ITライフハック

4K

日本エイサー、4Kパネルを搭載したHDR10対応の31.5型4Kディスプレイを発売

01

日本エイサーは、4Kパネルを搭載したHDR10対応の31.5型4Kディスプレイ「ET322QKwmiipx」を2017年11月10日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5万5,000円前後(税別)。

本製品は、フルHD(1920×1080)の4 倍の画素数、4K の解像度(3840×2160)を実現する最新高性能パネルを採用。大画面の隅々まで色鮮やかな映像を楽しめる。

明暗の差をダイナミックに表現できるHDR10 対応のAcer HDR Ready 搭載により、輝度の幅が拡大。高コントラストで、より実物に近い色味を再現し、臨場感溢れる映像を楽しめる。対応する家庭用ゲーム機でもHDRの映像美を楽しむことができる。

従来の「レッド」(R)、「グリーン」(G)、「ブルー」(B)の3 色に加えて、「シアン」(C)、「マゼンタ」(M)、「イエロー」(Y)を加えた6 色でカラーマネージメントができる「6軸カラー調節機能」を搭載。より実物に近い、忠実な色再現が可能だ。

4K 放送視聴に必要なHDCP2.2 対応のHDMI2.0 端子を備えているため、対応チューナー接続で簡単に高解像度の4K 放送を楽しめる。入力端子は2 系統搭載しているので、ゲーム機やAV 機器をそれぞれに接続しておけば、表示を切り替えて使用できる。

黒が締まった力強い映像を楽しめるVA パネルを搭載。斜めから見ても映り込みが少なく、長時間の視聴でも目の疲れを感じにくい、178°の広視野角対応の非光沢パネルを採用している。

また同時表示機能搭載で、2つの画面を1台に同時表示させることが可能。サブ画面表示で気になるテレビ番組を見ながらの作業や、2 つの資料を並べながらの作業ができる。31.5 型の大画面ならストレスなく利用シーンに合わせた活用ができる。

このほか、液晶ディスプレイのLED バックライトは輝度調節のために目に見えない速さで明滅(フリッカー)を採用。フリッカーは目には見えないが、目の疲れや不快感、頭痛等の症状を引き起こす原因になると言われている。本製品はフリッカーレス・テクノロジーを搭載しており、フリッカーが発生しないようになっている。ブルーライトを軽減する機能を搭載しており、目の疲れや肩こりの原因になると言われているブルーライトを大幅に抑えることができる。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Anker、音質に加え、防水・防汗性能も進化した、カナル型Bluetoothイヤホンのプレミアムモデルを発売
寒い冬に大活躍!フワッと軽いUSBで即暖ヒーターライトジャケット
サンコー、パーソナル加湿&空気清浄機「エアクリーンネックバンド」を発売
軽量&小型でも機能は十分。乾電池でも動き、返し縫いができる「返し縫いできるコンパクトミシン」
テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」



JAPANNEXT、27型ワイド 4K液晶ディスプレイ HDMI 2.0 HDCP2.2 60HzFreeSync「JN-IPS2700UHD」を発表

44934_MSJkJYpqBd

JAPANNEXTは4K IPSパネル 27型ワイド FreeSync HDMI2.0 / 60Hz HDCP2.2対応液晶ディスプレイ「JN-IPS2700UHD」を発表し、2017年9月11日(月)より発売を開始する。なお、2017年9月11日~9月21日はモニター特価販売セールとして3万4,444円。

本製品は、4K解像度に対応した液晶ディスプレイ。4Kとは、フルHD(1920×1080)の 約4倍の作業領域を実現する3840×2160ドットの解像度となる。充実のインターフェースで HDMI 2.0 x 2, Displayport(DP) x 2、合計4つのポートを搭載している。10bitカラー パネルを採用し、sRGBを100%カバーしている。画像をより鮮やかに、美しく、どんな場面 でも忠実な色再現できる。

画数ピッチを約0.15ミリ及び163PPIという高画数密度を実現し、どんな詳細も明確に、高精細な表示を実現可能。目に優しい低ブルーライトモードを搭載し、フリッカーフリー設計で、身体への負担を軽減してくれる。

ゲーマーのために、AMD FreeSync対応に3つのゲームモード機能搭載。HDCP2.2 対応でパソコンのみならず、4K対応メディア配信サービスが楽しめる。5Wx2のステレオスピーカーを搭載し、映画やゲームなど楽しむ方に最適な環境を作ってくれる。LEDバックライト採用により、大幅な省電力を 実現し、消費電力を36Wに抑えている。筐体はブラックの1色のみ。

JN-IPS2700UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
80年代を代表するローランド初のフルデジタル・シンセサイザー「D-50」を再現
欲しい時にすぐ氷が作れる 場所を取らない最小クラスの小型高速製氷機
Androidスマホ、Windowsパソコンの両方で使えるカメラ先端径5.5mm径内視鏡
Lightning端子に接続する超小型シェーバー「ポケット髭剃り for iPhone」
全世界2000台限定!リコー、35mmフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1 Limited Silver」発売へ




JAPANNEXT、40型4K液晶ディスプレイ「JN-V400UHD」を発表

44934_LyCzSCRZwK

JAPANNEXTは、4K VAパネル 40型ワイドHDMI2.0/60Hz HDCP2.2 アルミ製・極薄デザイン液晶モニター「JN-V400UHD」を2017年9月7日(木)より発売すると発表した。なお、2017年9月07日~9月17日はモニター特価販売セールを実施し、4万9,970円で販売する。

テレビ用に作られたチューナーなしのディスプレイではなく、動画や画像、細かい文字まできれいに表示できるPC用規格の4K解像度に対応した液晶ディスプレイ。10w×2のステレオスピーカーを搭載し、HDCP2.2対応で4K配信動画も堪能できる。4Kとは、フルHD(1920×1080)の約4倍の作業領域を実現する3840×2160ドットの解像度となり、高精細な表示を実現している。

ブルーライト軽減モードを搭載し、目への負担を軽減。充実のインターフェイスでHDMI2.0,HDMI1.4(2口)、Displayport(DP),VGA,合計5つのポートを搭載している。

PVA3パネルを搭載し、あらゆる角度から見ても、色やコントラスト変化が起きにくく、画像を鮮明に映し出し、高視野角上下左右178°を実現。10bitカラーパネルを採用しsRGBを99%カバーしており、画像をより鮮やかに美しく、どんな場面でも忠実な色再現ができる。60Hzのリフレッシュレートと4ms(最大)の応答速度で、動きの速い描写の映像を滑らかに表現することが可能だ。

さらに3種類のゲームモード機能を搭載し、映画やゲームなど楽しむ方に最適な環境を作りだす。9.5kgと非常に軽量、VESA対応でマルチディスプレイ構成にも向いている。LEDバックライト採用により、大幅な省電力を実現し、更に省エネモード搭載で消費電力を49Wに抑えている。筐体はシルバー1色。

JN-V400UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
欲しい時にすぐ氷が作れる 場所を取らない最小クラスの小型高速製氷機
Androidスマホ、Windowsパソコンの両方で使えるカメラ先端径5.5mm径内視鏡
Lightning端子に接続する超小型シェーバー「ポケット髭剃り for iPhone」
全世界2000台限定!リコー、35mmフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1 Limited Silver」発売へ
サンコー、洗えないところを洗える水洗い掃除機「ウォッシャブルクリーナー」を発売




日本エイサー、自宅でシアター気分が味わえる48.5型4Kディスプレイを発売

EB490QK_2_image

日本エイサーは、高精細な映像を映し出し、臨場感あふれるサウンドの48.5 型4K モニター「EB490QKbmiiipx」を2017年8月25日(金)より発売する。価格は8万円(税別)。

本製品は、48.5型の広大な表示領域をもつ4Kパネルを採用。高精細で鮮明な映像を味わえる。また、4Kテレビ放送の視聴に必要なHDCP2.2対応のHDMI2.0端子を備えている。4Kテレビ放送を視聴するには、別途4K対応テレビチューナーが必要。

また同時表示機能搭載で、2つの画面を1台のEB490QKbmiiipxに表示することができる。サブ画面表示で気になるテレビ番組を見ながらの作業や、2つの資料を並べながらの作業など、利用シーンに合わせた活用ができる。

このほか画素を補正するスーパーシャープネス・テクノロジーを搭載。4Kパネルで解像度の低い映像を表示すると画素が粗く、全体的にぼやけてしまうが、スーパーシャープネス・テクノロジーをオンにすることで画素を補正して自然で鮮明な映像表示が楽しめる。OSDメニュー内で、オン/オフの切り替えが必要。初期設定はオフになっている。

10億7000万色の色表示が可能な10ビット色深度でスジや縞模様を低減し、より高い色再現となめらかなグラデーションを実現。実物に近い映像を楽しめる。視野角による色変化の少ないIPS方式パネルを搭載。光の反射による見えにくさを抑え、斜め方向から画面を見ても美しさをキープしてくれる。

液晶ディスプレイはLEDバックライトの輝度レベルを調整するためにLED自体を高速に点滅(フリッカー)させている。フリッカーは画面のちらつき(フリッカー)を感じたり、目の疲れや不快感、頭痛等の症状を引き起こす原因になると言われている。本製品はフリッカーレス・テクノロジーを搭載しており、フリッカーが発生しないようになっている。ブルーライトを軽減する機能を搭載しており、目の疲れや肩こりの原因になると言われているブルーライトを大幅に抑えることができる。

10W+10Wのステレオスピーカーを搭載。広い空間でも迫力のある鮮明な音質を再現し、まるでその場にいるかのような臨場感溢れる音声を実現した。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
充電式で持ち運べる!ミニ扇風機付きLEDスタンドライト「LED FAN」
テントで使えるファン付きLEDキャンピングライト
さりげない猫耳がキュートなヘッドホン「ピンクキャットヘッドホン」を発売
つけるだけでエルフ耳になれる「妖精に変身!エルフ耳イヤフォン」
HDD/SSDをセットして大量の動画を内蔵できる「SSD/HDD対応 液晶付きすごいメディアプレイヤー」




JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売

44934_SFehvULjDC

JAPANNEXTは、4K 28型ワイド Freesync 60Hz HDMI 2.0対応液晶ディスプレイ「JN-T2880UHD」を2017年05月12日(金)より発売すると発表した。2017年05月01日~12日は発売前特価販売セールを実施し、3万4,990円で販売される。

本製品は、HDMI 2.0 x 2, Displayport(DP) x 2、合計4つのポートを搭載。10bitカラー パネルを採用しsRGBを100%カバー。画数ピッチを約0.16ミリ及び157PPIという高画数密度を実現しており、低ブルーライトモードを搭載し、フリッカーフリー設計。AMD FreeSync、60H及び応答速度3msにも対応する。HDCP2.2対応で4K対応メディア配信サービスが楽しめる。29W省エネ設計。

JN-T2880UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
プラネックス、様々な機器から安全に使えるVPNルータ・OpenVPN専用「かんたんOpenVPN」を発売
回線が混雑した都市環境でも最高のWi-Fi環境を提供するWi-Fi高機能化モジュール「Portal Boost」
ドスパラ限定でPC自作に最適なENERMAX製PCケース「BECITE -ビサイト-」を発売
サードウェーブデジノス、AMD待望のメインストリームCPU「Ryzen 5」搭載ゲーミングパソコンを発売
G-Tune、GeForce GTX 1050 Tiを搭載する14型コンパクトゲーミングノートを発売






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ