ITライフハック

4

これはお得!「PlayStation VR “PlayStation VR WORLDS” 同梱版」が登場

01

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は、日本国内に向けて、“PlayStation 4”(PS4)用バーチャルリアリティシステム“PlayStation VR”(PS VR)(CUH-ZVR2)と“PlayStation Camera”(PS Camera)、“PS4”用ソフトウェア「PlayStation VR WORLDS」をセットにした「PlayStation VR “PlayStation VR WORLDS” 同梱版」を、2018年10月12日(金)より3万4,980円(税別)にて発売する。

■カメラに人気ソフトが付いて値段変わらず
本商品は、現在発売中の「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」と同価格でソフトウェア1本をセットにしたお得な商品。同梱する「PlayStation VR WORLDS」は、バーチャルリアリティ体験を満喫できるバラエティ豊かな5つのコンテンツを収録した“PS VR”専用ソフトウェアで、“PS VR”を既に持っている多くのユーザーに好評とのこと。

SIEは、本作とともにより多くの人にVRの世界を体験できるよう、「PlayStation VR “PlayStation VR WORLDS” 同梱版」を通常商品として販売するとしている。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
富士山の青さをリアルに再現した人気メニュー「青い富士山カレー」のレトルト版登場
初秋の京都でモシュ印とコケ寺リウムを楽しむ旅~初日、東福寺、旧三井家下鴨別邸、常寂光寺~
ZIG、VTuber「華香院つばき」の2Dモデリングデータを無償配布
「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」を10月6日より開催
ソニー・エクスプローラサイエンスのインクルージョン・ワークショップ「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」今年も開催!

PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-10-14





絶滅危惧の野鳥の保護に役立つIoT書籍「THE SUSTAINABLE IoT BOOK」絶賛発売中

top_gallery_img0

株式会社ブレインの出版事業部である「東京図書出版」は“持続可能”をキーワードに環境保護活動を行う一般社団法人コンサベーション・インターナショナル・ジャパンとプロジェクトチームとで展開している「DONATE 4 BIRDS」(ドネイトフォーバーズ)プロジェクトが制作したIoT書籍「THE SUSTAINABLE IoT BOOK(ザ・サスティナブル・アイオーティーブック)」をAmazonで2018年3月8日から発売中だ。

■最新テクノロジーで絶滅危惧の野鳥保護活動に貢献
同書籍の最大の特長は、野鳥やその生育環境を保全する活動に参加することができるところにある。しかも最新のテクノロジーが書籍に導入されており、スマートフォンやタブレット等と連携できるIoT書籍になっているのだ。

近年その生息数が減少したり、絶滅危惧種に指定されたりしている野鳥保護が目的ということから、保護活動には21世紀に最も増えた鳥であるTwitter(Twitterのロゴマークは鳥)を使う。

■10年間で10万を超える支援
保護活動は、Twitterがサービスを開始してからちょうど10年を迎えた2016年7月から開始。現在までに10万人を超える寄付者から支援を集めた。この書籍には「DONATE 4 BIRDS」と連携し、絶滅すると私たちの生活に影響が出てしまう鳥達を収録している。

■各ページにNFCタグを埋め込むハイテク書籍
前述したようにこの書籍はIoT書籍と呼ばれている。一見すると豪華な装丁の書籍に見える。ページの構成も野鳥のイラストのみとシンプルだ。この書籍のどこがIoTなのか?

実はNFC(近距離無線通信)タグがページに埋め込まれており、NFC対応のモバイル端末と連携できるようになっている。

具体的には手持ちのモバイル端末を近づけるだけで寄付機能が自動で立ち上がり寄付ができるほか、モバイル端末上に記事内容が表示される。これらの記事は随時更新されていくため、野鳥に関して常に最新情報を知ることができるようになっている。

通常の印刷された書籍であれば、書かれている内容が変化することはあり得ないが、この書籍に限ってはそうではなく、最新の情報にアップデートされる。モバイル端末に表示される記事内容が変化するユニークな書籍というわけだ。

モバイル端末を近づけるだけで寄付機能が自動で立ち上がる

該当ページの鳥についての最新情報も知ることができる


■ハーバードやケンブリッジにも寄贈
この書籍は、冒頭で紹介したようにAmazonで購入できるほか、ケンブリッジ大学、ハーバード大学などにも寄贈されており、世界の学術機関でも読むことができる。また教育機関では、特設サイトから希望に応じて無償で寄贈される。

NFCタグを各ページに埋め込むなどしているため、価格は税別9,800円と多少高くなってしまうがハイテク書籍をモバイル端末で楽しめるだけでなく、野鳥の保護にも役立つという点を考慮すると、それほど高くない買い物と言えるだろう。

■書籍概要
編著者:DONATE 4 BIRDS PROJECT
発行所:東京図書出版
発売元:株式会社リフレ出版
発売日:2018年3月8日(木)
判型:四六変 52ページ、縦180㎜×横128.5mm
ISBN:ISBN978-4-86641-147-7 C0645
価格:9,800円(税別)


DONATE 4 BIRDS THE SUSTAINABLE IoT BOOK特設サイト
THE SUSTAINABLE IoT BOOK

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
出会いが絆になるRPG「ガーディアンズ」クローズドβテスト、本日より開始
アディダス ジャパン、サッカー日本代表サポーターがサムライと化す「勝色」に染め上げる全国応援キャンペーンを発表
Renta!スタッフが本気で選んだ今最も熱いコミックを全力でオススメするランキング「2018年Renta!大賞」を発表
NICT、光格子時計を利用した高精度な時刻標準の生成に成功
Future Tech HubとWOWOWのタイアップによる初のハッカソンイベント開催


THE SUSTAINABLE IoT BOOK
DONATE 4 BIRDS PROJECT
東京図書出版
2018-03-08



2017年国内家庭用ゲーム市場規模は3917.5 億円。Nintendo Switch が牽引、11年ぶりにハード/ソフト市場前年増。ファミ通調べ

ddafebd6ef3b064a025028fd033cb5e8_s

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2017年の国内家庭用ゲーム市場について、速報をまとめて発表した。集計期間は2016年12月26日~2017年12月31日。

2017年の家庭用ゲーム市場規模は、ハードが昨年対比172.9%の2023.7億円、ソフトが同103.8%の1893.8億円、合計で同130.8%の3917.5億円となっている。Nintendo Switch が大ヒットし、ハード市場を大きく牽引したほか、ソフト市場もプレイステーション4とニンテンドー3DSを中心に、前年を上回る売上となった。ハードとソフトの市場規模がともに前年からプラスとなるのは、2006年以来、11年ぶり。

年間ソフトランキングトップは、200.4万本を販売した「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(ポケモン/2017年11月17日発売/3DS)。「ドラゴンクエストⅩⅠ 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス/2017年7月29日発売/PS4、3DS)については、2機種合計で308.1万本と、タイトル別合算では2017年で最多の売り上げとなった。なお、133.6万本を販売したPS4版の「ドラゴンクエストⅩⅠ 過ぎ去りし時を求めて」は、プレイステーション4タイトルにおける歴代最高のヒットを記録している。

2017年は、7本のタイトルが100万本を突破(2016年は2タイトル)している。年間ミリオンヒット7本は、2010年に達成して以来、7年ぶりとなる。

2017年3月3日に発売し、話題を呼んだNintendo Switch は、340.7万台を販売、年間ハード販売台数において首位を獲得した。ソフトタイトルでも、年間2位の「スプラトゥーン2」(任天堂/2017年7月21日発売/Switch)が175.2万本を販売したことを筆頭に、3タイトルがミリオンに到達。2018年も引き続き市場を牽引することが期待される。

プレイステーション4については、2016年を上回る193.5万台を販売し、年間ハード販売台数の2位となっている。本年1月26日には、シリーズ待望の新作「モンスターハンター:ワールド」(カプコン/2018年1月26日発売予定/PS4)の発売が予定されており、市場の注目を集めている。

01

02


Gzブレイン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
カルチャーに関連した記事を読む
スマホRPG「オーディナルストラータ」本日より配信
C93冬コミは初日だよ! 冬コミに桃箱さん&mikoさん参加のお知らせ
「ニコニコ生放送」&「ニコニコチャンネル」2018年1月期TVアニメ新番組発表
JR東海主催、京都・ミスきものと行く「京の冬の旅・京の冬の旅連動商品」プレスツアー体験レポート
年末年始、帰省の際には『10のこと』を必ずチェック!大切な家族を「TEPCOスマートホーム」で見守ろう!


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7100BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-09-11

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB (CUH-2100BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-07-13



フォーカルポイント、iPad mini 4専用耐落下衝撃ケースを発売

フォーカルポイントは、OtterBox独自の厳しい品質基準テストをクリアした、Appleの「iPadmini 4」対応の耐落下衝撃ケース「OtterBox Defender シリーズ for iPad mini4」を発売する。価格はオープンプライスで、オンライン直販価格は8,980円(税抜)。

OtterBox Defender シリーズ for iPad mini 4は、クリアウィンドウ付きのポリカーボネート製ケースと、各ポート部分をカバーする頑丈なシリコンの多重構造を採用した、耐衝撃性に優れたiPad用ケース。取り外しが可能で、スタンド機能が付いたフロントカバーも付属している。また、一体型スクリーンプロテクターは本体の指紋認証機能「Touch ID」に対応している。

■製品仕様
本体サイズ:約147.6(W)×218.4(H)×15.2(D)mm
重さ:約313g
パッケージサイズ:約158.8(W)×244.6(H)×35.1(D)mm
パッケージ重量:約379g
対応モデル:iPad mini 4


OtterBox Defender シリーズ for iPad mini 4 製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
Pepperがおうちにやってくる!ソフトバンクがキャンペーンを開始
ASUS、初めてSIMフリーデビューにぴったりなAndroidスマホ「ZenFone Go」を発表
iPhone 6s Plus/6 Plus用のスタンド機能・カードスロット付き本革製フォリオケース
5000mAhのバッテリーを搭載し1か月以上の連続待受時間を実現したスマホがASUSから
イー・モバイル(現・Y!mobile)「STREAM X GL07S」の無償交換を発表






応募総数約11万点の頂点を目指せ! Doodle 4 Google 2013のグランプリが決定



今年もGoogleロゴで、小中高生を対象にしたイラストコンテスト「Doodle 4 Google」(ドゥードゥル フォー グーグル)が行われ、最優秀賞4点とその頂点となるグランプリの選考会が行われた。4回目となる2012年は「100年先の未来へ」がテーマだったが5回目の今年は「わたしも発明家」をテーマに約11万点もの応募作品が集まった。


続きを読む

まだまだ現役iPhone 4/4Sをマウントできて音もリッチにしてくれるホルダー【イケショップのレア物】



新しい製品に世間の注目が集まるのは世の常だ。iPhoneも例外ではなく、iPhone 5が発売されるとiPhone 5ばかりがクローズアップされ、iPhone 4/4Sユーザーは少々肩身の狭い思いをしているかもしれない。しかし、世間には、まだまだiPhone 4/4Sユーザーが現役で沢山いる現実を忘れてはいけない。全員がiPhone 5に乗り換えたわけではないのだ。

既にiPhone 5関連グッズも、揃ってきており、今も増加中だ。一方、iPhone 4/4S向けの製品は減りつつある。新規のiPhone 4/4S購入者が減ったことにくわえ、iPhone 4/4Sユーザーは必要な関連製品をすでに持っているということもあるのだろう。

こうした状況でも、現役のiPhone 4/4Sを使いこなしたいと考えている人は多いはずだ。iPhone 4/4Sを、まだまだ使い続けて、使い倒したいと考えている人におススメしたいのが今回紹介する「マルチディレクション カーホルダー iPhone4/4S」だ。

続きを読む

ああ、これは高いわ! なんと3万円を超える豪華な3DのiPhoneケース



スマホケースに出せるお金なんて、1週間悩んで思い切り頑張っても6~7千円前後、気楽に出せるとして980円なんてとこだろう。まあ世間的には980円から3,980円辺り、高級志向でも1万円を切るくらいで製品が構成されているスマホケース市場で、「これは高いわ!」と見ただけでわかるiPhoneケースが登場した。しかも、その価格、なんと32,800円である。

続きを読む

100年先の未来へ! Googleロゴコンテストの優勝者が決定



何かの記念日やイベント等をイラストで知らせてくれるGoogleロゴの変化。イラスト内には必ずG・O・O・G・L・Eのアルファベットが組み込まれている。そのロゴ「Doodle 4 Google」(ドゥードゥル フォー グーグル)の小中高生を対象にしたイラストコンテストが行われ、昨日、最優秀賞4点とその頂点となるグランプリの選考会が行われた。

「100年後の未来へ」をテーマにしたイラスト、10万点以上の中から、見事グランプリに輝いたのが冒頭のイラストだ。作者は神奈川県 神奈川県立大船高等学校2年生の加藤鮎美さんである。

続きを読む

Googleの新端末登場! Googleが日本向けに10インチタブレット「Nexus 10」情報を公開

Nexus 10


昨日、Google Playに10インチのAndroidタブレット端末「Nexus 10」の情報が公開された。つい先日、取扱説明書がリークされて話題になった端末でもある。先日発売されたNexus 7の32GBモデル版の価格情報も公開。さらに本家の米Googleでは、4.7インチのスマートフォンである「Nexus 4」の情報も公開されている。続きを読む

4種類のコネクターが使える! 超便利な4 in 1のUSB充電ケーブル【イケショップのレア物】



スマートフォンのコネクターは、iPhoneやiPod touch、iPadといったiOS端末と、Android OS他の端末で、それぞれ異なった形状をしている。

iOS端末とAndroidの両方を所有していると、ケーブルを2つ持ち歩かないといけないという、なにやら理不尽な状況に否応なしに追い込まれてしまう。

すべてのスマホやタブレットで同じコネクターが利用できるのであれば、ユーザーとしては非常に使い勝手がいいのだが、オプション品などの周辺機器では、ビジネスにおける「オトナの事情」によって、異なる規格が採用されるケースがよくある。

続きを読む

Dock用スピーカーを簡単に無線化!いろんな器機で使えそうなBluetoothアダプター【イケショップのレア物】



スマホの中でも特に人気が高いiPhoneの専用アクセサリーは星の数ほどある。中でもDockコネクターに接続して使うiPhone/iPod touch用スピーカーは、種類が多く、既に所有しているという人も多いのではないだろうか。

また、iPhoneを所有していたのだけど、現在はAndroidスマホに変更してしまったなんて人もいるかもしれない。さらに言えば、iPhoneだけでなくAndroidのスマホの2台持ち、タブレットまで入れると3台持ちなどという強者もいるだろう。


続きを読む

iPhoneをド派手に着飾れ! 個性派のためのセンサー付きイルミネーションケース【イケショップのレア物】



界中で大人気のスマートホンといえばアップルの「iPhone 4/4S」であると言うことに異論を唱える人はまずいないだろう。もちろんAndroidスマートフォンの中にも非常に魅力的な機種はたくさんあるが、子供から大人まで老若男女問わず使っているスマホと言えば、断トツでiPhone 4/4Sだろう。

通勤通学の電車内を見回せば、必ずといって利用者を見つけることができるiPhone 4/4Sだが、同じデザインで沢山の人が使っているため、自分のiPhoneと人のiPhoneとの区別ができないなんて悩んでいる人もいるかもしれない。周囲の知人が全員iPhone 4/4S所有者だなんてことも案外多く、皆で集まったらテーブルの上がiPhone 4/4Sだらけになり、それらのiPhone 4/4Sが同じに見えて気分が冷めてしまったなんて人もいるのではないだろうか。

続きを読む

iPhoneにぴったりフィットのケース登場!シリコン素材で帯電防止機能も持つiPhone 4S/4用ケース



アスクは、Agent18社が提供するカラフルなデザインのiPhone 4S/4用ケースを発表。4月から順次発売する。「ハートデザイン」、「ストライプ」、「いちご柄」、「アニマル柄」といった多くのデザインが用意される。

続きを読む

そういうわけだったのか!Googleロゴがお母さんの絵の理由



今日はそういう日だったのか!Googleロゴがポートレートの理由」で紹介したように、Googleはたまにトップページのロゴを変える。今、Googleにアクセスすると、トップページのGoogleロゴがお母さんの絵に変わっているのに、気づいた人も多いだろう。この絵は、Doodle 4 Google 2011 グランプリのグランプリに輝いた、床井 海心さんの「おかあさん」の絵だからだ。

続きを読む

パソコンのトラブル回避はマザーボードを選ぶ時点から始まっている!「Ultra Durable 4 Classic」がH61向けに登場



パソコンを自分で組み立てるユーザーにとって、マザーボード選びは重要だ。「ギガバイトPC道場」でも、同じチップセットのマザーボードながら、エントリーモデルからゲーム専用マザーボードまで、様々な種類がある。

各種あるマザーボードのすべてで常に最新技術を盛り込んでいるギガバイトが、最新マザーボード向けの新技術「Ultra Durable 4 Classic」を2011年9月5日に発表した。

Ultra Durable 4 Classicは、Intel H61 Expressチップセット向けに提供される新機能である。機能の特徴は、これまで困難だった、湿気、静電気、突然の電断や稼働時の発熱など、多方面からの要因により発生する不具合からマザーボードを保護するものだ。

自作PCユーザーには、外因による不安定な要素を排除できる興味深い規格と思われるので、ここで詳しく説明しよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ