ITライフハック

集音器

高橋真麻と英樹パパの仲良し親子が次世代のモバイル集音器を体験!「Olive Smart Ear」発売イベント

「Olive Smart Ear」日本発売イベント

Olive Unionは、聞こえづらい小さな音をはっきりと聞き取れる小型の集音器「Olive Smart Ear」の発売を2019年10月24日より開始した。同製品の発売を記念して「Olive Smart Ear日本発売イベント」が開催された。

当日はフリーアナウンサーの高橋真麻さんと真麻パパこと俳優の高橋英樹さんをスペシャルゲストに迎え、Olive Smart Earを使用したトークセッションも行われた。

■難聴の人を幸せにしたい~Olive Union CEO~
イベントは、Olive Union CEO Myung Geun Song (ソン・ミョンクン)氏によるOlive Smart Earの製品紹介から始まった。世界的に難聴者数は増加傾向にあり、日本では1500万人を超えているという。難聴者と聞くと高齢者を思い浮かべるかもしれないが、若者の中にもスマートフォンや携帯プレーヤーによる難聴者が増えてきており社会的な問題となりつつあるという。

そうした難聴者の頼もしい味方になるのが補聴器だが、医療機器としての補聴器は
・やたら価格が高い
・社会的に良いイメージがない
・デザイン性がよくない

などの理由から、購入までに至らないケースがままあるという。

Olive Union CEO Myung Geun Song (ソン・ミョンクン、以下、ソン氏)氏の叔父が難聴を患っていたこともあり、難聴の問題を解決したいとの思いから、大学を辞めてOlive Smart Earのプロジェクトに取り組むようになったそうだ。

Olive Smart Earプロジェクトが目指したのは、
・適切な価格
・格好よく
・高品質の製品

という3点だという。

ソン氏は、「私はOlive Smart Earが難聴の方をより幸せにし、補聴器や集音器の業界を変えていくと信じています。」と語った。

Olive Union CEO Myung Geun Song (ソン・ミョンクン)氏
Olive Smart Earについて語る、Olive Union CEO Myung Geun Song (ソン・ミョンクン)氏


■これまでの補聴器とは一線を画す
Olive Smart Earは、今までの補聴器や集音器とまったく異なるという。最大の特徴はスマートフォンとの連携により、耳に聞こえる音を調整できることだ。

専用スマホアプリを起動すると、
・標準モード
・会話モード
・テレビモード

この3つのモードがデフォルトで用意され、ユーザーの利用目的に応じて使い分けができる。

それぞれのモードで、ノイズのフィードバックキャンセル機能を備えているため、多少うるさい場所でもクリアに人の声が聞こえるという。さらにイコライザー機能を使用すれば、音量を周波数ごとに微調整して、自分に最適な環境を作れるそうだ。

Olive Smart Earのモード
Olive Smart Earでは、専用スマホアプリを使用して、聞こえる音のモードを選択できる


ワイヤレスイヤホンと変わらないスタイリッシュなデザインも、Olive Smart Earの魅力だ。Olive Smart Earの開発には、サムスンのプロダクトデザインや開発のリーダーを手掛けた人も携わっているという。Olive Smart Earはワイヤレスイヤホンのようなデザインなので、人前で使用しても、恥ずかしいとは思わないだろう。

■実際にOlive Smart Earを体験
イベント会場では、Olive Smart Earを実際に体験することができた。Olive Smart Earを使用するにあたり、専用スマホアプリで音の調整を行う必要がある。調整に時間は掛かるが、最初の1回だけ行えばよい。以後は「標準モード」「会話モード」「テレビモード」のいずれかを選択するだけで、すぐに使用できる。

Olive Smart Earを使ってみた感想だが、耳に装着するだけで、人の声がよく聞こえる。感覚としては、会話専用イヤホンを使用しているイメージだ。会場は少し騒がしかったが、会話モードに切り替えたら、人の声がより鮮明に聞こえるようになった。音場の細かい調整が必要なければ、スマートフォンなしで使っても問題はない。電源のオン・オフやボリュームの調整は、Olive Smart Earのみで行える。

デザイン性に優れたOlive Smart Ear
Olive Smart Earは、ワイヤレスイヤホンのようなデザインだ


Amazonでの価格は、29,800円(税込)。10万円を超えるような従来の補聴器に比べて数分の一の価格となっている。バッテリーは内蔵充電池で、専用ケースに収納して充電する。

Olive Smart Earは補聴器としての販売を検討しているが、補聴器は医療機器であるため、準備に時間が掛かる。そこで最初は、集音器として販売することになったという。


■コミュニケーションも円滑になるOlive Smart Ear
引き続き、俳優の高橋英樹さんとフリーアナウンサーの高橋真麻さんの親子によるトークセッションが行われた。高橋真麻さんはOlive Smart Earを両耳に装着した状態で登壇。聞き上手代表ということで、今回、ミス Olive Smart Earに就任した。

高橋真麻さんは、「局のアナウンサーをしていましたので、聞き上手、インタビュー上手と言われることは、アナウンサー冥利に尽きます。そういった側面からも今回、聞き上手と言っていただけたのは、大変有り難いなと思います。」と、ミス Olive Smart Earに就任した喜びを語った。

高橋英樹さんによると、娘の真麻さんは普段から聞くことを勉強しているそうだ。そんな高橋英樹さんは、今年で75歳。若い頃に比べると、耳がだいぶ遠くなったという。

高橋英樹さんは、「私どもの年齢が同窓会で集まりますと、声のデカイやつが勝つ。声の小さいやつの話は聞こえないということもあり、自分自身の声がだんだん大きくなるんですね。」と、実際のエピソードを披露した。

高橋真麻さんによると、父親の英樹さんは歳を重ねるごとにテレビの音量を上げているという。真麻さん自身もアナウンサーであることから、二人で話しているときは声が大きく、母親から「声が大きい」と注意されることもあるそうだ。

フリーアナウンサーの高橋真麻さん
父親の高橋英樹さんの耳が遠くなったことについて語る、フリーアナウンサーの高橋真麻さん


トークセッションでは、ミス Olive Smart Earの高橋真麻さんから父親の英樹さんにOlive Smart Earをプレゼントするサプライズ演出があった。

Olive Smart Earを装着した高橋英樹さんは、「簡単に(耳に)入りますし、(Olive Smart Earは)落ちそうもないんで、とても簡単でいいですね。」と、Olive Smart Earの装着感の良さに感心していた。

引き続き、高橋真麻さんに協力してもらうかたちで、Olive Smart Earが実際に聞こえているかどうかを、チェックすることになった。高橋英樹さんと真麻さんは、それぞれ舞台の左右に離れて、真麻さんがマイクを通さずに呼び掛けるというものだ。真麻さんが小さな声で「英樹」と呼び捨てにすると、高橋英樹さんは「ちょっと、英樹はないでしょ。」とツッコミが入り、会場は笑いに包まれた。

1024_2019_Olive_092
真麻さんが小さな声で「英樹」と呼び捨てにすると、高橋英樹さんが間髪入れずにツッコんだ。


トークショーの最後に高橋真麻さんは、「こちらのOlive Smart Earを使ったら、今まで会話が弾まなかったというお悩みもすっきり解消できると思います。家族やお友達ですとか、まわりの人とのコミュニケーションも円滑にとれると思うので、ぜひ、ご自身で買ったり、プレゼントしたり、お友達にお勧めしたりしていただけたらと思います。どうぞ、よろしくお願いします。」と、ミス Olive Smart Earにふさわしいコメントを残した。

Olive Smart Earの素晴らしさがよく伝わるトークショーだった。最近、耳が聞こえにくくなってきた、聞き取りにくくてコミュニケーションがうまくいかない人は、Olive Smart Earの購入を検討してみることをおススメしたい。

Olive Union

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
両手でスマホゲームがプレイできる便利グッズ!最大6本の指で操作可能なスマホ用ゲームコントローラー
植えるだけで何もしない土壌機能回復術!ソニーコンピュータサイエンス研究所が六本木ヒルズで協生農法に関する実証実験を開始
残高などの情報が手軽に読み取れるiPhoneアプリ「Edyカード用楽天Edyアプリ」の提供を開始
ウォークマンとワイヤレスヘッドホン、Xperia Ear Duoが劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』とコラボ
音の方向や距離感が把握でき、臨場感のある大迫力のサウンドを楽しめるゲーミングイヤホン






ソニー、人の声もテレビの音も、聞きたい音を手軽に大きくできる首かけ集音器を発売

20171107133955_866_

ソニーは、人の声やテレビの音など、聞きたい音を大きくできる首かけ型の集音器「SMR-10」を2017年11月25日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万5,000円前後(税別)。

「SMR-10」は、これまでにソニーが培ったICレコーダーの集音技術やヘッドホンの装着性など様々な技術を活用し、快適な聞こえ方をサポートする機器。自宅でも外出先でも手軽に持ち運び、会話や電話の声などを大きくクリアに聞きたい場合におすすめだ。

「SMR-10」は、イヤホンに内蔵したマイクで人の声や周囲の音を拾ってソニー独自の技術で増幅し、自然な聞き取りやすさを実現する。付属の充電台兼テレビ音声送信機をテレビと接続すれば、ワイヤレスで伝送したテレビの音声を耳元でクリアに楽しむことも可能だ。長時間身に着けていても気にならない手軽で軽量な首かけスタイルで、折りたたむこともできるため、自宅でも屋外でも手軽に持ち運んで使える。

20171107134008_636_


SMR-10

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
寒い冬に大活躍!フワッと軽いUSBで即暖ヒーターライトジャケット
サンコー、パーソナル加湿&空気清浄機「エアクリーンネックバンド」を発売
軽量&小型でも機能は十分。乾電池でも動き、返し縫いができる「返し縫いできるコンパクトミシン」
テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」
プラネックス、磁力でカメラをピタッと設置できるカメラ用マグネットスタンドを発売




ちょっと聞こえづらいがコレで解決 耳が疲れにくくクリアな音で聞こえる「ヘッドフォン型骨伝導集音器」

2_000000002881

サンコーは、「ヘッドフォン型骨伝導集音器」を2017年8月23日より発売する。価格は3,980円(税込)。

本製品は、骨伝導タイプで鼓膜に負担をかけず耳が疲れにくい集音器。イヤフォンタイプのように空気の振動で音を伝えるのではなく、骨の振動を通して直接耳の中に音が伝わる骨伝導タイプを採用。長時間の使用でも耳が痛くならず、鼓膜にも負担がかからない。またキーンとなる耳障りなハウリングの発生も抑えてくれる。

ヘッドフォン部分は頭の大きさに合わせてサイズ調整が可能。集音器のマイクはクリップ式で衣服や胸元に簡単に挟んで取り付けられる。右と左で音量をそれぞれ個別にコントロールが可能。方耳だけ聞こえづらい場合でも快適に利用できる。

スマホや音楽プレーヤーなどと接続し、骨伝導ヘッドホンとしても使用可能。骨伝導タイプなので耳の疲れを気にせず長時間音楽を楽しめる。音楽だけでなく英語教材などの勉強にもお勧め。

電源不要のバッテリー内蔵式、約2時間の充電で約10時間稼働。パソコンやUSB-ACチャージャー(別売)から充電できる。最近少し耳が悪くなった、何度も聞きなおして家族との会話につまる、テレビやラジオが聞き取りづらい。補聴器を利用するには抵抗がある、そんな方に手軽に使える集音器となっている。

■製品仕様
・ヘッドフォンサイズ/幅145×高さ165×奥行28(mm)
・集音器サイズ/直径46×9(mm)
(ヘッドフォン一体のケーブル長:約440mm)
・重量/60g
・充電用ケーブル長/350mm ※コネクタ含まず
・音声入力ケーブル長/970mm ※コネクタ含まず
・電源/USBより充電
・充電時間/約2時間 ※使用環境により異なります。
・連続稼働時間/約10時間 ※使用環境により異なります。
・内容品/本体(集音器一体型)、充電用ケーブル、音声入力用ケーブル、日本語取扱説明書
・保証期間/6か月


ヘッドフォン型骨伝導集音器

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
充電式で持ち運べる!ミニ扇風機付きLEDスタンドライト「LED FAN」
テントで使えるファン付きLEDキャンピングライト
さりげない猫耳がキュートなヘッドホン「ピンクキャットヘッドホン」を発売
つけるだけでエルフ耳になれる「妖精に変身!エルフ耳イヤフォン」
HDD/SSDをセットして大量の動画を内蔵できる「SSD/HDD対応 液晶付きすごいメディアプレイヤー」




バードウォッチングの必需品!? 100m先の音まで聞き取れる望遠スコープ付きパラボラ集音器

22952_EabDMVrkwz

上海問屋は、望遠スコープ付きのパラボラ集音器の販売を開始した。価格は4,999円(税込)。

本製品は、遠くの音や小さな音をはっきり聞き取れる、望遠スコープ付きのパラボラ集音器。バードウォッチングや野生動物の観察などに便利だ。

倍率8倍の望遠スコープで対象物に照準を合わせると、望遠鏡に早変わり。トリガー風の集音スイッチを押すだけで、周囲の音が最長で約100m先まで(※使用環境によって変動)の音をヘッドホンで聞くことができる。

集音器には録音・再生機能も付いており、約12秒まで音を記録することが可能。記録した音は、ヘッドホンを通してその場で聞くこともできる(※機械自体に録音される)。ヘッドホンやイヤホンを差し込む端子は3.5mmステレオミニ出力のため、外部機器での録音も可能だ。

電池は角型乾電池(9V 別売り)1個使用。道路の近くなど雑音が多い場所では、目的の音が聞き取れない場合もあるので注意しよう。

■製品仕様
集音距離・・・・・・・最長100m ※使用環境によって変動します
望遠スコープ倍率・・・8倍
録音再生機能・・・・・12秒
出力端子・・・・・・・3.5mmステレオミニ出力端子
電源・・・・・・・・・角型乾電池(9V)×1(別売)
サイズ・・・・・・・・本体:長さ 約270mm×高さ 約185mm×厚さ 約62mm
           パラボラ:直径 約220mm×厚さ 約65mm
           ヘッドホン:縦 約200mm~220mm×幅 約160mm
重量・・・・・・・・・約400g(パラボラ装着時)
付属品・・・・・・・・集音用パラボラ、ヘッドホン、クリーニングクロス、マニュアル(英語)
製品保証・・・・・・・購入後1か月間

22952_ulZdPjjTsL


DN-914231 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
アロマ加湿機とLEDライトが合体!癒し効果抜群のUSB接続くつろぎアロマ加湿器
自宅をクラブに変えるミラーボール風USBサウンドユニット
屋外でも気持ち良よ~くくつろげる空気注入式のエアーソファーを発売
ハイレゾ再生にも対応するDAC機能付きコンパクトアンプ
防水対応で水に浮きショルダーやリュックとして使えるバッグ




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ