ITライフハック

行政書士

免税店化で売り上げ向上をサポート!簡単免税店登録サービス「免税店サポートプラザ」

行政書士クライアントパートナーズ法務事務所は、2015年4月9日に都内の会場で説明会を開催。簡単に免税店化を許可申請できるサービス「免税店サポートプラザ」の事業をスタートすると発表した。免税店サポートプラザは、お店に代わって免税店化の申請事業や、免税店運営に必要な様々な業務を一括フォローするサービスのこと。通常の申請方法では、店舗機材の準備や外国語対応スタッフの確保、マニュアルの作成などで300万円ほどかかるところを、「申請コース」で6万円(税抜き)、「おまかせコース」で10万円(税抜き)にするというものだ。

申請コースでは申請書類の作成を含め、許可取得の代行を行うほか、おまかせコースでは許可申請から備品の手配、スタッフ育成まで、免税店化を総合的にサポートする内容となっている。手続きには来店も不要なので、日本全国の商店からの受付にも対応。申請書の書類作成、許可取得への煩雑な手続きや、会計処理や従業員マニュアル、外国人旅行者対応マニュアル消耗品などの手配を通じて総合的にサポートするほか、PCでの入力に不慣れな場合でも手書き書面を用意するなど、すべての商店が利用できるサービスとなっている。

続きを読む

赤貧行政書士から課税所得2億円超へ!お金の儲け方を赤裸々に教えてくれる本



「カバチタレ」というマンガの影響もあり、最近は「行政書士」という職業が、にわかに注目を浴びている。行政書士とは、官公署に提出する書類の作成や、権利義務、事実証明に関する書類の作成を行う職業のことだ。

“儲からない”行政書士からの脱出!体験してみてわかったビジネス成功の法則」で紹介したように、低所得な行政書士が多いのも事実だが、そうした行政書士の中でも、課税所得2億円超の行政書士がいるのも事実だ。

行政書士の仕事をしている人にも関わらず、読者の中にも、そうした行政書士がどうやってビジネスを成り立たせているのかが気になるところだろう。

そこで、成功するノウハウを聞いてみた。

続きを読む

“儲からない”行政書士からの脱出!体験してみてわかったビジネス成功の法則



行政書士という職業をご存じだろうか。

役所に申請する書類作成、相続・遺言書等の権利義務、契約書の作成を行う、法律事務を業とする国家資格である。これらは行政書士法に基づく業務であり、行政書士でない者が手続きを行うことはできない。

漫画『カバチタレ』の影響などもあり、法律の専門家であることは認知されてきた。つまり、弁護士や司法書士の仲間=結構お金持ちになれる、というイメージを持つ人が多い職業だ。

さて、その実態はどうだろう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ