ITライフハック

無線

パソコンやタブレットを切り換えて使う! 最大3台と同時接続するBluetoothマウスが登場【今週のまとめ】

M720 BTY JP


今週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。面白い記事としては、最大3台のデバイスと同時接続し簡単にデバイスを切り替えることができるBluetoothマウスが登場した。13日(火)の記事を振り返ってみよう。

「ぷよぷよ!!クエスト」ですかいらーくグループご優待券が当たるTwitterキャンペーンを実施
セガゲームス セガネットワークス カンパニーが運営するパズルRPG「ぷよぷよ!!クエスト」(以下、ぷよクエ)は、すかいらーくが展開する中華レストラン「バーミヤン」とのコラボレーションを記念し、9月12日(月)から9月18日(日)まで、「すかいらーくグループご優待券 (オンライン優待券)24万円分」が当たるTwitterキャンペーンを開催する。


ゲーム効果音の低音にシンクロしてヘッドセットが振動するゲーミングヘッドセット
上海問屋は、ゲームの臨場感を高めてくれる振動機能を搭載したゲーミングヘッドセットの販売を開始した。価格は2,999円(税込)。本製品は、振動機能を備えたゲーミングヘッドセット。「映像とサウンドだけじゃ物足りない。もっと深くゲームに入りこめる演出が欲しい!」という方におすすめ。


モンスターエナジーが「ストリートファイターV - Evil Geniuses 勝ち抜きバトル」を開催
モンスターエナジーは、2016年9月15日(木)~9月18日 (日)で開催される東京ゲームショウにてモンスターエナジーブースを出展。今年は、日本人プロゲーマーのももちやチョコブランカが所属するEvil Geniuses(イービル・ジーニアス)の5名の格闘ゲームプレイヤーが初集結し、「ストリートファイターV ? Evil Geniuses 勝ち抜きバトル」を開催する。


ロジクール、長寿命・耐久性・多用途・快適さが全て備わったワイヤレスマウスを発売
ロジクールは、パソコンやタブレットなど最大3台のデバイスと同時接続し簡単にデバイスを切り替えることができるマルチデバイスマウス「ロジクールM720 トライアスロン マルチデバイス マウス」を、2016年9月23日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、ロジクール オンラインストア価格は7,250円(税別)。


幅約14cmのスリム筐体にハイパフォーマンスなシステムを構築可能なスリムATXケース
アスクは、Thermaltake製のスリムATXケース「Core G3」を発表した。2016年9月16日発売で、価格はオープンプライス。市場想定価格は8,980円前後(税別)。「Core G3」は、幅約14cmとスリムな筐体ながら、ATXマザーボードの搭載に対応するPCケース。付属のライザーケーブルを使用することにより、最大310mmまでの拡張カードを搭載可能だ。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
幅約14cmの筐体にハイパフォーマンスなシステムを構築可能なスリムATXケース
VRも快適に動作する自作PCセットに最新のMSI製パーツを使用した「パーツの犬モデルM-101」が登場
ドスパラ、「Vive」が快適に動作する推奨ノートパソコン2機種の販売を開始
日本エイサー、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を発売
PC-9801などが「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」に登録

スマホでカメラの映像をチェック!有線LANでも無線LANでもOKなネットワークカメラ



アイ・オー・データ機器は去る2012年11月13日、同社オフィス大会議室において、報道関係者向けに「2012 年秋冬新製品 内覧会」を開催。

斬新でユニークな商品や便利で実用的な商品まで取りそろえた同内覧会では、パソコン向けの周辺機器のほかに、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を意識した製品もいくつか展示されていた。

数ある新製品の中から自宅で使うと便利な機器をピックアップして紹介しよう。

続きを読む

家族でファイルを安全に共有!無線LANルーターで実現するプライベートクラウド環境



デフレ時代の今日、価格破壊もさらに進み、最近では、モバイルルーターの契約とあわせて、1円で入手できるノートパソコンも珍しくなくなった。今や、家族で1台は当たり前、一人1台のパソコン&スマートフォンから、複数台の所持といったケースも珍しくなくなっている。

一人一人自分のPCやスマホを持つことは、保管場所が増えることでもある。そうなると面倒なのがデータの管理だ。とくに、スマートフォンやデジタルカメラで撮った写真を家族やで共有したい場合が悩ましい。

クラウドサービスでデータをネットストレージに入れておく方法もあるが、なるべく家族の写真をネット上にアップするのは避けたい。さらに、クラウドサービスには容量の制限もあるので家族でデータを共有するには使い勝手がいいとは言えない。


そこで、今回試してみたのが、アイ・オー・データ機器の無線LANルーター「WN-AG450DGRシリーズ」だ。本製品は、USB機器を接続して使える無線LANルーターだが、手持ちのUSB接続のハードディスク(HDD)を繋げることで、複数のユーザーがアクセスできるパーソナルクラウドとしても利用ができるのだ。

続きを読む

通信費が節約できて、ネットも高速!スマホのための自宅WiFi化計画



スマートフォンやタブレットの普及により、これまでパソコン中心だったインターネット利用も随分と様変わりしてきた。家庭でもパソコンでなく、スマートフォンやタブレットを利用する人が増えている。私の周りでも女性を中心にパソコンを所有せず、スマートフォンとタブレットだけ利用している人も多い。

スマートフォンやタブレットを中心に利用している人は、家庭でも外出先と同様にモバイル通信を利用する人も少なくない。WiFi(無線LAN)を利用すれば、もっと快適に、かつ通信費の節約にもなると思うわけだが、WiFiの導入や設定は面倒だからという返事をよく耳にする。たしかに、まだ家庭内をWiFi化してないケースも意外と多いのも事実だ。

家庭内をWiFi化すれば、モバイル通信より高速なインターネット利用ができるだけでなく、家庭内ではWiFiを利用してモバイル通信料金プランを低額な段階定額に変更することが可能だし、月額通信料が不要な低価格なWi-Fiタブレットを利用することもできる。

スマートフォン初心者の人にとってWiFi を利用する場合の高いハードルは、スマートフォンやタブレットでの設定ということは明白だ。各メーカーも、パソコンユーザー向けに設定を簡略化した製品はリリースされてきたが、スマートフォン向けというわけではなかった。

そんな中、スマートフォン向けに自動設定ができるWiFiルーターがアイ・オー・データ機器から発売されたというので、早速、試してみることにした。


アイ・オー・データ機器のWiFiルーター 「WN-AG300DGR」は、IEEE802.11n準拠 300Mbpsの高速なインターネット利用が可能なだけでなく、スマートフォンやタブレットでのWiFi設定が自動でできる機能を搭載している。

続きを読む

iPadでオリンピックを見よう!地デジを無線化して、どこでもテレビだ

※画面は、はめ込み合成


ロンドンオリンピックの開催日となる2012年7月27日が間近に迫ってきた。スポーツ好きな人だけでなく、誰しもが4年に1度の祭典オリンピックには関心を寄せている。オリンピックには映画やドラマにはない、リアルな感動があるからだろう。

感動はリアルタイム視聴と繰り返し録画映像を視聴することで長く、見る人の記憶に残る。

駆け込み購入で「しまった」を挽回できる!古い液晶テレビを最新にする作戦』では、古い液晶テレビを録画機能など最新液晶テレビ化する方法を紹介した。

しかし、スポーツはリアルタイムだ。ちょっと席を外した一瞬の油断で決定的な歴史的瞬間を見逃してしまって、悔しい思いをしたことはないだろうか。

昔は、一瞬の感動を見逃さないためには、テレビの前に張り付いていないければならなかったが、ハイテク時代の現代には、iPhoneとiPadがある。
このスマートモバイル機器でオリンピックが見られれば、テレビの前に張り付かなくても一瞬のリアルタイムの感動を見逃さなくてすむ。

ただ、これらの端末は、標準では地デジ放送の視聴ができる機能を備えてはいない。「iPhoneをポータブルテレビにする方法!これで、お金も電気代も節約しよう」で紹介したワザを使えば、iPhoneやiPadを地デジ化できるが、いちいちパソコンを立ち上げておく必要があるのは面倒だ。

そこで、なんとかならないものかといつものようにアイ・オー・データ機器のサイトで調べてみたところ、テレビチューナー搭載無線LANルーター「Wi-Fi TV(WN-G300TVGR)」なる新製品を見つけた。

本製品があれば、パソコン不要で、iPad/iPhone/iPod touch(以下:iPadなど)がレイアウトフリーの地デジTVに早変わりするのだ。
これがあれば、家のどこにいても、なにをしていてもオリンピックの感動の一瞬を見逃さない。そう確信した筆者は、名付けて「どこでもiPad/iPhone/iPod touchオリンピックテレビ化計画」に着手した。

まずは、「Wi-Fi TV(WN-G300TVGR)」がどれほど便利なものなのかを、ここで紹介しよう。

続きを読む

感動に浸り切れ!この秋は離れた自室でフルHD映像の秘蔵映像を見放題



地上デジタル放送への移行も完了し、これまで以上に高画質でテレビ番組を録画できる時代になった。さらにひかりTVやケーブルTVの普及で、テレビ放送以外でも高画質な映像を楽しめるようになった。

高画質な番組の増加に合わせて録画する番組も増えて、なかなか録画した番組を見る時間がないという人も多いだろう。

しかし大抵のレコーダーはリビングにしかなく、感動にドップリとつかりたいと思っても家族の目を気にして感動に浸りきれないとお嘆きの方も多いのではないだろうか。

かく言う筆者も、大好きな海外ドラマの世界に思う存分どっぷりつかって視聴したい口だ。
レコーダーを視聴の度に自室に移動させるなんて面倒だし、そもそも家人の手前そんな怪しいこともできず長年困っていた。

そんな長年なやんでいた問題を、スッキリと解決する方法を見つけたので紹介しよう。

アイ・オー・データ機器のテレビ用HDMI無線化ユニット「WTR-HDAV/A」。これがあれば、リビングに置いてあるレコーダーを動かさなくても、録画した映像をワイヤレスで別室のHDMI端子を備えたテレビや液晶モニターで見ることができるのだ。さらに自室からリモコンで操作できるので、家人にしられず、自室でシークレットに感動に浸れるのだ。

続きを読む

3G回線より高速にネットが楽しめる!ドコモ 無線LANを無料化した理由



ドコモは、「spモード」や「mopera U」などのオプションサービスである「公衆無線LANコース」の月額使用料が無料で利用いただけるキャンペーンを2011年10月1日から2013年3月31日の期間で実施することを明らかにした。

続きを読む

繋ぐだけで壁抜け無線LANで有線テレビも無線化!これで家庭も無線化できる魔法の小箱



スマートフォンユーザーの増加で、日本全国が無線時代に突入したといってもよいだろう。
3G回線の音声・データ通信にくわえ、Bluetoothや無線LANを利用する人が増えている。さらに家庭では地デジテレビへの移行でネットや無線LAN対応のテレビも増えてきている。

特に無線LANは家庭やオフィスで利用すれば、携帯の通信料金を節約するにももってこいだし、ゴチャゴチャしたケーブルなしで部屋をきれいに使えるので、もっと活用したいと思っている人も多い。

とはいえ、無線LANを使うには、無線LANルーターを購入したり、面倒な設定をしたりしないといけない。まだ、そう思っている人も多いだろうが、それは大きな間違いだ。

今の時代は、もっと簡単・便利に無線LANが使える時代になっているのだ。

最近では、USBメモリーサイズの無線LANアダプターで出張先でも設定なしで簡単に無線LANを利用したり、家庭でも無線ルーターなし無線LANが利用できたりするのだ。

また、無線LANに対応していない有線LANテレビでも無線を使えるアイテムもあるのだ。
面倒な設定なしで、有線LANを無線化して、壁を隔てた部屋でも大型テレビやゲーム機が使える魔法の小箱、それがアイ・オー・データ機器のデジタル家電用 無線LANアダプター「WN-AG300EAシリーズ」だ。

続きを読む

無線で高速転送する驚きの技術!毎秒40ギガビット無線伝送実験に成功



現代社会では、大容量データをやりとりするスマートフォンなどの携帯端末が急速に普及し、いつでも・どこでも通信可能なブロードバンド接続が必要となっている。こういった大容量データをやりとりするための高速データ伝送には、「光ファイバ通信」が適している。

しかし、持ち運びなどの利便性を重視する場合には、「無線通信」の技術が不可欠だ。「光通信」は毎秒10ギガビット程度の伝送速度が一般的ですが、これに対して、「無線通信」は利用可能な電波帯域が限られているため、最新の無線LAN(IEEE802.11n)でも、毎秒0.3ギガビット程度の伝送速度にとどまっている。

ユーザが、無線通信であることを意識せずに、データ通信を利用するためには、無線通信の高速化を図り、光通信との速度差を縮める必要がある。この実現のため、携帯電話や無線LANなどで混雑する「マイクロ波帯」を避け、新たな周波数帯域での高速無線伝送技術の開発が必要とされており、より高い周波数帯での広帯域かつ高精度の信号発生・検出が技術課題となっていた。

そうした中で独立行政法人情報通信研究機構(NICT)は、大阪大学と共同で、電波による世界最高速である毎秒40ギガビットの無線伝送実験に成功した。この速度は、これまでの伝送実験最高記録(毎秒27ギガビット)を大きく超え、最新の無線LANの約130倍もの速さになる。

続きを読む

WiMAX、XGP、LTEを支える!モバイル通信で必須となってきたMIMOとは



無線LANやWiMAXをはじめ、LTEやXGPなど、高速通信が注目されている。PCを持っているユーザーならなおのこと、高速通信の動向は気になることだろう。
そんな高速通信で必須の技術となっているのがMIMO(Multiple Input Multiple Output)だ。ルネサス モバイルとアンリツが無線通信技術MIMOのテストケースで3GPPの認証を業界で初めて取得したことを12日に発表したこともニュースとして新しいところ。

そこで、MIMOはどんな技術なのかを紹介しよう。

続きを読む

iPhoneで空を舞う!クアッドリコプター「AR.Drone」が日本初上陸

電話やインターネットだけでなく、ゲームで遊んだり、楽器になったり、仮想現実を実画像と合成したりと、さまざまな使われ方が人気のiPhone。そのiPhoneの新たな利用法を見せてくれるパロットの「AR.Drone」がついに日本に上陸した。iPhoneで操作するあのクアッドリコプターが、東京ゲームショウ2010の展示ブース内で、実際にフライト体験するイベントが催された。



続きを読む

iPad・iPhoneがさらに快適!くるくる巻けるキーボードが無線で帰ってきた【イケショップのレア物】



iPadやiPhoneを使っていると、「外付けのキーボードが使いたい!」と思うことは、よくある。
たしかに、ソフトキーボードも慣れれば、苦にはならないのだが、そこは実際のキーを叩きたくなるのは、人としの性(さが)だろうか・・・。

とはいうものの、かさばる外付けキーボードを持ち歩くなんて、とってもイケてない。

そこで、コレ「Bluetooth Flexible Keyboard」だ。
巻物のようにくるくる巻ける、あのキーボードが、なんと無線になって帰ってきたのだ。

続きを読む

ドラえもんもビックリ!デジタル家電やゲーム機の煩わしいLANケーブルをなくすアイテム



デジタル家電やゲーム機など、LANポートを搭載したネットワーク対応機器が増えているが、配線が面倒だったり、ケーブルが邪魔になったりすることが多々ある。そうしたわずらわしいケーブルをなくすことができる周辺機器があったらすごく便利だ。

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、LANポートを搭載したネットワーク対応機器につなげるだけでかんたんに無線化することができるシンプルコンバータ「GW-SC150N」を2010年7月10日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3,800円(税込)。

続きを読む

ケーブルにサヨナラ!音楽プレイヤーに便利なBluetothトランスミッタ



サンワサプライは、オーディオ機器やパソコンで再生している音楽をBluetoothヘッドホンやスピーカーなどのBluetooth対応機器で楽しむことができる超コンパクトサイズなBluetoothオーディオアダプタ「MM-BTAD4N」を発売した。
価格は、8,400円(税込み)。

■ワイヤレス環境を手軽に実現
「MM-BTAD4N」は、オーディオ機器やパソコンの音楽をBluetooth対応機器に送信できるオーディアアダプタだ。
Bluetooth Ver2.1+EDR準拠で更なる省電力化を実現し、オーディオ機器やパソコンのイヤホンジャックに接続することで、手軽にBluetoothワイヤレス環境でBluetoothヘッドホンやスピーカーを使用し高音質の音楽を楽しむことができる。

また、本体は超コンパクトサイズなので、小型携帯オーディオ機器やゲーム機にも便利に使うことができる。本体は充電式となっており、充電用にACアダプタだけでなく、USBケーブルも付属しているので、家庭用コンセントからでも、パソコンのUSBポートからでも用途に合わせて充電方法を選ぶことが可能だ。

サンワサプライ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっと見る
ケーブルにサヨナラ!音楽プレイヤーに便利なBluetothトランスミッタ
軽いだけじゃない!パナソニックが家族向け高画質ムービーを発表
はじける色彩とパッション!日本人の知らないタイがここにある
4原色革命!シャープ、3Dテレビ「AQUOS クアトロン 3D」を発表

ポータブルWi-Fiは最強の製品!バッファロー斉木社長が断言



株式会社バッファローとエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社は2010年5月25日、都内 NTTコーポレートニューズルーム 会見室において、報道関係者向けにモバイルWiFiルーター「ポータブルWi-Fi」の発表会を開催した。
ポケットサイズ!iPadでも使える便利なモバイルWi-Fi

「ポータブルWi-Fi」は、どういった商品としてモバイル市場へ投入するのだろうか?

■ユビキタスを実現する最強の製品 - バッファロー斉木社長
株式会社バッファロー代表取締役社長 斉木邦明氏にお話しをうかがうことができた。「この製品は、ユビキタスを実現する最強の製品です。」とのこと。続きはこちら。

・株式会社バッファロー代表取締役社長 斉木邦明氏(動画)

ITライフハック
ITライフハック Twitter

【責任者が語る事業戦略と本音】をもっとみる
リーズナブルでハイスペックを楽しんでいただく!富士通 松村部長が語る新ケータイの戦略
けっこう面白いコンテンツも出ます!クロスメディア 市原社長が「東京メディア」の魅力を語る
3ユーザビリティを重視 担当者がauケータイの魅力を語る
一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ