ITライフハック

福島県

福島県郡山市でニコニコ町会議を開催!地元の踊り手・乱乱流、よさこいチーム、来場ユーザーが一斉演舞を披露

①

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の全国出張版イベント「ニコニコ町会議 全国ツアー2018」が、2018年9月17日(月)12時より、福島県郡山市で開催された。

■今年9回目の町会議は郡山
9月17日(月)に福島県郡山市にて、今年9か所目となる「ニコニコ町会議 全国ツアー2018」を開催し、その模様をニコニコ生放送で中継した。イベントでは踊ってみたやゲーム実況など、ニコニコの様々なジャンルで活躍するユーザーと地元ユーザーとの交流をはじめ、地域ならではの文化や特産品の紹介などを行い、ニコニコ生放送を通じて福島県郡山市の魅力を全国に発信した。会場来場者は4万2,000人、ニコニコ生放送の視聴者数は10万9,900人となった。

今年9ヵ所目となるニコニコ町会議は、2012年以来6年振りとなる福島県で開催。郡山市「磐梯熱海おもてなし温楽彩」との併催となった。

■副市長とゆるキャラ「がくとくん・おんぷちゃん」も登場
オープニングステージには、郡山市の吉崎賢介副市長、ゆるキャラのがくとくん・おんぷちゃんが登壇。町会議恒例行事の開会の儀では、食用鯉生産量1位である郡山市のキャッチコピー「鯉に恋する郡山」の掛け声と共に、地元旅館のおしどり夫婦の変わらぬ「恋(鯉)心」が釣り上げられ、ユーザーからの「郡山」のコメント弾幕と共に、町会議史上稀にみる“お熱い”開幕となった。

ニコニコ町会議では、今年もニコニコ動画で活躍するユーザー出演者によるステージパフォーマンスを始め、地元のニコニコユーザー参加型の企画も多数開催。また、併催イベントである磐梯熱海おもてなし温楽彩は「地元の若い力と一緒に作り上げていく」をテーマとして掲げており、町会議にも郡山市の専門学校グループFSGが参加し、放送技術として一部ニコニコ生放送の中継映像を撮影するほか、中継MCとして各ブースの紹介などを行った。

またゲーム実況ステージでは、同グループの国際情報工科自動車大学校・ゲームソフト開発科が開発したゲームソフト「ぱくロール」、「ゾンビメーカー」をゲーム実況者がプレイ。現地の若い力と共にイベントが作り上げられた。

■コスプレ踊り子集団「乱乱流(らんらんるー)」がよさこい演舞を披露
イベントの後半には、東北地方を中心に活動するコスプレ踊り子集団「乱乱流(らんらんるー)」とよさこいダンスチームがよさこいの演舞を披露。続けて姉妹踊り手のATYが加わり、来場したユーザーと一緒に「ワールドワイドフェスティバル」を披露。大人数による踊ってみた発表に多くの観客が集まり、会場が熱気に包まれた。

終盤に行われた町ステージショーでは、歌い手の赤ティンやみゅさん、踊り手のATY、そしてステージの最後を飾る八王子Pが登場し、盛り上がりは最高潮に。MCの百花繚乱をはじめ、ユーザー出演者陣もステージにあがり、来場ユーザー、視聴者と会場が一体となった。

■大興奮のままエンディングへ
興奮をそのままにエンディングを迎え、イベントに協力した参加者が登壇。磐梯熱海博実行委員の伊藤芳雄氏からは、「ニコニコ町会議のおかげでとても多くの方にお越しいただけました。本当にありがとうございました」と挨拶。次回開催地である愛知県名古屋市の出演者などが発表され、残り4会場となる町会議全国ツアーは幕を閉じた。

■開催概要
イベント名:ニコニコ町会議 全国ツアー2018
主催:niconico
スポンサー:スズキ株式会社


⑥

③

⑤

④

②


特設ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
人気声優・吉野裕行がニコニコチャンネルを開設。「ラジオ よっちんの今夜ウチこいよ!」がスタート
「狼と香辛料」VRアニメ化記念で「狼と香辛料」と「狼と香辛料 II」全13話をニコ生で一挙放送
開催決定!GA文庫ライトノベルのアニメ作品7タイトル全話無料配信「GA文庫秋祭り」
TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズ「エンドレスエイト」長門有希の疑似体験企画、第8話が出現
香川県丸亀市でニコニコ町会議を開催!アニメ・サザエさんの磯野波平役などで知られる声優・茶風林も出演






「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2018」今年も7開催

00

福島県では、円谷プロダクションの協力により、今年も「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2018」を県内全域で2018年7月12日(木)より開催する。

「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2018」は、スマートフォンのGPS機能及びAR(拡張現実)の技術を活用した専用アプリを使用したラリー。参加者が福島県内の様々な観光地に設定されたARポイントでスマホのアプリを起動させることで、画面上にウルトラヒーローや怪獣・宇宙人が現れ、この写真撮影がスタンプ機能を兼ねているというもの。

■開催概要
名称:大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2018
開催期間:2018年7月12日(木)~2018年10月14日(日)
特徴:
○アプリ改良により、wifi環境がなくてもスムーズにダウンロードができるようになった。
○アプリの初回ダウンロードで、いつでもどこでもARスタンプラリーの楽しさを体験できるオリジナルの特典画像(3種)がゲットできる。
○福島県内全9コース26ポイントでスタート後に9月1日からの期間限定コースも登場!
○各コースにはそれぞれヒーローの愛称がつき、1コース達成ごとに、各コースのヒーローオリジナルステッカーがもらえる。
○新ヒーローのウルトラマンロッソ&ブルも登場!
○市町村や関係団体と連携し、スタンプラリーを通じて、ふくしまの観光や食といった様々な魅力に触れられる。
プレゼント:
○福島県内の7エリア・9コースに設定された全26ポイント+期間限定コース(3ポイント)で本アプリを使用して写真撮影し、1コースをクリアするごとに各所の「スタンプラリー景品交換所」でオリジナルステッカーがもらえる。
○ウルトラヒーローや怪獣などのオリジナル特典画像を最初の1コース達成で1種、その後は、2,4,6コース達成ごとにそれぞれ2種(全6種)がもらえる。
○9コース(期間限定コースを除く)達成で、デジタル版「ふくしまARスタンプラリー修了証」がもらえる。
コース:
A:会津若松(ウルトラマンコース)<鶴ヶ城3ポイント>
B:喜多方(ゼロコース)<喜多方駅、喜多方ラーメン神社、大和川酒蔵 各1ポイント>
C:南会津(ティガ・ダイナ・ガイアコース)<会津田島駅3ポイント>
D:白河(ギンガコース)<白河駅、道場門跡、白河文化交流館 各1ポイント>
E:須賀川(セブンコース)<須賀川駅1ポイント、須賀川市役所2ポイント>
F:三春(レオ&アストラコース)<三春ダム2ポイント、三春の里1ポイント>
G:福島(ジードコース)<四季の里3ポイント>
H:南相馬(エックスコース)<セデッテかしま2ポイント>
I:いわき(オーブコース)<ら・ら・ミュウ3ポイント>
J:【期間限定コース 9/1スタート】郡山(ウルトラファミリーコース)<郡山駅西口3ポイント>
参加費:無料
主催:福島県
企画制作:円谷プロダクション


01

02


公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「アーマード・コア」の生誕20周年記念サウンドトラックBOXに、オリジナルデザインの「CD レコ」を同梱して発売
次世代AIアシスト×進化したLeicaのダブルレンズカメラ!高性能スマホ「HUAWEI P20」発売へ
あの人気のバトルロワイヤルゲームをもっと楽しむためのスマホ用ゲームコントローラー
九州新幹線 「新大牟田駅~熊本駅」間のトンネル内で携帯電話が利用可能に
iPhone 8/8Plus/Xの置くだけ充電ができるマウスパッド「スマホ置くだけ充電『スマート充電マウスパッド』」







「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま」をこの夏より実施

今夏、福島県全域の15コース全40か所にわたる広大なエリアを利用したデジタルスタンプラリー「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま」が開催される。開催期間は2016年7月14日(木)~2016年10月16日(日)まで。
続きを読む

町会議が震災復興を応援! 福島県三春町の町会議レポート

オープニングのテープカット


先週紹介したように8月16日(木)に「ニコニコ町会議」も参加して福島県三春町の「三春盆踊り」が開催された。お盆休みの最中ということもあってか1万4千250人が来場した。総人口およそ1万7千人の三春町に1万4千人もの人が集まったことになる。同時に行われたニコニコ生放送は15万人もの人々が視聴し、大盛況となった。

続きを読む

町会議ラス前開催は福島県! ニコニコ町会議in 福島県三春町の詳細決定



ドワンゴおよびニワンゴによると、7月29日から開始している日本の地方の町で開催するniconicoの「移動式文化祭」イベント「ニコニコ町会議」ツアーのラス前公演となる福島県三春町の詳細が決定した。お盆休み真っただ中の8月16日(木)は、福島県三春町で開催される「三春盆踊り」とニコニコ町会議が共催されることになっており、その詳細が決まった。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ