ITライフハック

2018年

LINE NEWS、2018年を彩る“話題の人”を表彰する「NEWS AWARDS 2018」を12月10日に初開催!

newsaward_kv

LINEは、芸能・文化・スポーツ・アーティストなど、各分野でNEWSになった2018年を彩る“話題の人”やLINEユーザーに支持された“メディア”を、同社が運営するスマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」が独自の基準で選出・表彰する、NEWSの祭典「NEWS AWARDS 2018」を2018年12月10日(月)に初開催する。

また同アワードにおける7部門35名のノミネート者を発表した。

「NEWS AWARDS」は、各分野で話題をさらった2018年を代表する方達が一堂に会し、今年一年を振り返るNEWSの祭典。初開催となる「NEWS AWARDS 2018」は12月10日(月)に開催され、7部門35名のノミネート者の中から各部門1名の受賞者が発表される。

「NEWS AWARDS 2018」特設ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「愛知デスティネーションキャンペーン」~2日目、徳川歴代将軍の位牌がある「大樹寺」、「SNSでも話題の「水野教雄陶房」、源氏物語の世界も楽しめる「徳川美術館」~
JR東海「愛知デスティネーションキャンペーン」~初日、奥三河地域名物「五平餅」、特別拝観の「鳳来寺山」、希少な「鳳来牛」、三河湾の「とらふぐ」~
「NHKバーチャルのど自慢」新年に放送!VTuber13組17名が熱唱、ラスボス小林幸子とキズナアイもゲスト出演
徹底的にダメになりたい人に!ビーズから「Bauhutte」(バウヒュッテ)のゲーマー向け着る毛布「ダメ着4G」
電気不要で扱いがデリケートな衣類や靴なども脱水できる「手で回す強力脱水機『ミズキリスピナー』」





Gzブレイン、2018年冬アニメ番組の視聴意向を発表。第1位は「七つの大罪 戒めの復活

009e4a1ba434bd85e40569700c6e02ae_s

Gzブレインは、映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽などエンターテイメントの最新消費者動向を独自のユーザー調査から読み解く、企業向け定期サービス「eb-i Xpress」(イー・ビー・アイ・エクスプレス)を配信している。今回eb-i Xpressでは、全国47都道府県に在住する5~69歳男女を対象とした、2018年1月に放送開始が予定されている冬アニメ番組の視聴意向について、実態調査を行い、その結果を発表した。

■ 2018年放送 冬アニメ番組の視聴意向 総合ランキングTOP20
※2018年冬に開始する各アニメ番組の中から、“視聴したい”と選択した作品を集計。
順位:番組名
1位:七つの大罪 戒めの復活
2位:カードキャプターさくら クリアカード編
3位:斉木楠雄のΨ難
4位:弱虫ペダル GLORY LINE
5位:だがしかし2
6位:ラーメン大好き小泉さん
7位:オーバーロードⅡ
8位:Fate/EXTRA Last Encore
9位:からかい上手の高木さん
10位:恋は雨上がりのように
11位:続『刀剣乱舞-花丸-』
12位:バジリスク ~桜花忍法帖~
13位:りゅうおうのおしごと!
14位:デスマーチからはじまる異世界狂想曲
15位:25歳の女子高生
16位:伊藤潤二「コレクション」
17位:ポプテピピック
18位:ミイラの飼い方
19位:ヴァイオレット・エヴァーガーデン
20位:覇穹 封神演義
(単位:人 n=15240 集計期間:2017年12月4日~12月5日/出典:eb-i Xpress)


今回の調査で最も視聴意向が高かった冬アニメ番組は、同名の漫画作品を原作とした王道ファンタジー「七つの大罪 戒めの復活」。本作品は2014年10月にテレビアニメ第1期、2016年8月にはテレビアニメのスペシャル版が放送、2018年夏には劇場版の公開が予定されている。世代を問わず幅広い層からの票を集め、男性のランキングにおいてもトップを獲得している。

第2位には、約20年ぶりとなるテレビアニメ化で話題を呼んだ「カードキャプターさくら クリアカード編」がランクイン。「カードキャプターさくら」は1996年~2000年に少女漫画誌で連載された人気漫画で、2016年からは新作「クリアカード編」の連載が同誌でスタートしています。本調査でも女性のランキングでトップを獲得。特に10代未満と20~30代女性の支持が高く、新旧両方のファンからの期待を集めていることがうかがえる。

第3位は、「斉木楠雄のΨ難」第2期。同名の漫画作品を原作とし、2016年にテレビアニメ第1期が放送、2017年10月には実写映画も公開された。男女ともに票を集め、なかでも10代のランキングでトップとなっている。

そのほか世代別の傾向としては、実在の駄菓子が登場するコメディー作品「だがしかし2」(5位)が20代のランキングで2位に。女子高生が日々おいしいラーメンを追い求める姿を描いた「ラーメン大好き小泉さん」(6位)が50~60代のランキングで2位となっている。さらに、TOP20圏外ではあるが、「新幹線変形ロボ シンカリオンTHE ANIMATION」は、“実在する新幹線から変形する巨大ロボット”が男性を中心とした子ども世代の心をしっかり掴み、10代未満のランキングで2位に入った。

■ 2018年放送 冬アニメ番組の視聴意向 性別ランキングTOP5
◆2018年放送 冬アニメ番組 男性の視聴意向ランキング
順位:番組名
1位:七つの大罪 戒めの復活
2位:だがしかし2
3位:弱虫ペダル GLORY LINE
4位:ラーメン大好き小泉さん
5位:斉木楠雄のΨ難
(n=8184 集計期間:2017年12月4日~12月5日/出典:eb-i Xpress)

◆2018年放送 冬アニメ番組 女性の視聴意向ランキング 
順位:番組名
1位:カードキャプターさくら クリアカード編
2位:斉木楠雄のΨ難第2期
3位:七つの大罪 戒めの復活
4位:弱虫ペダル GLORY LINE
5位:続『刀剣乱舞-花丸-』
(n=7056 集計期間:2017年12月4日~12月5日/出典:eb-i Xpress)


eb-i Xpress

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
DMM.make ROBOTS、ファースト・オーダーの機動歩兵ロボットの取り扱いを開始
「ぷよぷよ」×「駅メモ!」コラボイベント開催決定。ぷよぷよコラボでんこも登場
OPENREC.tv、「ジャンプフェスタ2018」における任天堂ブースのステージイベントを配信
TENGA、女帝杉本彩&川崎貴子が悩める女性の相談に本気アドバイスするイベントを開催
2017年最新の帰省みやげはこれだ!「東京みやげランキング」トップ10を発表


カードキャプターさくら Blu-ray BOX<初回仕様版>
丹下桜
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-12-22



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ