いわゆるショップブランドのPCのことを、ブランド名を持っている大手PCメーカーの製品と区別するためにホワイトボックスと呼ぶことがある。例えるなら大企業の誰でも知っているブランドと、ほとんど同じ内容のPB(プライベート・ブランド)のようなPCがホワイトボックスで、値段が手ごろな割に大手メーカー製のPCと比べてスペックが数ランク高かったりするのが特徴だ。

PCのメンテナンスやWindowsの知識が豊富にある人なら、こうしたホワイトボックスPCの購入は、非常にコストパフォーマンスに優れる買い物となる。大手ブランドPCを購入する予算内で、数ランク上のスペックを持つPCが購入できるのだから、こんなお得なことはないだろう。

そんな低価格な割にスペックの高いホワイトボックスPCで、しかもかなりのハイスペックが望めるゲーミングノートに、これまた満足にプレイするためには、高性能グラフィックスや高クロックCPUといったハードを要求するMORPGがガッチリとタッグを組み、ソーシャルレビューコミュニティ「zigsow」(ジグソー)のレビュー企画となって登場した。

続きを読む