ITライフハック

電子ペーパー

なめらかな書き心地、デジタルノート「フリーノ」

デジタルノート「フリーノ」

キングジムはデジタルノート「フリーノ」を2020年7月31日より発売する。
文房具の温かさを残しつつ、デジタルならではの機能性により「手書き」の良さを追求した商品となっている。
価格はオープンプライス。

■紙のノートの不満を解決
「フリーノ」は、紙のノートの不満を解決するために誕生したデジタルノートだ。
手書きのノート機能に加え、PDFの閲覧や書き込みができるドキュメント機能、ノートとの紐づけも可能なカレンダー機能を備えた。最大約87,000ページ分を保存できる。

画面には、E Ink社の電子ペーパーディスプレイを採用した。
明るさと色味を調整できるフロントライトの搭載により、暗い場所でも使用可能だ。
また、ワコム製のデジタイザとデジタルペンを採用し、紙に書くようなスムーズな書き心地を実現した。

保存したデータはUSBケーブル、microSDカード、オンラインストレージサービスのDropboxとデータ連携が可能だ。
ボディカラーは日常に溶け込みやすいナチュラルなマットベージュを採用した。
別売の専用カバーは素材にクラフトペーパーを採用し、心地のよい手触りと使うほどに馴染む経年変化を楽しめる。

なお、本製品は一般発売に先駆けて2019年12月より約3ヵ月間クラウドファンディングを実施し、目標金額の10倍以上にあたる約6,000万円の支援を集めることに成功した。

デジタルノート「フリーノ」02


デジタルノート「フリーノ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
キヤノン、デジ一眼「EOS R6」発売へ!EOS初のボディー内5軸手ブレ補正を搭載
新世代ラッパー「Rin音」とコラボ!Soundcore初のプロモ「#夏の願い2020」を始動
家庭用エアコンと同じ方式!片手で持ち運べる「ワイルドクーラー」
ラベルライターP-TOUCH CUBEに新製品!ブラザー「PT-P910BT」オンライン発表会
腕が回らなくても長い柄と電動ブラシで背中の隅々まで洗える超便利な電動回転ブラシ「孫の手ウォッシュFive」






ソニー、読みやすさと書き味を追求した、小型A5サイズのデジタルペーパー「DPT-CP1」を発売

DPT-CP1_Image_OneColor_20180416_PIA0001017229

ソニーは、電子文書をまるで紙のように読み書きできることを追求した、小型A5サイズ相当のデジタルペーパー「DPT-CP1」を発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は7万円前後。

「DPT-CP1」は、質量約240g、厚さ約5.9mmで、A5サイズ相当となる10.3インチ(1404×1872ドット)の高解像度電子ペーパーディスプレイを搭載した、世界最薄最軽量のデジタル端末。独自開発ノンスリップパネルの採用により、ペン先の滑りを抑え、適度な抵抗感を持たせることで、紙により近い書き心地を実現している。

内蔵メモリーには、約1万ファイルのPDFドキュメントを保存でき、大量の電子文書を手軽に持ち運ぶことが可能だ。

また、静電容量方式タッチパネルシステムと、充電式アクティブスタイラスペンとの組み合わせにより、画面の中心から端まで精度の高い描画を実現している。

DPT-CP1_Situation_OneColor_20180416_PIA0001017224


DPT-CP1

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
超便利!USBポートから直接充電が可能な「充電器不要!USB充電できる乾電池」
置くだけで冷却や加熱が自在に!専用カップも付属する「デスクトップ冷熱カップ」
ソニー、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応機種を発売
切りずらいダンボールや布地を楽々カットできる充電式電動はさみ「スピードチョッキン」
inMusic Japan、ION AudioのBluetooth対応ベルトドライブ・レコードプレーヤーを発売





「2画面電子ペーパー楽譜専用端末」がワコムのデジタルペン技術を搭載してテラダ・ミュージック・スコアから発売

music note

テラダ・ ミュージック・スコアが開発した、世界初の「2画面電子ペーパー楽譜専用端末(GVIDO)」が、2017年9月20日より、日本、北米、欧州の市場で、同社から発売される。

本機には、ワコムが提供する独自のデジタルペン入力システム「feel」が採用され、見開き2画面に(13.3型フレキシブル電子ペーパー)、電子ペンを使って書きこみや消去ができるのが特長だ(ペンの後部を消しゴムのように使って書いた文字等を消去できる「消しゴム機能」を搭載)。

本製品には、ワコムが提供する「デジタイザー(電磁誘導方式)」と、2048段階までの筆圧検知が可能なスタイラスペンを搭載しており、譜面への書き込みが手軽にできる。楽譜に様々な書き込みをすることは演奏家の間では日常的に行われるが、デジタル化された楽譜でも同様のことが可能となった。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
パナソニック、ハイレゾを簡単に楽しめるCDステレオシステムを発売
コンパクトながらダイナミックな低音を実現したデスクトップ・サイズのスピーカー「Elevate 3 MKII」
「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開
サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売
こぼした飲み物も窓ガラス掃除もホコリやチリも。水が吸える掃除機「スイトリーナー」






電子書籍端末はカラーの時代へ!カラー電子ペーパーが難しい理由



電子書籍の最新動向をチェック!EPUBへの注目が高まっている理由」でお伝えしたように、紙のように見やすく、一度に多くの書籍を持ち歩けることから、電子書籍端末への注目が集まっている。そうした電子書籍市場に向けて、リコーが画期的な技術を開発した。

リコーは、独自の表示方式により、現在商品化、もしくは発表されているカラー電子ペーパーの技術と比較して、明るさ※で約2.5倍、色再現範囲で約4倍となるカラー静止画像の表示を実現したことを明らかにした。
※白反射率

続きを読む

紙から電子ペーパーの時代へ!より高精細な電子ペーバーを開発



電子ペーパーを搭載した電子書籍端末は、紙に印刷したようなくっきりとした表示で読みやすく、低消費電力で薄くて軽いなどの特長があることから、ユーザーより高い評価を得て、その市場は飛躍的に拡大している。

さらには近年、電子ペーパーの特長が生きる、大量の情報を正確に高速で表示することが必要な分野における利用要望も高まっている。

特にビジネス・教育用途では、複雑で精細な図面、イラスト、漢字などを滑らかな階調表現で正確に表示するために、現在の160dpi程度からのさらなる高精細化、また、膨大な情報を瞬時に閲覧するために高速でのページ送りや快適な操作性が求められていた。

このような市場要望に応えるため、E Inkは世界最高解像度300dpiの高精細電子ペーパーディスプレイを、エプソンはその高速表示や快適な操作性を可能にする表示制御プラットフォームを開発し、高精細の電子ペーパータブレットが実現できる「高精細電子ペーパーデバイス」として、電子ペーパー端末メーカーに供給を開始する。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ