ITライフハック

絵本

フレーベル館とソフトバンクロボティクスのコラボで「Pepper」の絵本が登場

index_pic_01

フレーベル館ソフトバンクロボティクスは、人型ロボット「Pepper」を題材にした初の絵本「ペッパー絵本① はじめまして、ペッパーです!」を共同制作した。2016年12月16日(金)より、オンライン書店を中心に販売を開始する。

Pepperは、話し相手の感情を読み取って相手に合わせた会話や行動を取ることができるロボットであり、ロボットのいる生活が現実として考えられるような時代になってきたと同社。そのような現代を生きる子どもたちがロボットと人間の関係を考えるきっかけ作りにおいて、親子でふれ合うことのできる絵本が最適だと考え、絵本を制作したという。

■あらすじ
主人公の男の子、ソラくんの誕生日プレゼントとしてやってきたPepperは、自身の持つさまざまな機能を使って、誕生日をお祝いします。両者が次第に仲を深めていき、最終的にソラくんがPepperを家族として迎え入れる内容となっています。

ロボットのいる生活が現実味を帯びてきた現代における人とロボットの関係を子どもたちに問いかける絵本です。

■書籍概要
ペッパー絵本① はじめまして、ペッパーです!
作:やすいすえこ
絵:かしわらあきお
発行年月:2016年12月16日
サイズ:19cm×15cm
ページ数:32ページ
定価:1,000円(税別)
ISBN:978-4-577-04502-2


フレーベル館

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
LINE、複数人で相手の顔を見ながら会話ができるグループビデオ通話機能を追加
10~20代は、年賀状よりもLINEで新年挨拶。LINEの新年の挨拶風習に関する調査より
タブレットが取り付けられるスマホ天体望遠鏡に地上・天体兼用モデルが新登場
「人喰いの大鷲トリコ」、世界的陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーションも実現
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」






本日は子ども読書の日 国立国会図書館国際子ども図書館にてヴィクトリア朝の電子絵本展



国立国会図書館国際子ども図書館は、本日4月23日が「子ども読書の日」であることにちなんで、インターネット上で行う電子展示会「ヴィクトリア朝の子どもの本:イングラムコレクションより」の提供を開始した。

このインターネット上の展示会では、国際子ども図書館の特別コレクション「イングラムコレクション」の中から、近代児童文学の黎明期にあたる19世紀イギリスの代表的な作品約50点を紹介している。資料の多くは、挿絵などを含む全文をデジタル画像で見ることができるようになっており、想像力にあふれた「子どものための文学」が生まれたヴィクトリア朝時代の“子どもの本の魅力”が存分に楽しめる内容になっている。

続きを読む

音声で英単語を学べる絵本!「ぴよちゃんのおはなしずかん おてがみきたよ(英単語つき)」が凄い



小さなお子さまをお持ちの方には、子供には楽しみながら学習して欲しいと願っている人がほとんどだろう。
『おやこで あそぶ しかけえほん』は、絵本の世界を独特の手法で表現し、見たり・触ったりした瞬間にびっくりする仕掛けが満載だ。まさしく楽しく体験しながら学べる絵本と言え、『ぴよちゃん』(株式会社学研ホールディングス)に新しい動きがあったので紹介しよう。

つい先日、アップルが電子書籍販売「iBookstore」を日本で立ち上げたばかりだが、同社は、iBookstoreのオープンを記念してiPhone、 iPad、iPod touch向けに絵本図鑑コンテンツ『ぴよちゃんのおはなしずかん おてがみきたよ(英単語つき)』を期間限定で無料配信中だ。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ