ITライフハック

自撮り棒

CMのような風で髪がなびいた写真が一人で簡単に撮影できる「モバイルバッテリー付クールファン自撮り棒」

6_000000002794

サンコーは、「モバイルバッテリー付クールファン自撮り棒」を2017年5月10日より発売する。価格は1,580円(税込)。

本製品は、扇風機、モバイルバッテリー機能を搭載した自撮棒。扇風機で風を起こしながら撮影すれば、まるでCMのような風で髪がなびいた写真や動画を1人で簡単に撮影することが可能だ。

扇風機の風の強さはは3段階切替え可能。自撮棒は有線方式で、スマートフォンのイヤフォンジャックに指して操作。本製品の手元でシャッターを切ることができる。

本体には2200mAhのモバイルバッテリー機能を搭載し、スマートフォンの充電が可能。暑い日には扇風機として、自撮時には髪をなびかせて、いざというときのモバイルバッテリーとして1台3役で使える。

■製品仕様
・サイズ/幅112×高さ830×奥行70 (mm)
・重量/296g
・付属品/本体、USBケーブル(80cm)、日本語説明書
・電源/USBより給電及び充電 バッテリー内蔵
・バッテリー/2200mAh リチウムバッテリー
・充電時間/約4時間
・連続稼働時間/約4時間(ファンとして使用時)※状況により異なります
・対応スマートフォンサイズ/幅約55~80mm程度
・対応端子/3.5Φイヤフォンジャック
・保証期間/6か月


3_000000002794


モバイルバッテリー付クールファン自撮り棒

製品情報ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
リンクス、iPad mini 4対応 7.9インチ用ハードケース一体型Bluetoothキーボードを発売
ほぼすべての9~10インチタブレットに対応するユニバーサル キーボード ケース「ロジクール UNIVERSAL FOLIO uK1050」
スマホに繋ぐだけ スピーカー付きマイクでカラオケを楽しめる「スマホでどこでもカラオケマイク」
スマートフォンでの音楽聴取 10代の約6割が「毎日」聴取、定額制音楽配信サービスの利用は9.1%
ASUS JAPAN、TangoとDaydreamの両方に対応したスマートフォン「ZenFone AR(ZS571KL)」を発表






吸盤式であらゆる場所に設置可能なデジカメ/スマホ用一脚が登場【先週のまとめ 】

22952_bLceKMvsbW

先週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を紹介した。面白い記事としては、吸盤式であらゆる場所に設置可能なデジカメ/スマホ用一脚を紹介した。2016年11月10日(木)の記事を振り返ってみよう。

クリエイター向けPCブランド「raytrek」にGeForce GTX 1050搭載モデルを追加
サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPCブランド「raytrek」に最新アーキテクチャー「NVIDIA Pascal」を採用したNVIDIA GeForce GTX 1050 搭載モデルの販売を開始した。「Pascal」アーキテクチャの卓越した最新技術により前世代の上位グラフィックス GeForce GTX 960 に迫る性能を、補助電源を必要としないほどの低消費電力で実現したGeForce GTX 1050。イラスト作成、動画編集、3Dゲームまで、幅広い用途で活躍するグラフィックスカード搭載モデルを前世代のエントリークラスと同等の価格で実現した。


囲碁AIとプロ棋士の対局「第2回囲碁電王戦」開催決定!DeepZenGo vs 趙治勲名誉名人
ドワンゴは、日本棋院の協力のもと、今年3月に始動した世界トップレベルの囲碁AIの開発を目指す日本発のプロジェクト「DeepZenGoプロジェクト」の進捗状況および今後の展開について、以下の通り発表した。同プロジェクトが手掛けるコンピュータ囲碁ソフト「DeepZenGo」において、開発着手から約半年後の9月時点で、棋力の指標となるレーティングが2400~2500から3000へと大幅に向上し、プロ棋士と対局できるレベルに達したという。


もうすぐクリスマス!マピオン季節特集「イルミネーション特集2016-2017」を公開
マピオンは、季節に合わせたおでかけ情報を発信するコンテンツ「マピオン 季節特集」 にて、2016年11月9日(水)より、今冬に開催されるイルミネーション情報を紹介する「イルミネーション特集2016-2017」 を公開した。クリスマスや年末年始だけでなく、バレンタインシーズンのデートやおでかけにオススメのスポットを特集する。


吸盤式であらゆる場所に設置可能なデジカメ/スマホ用一脚
上海問屋は、スマホやコンパクトデジカメ用の吸盤式スタンドの販売を開始した。価格は499円(税込)。本製品は、スマホやコンパクトデジカメでの撮影の際に、三脚代わりに使えるスタンド。フレキシブルアームを採用しており、自在なポジションでの設置が可能。またスタンド自体もロック式吸盤のため、しっかりと固定できる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
お子さんの知育に役立つ卓上用ジェットコースター「DIYスペースレール」
アロマ加湿機とLEDライトが合体!癒し効果抜群のUSB接続くつろぎアロマ加湿器
自宅をクラブに変えるミラーボール風USBサウンドユニット
屋外でも気持ち良よ~くくつろげる空気注入式のエアーソファーを発売
ハイレゾ再生にも対応するDAC機能付きコンパクトアンプ




吸盤式であらゆる場所に設置可能なデジカメ/スマホ用一脚

22952_bLceKMvsbW

上海問屋は、スマホやコンパクトデジカメ用の吸盤式スタンドの販売を開始した。価格は499円(税込)。

本製品は、スマホやコンパクトデジカメでの撮影の際に、三脚代わりに使えるスタンド。フレキシブルアームを採用しており、自在なポジションでの設置が可能。またスタンド自体もロック式吸盤のため、しっかりと固定できる。

カメラと三脚の間に入れてカメラの着脱を容易にする、クイックシュー採用のため、ワンアクションでのスマホやカメラの取り外しが可能。対応するカメラネジは、一般的な1/4-20UNCとなっている。

※スマホをスタンドに設置する際は、別途カメラ穴に対応したスマホホルダーが必要。設置場所の表面の状態によっては、固定ができない場合があるので注意しよう。

■製品仕様
対応カメラネジ・・・1/4-20UNC
サイズ・・・・・・・スタンド:全高262mm、吸盤:直径70mm
重量・・・・・・・・170g
製品保証・・・・・・購入後 初期不良2週間


22952_HRWMEQxdDc


DN-914145 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
お子さんの知育に役立つ卓上用ジェットコースター「DIYスペースレール」
アロマ加湿機とLEDライトが合体!癒し効果抜群のUSB接続くつろぎアロマ加湿器
自宅をクラブに変えるミラーボール風USBサウンドユニット
屋外でも気持ち良よ~くくつろげる空気注入式のエアーソファーを発売
ハイレゾ再生にも対応するDAC機能付きコンパクトアンプ






自撮り棒に早変わりするiPhone用ケース

上海問屋は、iPhone用自撮り棒変形ケースを販売開始した。価格は2,499円(税込)。
続きを読む

Bluetoothリモコンと2600mAhのモバイルバッテリーを内蔵する超便利な自撮り棒【新イケショップのレア物】

自撮り棒、自分撮りスティック、セルフィースティック、セルカ棒(以下、自撮り棒で統一)と呼び方は様々だが、カメラ用一脚のような形状で伸ばすと70~90センチくらいまで伸びるスマホの撮影補助グッズが人気だ。これを使うと旅行や記念撮影などを他人に依頼せずに自分だけで撮影できてしまう。この気軽さが自撮り棒の最大の特長だと言える。

海外では、英語が苦手なため撮影依頼ができないなんて人でも、自撮り棒さえあれば、俯瞰で自分を撮影することができる。または、ちょっと違ったアングルから見下ろすようなアングルで撮影したいなどというときにも威力を発揮してくれる。

その自撮り棒だが、いくつか種類がある。単にスマホやデジカメを棒の先端に固定するだけの製品、その製品にBluetoothワイヤレスリモコンが搭載されセットとなった製品、または自負撮り棒に有線のシャッターケーブル(スマホのイヤホン端子に接続する)といった製品がある。

そしてイケショップでも、自撮り棒を扱っているのだが、その辺のありきたりの自撮り棒を扱わないところがイケショップたるゆえんである。ということで今回は、さすがイケショップとうなってしまう自撮り棒「2600mAhモバイルバッテリー搭載 ワイヤレスシャッター自分撮りスティック」を紹介しよう。

続きを読む

リモコン不要! 対応しているスマホの多い有線シャッタータイプの自撮り棒

最近では、自撮り棒(セルカ棒)の使用禁止といった施設が出てくるほど、普及が広まった自撮り棒、セルフィースティック、セルフカメラでセルカ棒などと、様々に呼ばれている。独特のアングルによる俯瞰撮影ができることで人気を博しているようだ。

撮影禁止場所での利用はしないのが大前提だが、まだまだ使える場所は多い。友人たちとの外出時などで、離れた位置から撮影できるので、自分撮りだけでなく友達や風景を一緒に入れて撮影を行うときにも役立ってくれる。ということで自撮り棒を紹介しよう。

続きを読む

大型スマホやiPad Airも使えるBluetoothリモコン付きセルフィースティック5点セット

最近は「自己表現優先のセルフィー市場再燃中! キヤノンの自撮り特化ビデオカメラ「iVIS mini X」が凄い」でも紹介しているように自分を撮影する「自撮り」(セルフィー)が流行している。そして専用カメラまで登場してきている。

スマホを使って自撮りを行うのが世界的に大流行しており、それを可能にしてくれるのがセルフィースティック(セルカ棒)と呼ばれる補助器具だ。離れた位置から撮影可能で、自分撮りや友達や風景を一緒に入れてのセルフ撮影を行うときに便利。ということで自撮りの際に役に立つ道具とセルフィースティックをセットにした商品を紹介しよう。

続きを読む

普通の一脚としても使えiPhone 6 Plusまで対応する流行の自撮り棒

海外発で人気に火が付いた「自撮り棒」。昔からあるカメラ用一脚の雲台にスマートフォン用のアダプターが付いた製品で「自撮り棒」のほかに「セルフィースティック」なんていうシャレたネーミングになっていたりする。ということでiPhone 6 Plusまで対応するセルフィースティックを紹介しよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ