ITライフハック

登山

今夏人気の山は「鳥海山」!富士山は何位? NTTレゾナントがgooの検索数から見る人気の登山スポットを発表!

5_large

NTTレゾナントは、8月11日「山の日」に併せ、「gooウェブ検索」の検索ログを用いて、登山スポットとして人気の山を調査した。「登山」と併せて検索された日本の山を、ランキング形式でご紹介する(調査期間:2018年6月1日~2019年5月31日)。

人気の山ランキング1位は、「鳥海山」となった。鳥海山は、山形県と秋田県の県境に位置する、標高2,236mの山だ。東北では2番目の高さを誇り、別名「出羽富士」とも呼ばれている。寒暖差の激しさから四季の変化がはっきりしており、7月から8月に見頃を迎えるチョウカイアザミをはじめ、高山植物も豊富に自生しています。5合目にある鉾立展望台からは、日本海と鳥海山をまとめて楽しむことができるなど、見どころの多い山だ。

人気の山ランキング2位には、「富士山」がランクイン。静岡県と山梨県にまたがる富士山は、標高3,776mと日本一の高さを誇る独立峰だ。2013年には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として、世界文化遺産に登録された。年間を通じて気象条件が厳しく、登山時期は7月から9月中旬のおよそ2か月間のみ。山頂には夏期のみ開設される郵便局があり、限定印を押した郵便を出すことができる。

人気の山ランキング3位は、「立山」でした。富山県にある立山は厳密には単独の山ではなく、雄山・大汝山・富士ノ折立の総称で、最高峰は3,015mの大汝山だ。2位の富士山、7位の白山と並んで日本三霊山として称えられており、全国から多くの信仰者が集まる。また、2012年には、これまで日本で現存しないとされてきた氷河が確認されたことで話題になった。

「登山」と併せて検索された山の検索数を季節ごとにランキング化したところ、春は「富士山」、夏に「鳥海山」、秋に「立山」が検索数トップとなり、年間の人気の山ランキングトップ3が出揃った。一方、冬には、年間の検索数ランキングでトップ10入りを逃した「宝登山」が検索数トップとなった。

宝登山は埼玉県にある山で、標高はわずか497mと、これまでランクインした山に比べて低め。山頂にあるロウバイ園では12月から2月、梅百花園では2月・3月と、冬に見頃を迎える花が多いため、冬に人気の高い山となったと考えられる。

2_large


goo旅行「山に登ろう!登山に便利な宿特集」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
お気に入りバッグをこれまで以上に活用するためのライフハックグッズ『コアルーストラップ「α」』
期間限定!新宿歌舞伎町にニンニク料理とチーズ料理の楽園誕生!
お父さんお母さん必見!!FUJIFILM SQUAREで夏休み特別イベント【生物がつくる形のふしぎ】、写真展「放散虫」を開催
日本最大規模のアマチュア宇宙イベント『第15回能代宇宙イベント』開催
LAVIE新モデル追加でPC-8001 を細部まで再現した記念品「PasocomMini PC-8001」登場






10月3日は登山の日。休日は登山でリフレッシュしてみては?

3

これから秋本番、紅葉を見ることができる山も増え、登山やトレッキングにぴったりな季節がやってくる。10月3日は登山の日。登山の日とは、「10(と)3(ざん)」の語呂合わせから、日本アルパインガイド協会が平成3年(1991年)に定め、日本記念日協会が平成7(1995年)に認定した記念日のこと。都内には電車で1時間ほどで行ける、自然豊かな山が多くあり、日中の気軽なおでかけでも登山を楽しむことができる。

アウトドアの老舗メーカー“コールマン”では、豊富なバッグを用意。秋の登山で使いたくなる、おしゃれでタウンユーズにも毎日使えるバックパックやミニバックをご紹介しよう。機能性とデザインを兼ね備えたColemanのバックと一緒に気軽に出かけてみてはいかがだろうか。

高尾山は都心からもアクセスがよくコースのバリエーションも多いことから年間を通じて老若男女に人気の山だ。ミシュランの三ツ星にも認定されたハイキング・トレッキングの名所で、年間300万人の観光者数は世界一。標高599mと無理なく登山ができることや、パワースポット、温泉、レストランなど、一日中楽しめるのも人気の秘密だ。高尾山の麓、高尾山口駅には商店街があり、高尾山の名物ともいうべき“とろろそば”を堪能できるお店がずらり。食欲の秋も楽しめるお出かけスポットだ。今年の紅葉は、11月の中旬から12月の上旬が見頃とのこと。

また東京の奥多摩にある御岳山山頂には武蔵御嶽神社があり、古くから山岳信仰の山としても知られている。樹齢1200年とされるケヤキや色とりどりの紅葉、苔むした森の中を流れる滝など見どころ満載。四季折々の山の表情を楽しめる。こちらも紅葉は、 11月の中旬から12月の上旬が見頃だ。

近場であっても、雨具や寒さ対策の準備をし、持ち歩くと荷物も増えるため、しっかりと容量が入るリュックがオススメ。また、リュックなら両手を開けることで歩きやすく、転倒時も安全だ。

「ウォーカー25」はシリーズの中でも2004年春夏モデルとしてデビュー以来、すでに10年以上多くの人に愛され続けている代表的なバックパック。「WALKER(ウォーカー)」シリーズの特長は、ベーシックなフォルムとシンプルなデザインで、子どもからご年配の方まで世代を問わず、好みやシーンに合わせて自由に選べる豊富なラインアップが魅力だ。トレンドのカラーやデザイン、また“デニム”や“ヘザー”といった服地で使用される素材を採用し、豊富なバリエーションを取り揃えている。

1960 年代アメリカをイメージしたクラシカルなデザインの「JOURNEY シリーズ」は、キャンバスバッグを背負って週末にアウトドアの旅に出かけていた、1960年代のアメリカをイメージしたデザイン。

JOURNEYシリーズ製品は、ナチュラルな風合いをもつ、織りのしっかりとしたCOTNAという生地を使用している。COTNAはコットンよりも軽量で、濡れても乾きやすいのが特徴だ。「JN スカウトマスター」、「JN デイパック」、「JN ロールトップ」の3モデルには、 ブラックウォッチ柄のレインカバーが付属している。レインカバーはバッグ底面のポケットに収納でき、外付けホルダーに固定することもできる。また、今年9月には秋の新色として2017FWのトレンド、ゴールドブラウンとバーガンディが登場!アウトドアでも、タウンユーズでもお使い頂ける商品だ。

人気の「C-SERIES」が9月からフルリニューアル。いままでなかった可愛いピンクやチリ柄など、デザイン性もUP。登山に使うバッグは、スタイルの好みはもちろん、各自、荷物の量などによってさまざま。これなら、豊富な種類からデザインも機能も選べるだろう。

バックパックタイプでは約30L容量の「C-ビッグパック」、約25L容量の「C-デイパック」、約15L容量の「C-ミニパック」を。ほかにも着脱可能なショルダーベルト付きで A4 サイズの収納がOKな「C-デイダッフル」、「C-デイトート」と、用途に合わせてタイプを選べる。

いずれもレザーボトムを採用しており、地面に置いても自立。また深めのサイドポケットには保冷性と防水性を併せ持つCOOL POCKETが付き、ペットボトルや濡れた傘もそのまましまえる。優れたデザインと便利な機能がさりげなく融合した作りとなっている。

1

1


コールマン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
卒業生・植木等さんの生誕90周年記念 展覧会を東洋大学で開催
石原さとみさん出演・東京メトロ「Find my Tokyo.」9月29日(金)からCM「日比谷 歴史と文化が色づく」篇を先行公開
「アトリエ オンライン ~ブレセイルの錬金術士~」の新プロモーションビデオを公開
ウルトラマンが、エヴァンゲリオンが、ゴジラが来襲する都市から生き延びろ!――「巨影都市」
「CMイメージキャスト選抜総選挙」で咲坂柚衣さんが1位に――レジーナエンタテインメント・グリーゲームスブースイベント






NTTドコモ、通信エリア状況を表示した登山道マップをドコモコーポレートサイトに開設

s-c41f29f487ebe39897e6b560efbeb745_s
NTTドコモは、2016年7月8日(金)より、同社のコーポレートサイト上にて「通信エリア状況を表示した登山道マップ」の提供を開始した。

本マップでは、日本百名山を中心とした山(※1)を対象とし、それぞれの登山道におけるエリア情報を地図上で確認することができる。これまでは文字情報で通信エリアの状況を表示していたが、今回、マップを追加して掲載することで、携帯電話を利用できる場所、利用できない場所を簡単にイメージできるようにしたとのこと。登山の際に通話やメール、SNS等を楽しむに当たっての利便性向上を図ったものだ。

※1 2016年7月8日(金)時点では33ヵ所の山の情報を掲載

通信エリア状況を表示した登山道マップ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に
Y!mobileから「Android One」が日本初登場
UQフェムトセルの先行受付を開始!外でも家でもシームレスにWiMAX 2+が利用可能に
フォーカルポイント、iPad Pro用の本革製インナーケース「BookBook」を発売
シニアが利用しているSNS上位は「Facebook、Twitter」。MMD研究所調べ







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ