ITライフハック

緑のたぬき

赤いきつねか緑のたぬきか!?今年は内容をパワーアップ「全国の陣取り合戦!」出陣

01

東洋水産が発売する「赤いきつね」と「緑のたぬき」。昨年は「あなたはどっち食べて比べて投票しよう!」キャンペーンを実施したが、今年は内容をパワーアップさせて「赤緑合戦~あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう」キャンペーンを2019年9月26日(木)~2020年1月31日(金)まで実施する。この出陣式が先日行われた。

■赤と緑、勝つのはどっち?
赤の大将はもちろん武田鉄矢さん。そして緑の大将は濱田岳さんがつとめる。全国を巡るキャランバカーを目の前に武田さんは「これが全国を回ると思うと胸がときめく」と武田さん。濱田さんは「全国を走ると目立ちますよね。全国を相手に大きな合戦を仕掛けてしまったと」と語る。

02


意気込みを聞かれて武田さんは「当然とはいてえ初戦を勝って、赤いきつねの盤石さを知らしめした。第2回目の合戦と言うことで、47都道府県と舞台は大きいが、ぜひ連勝としていきたい」。そして濱田さんは「まあまあの大差でしたが2回目はチャレンジャーと思って勝ちに行きたいです」と抱負を述べた。

ちなみに武田さんだが、赤いきつねのCMタレントとして登場してから41年となり、これは同じ俳優がひとつの商品ブランドのCMに出演し続けた期間が世界記録としてギネスに認定されている。「多くの方からお祝いの言葉をいただきまして。道を歩いていて突然おめでとうございますと言われたり。このことを祝する言葉だとわかって、大変なことを成し遂げたんだなあと思いまして。41年という歳月をつぶやくと半世紀に近くですから。おかげさまをもちましてここまで頑張らせてもらえたという。次なる記録を目指して世界記録を伸ばしていきたいので、皆さんご協力のほどお願いします。多少スキャンダルがあっても目をつぶってもらえましたら寿命が延びますので(笑)」。

03


ここでお二人は赤いきつねと緑のたぬきの試食へ。武田さんは一口食べて「相変わらずばっちりですね。年ごとにおいしくなっています」とコメント。濱田さんは緑のたぬきについて「わが軍は小エビてんぷらが天下取りの味と香りだと信じて、大いに売っていきたい。存分に期待して緑を応援していただいたらうれしいです」と語る。

04


なお今回の対決方法だが、全国47都道府県ごとの陣取り合戦となる。「我々はチャレンジャーですので、47都道府県全部を取りに行く気持ちで」と濱田さんが述べると、武田さんも「北海道から九州をかけていい勝負を仕掛けてくるとは思いますが、濱田さんには地元がありませんので。私は九州という地元の4県か5県が勢力に入ってますんで。足場があるというのはありがたいですね。5~6暗いの差で必ず勝ちます」とコメント。

■Webで好きな方に投票しよう
今回のキャンペーンだが、Web投票のほか、先ほど述べたように全国をキャラバンカーで回ることになる。各県で食べ比べイベントを開催し、投票した結果を赤と緑で各都道府県を塗り潰していく。最終的により多くの都道府県を塗り潰した方が勝ちだ。この様子は公式サイトでもわかるようになっている。このほかキャラバンカーをクリエイターが追いかけてその様子を動画でアップする「赤?緑?おっかけクリエイターズ」という企画も実施される。

赤が勝つか、緑が勝つか、その様子を見守っていこう。

05


赤緑合戦

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
SNKが「NEOGEO Arcade Stick Pro」を2019年秋発売!現在予約受付中!
渋谷PARCO「ほぼ日曜日」はじめての展覧会テーマは『アッコちゃんとイトイ。』矢野顕子さんのミニライブも開催
串をセットするだけで自動で回転しておいしく焼き上げる焼き鳥に鉄板焼き肉が同時に楽しめる『自動回転焼き鳥&焼肉プレート『焼き物大将』』
10月12日よりGinza Sony Parkで『#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK』を開催
パナソニックが将来のオリ・パラ開催予定の4か国(日本・中国・仏国・米国)の学生を対象としたコンペを開催






マルちゃん「赤いきつねうどん」CMがギネス世界記録に認定!武田鉄矢さん、うっかり言ったことが叶ってしまったと驚き

main

東洋水産は「マルちゃん 赤いきつねうどん」のテレビCMにおいて、 1978年の発売当初から武田鉄矢さんをCMキャラクターとして起用しているが、この度、同商品が「同じ俳優を起用したテレビCMを、最も長い間放映し続けている商品」として、ギネス世界記録に認定された。これを記念して、2019年8月28日(水)の『テレビCMの日』にギネスワールドレコーズジャパンにて「マルちゃん 赤いきつねのテレビCM ギネス世界記録公式認定証授与式」を開催した。

当日は、東洋水産専務取締役 沖 斉氏から「1978年の赤いきつねの発売以来、武田さんにはずっとCMキャラクターとして支えていただきました。そして、共にギネス世界記録を達成することができ、とても嬉しいです。ファンの皆様と武田さんに大変感謝しています」と感謝の言葉を述べた。

昨年の赤いきつね発売40周年イベントで『ギネス世界記録を取るまで頑張りたい』と発言したことを聞かれると、武田さんは「(発言したことを)覚えてないんです。なんの気なしに『ギネス世界記録なんかとってみたいな』と話したんだと思います。でも話してすぐ翌年には本当に取ることができて驚いています」と喜びを語った。

その後、ギネス世界記録?公式認定員の石川佳織さんが登場。武田さんが公式認定証を贈呈された。

武田さんはCM出演が決まった当時を振り返り、「CM出演を初めて聞いた当時は、まだ20代半ばで、前年に出演した映画をきっかけに“コミカルな演技が評判の三流フォークシンガー”というキャラクターができてきた程度だったので、 “CM出演”と聞いてゾクッとしました」と語った。

sub4


この41年間の思い出について、「海を渡ってアメリカで多くの現地エキストラさんと撮影したときは2~3日で何パターンもの撮影をするハードな現場でした。ターザン篇の現地の人たちに囲まれるシーンでは、下手な英語で“観光”とアドリブで連呼したらその場にいたみんなが笑ってくれたこともありました。各作品に様々な人々との思い出があります。あとは、このCMで付いたイメージが強すぎてライブ会場で赤いきつねを投げられたこともありました」と長年CM出演されている武田さんならではのエピソードを話した。「実はやめようと考えたこともありました。でも当時の社長から熱く語りかけられ、そこからまた頑張ろうと思うことができました」と当時を振り返り語った。

sub1


「一作品ずつ頭を悩ませてアドリブを演じたり、真剣に向き合ってきたことを認めていただいたのだと思い、嬉しいです」と語る武田さん。最後に武田さんは、「教師役を演じた作品で共演した生徒役の俳優さんと、 CMで再共演したときに、このCMの歴史の長さを感じます。これまでも、この作品を通して様々なアイドル・タレントや女優さんなどたくさんの方々との出会いがあったので、ぜひ今後も素敵な方々と共演出来たら嬉しいです。そして、今後もより面白い作品を作れるように頑張ります」と意気込みを語った。

sub5

■ギネス世界記録認定記念キャンペーンを実施!赤いきつねCM名場面QUOカードをプレゼント
東洋水産株式会社は、発売以来40年以上の長きにわたるお客様のご愛顧に感謝して、 QUOカード プレゼントキャンペーンを実施する。期間中に全国のスーパーやドラッグ店などで販売される「キャンペーン商品」の中に、オリジナルQUOカードが入っていたら当たりとなる。

■実施概要
タイトル : 「赤いきつね CM名場面QUOカード プレゼントキャンペーン」
実施期間 : 2019年9月2日(月)~ ※キャンペーン商品がなくなり次第終了となります。
対象商品 : 赤いきつねうどん/緑のたぬき天そば
※いずれも、北海道向け・東日本向け・西日本向け・関西向けの全4種で展開
※但し、サイズはレギュラーカップのみ。コンビニエンスストアでの販売商品は対象外。
景  品 : ギネス世界記録?認定記念!「赤いきつね CM名場面オリジナルQUOカード」(500円分)を5,000名様にプレゼント


sub2

sub3


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
熊本城と松本城の急激な追い上げを制して姫路城の連覇なるか?「トリップアドバイザーの口コミで人気!日本の城ランキング 2019」を発表
楽天ブックスが9月1日防災の日に向けて「防災関連本ランキング」を発表
シネマトゥデイがYouTubeで視聴できる名作映画のネット配信「金曜レイトショー(無料)」を9月6日より開始
モンハンをすぐに始められるPS4とPS4 Proに「“モンスターハンターワールド:アイスボーンマスターエディション” 」を同梱したStarter Pack
Windows 10版「Minecraft」がアップデート!リアルタイムレイトレーシングを実装し、よりリアルな感じに進化





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ