ITライフハック

飯テロ

真昼間の飯テロ!ひろしまブランドショップ「TAU」でとてもおいしい生牡蠣をいただいてきた

01

東京・銀座一丁目には広島県の特産物をいただけるアンテナショップ「ひろしまブランドショップ『TAU』」がある。先日「広島の海の幸を味わい尽くす!三原・竹原・廿日市・尾道を訪ねてきた(後編)」という記事でも紹介したようにこれからの時期が、広島の牡蠣をおいしく食べられるのである。

牡蠣の季節到来ということで、TAU1階の「ひろしまCAFE」が2019年12月8日までの期間限定でオイスターバーとしてオープンする。これに合わせてメディア向けの試食会が開催され、そちらを訪ねてきたのでその模様についてお伝えしよう。

■今年で8回目の開催となったオイスターバー
TAUが2012年にオープンしてから毎年開催されているというオイスターバー。こちらでは生牡蠣だけでなく、カキフライや牡蠣のおむすびのほか、生牡蠣と相性がいいひろしまの日本酒、ワインなどが楽しめるようになっている。

牡蠣というものはデリケートな生き物で、水がよくないと安心して食べられる牡蠣はできない。沖合に離れていくほど水はきれいになるが、今度はプランクトンが減ってしまい、なかなか牡蠣が成長しないのだ。そうした環境の中、牡蠣の養殖に取り組んでいるのが広島県の牡蠣生産者だ。

ちなみに私たちが“牡蠣”としてよく食べているのは、だいたい18か月くらいまで成長しているものだ。牡蠣は“ずるっ”と食べるものと思っている人も多いかもしれないが、これくらいまでに育った牡蠣は、噛めば噛むほど味が出るのだとか。口の中でかんで味わうと、とても芳醇な香りが広がってくる。

今回試食したのは、11月15日~11月24日までに行われていた第1弾、第2弾のオイスターバーに登場した「先端(SENTAN)」、「大黒神島」、「ひろしま」の3つと、いまの期間に提供されている「塩田熟成牡蠣」、「Zオイスター」、「三浦さんの牡蠣」の6つだ。

04

■永遠に食べていられるウマさ
小ぶりな先端、塩田熟成牡蠣から大きく育ったひろしま、三浦さんの牡蠣まで食べていくと、確かにそれぞれの味わいが違う。大きな牡蠣は大味だと思いがちだがそんなことはなく、先ほど述べたように咀嚼すると、その味わいは格別。塩水と合わさってこれがまたおいしい。何個でも行けそうだ。

なお塩田熟成牡蠣だが、かつて塩田として使われていた場所で牡蠣の養殖を行っている。夏は海で身を太らせ、水温の落ち着く秋に養殖地へ移動させて熟成させるという方法を使っている。牡蠣はかごに入れて養殖するという欧米式で行っているのも特徴だ。

またZオイスターは、類似商品と区別するために、からに目印の「Z」を刻印していることからその名前が付いた。水揚げ量が少なく、希少価値の高い牡蠣とのこと。

02

■行って絶対に損はない。むしろ行かないと損
三浦さんの牡蠣は、筏を使用した垂下式という一般的な方法で養殖されているが、栄養分の多い海域と少ないところを移動して身を太らせたり、実入りのよい牡蠣だけを水揚げすることで品質を保っている。

TAUで本場の牡蠣を食べられるのもあとわずか。おいしい牡蠣を食べに訪れてみてはいかがだろうか。


ほかのフロアでも牡蠣にちなんだ料理を提供中


ひろしま生牡蠣食べ比べ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
カルチャーに関連した記事を読む
山手線でアプリを使ってトレーニング!マッキャンヘルスとJR東日本が電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」を開発
広島の海の幸を味わい尽くす!三原・竹原・廿日市・尾道を訪ねてきた(後編)
中国で正式に認められた抗がん剤「フアイア(顆粒)」の国内承認を目指す「フアイア」記者会見&セミナーレポート発売
自分の殻に閉じこもりたい人必須!ベッドの上にプライベート空間を作り上げるおひとり様用折りたたみ式テント「ベッドdeテント」
広島の海の幸を味わい尽くす!三原・竹原・廿日市・尾道を訪ねてきた(前編)





超絶にうまし!表参道に新しくオープンした「いしがまや」の絶品ハンバーガーを味わってきた

11

KICHIRIが展開する、石窯焼にこだわったハンバーグ専門店「いしがまやハンバーグ」(以下、いしがまや)。このいしがまやハンバーグが味わえるハンバーガーのお店「いしがまや GOKU BURGER」(以下、GOKU BURGER)が2019年7月16日にオープンした。自慢のハンバーグを食べさせてくれるいしがまやなので、そのハンバーガーのお味はいかほどなものか。訪ねて食べてきた。

■表参道や原宿からも歩いて行ける好立地
GOKU BURGERがあるのは神宮前。若干表参道寄りだが、原宿からも歩いて行ける距離だ。目の前は表参道ヒルズなので、場所的にも分かりやすいだろう。階段で2階に上がるとGOKU BURGERにたどり着ける。


店内には49席が用意されている


カウンターもあるので一人で入ってもOK


窓際の席からは表参道が見渡せる

■外はパリっと中ふわふわの絶品バーグ
いしがまやの特徴は、赤身が多くヘルシーなオーストラリア産アンガス牛を手ごねで形成し、オリジナルの石窯で一気に焼き上げる「外パリッ、中フワッ」のジューシーなハンバーグを提供していること。そんなハンバーグは普通より4倍多い約180gとボリュームたっぷりだ。うれしいのが手袋付きであること。こうしたボリューミーなハンバーガーを食べるときには「手がベトベトになる」というデメリットもあるのだが、それを気にせず食べることができるのだ。

今回お願いしたのはトマトチーズバーガー、ダブルチーズバーガー、BLTチーズバーガーの3種類。それに加えてオリジナルブランドのビール「Anchor Point Beer」をいただいた。


今回いただいたハンバーガー

■気が付くとゴクゴクいってる激ウマビール
このビールは2016年から醸造を開始し、2019年5月にはクラフトビア・アソシエーション開催の「ジャパン・グレートビア・アワーズ」で金賞を受賞している。キリッとした苦みが特徴の「セッションIPA」と、ヴァイツェン酵母特有の香りが楽しめる「スペシャリティヴァイツェン」の2種類がある。今回はぜいたくに両方試した。


インスタ映えする写真を撮ってみよう

■手袋つけたら、そのままガブリっ
手袋を付けて準備ができたら、まずはトマトチーズバーガーを試食。あっさりとしたトマトとジューシーなバンズがマッチしていてとてもおいしい。そして約180gのパティは食べ応えもかなりのもの。かぶりつくたびに肉汁があふれ出す。すごくおいしい!続いてはダブルチーズバーガーを試食。これまたチーズたっぷりだ。チーズバーガー好きな自分としては申し分のない満足感。これはいける!ちなみにハンバーガーは3種類のソースとともに味わえるので、そのまま食べてもいいし、ソースを付けてもおいしくいただける。


手袋を付けたら準備完了


ここは一気にがぶっと行きましょう

■ベーコン、レタス、トマトそしてチーズの定番バーガー
そして最後にはBLTチーズバーガーをいただく。前に食べた2つのハンバーガーの集大成といったところだが、ベーコンの風味がいい感じでバランスを保っており、分厚いパティと一緒に食べるとこれまたなんとも言えないおいしさだ。


本格派のハンバーガーはとても美味

■このバーガーに欠かせないのがビール
ここで忘れてはいけないのがビール。ビール2種類のうちセッションIPAのほうは、あっさりとしているので、ビールが苦手な人でも意外と楽しめるかもしれない。スペシャリティヴァイツェンはホップによる苦みが利いているので、ビール好きがとても好む味かもしれない。筆者は両方いける口だった。

10

12

■2年間毎月通いたい
なおGOKU BURGERは2年間の期間限定。2年なんてあっという間に過ぎてしまうので、食べたいと思った人は急いで訪ねてみよう。その味には絶対に満足して帰ることができるに違いない。なおメニューにはハンバーガーだけでなく、「いしがまや プレミアムハンバーグステーキ」や「プライムステーキ」も用意されているので、そちらを味わってもよいだろう。夏バテ防止にもおススメだ。

■いしがまやGOKU BURGER店舗情報
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー22:30)
定休日:年中無休
総席数:49席
住所:東京都渋谷区神宮前5-8-5 ジュビリープラザビル2F
アクセス:東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」A1出口より徒歩2分
TEL:03-3409-1148


いしがまやハンバーグ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
3週連続配信も決定!森口博子の『GUNDAM SONG COVERS』から「水の星へ愛をこめて / with 寺井尚子」
お絵描きボードゲーム 「みんなでぽんこつペイント」がニコニコ生放送でプレイできる!
ポルノグラフィティの2人が生出演!!ラジオ番組「カフェイン11」現場から初の映像生中継を実施
舞台「幽☆遊☆白書」の千穐楽公演をニコニコ生放送で全編ノーカット!生中継が決定!
「「ANIMAX MUSIX 2019」今年は神戸と横浜の2会場で開催






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ