ITライフハック

路面電車

自宅で昔懐かしい昭和の横浜を存分に楽しもう!~横浜市電保存館YouTube公式チャンネル~

main

横浜市電保存館は、市電が廃止された翌年の昭和48(1973)年8月に滝頭車両工場跡地に開館し、その後、昭和58(1983)年には、現在の市営住宅1階に建て直された。館内には、 7両の市電車両、停留所標識、敷石を当時の姿で保存、市電が走っていた時代の「時間」と「空気」を感じられるよう再現されている。

現在は休館中だが、横浜市電保存館YouTubeチャンネルでは、市電が当時の横浜の街を走っていた様子などの館内シアターで上映している映像や、市電シミュレーターCG映像などを見ることができる。当時の懐かしい映像とともに、昭和の横浜を楽しんでみてはいかがだろうか。



横浜市電保存館YouTube公式チャンネル
横浜市電保存館

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
え?たぬきなのにそばじゃなくてうどんなの?「赤いたぬき」がバージョンアップして復活! 「もっと赤いたぬき天うどん」期間限定で登場
利益を全額埼玉県に寄付!西武ライオンズのユニフォームと同一素材で製作したマスクカバー「埼玉西武ライオンズ オリジナルマスクカバー」の予約販売開始
赤ちゃんペンギンの「コウペンちゃん」と楽しく会話できるAIアプリ『きみとおはなしコウペンちゃん』のサービス開始
期限は5月末まで!天夢人が自宅で楽しめる「児童向け鉄道書」の電子版を期間限定で無料公開中
チラシ・買物情報サービスの「トクバイ」が3蜜を避けるため現在の店舗の混雑状況が一目でわかる「混雑ランプ」サービスの無料提供を開始


横浜市電〈上〉 戦災までの歴史とその車輌 (RM LIBRARY 119)
一晃, 澤内
ネコ・パブリッシング
2009-06-01


横浜市電〈下〉戦後の歴史とその車輌 (RM LIBRARY 120)
一晃, 澤内
ネコ・パブリッシング
2009-08-01


横浜市電の時代
長谷川 弘和
大正出版
1998-02T

京都市が「チンチン電車」を後世に伝え続けるための寄付を募集

01

京都市建設局みどり政策推進室がチンチン電車を再生するための寄付を募集中だ。期限は9月30日(日)まで。

■路面電車を後世へ伝えたい!
明治時代は、京都にとって都市衰退の危機に直面した試練の時代だった。しかし、その困難を克服すべく、先進的な取り組みにチャレンジし続け、今日の繁栄の礎を築き上げた。「日本初の一般営業の電車」にして「日本初の路面電車」である京都市電の開業は、まさにその取り組みの中心と言える。

1978年の廃止後、1995年にチンチン電車は梅小路公園内に復活。100年以上の歴史を誇る京都市電の「実際の車両」が現在でも公園内を走っている。梅小路公園のチンチン電車は長く後世にその動く姿を伝えていく役割を担った車両であると言える。しかし、車両は老朽化が進み、このままでは貴重な明治産業遺産を失うことにもなりかねない。

■貴重な明治時代の産業遺産を再生する寄付を集めるプロジェクト
そこで、京都市では梅小路公園のチンチン電車を再生するための寄付を募集することにした。老朽化した車両の調査・補修・車輪の交換等を実施し、往年の姿への再生を目指すプロジェクトだ。平成30年は明治改元150年という節目の年ということで、京都市が立ち上げた「明治150年・奇跡のプロジェクト」の一環で始まった。

この寄付募集では、この機会でしか手に入れられない魅力的なリターンをご用意。鉄道ファンにとっては、またとないレアなチャンスだろう。

●寄付額10万円以上
・チンチン電車の運転体験(先着10名)
または
・補修の際の工場見学(先着50名)

●寄付額5万円以上10万円未満
・【限定!】オリジナルクリアファイル 2枚1組
および
・チンチン電車のレールを使った「市電レール文鎮」1個

●寄付額1万円以上5万円未満
・【限定!】オリジナルクリアファイル 2枚1組

この限定オリジナルクリアファイルは、京都市交通局「地下鉄・市営バス応援キャラクター」である「太秦 萌」(うずまさ もえ)とのコラボにより実現した。

今回のプロジェクトで寄付した人は、一定の限度までは所得税等の控除が受けられる。また、ふるさと納税等と同様に「ワンストップ特例制度」も利用できる。

■お申込み・お問合せ先
●10万円未満の寄付(オリジナルクリアファイル、市電レール文鎮)
申込み先:建設局みどり政策推進室
TEL:075-741-8600
FAX:075-212-8704
※寄付金額、郵便番号、住所、氏名、連絡先を記載
Webサイト:京都市建設局みどり政策推進室
http://www.city.kyoto.lg.jp/kensetu/page/0000240629.html

●10万円以上の寄付(運転体験、修繕工場見学)
申込み先:京都いつでもコール
TEL:075-661-3755
FAX:075-661-5855
※希望の特典、郵便番号、住所、氏名、連絡先を記載
Webサイト:京都いつでもコール
http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html


02


helture

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ふっふっふ~、あ~もみもみもみ~!「桔梗信玄餅」の桔梗屋と赤城乳業が共同開発第2弾「桔梗信玄餅アイスバー抹茶」
まるで実際のゴルフ場にいるようなリアル感でゴルフを楽しめる!「みんなのGOLF VR」が登場
親字5万字・熟語50万語を収録する“東洋文化の一大宝庫”大漢和辞典のデジタル版が11月に発売
月の土地が当たるかも!?個性派俳優3名が団結して地球を守る新CM「ダイドーブレンド まざりあって、超えてゆけ。」篇絶賛放映中!
初秋の京都にオリジナル苔アートが登場。苔の名所 5寺院で「モシュ印・コケ寺リウム」展示

京都市電物語―思い出のアルバム
京都新聞社
京都新聞企画事業
2008-09





都内に残る唯一の都電。「都電荒川線」乗ってみる

都電荒川線は、荒川区にある「三ノ輪橋停留場」から新宿区の「早稲田停留所」までの12.2キロ、約1時間を走る路面電車です。
続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ