ITライフハック

秋田書店

「必死こいて半世紀」週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」でお披露目!

TOPページ_01

秋田書店は、発行している週刊少年漫画誌「週刊少年チャンピオン」が1969年7月15日の創刊から50周年を迎えるにあたり、「必死こいて半世紀」をキャッチフレーズに、ファンへの感謝を込めて、「週刊少年チャンピオン創刊50周年記念企画」を実施している。「50周年記念企画」の1つとして、ドリームプロジェクト」を2019年5月16日(木)17時からスタートする。

「ドリームプロジェクト」は、クラウドファンディングでファンから募った資金で、「こんなの現実になったら超アツい!」という夢を形にする企画。「ドリームプロジェクト」で実現した夢は、創刊50周年記念日である2019年7月15日(月・祝)に、秋葉原UDXギャラリーで開催するイベント「週刊少年チャンピオン創刊50周年大感謝祭」にてお披露目される。

「ドリームプロジェクト」でクラウドファンディングを実施するのは、「弱虫ペダル」の渡辺航先生、「バキ道」の板垣恵介先生、「吸血鬼すぐ死ぬ」の盆ノ木至先生。夢の実現を応援した人には、豪華なリターンも用意されている。
クラウドファンディングは、特設ページ(https://weeklychamp.com/cf/)から参加できる。

また、「週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画」として、全13作品の作家がそれぞれ3つのマニフェストを掲げて、ファンが実現して欲しいマニフェストに投票し、各1位になったマニフェストを「大感謝祭」でお披露目する、「セレクトマニフェスト」の第一弾の投票も受付中だ(5月23日まで)。

さらに、作家に協力してもらい、お宝をオークションで販売し、売上の一部を寄付する「チャリティーオークション」も実施する(詳細は後日発表)。また、50周年を記念した「週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト」では、作家のインタビューやこれまでの表紙などを公開しており、今後も続々とコンテンツを公開していく予定だ。

■「ドリームプロジェクト」概要
募集日時:2019年5月16日(木)17:00~6月14日(金)23:59
募集方法:クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて実施
※「クラウドファンディング」とは、インターネットを介して多数の人々から少しずつ資金を調達して何かを実現する手法のこと。
募集方式:All in 方式(目標金額に達成しなくても、金額の範囲で夢を実現する)
募集ページ(CAMPFIRE内):
「弱虫ペダル」https://camp-fire.jp/projects/view/151210
「バキ道」https://camp-fire.jp/projects/view/151207
「吸血鬼すぐ死ぬ」https://camp-fire.jp/projects/view/151219
※募集ページでは、先生からの詳細コメント・メッセージや、達成状況、各制作物の制作進捗レポートなどを閲覧可能だ(随時更新予定)


週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト

ITライフハック

ITライフハック Twitter

ITライフハック Facebook



カルチャーに関連した記事を読む

日本ダービー×「ゴルゴ13」の超A級コラボが実現!オリジナルゲームやスペシャルコミック、豪華声優を起用した動画も公開!
冷凍標本を世界初公開!日本科学未来館の企画展「マンモス展」展示内容発表!
ヴイストンが発売するWi-Fi対応の二足歩行ロボットが、Webブラウザからプログラミング可能に
人も一緒に乗れて素早く移動・運搬できる電動台車「電動ライドオン台車」(でも公道は走っちゃダメよ)
吉野家、ライザップとコラボレーションした「ライザップ牛サラダ」を発売






%81%AC-12-%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E7%9B%86%E3%83%8E%E6%9C%A8%E8%87%B3/dp/4253223273?SubscriptionId=AKIAIM37F4M6SCT5W23Q&tag=medi01-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4253223273" target="_blank" >吸血鬼すぐ死ぬ(12) (少年チャンピオン・コミックス) [コミック]
盆ノ木至
秋田書店
2019-04-08

「必死こいて半世紀」ファンのみなさまへの感謝を込めて「週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画」始動

TOPページ_01

秋田書店は、発行している週刊少年漫画誌「週刊少年チャンピオン」が1969年7月15日の創刊から50周年を迎えるにあたり、「必死こいて半世紀」をキャッチフレーズに、ファンのみなさまへの感謝を込めて、「週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画」を2019年5月9日(木)より始動する。

■7月15日にはイベントも
創刊50周年記念日である2019年7月15日(月・祝)には、秋葉原UDXギャラリーでイベント「週刊少年チャンピオン創刊50周年大感謝祭」を開催する。大感謝祭では、全13作品の作家がそれぞれ3つのマニフェストを掲げて、ファンが実現して欲しいマニフェストに投票する「セレクトマニフェスト」で、投票で1位になったマニフェストをお披露目する。

また、作家の夢を実現するために、クラウドファンディングを実施する「ドリームプロジェクト」にてファンから募った資金で実現する夢を「大感謝祭」でお披露目する。さらには、各作家によるトークショーや交流会、ライブドローイングなどの、ファンに楽しんでもらえる内容となっているとのこと(イベント詳細は後日発表。各作家によるイベント内容は変更になる可能性がある)。

「セレクトマニフェスト」第一弾として、「あっぱれ!浦安鉄筋家族」(浜岡賢次先生)、「BEASTARS」(板垣巴留先生)、「吸血鬼すぐ死ぬ」(盆ノ木至先生)、「ハリガネサービスACE」(荒達哉先生)が、それぞれ3つのマニフェストを発表し、5月9日(木)10:00より「週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト」にて、投票受付を開始する。

「ドリームプロジェクト」では、「弱虫ペダル」の渡辺航先生の夢「御堂筋翔の巨大バルーン作成」、「バキ道」の板垣恵介先生の夢「刃牙の家のジオラマ作成」、「吸血鬼すぐ死ぬ」の盆ノ木至先生の夢「アルマジロのジョンの巨大ぬいぐるみ作成」の3つの夢のクラウドファンディングを、5月16日(木)よりスタートする(詳細は後日改めて発表)。

また、50周年を盛り上げるために、作家に協力してもらい、お宝をオークションで販売し、売上の一部を寄付する「チャリティーオークション」も実施する(詳細は後日発表)。さらに、50周年を記念した「週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト」では、作家のインタビューやこれまでの表紙などを公開しており、今後も続々とコンテンツを公開していく予定だ。

■週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」概要
日時:2019年7月15日(月・祝日)
場所:秋葉原UDXギャラリー(東京都千代田区外神田4-14-1)
内容:「セレクトマニフェスト」各作家投票1位マニフェストのお披露目
    「ドリームプロジェクト」作家の夢のお披露目
    各作家によるトークショーや交流会、ライブドローイングなど
    ※その他企画を準備中。詳細は後日発表。
    ※各作家によるイベント内容は変更になる可能性があります

■「セレクトマニフェスト」の第一弾
第一弾投票期間:2019年5月9日(木)10:00~5月23日(木)18:00
「週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト セレクトマニフェスト」投票ページ:
 https://weeklychamp.com/manifesto/
 ※5月9日(木)AM10:00~公開


週刊少年チャンピオン創刊50周年記念サイト

ITライフハック

ITライフハック Twitter

ITライフハック Facebook



カルチャーに関連した記事を読む

松坂慶子が存在感のある“おちゃめなワガママおばあちゃん”を熱演する日清の麺袋シリーズ新CM
「ニコニコ超会議2019」2日目に押さえておきたいところ ~超会議2019~
実に1トン!大量に準備したので余裕? 謎肉今年も超会議に登場!~超会議2019~
ベルギー王室御用達チョコレートブランド「ヴィタメール」、母の日限定ギフト商品を販売
平成最後にあなた自身を漢字一文字で表すなら?ニコニコ超会議特別企画「#平成最後の漢字一文字」を実施








ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ