ITライフハック

能年玲奈

LINEモバイル、のんを起用した第2弾TVCM「愛と革新。LINE MOBILE(交差点篇)」を公開

Cutdate_14_cc

LINEモバイルは、同社が運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」において、女優・のんさんを起用した第2弾TVCM「愛と革新。LINE MOBILE(交差点篇)」を2017年4月8日(土)より全国で放映を開始する。

「LINE モバイル」では、「LINE」をはじめ「Twitter」「Facebook」「Instagram」といった主要 SNS や音楽サービス「LINE MUSIC」のデータ通信量をカウントせず、使い放題となる“カウントフリー”を採用している。

4月8日より放映を開始する「愛と革新。LINE MOBILE(交差点篇)」は、現在放映中の第1弾TVCM「愛と革新。LINE MOBILE」の続編となっており、引き続き、女優の「のん」さんが出演する。

大勢の人々が行き交う雨上がりの交差点、たった1人流れに逆らい足を止め、振り返り何かを探すのんさんの存在は、CMコピーである「愛と革新。」を強く体現する内容となっている。

■「愛と革新。LINE MOBILE(交差点篇)」
放映開始時期:2017年4月8日(土)
放映エリア:全国
CM楽曲:「エイリアンズ」(アーティスト:キリンジ)
URL:https://www.youtube.com/watch?v=R_t-jAUHphA&feature=youtu.be
   *本URLは4月6日午前0時頃より閲覧可能となる。


【撮影現場レポート】
■総勢250名のエキストラ出演者との共演

撮影は、第1弾TVCMとは対象的に総勢250名のエキストラ出演者と一緒に行われた。のんさんが振り返るシーンでは、周りを歩く出演者の視線が思わずのんさんに引き寄せられNGになる場面も。また、のんさんの振り向くタイミングがずれてしまったカットでは、監督から「(エキストラ出演者)全員OKで、のんさんNG(笑)」の声がかかり、のんさん含め、スタジオ中から笑いがあふれるシーンもあったとのこと。前作同様、撮影現場は緊張感に包まれつつ、終始和やかな雰囲気で進行した。

■振り返りシーンに込められたのんさんの想い
のんさんひとりが振り返る、その表情が印象的な今回のTVCMについて、のんさんは「“誰かに呼ばれたような気がして振り返る。”と書かれた絵コンテを見て、呼ばれた相手に対する愛情を表現することを意識して、表情や演技に気をつけました。(今回の作品は)第1弾CMの物語が続いているような雰囲気は保ちつつ、第2弾特有の世界観がプラスされています。」とコメント。

また、CM楽曲のキリンジ「エイリアンズ」については、「第1弾に引き続き、切なくて、キュンとして。青春の匂いを感じ、素敵だなと思いました」と話していた。

002

017

020


「愛と革新。LINE MOBILE(交差点篇)」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンク、「学割ってるダンスノート」をプレゼントするキャンペーンを開始
格安SIM利用率上位15サービスの満足度は76.9%、総合満足度1位はmineo。MMD研究所調べ
スマホユーザーの59.2%が端末代金を「とても高いと思う」。MMD研究所調べ
麻布十番商店街でFree Wi-Fiサービスの提供を開始
LINEモバイル、女優・のんを起用したTVCM「愛と革新。LINE MOBILE」を公開

創作あーちすと NON
のん
太田出版
2017-03-15





LINEモバイル、女優・のんを起用したTVCM「愛と革新。LINE MOBILE」を公開

LINEモバイル_CM画像01

LINEモバイルが運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」https://mobile.line.me/ において、初のTVCM「愛と革新。LINE MOBILE」を公開、2017年3月15日(水)より全国(一部地域を除く)で放映を開始する。

このたび3月15日より開始するTVCMでは、「LINEモバイル」が実現する、ユーザーが本当に求めるサービスを、ユーザー目線で考え、既存の通信とコミュニケーションの関係を刷新していくという想いを伝えるべく、「愛と革新。」というコピーを掲げ、CMタレントには、女優、声優、アーティストなどとして幅広く活躍し、老若男女問わず全世代から愛される「のん」さんを起用したとのこと。

■「愛と革新。LINE MOBILE」
放映開始時期:2017年3月15日
放映エリア:全国(一部エリアを除く)
CM楽曲:「エイリアンズ」(アーティスト:キリンジ)

【メイキングレポート】
■江國香織さんの短編小説「デューク」の“主人公”の心情を表現
撮影3日前、監督から江國香織さんの短編小説「デューク」*(新潮文庫「つめたいよるに」収録)を手渡され、“主人公”を演じて欲しいと言われていた「のん」さん。撮影までの数日は、CM楽曲である「エイリアンズ」を聴きながら「デューク」を読んで役作りを行い、万全の体制で撮影本番を迎えた。

撮影は緊張感溢れる長回しの1カット撮影。全スタッフ納得の出来栄えに撮影は、壁の前に佇む「のん」さんに向けられたカメラを数分間回し続ける1カット撮りで進められた。元気にスタジオ入りし、直前まで時折笑顔を見せながら周囲のスタッフと談笑をしていた「のん」さんだったが、監督から撮影スタートの声が掛かるとその表情は一変し、集中モードに。“主人公”の微妙に移り変わる心情を表現するために、表情だけでなく、醸し出す雰囲気までもが変化する「のん」さんの様子に全スタッフが圧倒され、監督も期待を越える出来栄えに納得の様子。極限まで集中力を高めた撮影の中、監督からオッケーが出ると、「のん」さんからはホッといつもの笑顔がこぼれた。


愛と革新。LINE MOBILE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンク、下り最大612Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 601HW」を発売
国立市。NTT東およびNTTBPと国立市で「Kunitachi Free Wi-Fi」のサービスを開始
東芝、プロ仕様のUHS-II対応SDメモリカードの新シリーズを発売
UQ mobile、2017年春の新機種「BLADE V770」を発表
ソフトバンク、下り最大612Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルーターを発売






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ