ITライフハック

自動車

車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」

2_000000003318

サンコーは、「車用お尻も背中も蒸れない『トリプルファン爽快シート』」を発売した。価格は4,980円(税込)。

本製品は、ドライブ時のお尻や背中の蒸れを防止するファン内蔵カーシート。シートにベルトで固定しフックを座席下のスライドレバーに固定。ケーブルをシガーソケットにさせば準備完了。電源を入れると、ひざ裏部と腰部分の計3つのファンが回転し、空気を取り込み、お尻部分と背中部分にそれぞれ空気が排出されドライブ時蒸れを防止してくれる。

表面は通気性が良いメッシュ素材を採用。座面のボタンで3段階の風量調整が可能だ。

車を運転しているとお尻や背中部分が蒸れる。夏場の運転が不快。そんな方におすすめの「トリプルファン爽快シート」だ。

■製品仕様
・サイズ/高さ119×幅49×厚み1.5(cm)
・シガーケーブル長/約110cm
・重量/約800g
・電源/12V車/1.5A (24V 不可)
・付属品/本体、シガーケーブル、日本語説明書
・パッケージサイズ/高さ120×幅50×厚み2(cm)
・パッケージ込み重量/約900g
・保証期間/6か月


5_000000003318


車用お尻も背中も蒸れない「トリプルファン爽快シート」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」
暑さ対策に最適!足をのせるだけで心地よい風で足もとから涼しい「ファン内蔵足もと爽快フットレスト」
JAPANNEXT、55型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS5500TUHD」を発売
冷たい水が循環 着ているだけでひんやり上半身を冷やす水冷COOLベスト
スティック扇風機や首振り扇風機としても使える2WAY USB扇風機






多目的に活用できる超便利な後付けアームレスト「DIY車用アームレストコンソール収納ボックス」

2_000000003112

サンコーは、「DIY車用アームレストコンソール収納ボックス」を2018年8月20日より発売する。価格は2,480円(税込)。

■便利過ぎる後付けアームレスト
本製品は、車種を選ばず、DIYで後付けできる車用の多機能アームレスト。幅150mm奥行き335mmのスペースでひじを置いてリラックスしながら運転ができる。

トップの部分が前上に高く稼動、土台部分が前後にスライドし、調整が可能。上部にはドリンクが置けるドリンクホルダーを備え、内部には190g缶が3個入るLED付きの収納スペースが現れる。

■最大7台のUSB機器を接続可能
前後に計7つのUSBポートを備え、USBハブととしてUSB電力を分散しスマホなどの充電を楽に行える。

取り付けは幅123mm~210mmに可変する土台部分をセンターコンソールなどに粘着テープやねじなどで固定する。

長時間の運転でひじを置く場所がない、車のシートの隙間に物を落とした。ちょっとした物を入れたい。ドリンクを置きたい、後部座席でUSB機器を使いたい。車中泊で活用したい。そんな方におススメだ。

■製品仕様
・サイズ/幅150×奥行き335~400×高さ317~343(mm)
設置したコンソールからアームレストまでの高さ220~245mm
・重量/1930g
・アームレスト/可動式
・収納ボックス/幅120×奥行き230(最大)×高さ71(mm)
・自動点灯ライト付き(単4電池×2別売り)
・その他/ドリンクホルダー、灰皿
・USBケーブル長さ/1020mm
・USBハブ/USBポート7個
・内容品/本体(アームレスト収納ボックス、スライドボード、ボードマウント、土台)、ストッパー×2、ネジ、USBケーブル、日本語取扱い説明書
・パッケージサイズ/幅510×奥行き210×高さ260(mm)
・パッケージ重量(内容品含む)/2400g
・保証期間/6か月


8_000000003112


DIY車用アームレストコンソール収納ボックス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
手じゃ届かないすみずみまで洗える「電動回転背中洗いブラシ『孫の手ウオッシュ』」
JAPANNEXT、50型4K液晶ディスプレイ「JN-VT500UHD」を発売
PS4/PS VITA用ソフト「Fate/EXTELLA LINK」とコラボしたワイヤレスヘッドホン
急速冷却でドライブ中の居眠り防止「運転中に氷点下で眠気覚まし『メガサメプレート』」
オウルテック、iPhoneに最適なオーディオコーデックを搭載したワイヤレスイヤホン






自動車用ヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」を発売

52484_CsgYlhAiST

モジは、自動車用ヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」を2017年5月25日に発売した。価格は6,980円。

本製品は、フロントガラスに速度計/回転計/水温計/時計/燃費などを投射表示するHUD。視線移動が減り、見慣れた車窓風景が近未来SF風に変わる。

車内のOBD2コネクタにつなげてダッシュボードに固定するだけ、工具不要3分で設置完了する。なお、OBD2は2008年10月以降の車に装備されている。

本体には5.5インチ高輝度マルチカラーLED採用。反射フィルムなしで昼間でも見える。ハイブリッド等のエンジン自動停止始動装置付車両にも対応。

オートパワーON/OFF、自動輝度調節センサー付。付属品は日本語マニュアル、OBD2ケーブル、固定用マジックテープ。

52484_lIwTEOAHeh

52484_QIGruKajPq


HUDネオトーキョー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
360度全方位ドライブレコーダーにバックカメラ機能を追加できるバックカメラ
こびりついた汚れも簡単に落とせるお掃除用電動ブラシ
JAPANNEXT、65型曲面4K液晶ディスプレイ「JN-VC650UHD」を発表
HDMI、コンポジット入力対応の「バッテリー内蔵10インチマルチメディアモニター」
Bluetooth接続でスポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズを発売




スマホをドリンクホルダーにがっしり固定する車載ドリンクホルダー用スマホホルダー

22952_vAINzwIeQS

上海問屋は、スマホを純正ドリンクホルダーにがっしり固定できる、車載 ドリンクホルダー用 スマホホルダーの販売を開始した。価格は1,299円(税込)。

本製品は、スマホをドリンクホルダーにがっしり固定できる、車載 ドリンクホルダー用スマホホルダー。スマホをカーナビとして使うのに便利だ。

ドリンクホルダー内に本体を入れ、中央部分を回すとパーツが外部に出てくる。3か所から出たパーツがドリンクホルダー内でしっかりと本製品を固定する。対応するドリンクホルダーのサイズは直径63~87mm。ペットボトルを入れて倒れないサイズなら、ほとんどのドリンクホルダーに対応する。

フレキシブルアームで、角度の調整も自由自在。手軽に自分に合った位置に設置できる。ホルダー部分は360度回転し、スマホの向きを変えるのも簡単だ。スマホは、4インチ~6.4インチ(幅5.5cm~9.5cm)までの幅広いサイズに対応している。

■製品仕様
対応スマホ・・・・・・・・・・4インチ~6.4インチ(対応サイズ:幅55~95mm)
対応純正ドリンクホルダー・・・直径63~87mm
サイズ・・・・・・・・・・・・高さ:全長290mm
               ホルダー部分:高さ120mm×幅70mm
重量・・・・・・・・・・・・・約256g
製品保証・・・・・・・・・・・購入後 初期不良2週間


22952_oQIdHGsqYp


DN-914791 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
スマホをワンタッチ装着できる車載用強力吸盤 ワンタッチスマホホルダー
鍵と一緒に持ち歩くMFi認証ライトニングケーブル・マイクロUSBケーブル
デスク周りを美しくするディスプレイスタンド。MacBookにも似合う2カラースマホで遠隔操作するアクションカメラ。Wi-Fi接続 超小型・軽量
空中に立体的な絵を描けるペン型 3Dプリンター





360度全方向を撮影できるルームミラー型ドライブレコーダー

4_000000002772

サンコーは、「ミラー型360度全方位ドライブレコーダー」を2017年4月7日より発売する。価格は1万9,800円(税込)。

本製品は横からや後ろからの追突も逃さず360度全方向撮影するルームミラー型ドライブレコーダー。

事故は突然思いもよらない方向からやってくる。 いざという時にしっかり録画してくれるドライブレコーダーだが、主に正面のみを撮影し、正面以外は死角で、曲がり角で横からの追突や後ろからの衝突では記録を残す事ができなかった。

本製品は360度全方位撮影するので、必要な瞬間をどの角度でも撮影可能。 操作は簡単タッチパネルで、カメラ映像を手で動かすこともできる。見たい方向へすぐにカメラを動かし、確認ができる。

■製品仕様
・サイズ/幅310×高さ100×奥行30 (mm)
・重量/242g
・付属品/本体、シガーケーブル(350cm)、取付バンド(2本)、日本語説明書
・電源/12V/24V両対応、シガーソケットより給電 バッテリー内蔵
・液晶サイズ/5インチカラーLED
・画角/360度
・記録メディア/microSDカード(8~32GB Class10推奨)
・記録ファイル/動画:mp4形式 1440×1440 24fps
       静止画:jpg形式 1440×1440
・撮影時間/microSDカード32GB使用で、約5時間半(状況により異なります)
・画素数/300万画素
・コーデック/H.264
・マイク・スピーカー/内蔵
・Gショックセンサー/内蔵
・赤外線LED/なし
・対応OS/Windows 7/8/10
・保証期間/1年


ミラー型360度全方位ドライブレコーダー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド
パナソニック、ハイレゾを簡単に楽しめるCDステレオシステムを発売
コンパクトながらダイナミックな低音を実現したデスクトップ・サイズのスピーカー「Elevate 3 MKII」
「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開
サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売




運転席のまぶしさを軽減し、自動で光量調節してくれるサンバイザー

22952_eGRvgobcXp
上海問屋は、光の強さを感知して自動で光量を調節するカー用品オート調光サンバイザーNEOの販売を開始した。価格は1万7,999円(税込)。

本製品は、車の運転席に差し込む光の強さを感知し、自動でまぶしさを軽減してくれるカーバイザー(車用サンバイザー)。感度の高いセンサーの位置が中央にあり、右ハンドル、左ハンドルのどちらにも対応。助手席用にもオススメだ。

液晶パネル以外のスペースがコンパクトで、視界を広くとっている。液晶パネルの上に搭載されているセンサーは、0.2秒間隔で光の強さを感知。光が強い場所では液晶パネルが暗く変色して、眩しさを軽減してくれる。感度は高く、雪道の反射や雨のギラツキにも反応する。暗さの濃度を変えたいときには、センサーの右側にあるダイヤルで調節が可能だ。

日陰など光が弱い場所に入れば、0.2秒で透明な状態に早変わり。光の状態に応じて液晶の色が瞬時に変化するので、常に最適な状態で運転できる。曇りの日はずっとクリアな状態になっているため、つけたままでも問題ない。

車についている純生サンバイザーにクリップで固定するだけと、取り付けは簡単。工具は必要ない。純正サンバイザーの大きさや位置に合わせて、クリップの幅や液晶パネルの角度などを調整できるので、どんな車種にも対応できる。

なお、液晶パネルにはガラス飛散防止フィルムがついており、万が一破損したときでも、破片はほとんど飛び散らない仕組み。紫外線を99.9%カットするUV400仕様にもなっており、安全性の面にも気を配られている。センサーが太陽光発電パネルにもなっており、電源不要で使える。サンバイザーの縦幅が145mm~210mmの車に対応。

■製品仕様
対応バイザーサイズ・・・縦幅145mm~210mm
電源・・・・・・・・・・太陽電池(電源不要)
サイズ・・・・・・・・・液晶パネル:高さ 約123mm×幅 約346mm×厚さ 約20mm
            クリップ:高さ 約160mm~230mm×幅 約65mm×厚さ 約45mm
反応速度・・・・・・・・0.2秒
紫外線カット・・・・・・UV400
透過率・・・・・・・・・≦35%
素材・・・・・・・・・・ABS樹脂 他
付属品・・・・・・・・・クリーニングクロス、マニュアル(英語)
製品保証・・・・・・・・購入後 6か月間


22952_HYhfQKxBjg


DN-914007 上海問屋限定販売ページ
上海問屋

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
SDカードに保存した動画・画像・音楽をTVで再生できるAndroid 5.1搭載HDMIメディアプレーヤー
18ボタン搭載のUSB接続ゲーミングレーザーマウス
釣り人に最適。50mまでの水中を撮影できる小型カメラ
マグネット装着型VRゴーグルが登場
LEGOブロックでデコれるUSB接続のゲーミング向け英語キーボード






新型Audi TTのテレビCMに出演した気分になれる!日本各地のイベント会場で実車を展示

ついに銀座ソニービルに着陸!ソニービルの壁面が光の道となり、Audi TTが着陸して疾走する演出を披露」「宇宙からアウディ新モデルを納車!荘厳なる比叡山延暦寺へ!着陸イベント動画公開」「8月20日、いよいよその全貌が明らかになる! ? 新型アウディ日本上陸に向けた壮大なプロジェクト」という記事で紹介したように、アウディは「New Audi Landing, Japan」プロジェクトと題して、毎回斬新な企画で我々を魅了してきた。

業界でも例を見ないユニークな試みばかりだったので追いかけてきた。アウディファンの中には、これまでの企画を振り返りたい人もいるだろう。そこで、これまでの企画をまとめて紹介したのち、今後どう展開していくのかについても、現在わかっていることをお知らせしたいと思う。

続きを読む

ついに銀座ソニービルに着陸!ソニービルの壁面が光の道となり、Audi TTが着陸して疾走する演出を披露

宇宙からアウディ新モデルを納車!荘厳なる比叡山延暦寺へ!着陸イベント動画公開」「8月20日、いよいよその全貌が明らかになる! ? 新型アウディ日本上陸に向けた壮大なプロジェクト」という記事で紹介したように、アウディ ジャパンは特設キャンペーンサイト「New Audi Landing, Japan」を通じて、新型アウディに関する様々な情報を提供している。そんな同社に新たな展開があった。

アウディ ジャパンは2015年9月9日(水)~13日(日)の5日間、「Audi TT Landing, Japan」の第三弾として、銀座 ソニービルとのコラボレーションイベントを実施した。コラボレーションの初日、現地に行く機会があったので、ここで紹介しよう。

続きを読む

宇宙からアウディ新モデルを納車!荘厳なる比叡山延暦寺へ!着陸イベント動画公開

8月20日、いよいよその全貌が明らかになる! ? 新型アウディ日本上陸に向けた壮大なプロジェクト」という記事で紹介したように、アウディ ジャパンは特設キャンペーンサイト「New Audi Landing, Japan」を2015年8月14日よりオープンし、様々な情報を提供している。そんな同社に新たな展開があった。

アウディ ジャパンは2015年8月20日~21日の2日間、「Audi TT Landing, Japan」の第一弾として、自動車メーカーとして初めて、世界文化遺産 比叡山延暦寺とのコラボレーション企画を実施した。その模様のムービーが公開されたので、ここで紹介しよう。

続きを読む

8月20日、いよいよその全貌が明らかになる! ? 新型アウディ日本上陸に向けた壮大なプロジェクト

アウディ ジャパンは、特設キャンペーンサイト「New Audi Landing, Japan」を2015年8月14日よりオープンしている。同サイトでは、今回アウディジャパンが挑戦したプロジェクトを紹介している。そのプロジェクトとは「宇宙空間へのホログラム映像の投影」だ。その撮影の模様を撮影しムービーにまとめたスペシャルコンテンツが「Audi Space Hologram Projection」というわけ。

新モデルの宣伝のために宇宙を活用するといった点で業界でも類を見ない革新的な試みとなっている。

続きを読む

米国景気回復、円安のキーワードに乗る富士重!注目銘柄を斬る【ビジネス塾】



「アベノミクス」の効果か、日銀短観などを見ても明らかな通り、景気の先行きは明るく、市場の期待も大きい。ただ、企業にとっては、政策要因に頼るだけでなく、自らの経営努力で体力強化や市場開拓に努めることが不可欠である。この角度から、真っ先に史上最高値を奪回してきた富士重工業<7270>について、今後の株価の展望も含め考えてみたい。

続きを読む

割安感台頭で注目されるベアリング業界!注目銘柄を斬る【ビジネス塾】



富士重工業<7270>や日野自動車<7205>など、自動車、トラック業界の株価が史上最高値を更新する中、自動車部品関連としての位置づけも大きな、ベアリング業界の株価が大きく出遅れている。

最大の理由は公正取引委員会によって「価格カルテル」を摘発され、ジェイテクト<6473>を除く大手3社が課徴金納付命令を受け、業績面で打撃を受けたこと、また企業イメージの悪化を招いたことだろう。

しかし、米国経済の回復、円安というマクロ環境は引き続き好転しており、関連各社の株価は大いに注目されるところ。大手を中心に動向を追ってみた。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ