ITライフハック

福島

ニコ生で神旗争奪戦を再現するドローンレースなどを独占生放送

magical_fukushima_press_release

ドワンゴが運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、2016年11月6日(日)10時より、「マジカル福島 2016」内で開催される「ロボテスわっしょい秋祭り―アニメレスキューアカデミア制作発表会―」および「ドローンインパクトチャレンジ 福島県南相馬市」の様子を生中継する。

「マジカル福島」とは、福島県民主体の日本最大規模の文化祭です。「本気(マジ)だぜ福島!」をキーワードに、映画・アニメ上映やコスプレ撮影会のほか、痛車の展示などを行っている。

アニメ「レスキューアカデミア」は、落ちこぼれの主人公がロボットと信頼関係を築き、レスキュー学校の活動を通して、トップレスキューペアを目指す友情と成長のサクセスストーリー。制作発表会では、監督、声優によるトークショー、アーティストのライブ、ロボットを使っての「近未来運動会」、VRによるハイテク見学などが予定されている。

世界で注目を集めている新しいスポーツ、ドローンレース『ドローンインパクトチャレンジ 福島県南相馬市』も同時開催される。メインとなるレース以外にも、日本初の試みとして、ドローンによる「神旗争奪戦」も予定されている。「神旗争奪戦」とは国指定の重要無形民俗文化財「相馬野馬追(のまおい)」のメインイベントで、打ち上げられた旗を騎馬戦で奪い合う競技。これをドローンで再現するとのこと。

このイベントに先立ち、10月30日(日)10時より、「マジカル福島 2016 プレイベント【プログラミングで自動飛行 ~親子ドローン教室~】&【ロボットができること ~今とこれから~】」の様子も生中継する。

■番組概要
・本気(マジ)だぜ福島!マジカル福島 2016【アニメ『レスキューアカデミア』
 制作発表会】&【ドローンレース】
 放 送 日 時 :11月6日(日)10:00 ~
 視 聴 U R L : http://live.nicovideo.jp/watch/lv278015775

・マジカル福島 2016 プレイベント【プログラミングで自動飛行 ~親子ドローン
 教室~】&【ロボットができること ~今とこれから~】
 放 送 日 時 :10月30日(日)10:00 ~
 視 聴 U R L : http://live.nicovideo.jp/watch/lv278015474


「マジカル福島」公式ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
「ニコニコ町会議全国ツアー2016」~愛知県名古屋市栄でニコニコ町会議を開催~
「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」ニコニコ生放送で60時間ぶっ通し生放送
声優とアイドルのハイブリットユニット「i☆Ris」公式漫画をニコニコ静画で連載
渡辺竜王など将棋棋士4人が自腹で馬券を爆買い!ニコ生で競馬対決をお届け
ゴールデンボンバー水着で生出演!ナイトプールで地獄の水泳大会をニコ生で開催



誰にでも理解できるわかりやすさ!大前研一氏による原発事故の解説



東北地方太平洋沖地震に伴う原発事故の報を受け、原発について疑問に思っていることがあるだろう。「専門家による解説は、専門用語ばかりでわからない!」という人にオススメの動画がある。大前研一氏による 東日本巨大地震のニュースだ。原発事故についてもわかりやすく解説している。

続きを読む

マピオン、福島原発の「避難半径地図」と「風向き」を公開



マピオンは、東北地方太平洋沖地震に伴う原発事故の報を受け、マピオンニュースにて福島第1原発と福島第2原発の避難半径地図を掲載中だ。Flash版では、現地での風向きを知ることができる。

続きを読む

マピオン、福島原発の避難半径地図を掲載



マピオンは、東北地方太平洋沖地震を受け、マピオンニュースにて福島第1原発と福島第2原発の避難半径地図を掲載中だ。

19時54分追記
福島第1原発の避難範囲が20kmに拡大したとの報を受け、マピオンは避難半径地図をアップデートした。

3/15 13時35分追記
福島第1原発の避難範囲が30kmに拡大したとの報を受け、マピオンは避難半径地図をアップデートした。続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ