1年に備えを強化したもの)
<全体 / n=1,000>
sub5


■災害発生時に注目する情報、 1位は「テレビ」で8割
身の回りで大災害が発生した際、どのような情報源に注目するかを質問。1位は「テレビの情報」で実に8割の人が注目すると回答。2位は、総務省が災害発生時の安否確認手段として活用を呼びかける「災害伝言サービスの情報」と、「インターネット上のニュースサイトの情報」が、ほぼ同率の67%だった。

【図】身の回りで大災害が発生した際に、注目する情報源
<全体 / n=1,000>
sub7


■災害に関する“デマ情報”を、 SNS等のネット上で見かけたらどうする?
東日本大震災や熊本地震等の大災害が発生した際、 Twitter等を通じて“デマ情報”が拡散され、被災地を混乱させた……というニュースを耳にした方も多いのではないだろうか。

では実際に、そういった情報をSNS等のネット上で見かけた人は、それが“デマ情報”だと気づけたのか。またその後、どのような行動をとったのだろうか。

結果、71%と多くの人が「デマ情報だと気づいたので、 SNSや他人には広げなかった」と回答し、混乱を避けることができたと言える。一方で26%がデマの情報だったことに気がつかず、その後の行動の内訳は、「広げなかった」19%、「広げてしまった」7%となっている。

【図】デマ情報を得た後の行動
<ベース:デマだと思われる情報をSNS等のネット上で見かけたことがある人 / n=163>
sub6


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「JAEPO×闘会議2017」の来場者数は6万8000人
闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場
今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ
発売まで待ちきれない!Nintendo Switchの「ARMS」を体験してきました





「東京防災」のクリエイティブチームが制作した食べられる防災ブック「東京備食」が発売

19154_zskveLEutl

クラウドファンディングサービス「READYFOR」は、2016年度グッドデザイン大賞最終選考にも選出された「東京防災」を手掛けたクリエイティブチームが制作する、食べられる防災ブック「東京備食」を先行販売するプロジェクトを2016年10月28日(金)より開始した。

本製品は防災や備蓄に関する情報を記載した本と共に3食分(1食5品)の備蓄食を合わせた、食べられる防災ブック。1食分は、主食(アルファ化米)、主菜、副菜、汁物、甘味の5品目。被災時に不足しがちな、食物繊維や野菜も考慮してメニューを構成し、ストレス軽減に効果的な甘味も加わっている。

食品の監修には日本料理の名店「賛否両論」の笠原シェフが就任。災害時は精神的にも体力的にもに極限状態だからこそ、栄養のある、美味しい食事を楽しめるよう制作したとのことだ。

東京備食のクラウドファンディングプロジェクトは、募集期間が2016年10月28日(金)~12月22日(木)23時まで。目標金額は100万円となっており、目標金額に達成した場合のみ、リターンが送付される。3,000円から支援可能で、12,000円から東京備食1セット(5品×3食分)が購入可能となっている。

東京備食

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
通勤・通学に便利!防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」を発売
ネスレ日本「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」を郵便局で発売
「アプリ甲子園R2016」決勝大会を開催
「ボス ラテベース 焦がしキャラメル」期間限定で発売へ
日本ワインとシャトー・メルシャンの魅力に触れるイベントを開催






災害地で大活躍するアプリ! 万が一のときに役立つタイムカプセル+



3.11こと東日本大震災は、地震とそれに伴って発生した津波により、岩手県、宮城県、福島県、茨城県といった地域に壊滅的な打撃を与えた。千葉県沿岸部も津波による被害を受け、それに伴う河川遡上による堤防決壊での水害も多発した。それまでにも震度5強や6レベルの地震は毎年発生しており、地震列島といわれる日本に住んでいるからには、常日頃から震災への備えだけは万全にしておきたいものだ。

3.11以降、防災袋を用意したり、イザというときに皆が集まれる避難場所を家族で確認している家庭もあると思われるが、災害が自宅にいるときではなく出勤途中や打ち合わせなどで外出しているときだったら、どこに避難すればよいのだろうか。

そんな災害時に以前から紹介している「タイムカプセル+」が役立つのではないかと、最近注目を集めている。そこで今回は、タイムカプセル+が災害時にどのように役立つのかを紹介しよう。

続きを読む

電力確保でガスタービンを増設へ!東電"あらゆる努力をする"

東日本大震災に伴う原子力発電所の事故により、一部の地域では夏の電力確保が心配されている。そうした状況を踏まえ、東京電力が新たな展開を開始した。

続きを読む

備えあれば憂いなし!災害時に使える便利な防災グッズ



2011年3月11日の午後に発生した東北地方太平洋沖地震は、日本全国に甚大な被害をもたらした。被災地では、いまだに不自由な生活を強いられている方々が多い。こうした震災はいつどこで起こるかわからないものだけに、防災グッズは日頃から備えておきたいものだ。

とはいえ、どういったグッズを揃えてよいのかがわからない人もいるだろう。そこで役に立つのがレビューコミュニティ「zigsow(ジグソー)」に開設された「災害に役立つ!ハカセのオススメグッズ」だ。

「災害に役立つ!ハカセのオススメグッズ」とは、いったいどういうコーナーであるのかを、早速、見てみることにしよう。

続きを読む

【速報】福島第一原発 3号機で水蒸気爆発!枝野官房長官"事実関係を確認中"

2011年3月14日、午前11時頃に福島第一原発 3号機で水蒸気爆発があった。
炎が見え、たくさんの落下物があることから、おとといの福島第一原発 1号機の水素爆発とは違うとの見方が濃厚だ。

続きを読む

まず我社からやりましょう!孫さん 節電への協力を呼びかける



東北地方太平洋沖地震に伴う関東地方の計画停電の報を受け、ソフトバンク 孫正義氏は自身のtwitterで節電への協力を呼び掛けている。

続きを読む

総務省 チェーンメールの注意喚起!不安感をあおるメールが多発

東北地方太平洋沖地震に関連して、チェーンメール、電子掲示板、ミニブログ等で誤った情報が流れている。総務省は東北地方太平洋沖地震に関するチェーンメール等への注意を喚起している。

続きを読む

【東北地方太平洋沖地震】

半導体が足りない!震災でウェハー生産が10%も減少
放射線量がグラフでわかる!東京電力、福島原発のまとめページを開設
日本を襲った惨劇をスパマーが悪用!シマンテックがウイルス攻撃に注意喚起
ソフトバンク、被災したユーザーの利用料を減免

原発への不信感が広がる!関西電力が緊急対策・応急対策を発表
"自主避難"は明確な"避難命令"に!孫さん 被ばく線量引き上げに激怒
ついに壊れました?孫さんが"がおぉぉーん"と吠えた
計画停電の問題点!街で不便に感じることは少ないがエリアは不満
物資だけでなく人手も足りない!でもちょっと注意したいボランティア

東北新幹線や東北本線の普及が進んできた東北地方を巨大余震が襲う
直ちに健康被害有り!孫さん 過激な発言に賛否両論
東京電力が計画停電を原則不実施!しかし夏場は電力逼迫
東日本大震災が襲い掛かる!そのとき女川原子力発電所は
犬の心配してる場合じゃない!池田信夫氏が孫正義氏に苦言

震災支援で人工衛星が大活躍!通信回線の提供から被災地域の撮影まで対応
非力で被災者に申し訳ない!孫さんが発表した被災支援まとめ
孫さん 日本をどうにかして!被曝限度量の引き上げに疑問の声
被災地の被害が航空写真で鮮明に!マピオン、被災地航空写真を公開
震災で6割の企業が需要減に!エネルギーの安定供給とインフラ整備が急務

東日本大震災の影響は?阪神淡路大震災より甚大で長期に及ぶ
己の非力さが、歯痒い!孫さん 少年の詩に本音を語る
JAXAが人工衛星フル活用!岩手県に通信回線接続
東日本大震災!災害現場の最前線で活動する陸上自衛隊にメッセージを
安定ヨウ素剤の添付ファイルつき!原発事故に便乗したメールに注意

役員報酬を引退するまで!孫さん 個人で義援金100億円寄付
名誉や批判などは覚悟の上!孫さん 活発な行動の真意を明かす
計画停電の注意!パソコンはシャットダウンを モーター使用製品はコンセントを抜こう
東日本大震災!郵便が無料に 水にぬれたプリントを復活
海岸線の23駅が津波で流出!東北新幹線は4月下旬に全線復旧

田原総一朗氏とのUst対談へ!孫さん 個人で義援金を準備中
東芝が警報付ポケット線量計と防水性作業服を提供!
インデックスが画期的な着信音!「節電着信音」で節電を
過小評価が被害者を拡大!孫さん 放射線の過小評価に苦言
マカフィー初のモバイルデバイス管理ソリューション!サイバー脅威からデバイスを守れ

マイクロソフトが震災からの復興を支援!被災者の課題やニーズをサポート
エリクソンが震災支援!通信復旧のために機材などを空輸
未だに怒りがおさまらない!孫さん 副大臣と大喧嘩に賛否両論
経済産業省が発電所の安全対策を緊急指示
震災ニュースよりも安否情報!さらに東京電力サイトは訪問者が10倍に

反吐が出るほど嫌なら無視して!孫さん 前代未聞の発言に援護の声
備えあれば憂いなし!災害時に使える便利な防災グッズ
震災地の道路は大丈夫?パイオニアのカーナビなら通れる道路が分かる
放射線の数値を可視化!関東各地の環境放射能が見える「micro sievert」
補償で躊躇なら歴史に残る愚策!孫さん 避難命令がないのに苦言

震災で必要な情報を提供!「Yahoo! JAPAN被災地エリアガイド」をモバイル版から公開
「人の命」は取り戻せない!孫さん 政府とマスコミに苦言
必要な物資を親戚・友達に送りたい!でも普通に到着するのか
完成度が高すぎる!"ポポポポーン"フィギュアに驚愕
大震災で混乱!メールやTwitterでどんな偽情報が流れたのか

孫さん”皆さんのアイデア下さい"!Twitterで被災者支援の助言を請う
つばさ(福島~新庄)が4月上旬に運転再開見込!JR東日本の復旧の行方は
東日本大震災に便乗か?災害関連のフィッシングサイトなどに注意
夏の電力が危機的状況!東京電力の対策だけでは……
被災地に届け!NTTドコモがドコモポイントで義援金の受付を開始

妊婦や子供を持つ家族の悩み解消!水道水の健康影響に関するQ&A
ケータイはどこで繋がる?ドコモ、東北地方の復旧エリアマップを公開
義援金はどうやって被災地に届く?日本赤十字の方法とは
早く遠い所に避難すべき!孫さんの集団疎開構想に賛否両論
被災者の安否を確認!「goo 避難所からのメッセージ」が「災害用伝言板」と連携

東日本大震災の被害4万件を記録!ウェザーニューズの「減災リポートマップ」
海岸線を重視!昭文社が東北地方沿岸部の地図を緊急出版
みんなの心はひとつ!プラニディア、被災地応援メッセージを公開
外国人被災者にも情報を!東京外大が被災関連情報を17言語に翻訳
孫さんは現代の坂本龍馬か!福島県知事に速やかな疎開を進言

地震のとき何をしていたのか!ウェザーニューズの調査から明らかに
JAXAが日本実験棟「きぼう」などの運用管制再開!震災から復旧
ヒロイン3名のボイスが聞ける!ラブプラスから応援メッセージ
東京電力が電力使用状況グラフを掲載!電力の危機的状況が一目瞭然
環境放射能が人体に及ぼす影響は?福島県災害対策本部がQ&Aを公開

東日本大震災で思わぬ影響!iPad2の発売延期に続きジャンプも発売日変更
電波問題で御迷惑をおかけした!孫さん、異例の陳謝に感動の声
SB ケータイや充電器を無償で貸出!被災地支援用として準備
被災地復興のためのTwitter募金!「#hope4japan」を開設
福島原発の救世主となるか?巨大コンクリートポンプ車出動へ

孫さん"出来ました"!Yahoo!JAPAN、被災者支援ポータルを開設
誰にでもわかりやすい解説!大前研一氏が語る福島原発の今後
あくまでも希望者への提供!孫さん 集団疎開を政府に提案
地方を含めた東日本大震災の最新情報を!押さえておきたいTwitterアカウント
ガンバレ日本!ガンダムが頑張ってる人を応援

波高10メートル!東日本大震災で巡視船「まつしま」が相馬市沖で遭遇した津波
族や友人の安否を調べるツール!「YouTube 消息情報チャンネル」を開設
福島原発の放射能を正しく理解!専門家が放射線をわかりやすく解説
東日本大震災!Googleの提供する消息情報が32万件に
その大震災情報はホンモノ?最初のつぶやきはGoogleで分かる

地震後に「ガソリン」「灯油」が不足!日常生活品とともに燃料が深刻な状況
人体への影響は?Newton 放射線の記事を無料公開
被災地へ支援物資が続々集まる!イオンが18万点を支援
東日本大震災!東北放送が被災者の思いのこもったメッセージを配信
計画停電をカレンダーで確認!OutlookやWindows Live Hotmailに対応

どうぞどうぞと物資を譲り合おう!ヤシマ作戦の次は「ウエシマ作戦」
田沢湖線(盛岡~大曲間)が全線開通!秋田新幹線「こまち号」の運転再開
がんばれ日本!有志ボランティアによるブログ「p4j」オープン
鳥山明氏"負けないでがんばって" 届け! みんなの元気玉~悟空とアラレの応援メッセージ
宮城県が避難者リストを作成開始!避難状況が徐々に明らかに

会見がなぜ支持されるのか!枝野官房長官から学べる10のこと
マイクロソフトがPC裏技を公開!Windows PCを節電して使用する方法
マピオン、地図上に被災地域の自治体のつぶやきを表示
孫さん"被災者を想うと胸が痛む"!iPhoneで募金できるアプリ「ソフトバンク かんたん募金」
システムに不具合が発生!みずほ銀行、全店舗でATM停止

渡辺謙さんなどがから被災者へ希望をつなぐメッセージを配信
各企業が被災者支援を開始
放射線量はどんな意味を持つのか!日本原子力学会、放射線レベルを詳しく解説
エリア別救済情報まとめサイト!Tweetで情報を集約する「SAVE JAPAN!」
自治体サイトへのアクセス集中を緩和!IIJがミラーサイトを用意

万が一に備えてバックアップ!ネットジャパン、リカバリーソフトを無償貸与
震災情報を一カ所に集約!東北震災救援サイト「sinsai.info」
孫さん、東電や政府の対応に苦言!"日本は歴史上最大の危機"
東北関東大震災!東京電力の計画停電マップがYahoo!地図で確認できる
避難所名簿を撮影した写真を公開!Google 避難所名簿共有サービス

Twitterで緊急地震情報を通知!「つくるウェブ EarthquakeNotifier」
地震の影響が明らかに!通信サービスやメーカーの対応状況
被災者の体調を守れ!OKWaveが医療・健康相談を開始
リアルタイムで運行情報を確認!路線別の運行情報ツイート
誰にでも理解できるわかりやすさ!大前研一氏による原発事故の解説

停電・交通・地域情報のハッシュタグを提案!Twitterで最新情報を
総務省とキャリア各社がチェーンメールの注意喚起
マピオン、福島原発の「避難半径地図」と「風向き」を公開
もうわからないなんて言わせない!東京電力 計画停電カレンダー
SB 仮想サーバの無償提供を開始!孫さん"安否確認や情報サイトに"

東京でも被爆対策は必要ある?原発に関するQ&Aまとめ
東北関東大震災!計画停電の影響で鉄道が乱れる
計画停電エリアを地図で確認!一目瞭然の「計画停電MAP」
東北関東大震災で通信障害が発生中 2011年3月15日朝刊
どこで停電しているのか!ひと目でわかる「停電情報」

livedoor データホテル、重要情報提供用サーバを無償貸し出し
TSUTAYA、ポイントで緊急募金!被害を受けた方々を支援
パナソニック、東芝などが被災者・被災地に向けた支援を決定
計画停電を郵便番号で検索!グループがわかる「計画停電エリア検索」
Twitterから地震関連ハッシュタグを案内

まず我社からやりましょう!孫さん 節電への協力を呼びかける
東北地方太平洋沖地震!東京電力の計画停電で第1グループは見送り
総務省 チェーンメールの注意喚起!不安感をあおるメールが多発
SB すべてのメールを無料化!孫さん"海外でも他社でも無料"
前代未聞の東北地方太平洋沖地震!地震情報関連サイトのまとめ

地震速報を知るiPhone アプリ!「ゆれくるコール” for iPhone」
GACKTさんが義援金を呼び掛け!「SHOW YOUR HEART基金」
MTIが東北地方太平洋沖地震への支援!「家庭の医学」iPhone版を無償提供
NHN Japanグループ、 「東北地方太平洋沖地震」被災地支援
コスモ石油 爆発による有害物質流出のおそれを否定

福島第一原発で起きている炉心溶融の危険とは?
前代未聞の東北地方太平洋沖地震!Googleなどで情報を発信
マピオン、福島原発の避難半径地図を掲載
livedoor Wireless 一時無料開放!エリア内での情報取得に活用しよう
スマートフォンユーザーに朗報!KDDI 災害用伝言板アプリ

Andoridマーケットに登場!NTT docomo 災害用伝言板アプリ
JR東日本、運転再開情報を公開!3割~5割程度の運転本数
ソフトバンクが緊急公開!iPhoneアプリ「災害用伝言板」
Google災害情報まとめページ開設!被害状況をリアルタイムで更新
東北地方太平洋沖地震発生!そのときネットは 2011年3月12日朝刊

【速報】Google災害情報まとめページ開設!被害状況をリアルタイムで更新



Googleは、東北地方太平洋沖地震に関する災害情報をまとめたページを開設した。同サイトでは、災害に関する情報や被害状況をリアルタイムで更新していくとしている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ