ITライフハック

熊本地震

LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結

熊本市連携協定締結式写真

LINEは、熊本県熊本市と、災害発生時に市民や職員間の有効な情報伝達手段を探り、今後の防災計画に活かしていくために「情報活用に関する連携協定」を締結した。

熊本市は昨年の熊本地震の被災地として復興途中にある中で、人口約73万人を有する九州有数の都市として、復興計画と共に都市型の防災計画を再作成するなど、今後の取り組みを推進している。LINEでは、スマートフォンにおけるコミュニケーションおよび生活インフラを担う立場として、民間とも力を合わせ、さらに実効性のある防災計画を作成すべく取り組む熊本市を支援するため、今回の「情報活用に関する連携協定」締結するに至ったとのこと。

本協定では、以下のような取り組みを協議・検討していく。

1.地域防災への「LINE」等の活用に関すること
・「LINE」の機能を使った地域住民との防災情報の受配信
・地域社会での防災訓練と訓練を通した防災にかかる共同研究
・地域住民への意識向上施策
・災害時における職員間の安否確認ツール、災害対応時の情報共有ツールとして
の活用

2.地域振興への「LINE」等の活用に関すること
・地域との「LINE」でのつながりの検討(地域情報の受発信など)
・熊本市地域担当職員の職員間の情報共有ツールとしての活用

3.市政情報の発信・収集での「LINE」等の活用に関すること
 ・福祉など分野ごとの市政情報発信のツールとして活用
・地域住民に対するアンケートシステムの構築など

本取り組みを通じて、例えば、災害時における、市民間、市役所職員間、あるいは
市民と役所間の連絡ツールとして、より効果的で実効性のある「LINE」の使い方等
を明らかにできればと考えています。

また、地域へのより便利で的確な情報配信ツールとして「LINE」をご利用いただく
ために、災害や復興といったテーマに限らず、普段から市と地域との連絡手段とし
て「LINE」をご利用いただき、地域になじみのあるツールとなることも目指します。

さらに、LINEでは熊本地震から1年の節目にあわせ、CSR活動
「LINE SMILE+ PROJECT」として、復興にむけて活動している熊本の団体に、LINEが
提供するスタンプ・ポイント・LINE Payの3サービスを通じて寄付ができたり、復興
を応援する「SMILE写真」を募集するほか、LINEファミリーサービスを通じた様々な
支援を行っています。

熊本城の復旧・復元(熊本城総合事務所)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開
稲川淳二のお葬式!? DMM VR THEATERにて「コワイコエ 稲川淳二のお葬式」を開催
「2日休めば9連休!」 2017年ゴールデンウィーク理想と現実(マクロミル調べ)
アナログとデジタルが融合した新感覚知育玩具「ブロクセル」を4月上旬より発売


検証 熊本大地震 日経BPムック
日経アーキテクチュア
日経BP社
2016-06-23




東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ

1334ac39b3c4a1146655a2171bb2c4ee_s

近年、甚大な被害をもたらす自然災害が、相次いで起こった日本。間もなく、東日本大震災から6年、熊本地震から1年となる今、改めて、生活者の防災に対する意識や備えの実態について、全国の男女1,000名を対象にアンケート調査を行った。

■大災害に対して備えをしている人は、 83%
大災害(人間の社会生活や生命に大きな被害をもたらす規模の自然災害)に備えて、 83%が「何かしらの備え」をしていることが分かった。備えているものは多い順に、「日用品・水・食料品などの備蓄」52%、次いで「徒歩での帰宅経路の確認」48%、「保険加入」47%と続く。

また、この1年で備えを強化したものをたずねると、「日用品・水・食料品などの備蓄」が最多の24%で、次いで「災害速報のサービスやアプリの利用」18%、スマホ等の充電用に「モバイルバッテリーを携帯」17%と続き、デジタル関連の備えを強化していることが分かった。

【図】大災害に対する備え
<全体 / n=1,000>
sub4


【図】大災害に対する備え(備えているもの、この1年に備えを強化したもの)
<全体 / n=1,000>
sub5


■災害発生時に注目する情報、 1位は「テレビ」で8割
身の回りで大災害が発生した際、どのような情報源に注目するかを質問。1位は「テレビの情報」で実に8割の人が注目すると回答。2位は、総務省が災害発生時の安否確認手段として活用を呼びかける「災害伝言サービスの情報」と、「インターネット上のニュースサイトの情報」が、ほぼ同率の67%だった。

【図】身の回りで大災害が発生した際に、注目する情報源
<全体 / n=1,000>
sub7


■災害に関する“デマ情報”を、 SNS等のネット上で見かけたらどうする?
東日本大震災や熊本地震等の大災害が発生した際、 Twitter等を通じて“デマ情報”が拡散され、被災地を混乱させた……というニュースを耳にした方も多いのではないだろうか。

では実際に、そういった情報をSNS等のネット上で見かけた人は、それが“デマ情報”だと気づけたのか。またその後、どのような行動をとったのだろうか。

結果、71%と多くの人が「デマ情報だと気づいたので、 SNSや他人には広げなかった」と回答し、混乱を避けることができたと言える。一方で26%がデマの情報だったことに気がつかず、その後の行動の内訳は、「広げなかった」19%、「広げてしまった」7%となっている。

【図】デマ情報を得た後の行動
<ベース:デマだと思われる情報をSNS等のネット上で見かけたことがある人 / n=163>
sub6


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「JAEPO×闘会議2017」の来場者数は6万8000人
闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場
今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ
発売まで待ちきれない!Nintendo Switchの「ARMS」を体験してきました





プリンセス・クルーズ、熊本県八代港にて復興支援を実施。船内でチャリティイベントを開催

名称未設定-1


世界三大クルーズ会社のプリンセス・クルーズは、2016年9月15日(木)に熊本県八代市へ初寄港する、日本発着クルーズにおいて、熊本地震で被災された人たちへの復興支援イベントを行う。船内にて開催される「チャリティ・ウォーク」で集めた寄付金を、熊本県に寄付するほか、初寄港当日には、八代市内の幼稚園児をダイヤモンド・プリンセスに招待し船内見学を実施する。



今回の熊本県に対する「チャリティ・ウォーク」の対象となるのは、2016年9月9日(金)に横浜を出発する「日本の美 瀬戸内海・名城の地めぐりと韓国 9日間」。船上の外周デッキで行われる3kmのウォーキングに参加したユーザーから、1人15米ドル~を寄付してもらい、これにより集めた寄付金に、プリンセス・クルーズ・コミュニティ財団が同額を追加した上で、日本赤十字を通して熊本県に寄付するとのこと。チャリティ参加者には、熊本県と八代市より特別に提供されたオリジナルくまモンクリアファイルと缶バッジをプレゼントする。

当日は、くまモン復興シンボルマークと熊本への応援メッセージ、さらに船内のゲストや乗務員の寄せ書きが書かれたビッグフラッグを船体に掲げ、八代港に入港予定。その後、初入港の、ウェルカムセレモニーが予定されている。チャリティの一環として被災地の子供達を船内にご招待、プリンセス・クルーズのオリジナルTシャツをプレゼントし見学会を実施する。

出港時には、熊本県の人気キャラクターくまモンが登場。地元秀岳館高校の生徒による雅太鼓の演奏ととともに船出を見送るとのことだ。

プリンセスクルーズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
JCG、PC版Overwatch国内大会オフライン決勝戦「JCG Master 2016 Summer Finals オフラインファイナル」を開催
Amazon、「ハロウィンストア 2016」をオープン
夏コミことC90コミックマーケット、3日目にmiko×桃箱参加のお知らせ
プログラミングをせずにRPGの制作を楽しめるWindows用ソフト「SMILE GAME BUILDER」が登場
楽天、定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」の提供を開始






行定勲監督作の映画「うつくしいひと」をニコニコチャンネルで配信開始。売上全額を「熊本地震義援金」に寄付

画像
ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコチャンネル」にて、6月28日(火)より、行定勲監督の映画「うつくしいひと」の有料配信を開始する。また、7月7日(木)には「ニコニコ生放送」にて、同映画に合わせて撮影されたドキュメンタリー番組も放送する。


「うつくしいひと」は行定勲監督のもと、橋本愛、高良健吾ら熊本出身の著名人らが結集して製作した中編映画で、有料配信による売り上げの全額を「熊本地震義援金」に寄付する。

また、7月7日(木)の生放送特番では、以前熊本朝日放送で放送され、本映画に関しての行定勲監督を追ったドキュメンタリー番組(映画本編以外は無料)を放送し、映画本編とあわせて楽しめる特番を放送する。

■ニコニコチャンネル配信概要
くまもと映画プロジェクト「うつくしいひと 」チャリティ有料配信
販売開始 :6月28日(火)14:00より
視聴金額 :324円(税込み) ※全額324円(税込)が寄付対象となります。
特設ページ: http://ch.nicovideo.jp/utukushii

■生放送概要
タイトル:くまもと映画プロジェクト「うつくしいひと」チャリティ上映会
放送日時:7月7日(木)20:30~
視聴金額:324円(税込み) ※ドキュメンタリー部分は無料配信となります。
視聴URL : http://live.nicovideo.jp/watch/lv267512101



うつくしいひと
熊本地震義援金

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
“ラスボス”幸子も初出演の「ニコニコ超パーティーII」を両日再放送
内閣支持率52.2%と2014年衆院総選挙後最高に。ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」
YOSHIKI × LUNA SEA頂上対談!RYUICHI&J緊急参戦のニコ生特番決定!
「ニコニコ超パーティー2016」出演者を一挙発表
niconico、「ネット第一声」「ネット最後の訴え」の生放送ほか6/22~7/9までネット選挙企画を展開


GO [DVD]
窪塚洋介
東映
2002-07-21




南阿蘇鉄道の復興支援切符を発売

若桜鉄道、いすみ鉄道、ひたちなか海浜鉄道、由利高原鉄道の4社は、平成28年熊本地震で被害を受けた南阿蘇鉄道を支援する目的で、復興支援切符を発行することを決定した。発売は2016年4月29日から。価格は1,000円。
続きを読む

自宅の震度がわかる iPhone アプリ 「i震度」を期間限定で無料化

白山工業は、揺れを計測して震度表示するiPhone/iPod touchアプリ「i震度(アイシンド)」を、2016年4月15日より6月15日までの期間限定で無料にすると発表した。「平成28年 熊本地震」の余震による建物の揺れを具体的に把握するツールとして提供することが目的。
続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ