ITライフハック

1050

マウスコンピュータ、デスクトップ向けCPUと高性能グラフィックス搭載15.6型ノートPCを発売

製品画像1

マウスコンピューターは、デスクトップパソコン向けCPUと高性能グラフィックスによる高速な処理性能を15.6型のノートパソコンに搭載することで、デスクトップパソコンの処理速度とノートパソコンの利便性を両立した新製品「m-Book P500シリーズ」を2017年7月24日(月)より販売開始する。価格は9万9,800円(税別)から。

本製品はデスクトップパソコン向けのCPU「第7世代インテル Core プロセッサー」と、動画編集や3DCG描写を高速に処理する外部グラフィックス「GeForce GTX 1050」を搭載している。ノートパソコン向けのCPUを搭載した製品に対して動画圧縮時間を約35%短縮することができる。

また、高速なデータアクセスを可能とするSSD(M.2形状)を2基と、大容量の保存領域を有するHDDを1基同時に搭載可能な拡張性を備えており、大容量の動画や写真の読み出しや保存にも適している。

これにより、自宅やオフィスの中の移動を軽快にし、場所を選ばずパワフルな性能を発揮できるため、ノートパソコンをはじめて買う人からクリエイターまで、幅広い層にオススメできる製品だ。

IOポート


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
「LEVEL∞」より第7世代 Core i7とGeForce GTX 10シリーズを搭載したコンパクトゲームパソコンが登場
アスク、CORSAIR製のゲーミングキーボード「K68 Red LED」を発表
Synology、Wi-Fiルータ「RT2600ac」および「VPN Plus」を発表
富士通、デスクトップパソコン「ESPRIMO FH90/B2」を新発売
歩けるVRお化け屋敷が登場「呪いのVR体験会」を開催






マウスコンピュータ、GeForce GTX 1050搭載の17.3型大画面ノートパソコンを発売

01_正面

マウスコンピューターは、17.3型の大画面液晶パネルと最新グラフィックスを採用したハイスペックノートパソコンを2017年6月8日(木)より発売する。価格は11万9,800円(税別)から。

17.3型の大画面液晶パネルを採用した「m-Book W875シリーズ」は、最新グラフィックス「GeForce GTX 1050」と、第7世代の最新CPU「インテル Core i7-7700HQ プロセッサー」を搭載することで、写真の閲覧や動画の視聴だけではなく、編集作業も大画面で快適に行うことができる。

また、Windows 10へのログインを簡単にする、指紋センサーを標準搭載。指紋による個人識別で、アカウントの使い分けが簡単なほか、パスワード管理のわずらわしさや、パスワードを盗み見られる心配から解放され、手軽に安全なセキュリティを実現する。

m-Book W875シリーズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
インバースネット、Ryzenシリーズ搭載デスクトップパソコンを発売
障害が発生しても迅速に対応できるネットワーク管理ソフト「IO Navi」
ロジクール初、ゲーミングで培った技術を応用した一般向けメカニカルキーボードを発売
JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売
プラネックス、様々な機器から安全に使えるVPNルータ・OpenVPN専用「かんたんOpenVPN」を発売






G-Tune、GeForce GTX 1050 Tiを搭載する14型コンパクトゲーミングノートを発売

NGNi4400_GTune_left

マウスコンピュータのゲーミングパソコンブランド「G-Tune」は、持ち運びに便利な14型コンパクトゲーミングノートパソコン「NEXTGEAR-NOTE i4400シリーズ」を発売した。

外出先でも見やすいノングレア処理液晶、視認性の高いバックライト付きキーボード、USB3.1や各種の外部接続端子を備え、家でも、持ち運び先でも便利に使うことができる。

また、持ち歩くことが多いACアダプタにも配慮し、前モデル比で約2割コンパクト化。軽量化することで、携帯性を向上した。

ゲームプレイをアシストするキーボード用ユーティリティや、サウンド効果を拡張するソフトウェアを搭載し、より快適にゲームを楽しむことができる。

スペック面では、インテル Core i7-7700HQ プロセッサーとGeForce GTX 1050 Tiを採用することで、前モデル比で約1.4倍のグラフィックス性能を実現した。

■NEXTGEAR-NOTE i4400シリーズ(例)
<NEXTGEAR-NOTE i4400BA1> お求めやすいエントリーモデル
・Windows 10 Home 64ビット
・インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
・GeForce GTX 1050 Ti (4GB)
・8GB メモリ (8GB×1)
・500GB HDD SerialATAII 5400rpm
・14型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
・IEEE 802.11 ac/a/b/g/n・Bluetooth(R) V4.2

販売価格 12万9,800円(税別)

<NEXTGEAR-NOTE i4400GA1> SSD&HDD搭載、メモリ追加で快適モデル
・Windows 10 Home 64ビット
・インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
・GeForce GTX 1050 Ti (4GB)
・16GB メモリ (8GB×2/デュアルチャネル)
・256GB SSD SerialATAIII M.2規格
・1TB HDD SerialATAII 5400rpm
・14型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
・IEEE 802.11 ac/a/b/g/n・Bluetooth(R) V4.2

販売価格 14万9,800円(税別)


NGNi4400_GTune_backleft


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
圧感知ペン付き8インチタブレット「raytrektab DG-D08IWP」を4月27日に発売
G-TuneでRampageのe-Sports大会優勝記念セール開催
Microsoft、Windows 10 Creators Update を4月11日より順次提供開始
パソコンのUSBポートから映像出力を可能にするUSB3.0(2.0)-HDMI変換アダプタ
VRに便利な背負えるバックパック型PC「GALLERIA VR WEAR」を発売






G-TuneでRampageのe-Sports大会優勝記念セール開催

Rampage_900x500

G-Tuneがスポンサードを行うRampageが、先日行われたe-Sports大会において、強豪チームを倒して優勝を飾ったのを記念して、「Rampage優勝記念セール」が実施される。

対象は販売開始時から人気モデルとなっている、Rampageメンバーがe-Sportsを楽しみたい方へおすすめするスタンダードモデル「NEXTGEAR-MICRO im570BA7-RP」。

インテル Core i5-7500 プロセッサー、GeForce GTX1050を搭載した、MOBAなどのジャンルに最適なモデルとなっている。

また今回の優勝を記念し、期間限定で9万9,800円が3,000円オフの9万6,800円で購入が可能(いずれも税別)。さらにCPU、メモリ、ストレージなどはBTOが可能で、自分好みの構成に仕上げることもできる。

■Rampage優勝記念セール概要
2017年4月3日(月)午後3時開始~4月13日(木)午前11時までの期間限定
【対象モデル】NEXTGEAR-MICRO im570BA7-RP
・Windows 10 Home 64ビット
・インテル Core i5-7500 プロセッサー
・GeForce GTX 1050 (2GB)
・8GB メモリ (8GB×1)
・240GB SerialATAIII SSD
・1TB SerialATAIII HDD 7200rpm
・電源 500W(80PLUS SILVER)


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Microsoft、Windows 10 Creators Update を4月11日より順次提供開始
パソコンのUSBポートから映像出力を可能にするUSB3.0(2.0)-HDMI変換アダプタ
VRに便利な背負えるバックパック型PC「GALLERIA VR WEAR」を発売
COUGAR、8色バックライト搭載の薄型ゲーミングキーボード「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」を発売
GALLERIA「ファイナルファンタジーXIV」推奨パソコンに「KabyLake」搭載モデルを追加





日本エイサー、ゲーム初心者にも持ち運べるゲーミングPCとしても最適な15.6型ゲーミングノートPCを発売

As_VX5-591G_02_main

日本エイサーは、Aspireシリーズより、ゲーム初心者にも、持ち運べるゲーミングPCとしても最適な15.6型高性能ゲーミングノートPC「VX5-591G-H58G」を2017年4月7日(金)より発売する。

本製品は、ハイスピードでパワフルな最新処理性能を持つ第7世代インテルCore i7プロセッサーを搭載。最新のGPUアーキテクチャのNVIDIA Geforce GTX 1050も採用されており、高品質な映像と最高のプレイ環境で、高負荷のゲームでもストレスなく快適に楽しめる。

ディスプレイにはIPS方式を採用。斜めから見ても画面の明るさや色味が落ちないため、フルHDの大画面をどの角度からでも楽しめる。サウンドは、Acer True HarmonyとDolby Audio Premiumを採用。2基のスピーカーからでるサウンドは圧倒的な臨場感を演出してくれる。

また、2つのファンで排熱効率を高め、CPUの温度上昇による処理速度低下を抑え、高機能を最大限に発揮。リア部に目立つ2つの大きな排熱孔は、実用性を計算したこだわりの角度とデザインにより、美しさを損ねない特徴的なデザインに仕上げられている。

製品概要

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 1080Ti搭載ゲーミングPCを発売
ロジクール、レーザーが出なくワンタッチのズーム機能を持つ「ロジクール Spotlight」を発売
深夜じゃないぞ!ドスパラ、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」を早朝販売
LIVA(Windows10)にHDMIケーブルと無線マウス/キーボードを同梱したセットモデルを発売
リンクスインターナショナル、Steamコントローラー、Steamリンクの取り扱いを開始




ドスパラ、ファンレス仕様のGeForce GTX 1050Tiとオーバークロック版1080を発売

Palit_GTX1080_DUAL_OC_01

ドスパラは、最新のグラフィックチップ「NVIDIA GeForce GTX 1050Ti」及び「NVIDIA GeForce GTX 1080」を搭載したPalit製グラフィックカード「Palit GTX 1050 Ti KalmX」「Palit GTX 1080 DUAL OC」の販売を開始する。

Palit GTX 1050 Ti KalmXは、GeForce GTX 1050 Ti初のファンレスモデル。大型のヒートシンクを搭載することで排熱効率を高め、ファンレスでも十分な冷却性能を確保した。これにより、高負荷時に騒音の元となっていたファンの駆動音がなくなり、静音PCなどの用途でも安心して利用できる。

また本製品は、前世代の同価格帯製品に比べ、3Dの描画性能が大きく向上しているのが特徴。加えて、NVIDIA Ansel、NVIDIA G-SYNC、GPU Boost 3.0といった数々の最新機能にも対応。Pascalエントリーモデルでありながら、最新の3Dゲームを快適に楽しめる。

Palit GTX 1080 DUAL OCは、オーバークロックモデル。通常のNVIDIA GeForce GTX 1080チップセットよりも高い処理能力を持ち、これまで以上に快適な動作を実現している。今話題のVR(バーチャルリアリティ)にも対応。処理の重い3Dゲームだけでなく、3DCG作成やCAD、映像編集などの幅広い用途で快適に活用できる。

■製品詳細
〇Palit GTX 1050 Ti KalmX
チップ:NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
接 続:PCI Express ×16 (3.0対応)
メモリ容量:4GB
メモリバス幅:128 bits
メモリ種類:GDDR5
ベースクロック:1,290 MHz
ブーストクロック:1,392 MHz
メモリクロック:7,000MHz
モニタ出力:DisplayPort / HDMI / Dual-link DVI
ボードサイズ:182mm × 142mm × 36.5mm 2スロット
補助電源:なし
価 格:1万9,990円(税込)

〇Palit GTX 1080 DUAL OC
チップ:NVIDIA GeForce GTX 1080
接 続:PCI Express ×16 (3.0対応)
メモリ容量:8GB
メモリバス幅:256 bits
メモリ種類:GDDR5X
ベースクロック:1,620 MHz
ブーストクロック:1,759 MHz
メモリクロック:10,000MHz
モニタ出力:DisplayPort×3 / HDMI / Dual-link DVI
ボードサイズ:252mm×112mm×38.7mm 2スロット
補助電源:8ピン×1
価 格:6万9,999円(税込)


Palit_GTX1080_DUAL_OC_B-PA210A_S-PA677_S-PA67[1]


Palit GTX 1050 Ti KalmX
Palit GTX 1080 DUAL OC

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
レバー操作でフルフラットに!極厚クッションで座り心地も寝心地も抜群なチェア





GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント

1060

NVIDIAは、GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入した人を対象に、最前線のインディーズゲーム3タイトル「MAIZE」、「Redout」、「Raw Data」の中から好きなゲームを1つ無料でプレゼントするキャンペーンを開催する。2016年12月6日~2017年1月30日(先着順で在庫がなくなり次第終了)。

Finish Line Gamesの「MAIZE」は、トウモロコシ畑の中に隠された秘密研究施設を舞台にした一人称型のアドベンチャーゲーム。しゃべるトウモロコシやクマのロボットなど、コミカルなキャラクターが繊細で美しいグラフィックスで表現されている。34BigThingsの「Redout」は、人間が移り住んだという設定の火星と土星で、時速1000kmを超える臨場感たっぷりのスピードレースゲームを楽しめる。Surviosの「RawData」はHTC Vive向けにリリースされ、ルームスケールでのトラッキング機能を活用し、激しいVR SF戦闘に没頭できるアクションゲームだ。

■応募方法:
購入したメーカーの特設サイトよりクーポンコードを参照のうえ、以下の手順に従いダウンロードしよう。
1.https://redeem.geforce.com/ja-jp/ にアクセスして、クーポン コードと、自分の誕生日を入力する。
2.使用条件に同意します。
3.ユーザーの Steamアカウントでログインするように求められるので、アカウントを持っていない場合は、https://store.steampowered.com/join/ で作成する。これは、引き換え完了時にゲームが自動的に自分ののアカウントへ追加されるために必須のステップ。
4.[Sign in through STEAM (STEAM 経由でサインイン)] をクリックする。
5.STEAM のサインイン ページが表示されるので、ユーザー名とパスワードを入力。
6.ログインすると、NVIDIA が引き換えとCD キーを有効にするようアクセスすることを許可するよう求められるので、 [Allow (許可する)] をクリック。
7.引き換えポータルが再び表示される。
8.成功すると、自分のSteamユーザー名が表示されるので、自分が要求したアカウントかどうか確認しよう。もし間違えた場合は、[Cancel (キャンセル)] をクリック、[Continue (続行)] をクリックして手順を再開する。
9.自分の追加情報 (氏名、Email アドレス) と、GeForce ニュースレターの購読を希望するかどうか入力し、[Redeem (引き換え)] をクリックする。
10.ゲームが自動的に自分のアカウントへセットされる。成功するとその旨メッセージが表示される。
11.引き換え確認を含む確認メールが送信される。


キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設
Steam公式ハードウェアの日本国内販売を開始
ドスパラ、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコン「Diginnos DGM-S12Y」を発売
ネットラジオをエアチェック!Radikoなどのインターネットラジオを録音できるソフト





クリエイター向けPCブランド「raytrek」にGeForce GTX 1050搭載モデルを追加

22952_hFdDEBuWDC

サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPCブランド「raytrek」に最新アーキテクチャー「NVIDIA Pascal」を採用したNVIDIA GeForce GTX 1050 搭載モデルの販売を開始した。

「Pascal」アーキテクチャの卓越した最新技術により前世代の上位グラフィックス GeForce GTX 960 に迫る性能を、補助電源を必要としないほどの低消費電力で実現したGeForce GTX 1050。イラスト作成、動画編集、3Dゲームまで、幅広い用途で活躍するグラフィックスカード搭載モデルを前世代のエントリークラスと同等の価格で実現した。

■raytrek-V MX 製品情報
・CPU: インテル(R) Core(TM) i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格3.40GHz, TB時最大4.00GHz, L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル H110 チップセット搭載 マイクロATXマザーボード
・メインメモリ: 16GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 8GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1050 2GB
・SSD: 250GB SSD (SATA 3)
・ハードディスク: 1TB HDD (SATA 3)
・LAN: 1000BASE-T LAN
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・ケース: EM041 ブラック (MicroATX)
・電源: 550W 静音電源
・OS: Windows 10 Home インストール済み

価格:9万9,980円(税別)

■raytrek-V XS 製品情報
・CPU: インテル Core i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格3.40GHz, TB時最大4.00GHz, L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル H170 チップセット搭載 ATXマザーボード
・メインメモリ: 16GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 8GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1050 2GB
・SSD: 250GB SSD (SATA 3)
・ハードディスク: 2TB HDD (SATA 3)
・LAN: 1000BASE-T LAN
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・ケース: LD ブラック (ATX)
・電源: 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80 PLUS BRONZE)
・OS: Windows 10 Home インストール済み

価格:11万4,980円(税別)

■raytrek debut! CLIP STUDIO PAINT EX動作確認済み MX 製品情報
・CPU: インテル Core i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格3.40GHz, TB時最大4.00GHz, L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル H110 チップセット搭載 マイクロATXマザーボード
・メインメモリ: 16GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 8GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1050 2GB
・SSD: 250GB SSD (SATA 3)
・ハードディスク: 2TB HDD (SATA 3)
・LAN: 1000BASE-T LAN
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・ケース: EM041 ブラック (MicroATX)
・電源: 400W 静音電源 (Acbel製 / 80 PLUS BRONZE)
・OS: Windows 10 Home インストール済み

価格:10万4,980円(+税)


raytrek-V MX
raytrek-V XS
raytrek debut! CLIP STUDIO PAINT EX動作確認済み MX

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第五回「HDDの増設」
ドスパラ、「War Thunder」のGALLERIA 推奨パソコンが登場
透明なカバーで中身が見えるブルーLED式USB光学マウス






ドスパラ、GeForce GTX 1050 / 1050 Ti搭載パソコンの販売を開始

Magnate MS

サードウェーブデジノスは、「Pascal」アーキテクチャ採用の最新グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1050 / 1050 Tiを搭載したPCを全国22の「ドスパラ」各店舗およびドスパラ通販サイトにて販売開始した。

これら2種のグラフィックスは「Pascal」アーキテクチャの卓越した最新技術により前世代の上位グラフィックス GeForce GTX 960 と同等以上の性能を、補助電源を必要としないほどの低消費電力で実現している。

負荷状態に応じてクロックを引き上げるGPU Boost機能も、より高い処理能力を発揮可能な新世代の「3.0」に進化して、最新3Dゲームの実写さながらの高精細でリアルな映像表現をこれまで以上に美麗に、スムーズに描き出すことができる。

コストパフォーマンスは抜群に優れ、オフィスユースから、動画編集、3Dゲームまで、幅広い用途で活躍する素晴らしい性能を前世代のエントリークラスと同等の価格で実現した。

搭載電源は、電圧変動が非常に少なく安定した動作が可能で、高負荷環境を想定した室温50℃での連続240時間に及ぶテストをクリアした高品質・高信頼性電源を標準で搭載。メモリやマザーボードも厳しい品質基準、動作検証をクリアしたものだけを採用している。

また、Windowsの起動やゲームのデータ読み込み時間を劇的に短縮させるSSDの追加をはじめ、CPUのアップグレード、メモリやハードディスクの増量、より静音性の高い大口径ファン搭載の大型CPUクーラーや静音性・耐久性に定評のある山洋製ケースファンへの変更、書き込み対応ブルーレイドライブの追加といった、多彩なカスタマイズに対応している。

■GALLERIA DH 製品情報
・CPU: インテル(R) Core(TM) i5-6500 プロセッサー
   (クアッドコア, 定格3.20GHz, TB時最大3.60GHz, L3キャッシュ6MB)
・マザーボード: インテル H110 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ: 8GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 4GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1050 Ti 4GB
・SSD: 250GB SSD (SATA 3)
・ハードディスク: 1TB HDD (SATA 3)
・LAN: 1000BASE-T LAN
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTMケース ブラック (MicroATX)
・電源: 400W 静音電源 (AcBel 製 / 80 PLUS BRONZE)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
 価格:9万2,980円(税別)

■Magnate MS 製品情報
・CPU: インテル Core i7-6700 プロセッサー
   (クアッドコア, HT対応, 定格3.40GHz, TB時最大4.00GHz, L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル H110 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ: 8GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 4GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1050 2GB
・SSD: 250GB SSD (SATA 3)
・ハードディスク: 1TB HDD (SATA 3)
・LAN: 1000BASE-T LAN
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・ケース: EM041 ブラック(MicroATX)
・電源: 550W 静音電源
・OS: Windows 10 Home インストール済み
 価格:9万8,980円(税別)


GALLERIA DH


GALLERIA DH
Magnate MS

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
VRも楽々動作!自作パソコンセットの最高峰「パーツの犬モデル プレジデント」を発売
サードウェーブデジノス、買ってすぐに使える!「コミPo!」付属パソコンを発売
GALLERIA Loungeにプロゲーマーが常駐あなたのお悩みを解決します
スタイリッシュなデザインのボトル型PC「Diginnos DG-CANPC」が登場
ドスパラ、VR対応で9万円台から買える自作パソコンセット「パーツの犬モデルVR-002」





各社からGeForce GTX 1050/1050 Ti搭載のグラフィックスカードが登場

GTX1050Ti_StormX_B-PA222

2016年10月25日に、各社からNVIDIAのGeForce GTX 1050/1050 Tiを搭載するグラフィックスカードが発売された。


同製品は、最新 Pascal アーキテクチャ採用を採用したGPUを搭載。NVIDIA Ansel、NVIDIA G-SYNC、GPU Boost 3.0といった数々の最新機能にも対応しているほか、補助電源も不要で、導入しやすい製品となっている。Pascalアーキテクチャのエントリーモデルと位置づけられているモデルだ。

■ドスパラ
 製品名 : Palit NE5105001841-1070F
 チップ : NVIDIA GeForce GTX 1050
 接 続 : PCI Express ×16 (3.0対応)
 メモリ容量  : 2GB
 メモリバス幅 : 128 bits
 メモリ種類  : GDDR5
 ベースクロック  : 1354 MHz
 ブーストクロック : 1455 MHz
 メモリクロック  : 7000MHz
 モニタ出力  : DisplayPort / HDMI / Dual-link DVI
 ボードサイズ : 166mm × 112mm 2スロット
 補助電源   : なし
 販売価格:1万4,850円

 製品名 : Palit NE5105T018G1-1070F
 チップ : NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
 接 続 : PCI Express ×16 (3.0対応)
 メモリ容量  : 4GB
 メモリバス幅 : 128 bits
 メモリ種類  : GDDR5
 ベースクロック  : 1290 MHz
 ブーストクロック : 1392 MHz
 メモリクロック  : 7000MHz
 モニタ出力  : DisplayPort / HDMI / Dual-link DVI
 ボードサイズ : 166mm × 112mm 2スロット
 補助電源   : なし
 販売価格:1万8,900円(税込)


■玄人志向
GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF
【チップ】NVIDIA GEFORCE GTX 1050 Ti
【GPUクロック】Base:1303MHz、Boost:1417MHz
【メモリ】4GB/GDDR5
【メモリクロック】7008MHz
【I/F】PCI-Express x16 (3.0)
【出力】
 DisplayPort x1
 HDMI x1
 DVI-D x1
【対応】DirectX 12 / HDCP
【FAN】空冷ファン
想定売価:1万7,500前後(税別)

■CFD販売
GV-N105TG1 GAMING-4GD
【チップ】NVIDIA GEFORCE GTX 1050 Ti
【GPUクロック】
 [OC mode]Base:1392MHz、Boost:1506MHz
 [Gaming mode]Base:1366MHz、Boost:1480MHz
【メモリ】4GB/GDDR5
【メモリクロック】7008 MHz
【I/F】PCI-Express x16 (3.0)
【出力】Dual-link DVI-D x1、HDMI x3、DP x1
【対応】DirectX 12 / HDCP
【FAN】空冷ファン(WINDFORCE 2X)
想定売価:2万1,000円前後(税別)

GV-N105TWF2OC-4GD
【チップ】NVIDIA GEFORCE GTX 1050 Ti
【GPUクロック】
 [OC mode]Base:1354MHz、Boost:1468MHz
 [Gaming mode]Base:1328MHz、Boost:1442MHz
【メモリ】4GB/GDDR5
【メモリクロック】7008 MHz
【I/F】PCI-Express x16 (3.0)
【出力】Dual-link DVI-D x1、HDMI x3、DP x1
【対応】DirectX 12 / HDCP
【FAN】空冷ファン(WINDFORCE 2X)
想定売価:1万9,000前後(税別)

GV-N105TD5-4GD
【チップ】NVIDIA GEFORCE GTX 1050 Ti
【GPUクロック】
 [OC mode]Base:1316MHz、Boost:1430MHz
 [Gaming mode]Base:1290MHz、Boost:1392MHz
【メモリ】4GB/GDDR5
【メモリクロック】7008 MHz
【I/F】PCI-Express x16 (3.0)
【出力】Dual-link DVI-D x1、HDMI x1、DP x1
【対応】DirectX 12 / HDCP
【FAN】空冷ファン(カスタムデザイン90mmファン)
想定売価:1万8,000円前後(税別)

※一部カードは10月下旬発売

Palit NE5105001841-1070F
Palit NE5105T018G1-1070F
GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF
GV-N105TG1 GAMING-4GD
GV-N105TWF2OC-4GD
GV-N105TD5-4GD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
VRも楽々動作!自作パソコンセットの最高峰「パーツの犬モデル プレジデント」を発売
サードウェーブデジノス、買ってすぐに使える!「コミPo!」付属パソコンを発売
GALLERIA Loungeにプロゲーマーが常駐あなたのお悩みを解決します
スタイリッシュなデザインのボトル型PC「Diginnos DG-CANPC」が登場
ドスパラ、VR対応で9万円台から買える自作パソコンセット「パーツの犬モデルVR-002」




NVIDIA、GeForce GTX 1050および、GTX 1050 Tiを発表

GeForce GTX-1050

NVIDIAはNVIDIA-PascalベースGPUのラインナップに、GeForce GTX 1050(109ドル~)とGTX 1050 Ti(139ドル~)の2つのゲーム用GPUを新たに投入すると発表した。どちらのGPUでも、60フレーム/秒(fps)のなめらかさで、皆さまのお気に入りのゲームをプレイできる。

現在の新世代ゲームでは、最新ゲームを高品質に設定し、解像度1080p、フレームレート60 fpsで実行するのに必要なGPUパフォーマンスが3倍になっている。そのため、GPU(GeForce GTX 650など)を3~4年前に購入し、当時の最新ゲームをプレイできていた場合でも、現在のゲームではグラフィックス・パフォーマンスが物足りないと感じることだろう。そこでGTX 1050や1050 Tiを使用すれば、現在もっとも人気の高いゲームを、60 fpsのなめらかさでプレイできるようになる。しかも、消費電力はわずか75ワットだ。

すぐに使えるGTX 1050と1050 Tiは、どちらも非常に高速で、もっとも類似した競合製品と比べ、ストック速度で平均40%の高速化と128%を超える電力効率の向上を実現していると同社。

GTX 1050または1050 Tiへのアップグレードだが、どちらも外部電源コネクターは不要。。そのうえ、このクラスの製品では前例のないレベルのパフォーマンスと電力効率を実現している。カードを差し込み、GeForce Experienceソフトウェアをインストールして、ゲームの設定を最適化するボタンをクリックし、ゲームをオンにするだけだ。

GTX 1050と1050 Tiのカスタム・ボードは、ASUS、EVGA、Gainward、Galaxy、Gigabyte、iGame、Innovision 3D、MSI、Palit、PNY、ZotacなどのNVIDIA GeForceパートナーから販売される。GTX 1050 Tiは10月25日に、GTX 1050は11月8日までに発売される予定となっている。

GeForce GTX 1050とGTX 1050 Tiの詳細と仕様

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、買ってすぐに使える!「コミPo!」付属パソコンを発売
GALLERIA Loungeにプロゲーマーが常駐あなたのお悩みを解決します
スタイリッシュなデザインのボトル型PC「Diginnos DG-CANPC」が登場
ドスパラ、VR対応で9万円台から買える自作パソコンセット「パーツの犬モデルVR-002」
マウスコンピューター、「SEVENTH DARK」推奨パソコンを販売開始







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ