ITライフハック

録画

チュートリアルビデオも一発録りできる高機能PC画面録画ソフト「EaseUS RecExperts」レビュー

PH01

テレワークが強く推進されている現在、チュートリアルビデオの作成、ビデオ通話の記録、オンライン講義の録画など、さまざまなシチュエーションでPC画面を録画、撮影するニーズが増えている。またビジネス用途以外でも、たとえばゲームのプレイ動画を作成している方も多いことだろう。しかし、Windowsには標準で画面の録画、撮影機能が用意されているが、あまり凝ったことはできない。もっと高機能なPC画面録画ソフトを求めている方に、ぜひ試していただきたいのが「EaseUS RecExperts」だ。
EaseUS「EaseUS RecExperts」1434円~

■録画時間2分までの体験版を用意、40%オフで購入可能な時間限定セールを実施
「EaseUS RecExperts」は、Windowsの画面をワンクリックで録画できる「PC画面録画ソフト」。専用ソフトだけに、PCの画面にウェブカメラの映像を合成したり、システムサウンドとマイクから入力された音声を合成して録音したり、録画中にテキスト、線、矢印、画像を入れる基本編集機能や、ビデオのトリミング、クロップ、モザイク加工、ウォーターマーク追加などの高度編集機能が実装されている。

PH02
ゲーム画面に自分の姿をピクチャーインピクチャーで合成したプレイ動画も手軽に作成可能。編集なしにすぐにYouTubeなどにアップできるわけだ


ライセンス形態は、1ヵ月ライセンス(2390円)、1年間ライセンス(2874円)、永久ライセンス(8390円)の3種類が用意されている。録画時間が2分までという制限があるが体験版が用意されている。アプリやゲームによって録画できないい可能性もあるので、じっくり機能を試してから購入を検討しよう。

PH03
「EaseUS RecExperts」は「時間限定セール」を実施しており、時間内であれば40%オフで購入可能だ


■4つの録画/録音モードを用意、高度な編集機能も実装!
「EaseUS RecExperts」には「画面録画」、「録音」、「ウェブカメラ録画」、「ゲーム録画」の4つのモードが用意されている。「画面録画」はその名の通りWindowsの画面を録画する基本のモード、「録音」は音声のみを記録するモード、「ウェブカメラ録画」はウェブカメラの映像を録画するためのモードだ。「ゲーム録画」は基本的には「画面録画」と大きく変わらないが、フレームレートを24/30/60fpsに設定したり、フレームレートモードを固定/可変に切り替えられる。ゲーム録画に特化したモードというわけだ。

PH04
「EaseUS RecExperts」は「時間限定セール」を実施しており、時間内であれば40%オフで購入可能だ


PH05
「録音」モードでは「システムサウンド」、「マイク」、「システムサウンドとマイク」の3種類に音声ソースを切り替えられる


PH06
「ウェブカメラ録画」では、用途に合わせて映像の解像度やフレームレートを設定できる


PH07
「ゲーム録画」モードでは、フレームレートとフレームレートモードをユーザーが設定可能だ


EaseUS RecExperts」の「画面録画」モードにはきめ細かな設定項目が用意されている。まず「フルスクリーン」、「範囲を選択」、「固定の領域」と録画範囲を指定できるのはもちろんのこと、任意のウインドーを選択する「ウィンドウ追跡機能」も搭載。この場合、ウインドーを動かしたとしてもウインドーを捉えたまま録画が継続される。

ユニークなのが「スポットライトレコード」と「ズーム機能」。「スポットライトレコード」はライトを当てるように一部分を強調する機能。「ズーム機能」は録画中にショートカットキーでズームイン/ズームアウトを切り替える機能だ。つまり単に画面を録画するだけではなく、動画にわかりやすい動きを追加できるわけだ。

PH08
「画面録画」モードの基本機能として、「フルスクリーン」、「範囲を選択」、「固定の領域」、「ウィンドウを指定」が用意されている


PH09
「スポットライトレコード」は選択範囲以外を暗転させて、画面の一部分を強調させるための機能。プレゼンビデオの定番的なエフェクトだ


PH10
「ズーム機能」では「F10」キーを押すとズームイン/ズームアウトを切り替えられる。マウスを動かすと録画範囲が移動するが、「F11」キーを押せば位置をロックできる


さらに高度な編集機能として提供されているのが「アノテート」。録画中のツールバーの「ペン」アイコンをクリックすると、その上にドローツールのようなツールバーが新たに表示される。これらのツールを選択すれば、下記のように動く注釈を自由自在に入れられる。動画録画中に作業しておけば、あとで編集する手間を省ける。手軽にチュートリアルビデオを作成するのにもってこいの機能と言える。

PH11
縦に表示されている「アノテート」のツールバーには、「マウスカーソル」、「ペン」、「ハイライト」、「直線」、「矢印」、「短形」、「楕円」、「番号」、「テキスト」、「ホワイトボード」アイコンが並んでいる。なお「ホワイトボード」は画面全体を白くして、ほかのツールで書き込むための機能だ


PH12
「アノテート」の使い勝手はドローツールと同様。そのため、綺麗に手書き文字を入れたいのなら、マウスではなくスタイラスを用意しよう


■動きのあるチュートリアルビデオを作成できる高機能キャプチャーツールだ!
「EaseUS RecExperts」は、単に映像や音声を記録できるだけでなく、「スポットライトレコード」や「ズーム機能」、そしてドローツールライクな「アノテート」などで動きのあるチュートリアルビデオを作成できる。Windows標準のキャプチャーツールでは物足りないという方に、ぜひ試してほしい一本だ。
ジャイアン鈴木

EaseUS RecExperts

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
Apple T2搭載Macに対応した待望のデータ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」レビュー
クーポンで899円、HDMI VGA変換アダプター「AUKEY CB-V4」
NEC、AMD製CPUのノートPCを発売へ!動画の編集、ゲームが快適
スタンドとスタンディングデスクを融合!リモートワーク時代のスタンド「MOFT Z」
プリンストンからHPブランドの2.5インチSATA SSD「S750シリーズ」およびNVMe M.2 SSD「EX900 Proシリーズ」登場






クラウド録画のセーフィー、遠隔業務を変革するウェアラブルカメラを提供

セーフィー、遠隔業務を変革するウェアラブルカメラを提供

セーフィーは、「ポータブル・ウェアラブル・トーキング」に対応し、屋内外で利用ができる、新感覚のウェアラブルクラウドカメラ「Safie Pocket2」の提供を開始した。

■「Safie Pocket2」提供の背景
コロナ禍で遠隔臨場や遠隔監視など「遠隔業務」のニーズが顕在化しました。非対面の「遠隔テック」にも注目が集まり、オンラインでできることはオフラインで実施する必要がないという機運が高まっている。

人の目の代替として利用できるクラウドカメラの、手軽に非対面で遠隔地を確認できる特性を活かすことで、アフターコロナにおける断密を推奨するニューノーマル(新常識)として、働き方改革に役立てられると考えられる。

クラウド映像×ニューノーマルな働き方


■過去30日間分の確認がいつでもできるウェアラブルクラウドカメラ
「Safie Pocket2」は、手のひらサイズで小型かつ155gと軽量なウェアラブルクラウドカメラだ。
バッテリーとLTEを内蔵しているため、電源やインターネット回線を用意する必要がない。

クラウドに映像を録画できるため、ウェアラブルカメラの進化系として、いつでもどこでも手軽に撮影ができる。さらに通話機能を搭載していることから、ライブ映像を見ながらトランシーバー感覚でコミュニケーションをとることが可能だ。
撮影した映像および会話はクラウドに保存され、過去30日間分の確認がいつでもできる。また、セーフィー独自のセキュリティを構築しているため、セキュアに利用が可能だ。

ウェアラブルクラウドカメラ「Safie Pocket2」


■今後の展開と目指す未来
これまでもクラウドカメラは移動せずとも遠隔地の様子を確認できることから、移動時間の短縮やコスト削減などに、ウェアラブルタイプや定点設置タイプのカメラをご活用頂いているケースが多くあった。

「Safie Pocket2」はオールインワンのポータブルなクラウドカメラなので、移動しながらの撮影も、定点カメラとしての撮影にも利用できる。従来機で現在すでに750現場以上、1,600台以上の導入実績がある建設・土木業界だけでなく、今後は老朽化が進む建物のO&M(オペレーション&メンテナンス)業務支援、工場内でのポイント監視、介護業界や警備業界でも活かされることを見込んでいる。

また、今後は映像をAIや解析技術と連携することで、よりたくさんのシーンでお役立て頂けるサービスの開発に努めていくとしている。

セーフィー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
リアルタイム通話で管理者とドライバーがつながる!双方向で通話ができるドライブレコーダー「BlackVue」が新登場!
オンライン学習が本格普及へ!日本マイクロソフトが東京都教育委員会と都立学校における学習支援サービスの活用に向けた協定を締結
富士通がJAXAの新スーパーコンピュータシステムを受注!19.4ペタフロップスの超速スーパーコンピュータが登場する見込み
あずさ監査法人が一橋大学との共同研究により機械学習を活用しAIによる会計不正リスク検知モデルに関する特許を取得
コロナ感染防止のためにリモートワークを始めたい企業向けにソフトイーサがシンクライアント型リモートデスクトップサービス「DesktopVPN」無償開放を実施






ワンプッシュでUSBメモリ・HDDなどに好きなだけ録画ができる「イチ押し録画HDMIキャプチャーBOX」

2_000000002941

サンコーは、「イチ押し録画HDMIキャプチャーBOX」を2017年11月8日より発売する。価格は1万2,800円(税込)。

本製品は、HDMIケーブルを指してボタンを押すだけで、USBメモリやHDDに簡単に録画ができるレコーダー。接続はゲーム機などの間に本製品をHDMIケーブルでつなぎ、手持ちのUSBメモリなどを接続。あとは本体の録画ボタンをイチ押しするだけで録画が開始される。

パススルー接続方式で録画中でも遅延の心配はない。マイク入力端子を搭載し録画中の映像にマイクの音声をダイレクトに吹き込むことが可能。ナレーションや実況動画などでも、面倒なパソコンの作業が必要なく、手軽に動画作成が可能だ。

■製品仕様
・サイズ/幅110×奥行き75×高さ27(mm)
・重量/135g
・インターフェース/USB2.0
・ビデオインプット・アウトプット/HDMI、YPbPr(アナログ):ケーブルも含めサポート外
・オーディオ入力/3.5mmマイクロフォン(マイク・LINE入力)
・オーディオ出力/3.5mmマイクロフォン(ヘッドフォンを接続した場合、音量の変更はできません)
・コーデック/H.264
・対応フォーマット/FAT32(exFAT、NTSC未対応)
・対応解像度/720x480(60P)、720x576(50P)、
     1280x720p(60p)、1920x1080(50i)、
     1920x1080(60i)、1920x1080(24p)、
      1920x1080(25p)、1920x1080(30p)、
      1920x1080(25p)、1920x1080(30p)
      ※映像機器との相性により対応解像度でも、表示できない場合がございます。
・録画解像度/1920 x 1080 (30p) 18Mbps
・録画フォーマット/映像:MP4、オーディオ:AACStereo、2GBごとに1ファイル生成されます。
・電源/DC5V/2A
・内容品/本体、ACアダプター、HDMIケーブル、YPbPrケーブル(サポート外)、CD-ROM、日本語取扱い説明書
・保証期間/12か月

3_000000002941

9_000000002941


イチ押し録画HDMIキャプチャーBOX

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Anker、音質に加え、防水・防汗性能も進化した、カナル型Bluetoothイヤホンのプレミアムモデルを発売
寒い冬に大活躍!フワッと軽いUSBで即暖ヒーターライトジャケット
サンコー、パーソナル加湿&空気清浄機「エアクリーンネックバンド」を発売
軽量&小型でも機能は十分。乾電池でも動き、返し縫いができる「返し縫いできるコンパクトミシン」
テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」




パナソニック、Ultra HD ブルーレイ再生対応 DIGAを発売

jn160929-2-1
パナソニックは、ブルーレイディスクレコーダーDIGA(ディーガ)の新モデル「DMR-UBZ2020」「DMR-UBZ1020」を、2016年11月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格はDMR-UBZ2020が10万円前後、DMR-UBZ1020が9万円前後。

本製品は、次世代ブルーレイディスク規格の「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応し、4K解像度で高精細なだけでなく、Ultra HD ブルーレイならではの「HDR(ハイダイナミックレンジ)」や「BT.2020」による鮮やかで立体感のある美しい映像を楽しめる。

また、15年秋モデルで好評だった「新番組おしらせ」機能が進化した「新番組/特番おしらせ」を搭載した。新番組だけでなく、不定期放送の特番や映画などの初放送番組もお知らせしてくれる。リモコンのボタン1つで新番組や特番を一覧表示でき、録画予約もワンボタンでできるので録り逃しを防げる。

さらに、本製品で視聴している放送番組、BD、DVDや保存したCDや録画した番組の音質をハイレゾ相当にアップコンバートする「ハイレゾリマスター」を搭載した。

CDの音楽をハードディスクに取り込める「CDリッピング」にも対応しているので、いつもの番組や映画だけでなく、お気に入りの音楽も高音質で楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
高解像度な「プレイステーション 4 Pro」と小型・軽量化を実現した新型「プレイステーション4」を発売
「初音ミク」とコラボレーションしたステレオヘッドホンをソニーストアにて販売開始
Garminゴルフウォッチシリーズの最新作「Approach S20J」が登場
デジタル一眼レフカメラのワイヤレス接続・ワイヤレス操作を可能にするコントローラー
ワコム、次世代型デジタル文具「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」を発表





ペイ・パー・ビューが当たり前の海外でテレビ番組録画のニーズは高まるか? 【デジ通】

録画したテレビ番組をタブレットで視聴


既報の通りラスベガスで行われた家電ショーのCES 2014にあわせて、東芝が4Kテレビやパソコンやタブレットなどに注力していくことを発表した。この一連の発表の中でテレビ番組の録画・再生機もアメリカ市場で普及に力を入れることを発表している。

テレビ番組の録画は日本では一般的だが、アメリカを含めほとんどの国や地域では録画文化が存在していないと行っていい。CATVによる有料放送やペイ・パー・ビューが当たり前の状況であるためだ。

そんな状況なため録画文化が花開くことはかなり難しいと思う。この東芝の発表は半信半疑だった。ただ、CES関連イベントのDigital Experienceを見ると同じように番組録画に注力している企業がいくつかあった。


続きを読む

DTCP+ってなんだ? 自宅で録画した番組をストリーミング視聴【デジ通】

DTCP+で録画番組をストリーミング配信できるバッファローのLS410DX


自宅で録画したテレビ番組をスマートフォンやタブレットで視聴するには、自宅のネットワーク内でストリーミング視聴するか、録画した番組をスマートフォンなどにコピーすることが必要だった。

外出先で視聴するためには、自宅で事前にPCや端末のローカルストレージにコピーしておく必要があった。2013年に「DTCP+」という新しい仕組みが導入され、自宅で録画したテレビ番組を外出先からネット経由で直接視聴できる機器が登場した。

続きを読む

コストパフォーマンスの高い全録HDDレコーダー~パナソニック編~【デジ通】



先日「高機能からシンプル機能モデルまで種類豊富なHDDレコーダー~東芝編~」で紹介したようにテレビ番組の全録機は、東芝が世代を重ねるなど先行しているが、これに食い込むべくパナソニックが2013年にこの市場に満を持して参入してきた。

その第一弾として2013年2月に「DIGA DMR-BXT3000」が発売された。全録可能なのは最大6チャンネルで、東芝のDBR-M490と同じように全番組を録画できるが、細かな部分で使い勝手などが異なっている。東芝の製品に対して、どちらかというと全録のエントリーモデルといった位置づけになっている製品だと言える。

続きを読む

高機能からシンプル機能モデルまで種類豊富なHDDレコーダー~東芝編~【デジ通】



テレビ好きにとって、最近のHDDレコーダーの高機能化はうれしい限りだが、ここ数年動画配信サービスを行うIT系企業ではなく、テレビ局本体が自社の番組動画をネットでオンデマンド配信するようになってきた。こうしたサービスが進むことで見たい番組をいつでも見れるという番組録画の価値は薄れつつある。

しかし、BSなども含めるとネット配信している番組は限られるし、番組ごとに料金を支払わなければならないといったコストの問題がある。そうした点では、いつでも好きな番組を見るなら番組を録画できるHDDレコーダーを導入するのがコスト的にもおススメだ。そこで最新のテレビ録画環境を調べてみた。今回は全録機などに力を入れている東芝をキャッチアップする。

続きを読む

年末年始の録画番組が外出先で見られる!どこでもテレビ「Slingbox PRO-HD」が凄い



テレビが好きな人の中には、年末年始にかけて好きな番組をハードディスクレコーダーに録りためておいた人も多いだろう。とくにケーブルテレビでは、海外ドラマや人気アニメの一挙放送など、見逃せない番組が目白押しだったはずだ。

今までは自宅にいなければ、そうした録画番組を見ることができなかったと思う。「打ち合わせの相手や電車を待っているときなど、ちょっとした空き時間にテレビが見られたら、どんなに便利だろう」と思っているのは、筆者だけではないだろう。そうした人に朗報だ。

イーフロンティアの「Slingbox」(スリングボックス)を使用すると、外出先でもスマートフォンやタブレット端末を使って、自宅に録りためた番組を見ることができるのだ。

続きを読む

2ステップで録画開始! Youtubeやニコニコが録画できるB's 動画レコーダー 2



Youtubeやニコニコ動画といった動画系サービスやニコニコ生放送、USTREAMやJustinといったユーザー生放送サービスでは、動画をローカルPCに保存する方法が限られる。できないわけではないが、PCの知識がないと難しい。具体的には、サーバー上にアップされている動画をダウンロードするわけだが、今後は違法ダウンロードの罰則化が始まるので、Youtubeやニコ動にアップされた動画を無許可でダウンロードする行為はNGになってしまう。

こうなると対応できる方法としては、データを落とすのではなく”録画”するという方法だ。オリジナルデータではない別のデータとしてPCに保存するのであれば、違法ダウンロードにはならないだろう(ただし、著作権を無視して録画データを無許可配布するのはNG)。要は自分のPCで繰り返し何度も見たい動画、iPhone&iPadやスマホに転送して、外出時に見たいといった需要に対応できるツールがソースネクストの「B's 動画レコーダー 2」だ。


続きを読む

テレビ録画もガラパゴス化 日本にしか無いテレビ録画機市場【デジ通】

すごい録画機も市場は日本のみ


スマートテレビが世界的なIT業界の話題になっている。日本でもテレビがどうなっていくかは話題だが、テレビは放送や視聴形態などが、国や地域によって実情が異なる。特に日本と異なるのが、テレビ番組の録画に関する部分だ。日本ではテレビを購入する際、一緒に録画やメディア再生用にBlu-rayレコーダーなどを検討する方が多い。しかし、海外では録画そのものや録画機器が日本とは全く異なり、日本のようなBlu-rayレコーダーの市場はほぼ存在しないと言っていい。日本のテレビ録画文化は携帯電話同様にガラパゴス化しているとも言える。

続きを読む

毎月1,500円がタダ!お金をかけずにドラマや映画を見まくる方法

※画面は、はめ込み合成


インターネット時代になり、Hulu 、Gyao!、NOTTVの登場など、ネットを使ったドラマ・映画の配信でスマートフォンやタブレット、PCでの視聴も簡単になった。

手軽に映画や海外ドラマを視聴できるネット配信だが、有料コンテンツが多く、視聴期間が限られるレンタルと同じシステムも多い。月額の料金やコンテンツごとに料金が発生するため、いつでも見られる便利さはあるが、冷静に考えると結構割高だったりする。

月に1500円ほどかけてネット配信サービスを利用すると、年間1万8千円も実はかかるのだ。

もっとお金をかけずに好きなドラマや映画をみられないものだろうか?

地デジ録画番組を魔法のように家のどこでも見られる!神レコーダー「RECBOX」』で紹介したハイビジョン録画用ハードディスク「RECBOX」などを使う手もあるが、まずは、もっと簡単に番組を揃えたいと思ってネットで探してみたところ、アイ・オー・データ機器のサイトで、地上・BS・110度CSデジタル対応TVキャプチャーボード「GV-MVP/XS2」というものを発見した。

「GV-MVP/XS2」は、今あるパソコンでテレビ番組の視聴ができるだけでなく、大量の番組を録画し管理できる。さらにスマートフォンやタブレット端末で視聴ができて、自宅を巨大な映像ライブラリーにできるアイテムだ。

これなら、毎月のネット配信サービス利用料が要らない。
あとは使い勝手だ。早速、どれだけ使えるのか、チェックしてみた。

続きを読む

ドン・キホーテが多機能TVを投入!2万円台の液晶テレビが凄い理由



液晶テレビは低価格化が進んでいるといわれているものの、19型クラスともなれば、それなりの出費は覚悟しなければならない。そうした状況の中でドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格」より、新商品「外付けハードディスク録画対応19型LED液晶テレビ」の発売を開始した。
価格は、2万4,800円(税込み)。

続きを読む

1TBのHDDなら6千円台で買える!PC用HDDは薄型TVでも使おう【激安チェック】



パソコンには、様々な種類の周辺機器が存在するが、外付けのハードディスク(HDD)があると何かと便利だ。外付けHDDを利用すれば、パソコンをバックアップできるだけでなく、デジタルカメラで撮影した写真も保存できる。

また最近では、薄型テレビに対応した製品も登場しており、HDD対応の薄型テレビを所有していれば、そのHDDを利用してテレビ番組の録画時間を延長することができる。

そこで今回は、パソコン向けの外付けHDDで売れ筋の製品を調べてみた。薄型テレビにも使える製品もあるので、要チェックだ。

続きを読む

7千円台で2TBのHDDが買える時代!薄型TVにも使えるPC用HDD【激安チェック】



外付けのハードディスク(HDD)は、数あるパソコンの周辺機器の中でも、便利なものだ。外付けHDDを所有していれば、パソコンのバックアップはもちろんのこと、デジタルカメラで撮影した大事な写真、スマートフォンのデータなどもバックアップできる。

そうしたPC用HDDには、薄型テレビに対応した製品も登場している。HDD対応の薄型テレビを持っていれば、そうした外付けHDDを利用することで、テレビ番組の録画時間を手軽に延ばすことが可能だ。

そこで今回は、パソコンの周辺機器でありながら、薄型テレビにも使える外付けHDDの売れ筋ランキングを調べてみた。

続きを読む

薄型TVの録画時間を手軽に拡張!薄型TVにも使えるPC用HDD【激安チェック】



パソコン向けの周辺機器の中でも特に便利なのが、外付けのハードディスク(HDD)だ。外付けHDDがあれば、PCをバックアップしたり、デジタルカメラの写真を保存したりすることができる。

また最近は、PC用HDDでありがら、薄型テレビに対応した製品も登場している。HDD対応の薄型テレビを持っていれば、そうした外付けHDDを利用することで、テレビ番組の録画時間を簡単に延ばすことができるだ。

そこで今回は、パソコンの周辺機器でありながら、薄型テレビにも使える外付けHDDの売れ筋ランキングを調べてみた。

続きを読む

薄型TVの録画時間を拡張しよう!薄型TVにも使えるPC用HDD【激安チェック】



パソコンユーザーの中には、周辺機器としては、外付けのハードディスク(HDD)を使っている人も多いだろう。外付けHDDの便利なところは、PCのバックアップだけでなく、デジタルカメラの写真を保存することにも使用できる点だ。

そんな外付けHDDの中には、薄型テレビに対応した製品もある。HDD対応の薄型テレビを持っていれば、そうした外付けHDDを利用することで、テレビ番組の録画時間を簡単に延ばすことができるだ。

そこで今回は、パソコンの周辺機器でありながら、薄型テレビにも使える外付けHDDの売れ筋ランキングを調べてみた。

続きを読む

薄型TVの録画時間をHDDで延長!PC用HDDを薄型TVで徹底活用【激安チェック】



パソコン向けの外付けのハードディスク(HDD)といえば、PCのバックアップや、デジタルカメラで撮影した写真の保存に使用している人が多いだろう。そんなHDDには、ほかの使い方がある。

実は、外付けHDDの中には、薄型テレビに対応した製品が増えいる。HDD対応の薄型テレビを所有していれば、そうした外付けHDDを利用することで、テレビ番組の録画時間を簡単に延ばすことができるだ。

そこで今回は、パソコンの周辺機器でありながら、薄型テレビにも使える外付けHDDの売れ筋ランキングを調べてみた。

続きを読む

6千円で薄型TVの録画時間を延長!PC用HDDは薄型TVでも活用しよう【激安チェック】



外付けのハードディスク(HDD)は、パソコンのデータをバックアップするだけでなく、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真を保存するにも便利な周辺機器だ。PCユーザーの中には、外付けHDDを使っている人も多いだろう。

外付けHDDの中には、薄型テレビに対応した製品が増えいるのをご存じだろうか。HDD対応の薄型テレビを所有していれば、そうした外付けHDDを利用することで、テレビ番組の録画時間を延ばすことができる。

そこで今回は、パソコンの周辺機器でありながら、薄型テレビにも使える外付けHDDの売れ筋ランキングを調べてみた。

続きを読む

PC用HDDは薄型TVで活用しよう!8千円でTVの録画時間は延ばせる【激安チェック】

パソコンユーザーの中には、外付けのハードディスク(HDD)を使っている人も多いだろう。外付けHDDは、パソコンのバックアップだけでなく、デジタルカメラやデジタルムービーのバックアップにも役に立つ便利な周辺機器だ。

そんな外付けHDDのもうひとつの使い方として注目されているのが、薄型テレビの録画用HDDとして使うことだ。薄型テレビ対応のHDDであれば、テレビ番組の録画時間を手軽に延ばすことができる。

そこで今回は、パソコンの周辺機器でありながら、薄型テレビにも使える外付けHDDの売れ筋ランキングを調べてみた。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ