ITライフハック

節電

家電もスマートに 節電を!電気を総合的にマネージメントする仕組みがスゴイ【デジ通】

スマート家電のデモ


スマートフォンにスマートTVなど何にでも“スマート”が付く世の中になりつつあるようだが、家電の分野もこれからは“スマート”なスマート家電になっていくようだ。日本では東日本大震災以降、電力が直近の課題となっているが、原子力や火力に変わり太陽光など再生可能エネルギーが増えていくことは確実だ。これらと合わせ、節電などのために各機器の制御や、使用電力の可視化なども課題になっている。

富士通が5月17日から18日まで開催している富士通フォーラム2012では、これらの動きに合わせたスマート家電関連の「スマートシティ」がひとつの目玉になっている。続きを読む

ピークシフト機能がさらに進化 パソコンの節電も高機能へ【デジ通】

NEC LaVieのピークシフト関連設定画面


東日本大震災後、各種電化製品の節電機能が話題になっている。パソコンも同様で、レノボや東芝などが以前から対応していた“ピークシフト機能”に追いつこうと国内メーカーを中心に2011年から採用が始まっている。

ピークシフト機能とは、夏の昼間など電力のピーク時にはAC電源での駆動を自動的に止め、バッテリーで動作させる機能で、充電は電力に余裕のある夜間電力で行うといったことができる。NECの新製品では、従来の手動設定によるピークシフトに加え、電力各社が公表している電力使用量に応じた動作が可能になった。



続きを読む

PC節電は意外と簡単だった?マイクロソフトがPC節電術を伝授



マイクロソフトは2011年8月27日、カフェ ソラーレ リナックスカフェ秋葉原店において、パソコンの節電術を紹介するイベント「Windows 7 節電塾」を開催した。週末ということもあり、多くのPCユーザーが同イベントの会場を訪れた。

続きを読む

企業の節電への取り組み意識が高まる!クラウドも活用へ

東日本大震災では、全国が電力不足に陥るなど、電力に関する関心が高まっている。企業の節電意識も震災後、特に暑くなる夏に向けて変わってきたようだ。

市場調査とマーケティングを行っている矢野経済研究所は「東日本大震災後の節電/停電対策に関する調査結果2011」を発表し、企業の動向を明らかにした。

続きを読む

保存期間は未開封状態で約20年!水を入れて発電できる単三乾電池



東日本大震災に伴う原子力発電所の事故により、夏の電力供給が心配されている。そうした中で、新しい乾電池が登場した。

ナカバヤシは2011年6月24日、水を入れると発電する電池「水電池 NOPOPO」を8月上旬より発売すると発表した。
価格は、3本パックが630円(税込み)、100本パックが2万790円(税込み)。

続きを読む

東芝のビジネスノートは節電機能がいっぱい!果たしてピークシフト機能とは

レグザタブレットグラスレス3Dノートなど意欲的なマシンを次々に発売している東芝が、ビジネス向けのマシンを投入する。パワースリムモバイルノートPC「dynabook R731」は、ワンタッチで省電力設定に切り替え約32%節電できる「ecoボタン」と電力需要平準化に貢献する「東芝ピークシフトコントロール」など、東芝がパソコンで培ってきた省電力機能がつぎ込まれている。

東日本大震災以降、日本全国で節電ムードが高まり、各PCメーカーは節電対策に乗り出している。そこで、東芝のピークシフト機能を取り上げ、その機能を見ていこう。

続きを読む

震災後の夏休みは安近短?さらに疎開に節電もトレンドに

東日本大震災により、人々のライフスタイルが大きく変わってきた。特に首都圏では省電力型ライフスタイルが定着してきているという。さて、夏休みが近づいてきたが、みんなはどのように過ごしたいのだろう。

リサーチ・アンド・ディベロプメントは、「第3回 首都圏における震災後の生活と消費の意識に関するアンケート[震災3ヵ月後調査]」を実施した。そこから、首都圏に暮らす人たちの、今年の夏休みの過ごし方が見えてきた。

続きを読む

詳しく説明しましょう!Googleが"Go 節電プロジェクト"



東日本大震災にともなう原子力発電所の事故により、この夏は供給電力不足が予測され、社会に与える影響が深刻な問題として日々ニュースに取り上げられている。そうした状況に対して、Googleが新たな一手を打ってきた。

Googleは2011年6月17日、みんなの毎日の節電をサポートするための「Go 節電プロジェクト」をスタートさせた。プロジェクトの参加者は Go 節電プロジェクトのサイト上や iGoogle を用いて個人の節電アクション(節電のためにとった行動)やアイデアをネット上に公開することができる。

Googleは、
「節電のために今日からできること、みんなでできることに取り組んで、この夏を乗り越えましょう。そして今後の持続可能な成長に向けて一緒にがんばりましょう。みなさまのプロジェクトへの参加をお待ちしております。」と、コメントしている。

続きを読む

エコで節電!今年の夏は太陽光発電でビアガーデン



東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故が、全国的な電力不足を引き起こしている。東京電力や東北電力だけでなく、関西電力まで節電を呼びかける状況になってきた。まさに節電がこの夏のトレンドとなりそうだ。

しかし、夏にしか楽しめないこともある。そのひとつがビアガーデンだ。暑い夏の夜に喉を潤すビールは、至福のひと時を運んできてくれる。今年はそんなささやかな楽しみまで奪われてしまうのかと思っていたら、なんとエコなビアガーデンが東京・六本木に登場するという。

それが、ネクストエナジー・アンド・リソースが提供するレンタル太陽光発電システムを採用したビアガーデン「六本木ガーデン」だ。

続きを読む

夏の節電はYahoo!にオマカセ!電力を15%削減せよ


東日本大震災により電力不足が深刻さを増している。原子力発電所の全国的な停止で、夏は危機的状況になるかもしれない。節電がこの夏のキーワードであることは間違いなさそうだ。

どうすれば節電できるのか、困っているあなたに朗報だ。東京電力や東北電力の「電力使用状況メーター」の設置や電力の使用状況を予測し、効果的な節電の一助となることを目指した「電気予報(ベータ版)」の公開など、節電の呼び掛けを行ってきたYahoo! JAPANが、具体的に何をすればどれだけ節電になるのか、節電の参考プランを作成できる「節電プラン作成ツール」を公開した。

続きを読む

最強のeneloop誕生!大容量タイプとQi対応充電器などをラインアップ

eneloop pro


エコ、節電が東日本大震災以降のトレンドだ。白熱電球からLED電球へ、エアコンやテレビも省エネタイプが人気となっている。でも、最も身近で、省エネに役立つものと言えば充電池だろう。充電池では、気軽に繰り返し使えるコンセプトを持ち、グローバルで60カ国以上で販売し、累計出荷数量1億7000万個以上という充電式ニッケル水素電池「eneloop」の認知度が高い。

三洋電機は、この「eneloop」を使用用途にあわせて進化させた、単3形「eneloop pro」(7月発売予定)、 「eneloop plus」(12月発売予定)をラインアップに追加した。「eneloop pro」は従来の「eneloop」に比べて約25%大容量化した2400mAhを実現し、「eneloop plus」は電池本体内にポリマー系のPTCサーミスタを内蔵している。

続きを読む

節電したいけど強いられるのはイヤ!約7割が電力不足の長期化に不安

東日本大震災では、東京電力管内などで電力不足を生み、3月には計画停電が実施された。この夏は、東京電力が計画停電を原則不実施としているが、電力不足が完全に解消されたわけではない。
パナソニック電工では、この電力不足に対して、東北エリア (岩手・宮城・福島・茨城)、関東エリア (1都3県)、その他エリア(関西2府4県)の20代から50代の男女計600人に電気への関心と節電意識についてアンケート調査を実施した。

続きを読む

90%以上が日常で節電を意識!今年の夏は電気を使わずに涼しく過ごそう

東日本大震災で福島第一原子力発電所が危機的状況に陥っている。懸命に復旧作業を進めているが、いまだに予断を許さない状況だ。これにより、東京電力管内をはじめ、日本全体で電力不足となってきた。そう、節電が人々のライフスタイルに影響を及ぼすようになっているのだ。

日本生命保険相互会社は、節電に関するアンケート調査を行った。すると、節電を「日々意識している」「ある程度意識している」と回答した人が90%を超え、日本全体で節電意識が高まっていることが分かった。

続きを読む

1時間45分以内ならスリープで節電!MSがPC節電の裏技を伝授

東日本大震災による電力不足を受け、家庭および企業における節電の重要性が増すなか、マイクロソフトはWindowsを搭載したパソコン(Windows PC)の節電に関する情報提供および効果的な利用方法の提案を目的に、財団法人電力中央研究所の協力のもと、Windows PCの消費電力検証を実施、その検証結果と節電効果について発表を行った。

また、この検証結果をもとに、Windowsにおいて複数に及ぶ節電設定を一括で行う「Windows PC自動節電プログラム」を同社ウェブサイトからのダウンロードを提供するとともに、節電設定に関する一般ユーザー向け無償電話サポート窓口を開設する。

続きを読む

電力使用率や電力消費を予測!ヤフー、電気予報を公開



東日本大震災に伴う原子力発電所の事故により、電力不足は深刻な問題となっている。そうした状況を踏まえ、Yahoo! JAPANが新たな展開を行った。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ