スマートフォンのコネクターは、iPhoneやiPod touch、iPadといったiOS端末と、Android OS他の端末で、それぞれ異なった形状をしている。

iOS端末とAndroidの両方を所有していると、ケーブルを2つ持ち歩かないといけないという、なにやら理不尽な状況に否応なしに追い込まれてしまう。

すべてのスマホやタブレットで同じコネクターが利用できるのであれば、ユーザーとしては非常に使い勝手がいいのだが、オプション品などの周辺機器では、ビジネスにおける「オトナの事情」によって、異なる規格が採用されるケースがよくある。

続きを読む