ITライフハック

4K

日本エイサーから高解像度の色鮮やかな映像でゲームの世界に没入できる液晶ディスプレイ

PR_XB271l_1600_640

日本エイサーは、ゲームに最適な機能を搭載したPredator(プレデター)シリーズから、高解像度で色鮮やかな映像でゲームの世界に没入できる27型ワイド液晶モニター、4K高解像度「XB271HKbmiprz」、WQHD解像度・リフレッシュレート最大165Hz 「XB271HUbmiprz」を2018年8月23日(木)より発売する。

■ゼロフレームデザインを採用
液晶パネル周りのフレームをなくしたゼロフレームデザインを採用。段差のないフラットな画面は、映像に集中しやすく、より臨場感を味わえる。

また、視野角度が広く、角度による色変化の少ないIPS方式パネルを搭載。XB271HKbmiprzは広大な表示領域を持つ4K高精細モデルを、XB271HUbmiprz は高解像度の映像を映し出すのに適したWQHDパネルを採用しているため、ゲームの速度を気にすることなく、鮮明な映像でゲームを楽しめる。

ゲームプレイ中のコントローラーの操作が映像に反映されるまでの入力遅延を最小限に抑えるNVIDIA G-SYNCを搭載。映像のカクツキや残像感を抑え、滑らかでストレスのない映像を楽しめる。

リフレッシュレートを高めるオーバーロック機能を搭載。通常時最大144Hzのリフレッシュレートを165Hzまで高めることができる。※XB271HUbmiprzのみ

■GameViewモードで3種類のカスタム設定を登録可能
ゲームの種類や場面に応じて、映像表示方法をカスタマイズできる「GameViewモード」を搭載。本機能は、事前に映像表示方法をカスタマイズし3種類まで登録が可能。カスタマイズした後は、ゲーミングモードを起動し1/2/3の選択ボタンを操作するだけで、好みの映像表示を簡単に選択できる。

パネルの高さや、角度を最適なポジションに調整できるマルチ対応スタンドを搭載。お好みの高さで、体に負担をかけることなく長時間ゲームを楽しめる。

XB271HUbmiprz
XB271HKbmiprz

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラが480GBで9千円を切るオリジナルSSD“Z1シリーズ”3製品を発売
ユニットコムからGeForce GTX 1070搭載・ツインドライブ構成の15型ゲーミングノートPCを発売
マイルストーン、ダイレクトなトラッキングを実現する軽量ゲーミングマウス「COUGAR Minos X5」の取り扱いを開始
マイルストーン、スタイリッシュなフルブラックのゲーミングチェア「COUGAR ARMOR Black」の取り扱いを開始
マイルストーン、レーシーなスタイルのゲーミングチェア「Playseat L33T Black」を取り扱い開始






JAPANNEXT、50型4K液晶ディスプレイ「JN-VT500UHD」を発売

01

JAPANNEXTは、SVAパネル採用で4K UHD(3840×2160ピクセル)解像度を実現した4K対応50型ディスプレイ「JN-VT500UHD」を2018年8月17日(金)より開始する8月8日(水)~8月19日(日)は発売記念特価販売セールとして4万9,980円(税抜)で販売する。

本製品は4K解像度に対応した大型液晶ディスプレイ。10Wx2のステレオスピーカーを搭載しHDCP2.2対応で4K配信動画も堪能できる。

インターフェースはHDMI2.0を4ポート搭載。5000:1と非常にコントラストの高いスーパーVAパネルを搭載し、広視野角上下左右178°を実現した。10bitカラーパネルを採用し画像をより鮮やかに、美しく、どんな場面でも忠実な色再現できる。60Hzのフレッシュレートで、動きの速い描写の映像をなめらかに表現することが可能だ。

スタンドは金属製、筐体はブラックの1色。テレビを視聴するには別途チューナーが必要。

JN-VT500UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
PS4/PS VITA用ソフト「Fate/EXTELLA LINK」とコラボしたワイヤレスヘッドホン
急速冷却でドライブ中の居眠り防止「運転中に氷点下で眠気覚まし『メガサメプレート』」
オウルテック、iPhoneに最適なオーディオコーデックを搭載したワイヤレスイヤホン
紙パック冷却に全力をかけて開発した「紙パック飲料をキンキンに超冷却『紙パックSUPER COLD BOX』」
暑い夏を乗り切るための便利グッズ!服の中に風を送り込む冷却用ファン「腰ベルトファン」





JAPANNEXT、28型 4KHDR対応液晶ディスプレイ「JN-T2880UHDR」を発表

01

JAPANNEXTは、4K(3840×2160)HDR対応の10bitパネル採用28型液晶ディスプレイ「JN-T2880UHDR」を2018年5月31日(木)より発売する。なお、2018年5月23日~5月31日は発売記念特価販売セールとして3万9,980円(税込)で販売する。

■4入力対応で4K映像も滑らかに再生可能
本製品はUHD(3840×2160)解像度に対応したHDR対応液晶ディスプレイ。圧倒的な表示領域に加え、HDR機能を使用することでよりリアルに迫った色鮮やかな映像体験を味わうことができる。インターフェースはHDMI 2.0×2, Displayport(DP)×2で合計4つのポートを搭載する。10bitカラーパネルを採用しsRGBを100%カバーする。60Hzのリフレッシュレートと2ms応答速度対応で、動きの速い描写の映像をなめらかに表現することが可能だ。

JN-T2880UHDR

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
深水10M 動作検知機能付きの超ミニサイズのサイコロカメラ「指でつまめる防犯サイコロカメラ防水ケース付き」
静かな動作音で寝室でも卓上でも車でも大活躍するマイ冷温庫「自分専用おとしずか冷温庫 10L」
オプトスタイル、HDR10対応55インチ4K液晶テレビを5万円台で発売
タバコの煙をグングン吸い込み浄化・排出してくれる充電式スモークレス灰皿「ちょっと吸っトレイ2」
レノボ、スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を発売





JAPANNEXTから32型UHD HDRの4K対応液晶ディスプレイ「JN-IPS320UHDR-S」

01

JAPANNEXTは、UHD(3840×2160)、HDR対応 IPS-AHVAパネル 32型 HDR対応液晶ディスプレイ「JN-IPS320UHDR-S」を発表。2018年5月22日(火)より発売する。なお、2018年5月16日~5月26日は発売記念特価販売セールとして4万9,980円(税込)で販売する。

本製品はUHD(3840×2160)の解像度に対応したHDR対応液晶ディスプレイ。圧倒的な表示領域に加え、HDR機能を使用することでよりリアルに迫った色鮮やかな映像体験を味わうことができる。

■4K対応の超解像度
UHDとは、フルHD(1920×1080)の約2倍の作業領域を実現する3840×2160ドットの解像度となり、高精細な表示を実現できる。IPSタイプのAHVAパネルを搭載し、あらゆる角度から見ても色やコントラストの変化がおきにくく、画像を鮮明に映し出し、広視野角上下左右178°を実現した。

AMDのFreeSync対応で3つのゲームモードを搭載、ストレスのないゲーム体験を実現。フレームレスのシンプルデザインのスタイリッシュな筐体。マルチモニター構成にすると、圧倒的な没入感と大迫力の映像を楽しめる。

フリッカーフリー設計、ブルーライト軽減モードを搭載し目への負担を軽減します。インターフェースはHDMI2.0×1、HDMI1.4×1、DisplayPort、VGA合計5つのポートを搭載している。

■ピクチャーインピクチャーとMHL経由でスマホ画面も同時表示可能
マルチウィンドウ機能、PIP/PBPに対応し、画面を分割して最大4つの入力ソースを表示できる。スマートフォンの楽しみ方が広がるMHLにも対応している。

10Wのステレオスピーカーを搭載。LEDバックライト採用により、大幅な省電力を実現し、さらに省エネモード搭載で消費電力を39Wに抑えている。

フレームは丈夫でスタイリッシュなアルミ製で非常にスリム(9.5mm)、筐体はブラックの1色。

JN-IPS320UHDR-S

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
静かな動作音で寝室でも卓上でも車でも大活躍するマイ冷温庫「自分専用おとしずか冷温庫 10L」
オプトスタイル、HDR10対応55インチ4K液晶テレビを5万円台で発売
タバコの煙をグングン吸い込み浄化・排出してくれる充電式スモークレス灰皿「ちょっと吸っトレイ2」
レノボ、スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を発売
かたまり肉を360度回転させながら焼くノンフライ調理もできるドーム型のオーブン




グリーンハウスより日本製ボード採用の4K/HDR対応55型液晶テレビ

gh-tv50c_img1

グリーンハウスは、55V型の大画面で高画質な映像を楽しめる4K液晶テレビ「GH-TV55C-BK」を発売する。発売はディスカウントストアMrMax限定で、同社オンラインショップで2018年5月11日(金)10時から、同社店舗にて5月17日(木)開店時より、それぞれ予約販売を開始する予定だ。価格は5万9,780円(税別)。

■メイン基板は日本製
今回発売する55V型液晶テレビ「GH-TV55C-BK」は、メイン基板に日本製ボードを採用し、低価格ながらも日本製ボードならではの色再現性やノイズ低減を向上、さらにHDR対応で、リアルで立体感のある映像を実現させた高品質モデル。

チューナーは、地上デジタル放送とBS/CSデジタル放送それぞれ2つ搭載したダブルチューナータイプなので、USB外付けハードディスクを接続すれば、番組表からの録画予約、視聴中の番組をダイレクトに録画できるだけでなく、裏番組の録画にも対応し、最大64番組の録画を予約できる。

また、HDMI入力は3系統を装備。HDMI1は音声出力も可能なARC(オーディオリターンチャンネル)に対応し、HDMI3は4K映像の入力と外部機器との相互コントロールが可能なCEC機能に対応している。

「MrMax」オンラインストア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
オプトスタイル、HDR10対応55インチ4K液晶テレビを5万円台で発売
タバコの煙をグングン吸い込み浄化・排出してくれる充電式スモークレス灰皿「ちょっと吸っトレイ2」
レノボ、スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を発売
かたまり肉を360度回転させながら焼くノンフライ調理もできるドーム型のオーブン
世界中どこにいても自宅に来た訪問者と話せるクラウド対応インターホン「SpotCam-Ring」






オプトスタイル、HDR10対応55インチ4K液晶テレビを5万円台で発売

opt_wlc03_144_55

オプトスタイルは、HDR10に対応した55v型4K大画面液晶テレビ「オプトビジョン55UDV800R」を、5万9,800円(税込)で、2018年4月27日から直販サイト「オプトスタイル・ダイレクト」とAmazonにて予約販売を開始する。デリバリーは5月8日から開始予定。


■今後、第2弾も用意しシリーズ展開
今後、第2弾として75インチの超大画面HDR対応4K液晶テレビを発売するほか、43インチ、32インチなど、基本機能に優れるリーズナブルな液晶テレビをシリーズ展開する予定とのこと。

本製品は、3840×2160の約829万画素の圧倒的な高精細映像表現が可能。画像信号を一切間引かない「4K 60p 4:4:4フォーマット」のリアル4K映像に対応するほか、「Netflix」「Amazonビデオ」などの各種4K配信サービスに対応する。

明るさの幅を広げて表現する技術=HDR(ハイダイナミックレンジ)により、全体の輝度が上がり、明暗のバランスが飛躍的に向上。特に液晶パネルが苦手な黒のグラデーション表現の階調が大きく広がった。

■4K解像度へなめらかアップスケーリング
OPTVISIONならではの新世代4Kアップスケーリング機能として、単に画像を引き伸ばすのではなく、様々な画質改善機能を組み合わせながら、自然でなめらかなスケーリングを実現する新世代の4Kスケーリングを実装。画質や操作をコントロールする4Kメインボードは日本の専門会社が開発し、日本国内で製造した。高い信頼性を確保している。

またMotion Judder補正機能・ME/MCモーションコンバーター機能により、大画面で目立ちやすい描画の遅れを最新のアルゴリズムで予測し、自動補正描画。素早く大きな動きもカクつくことなくなめらかに表現する。スポーツ映像や動きが細かくダイナミックなSFX映像なども自然でスムーズな描写が可能だ。

低遅延モードを搭載しており、ハイスピードのレスポンスが必要なビデオゲームやPC操作に最適な低遅延モードを搭載。補正機能を制御し、入力信号に対してリニアな表示反応を実現する。

■55UDV800R 製品仕様
品名 :55v型 BS/110度CS/地上波デジタル HDR対応4K液晶テレビ
型番 :55UDV800R
本体色 :ブラック
JANコード :4589446810023
画面サイズ :55v型
パネル方式 :LED IPS 4Kパネル
解像度 :3840×2160
HDR :ハイダイナミックレンジ HDR10対応
応答速度 :6.5ms
アスペクト比 :16:9
視野角(標準値) :上下 176度:左右 176度
スピーカー出力 :10W×2
データ放送 :双方向データ放送(BML)対応
テレビチューナー:地上デジタル放送×2、BS/110度CSデジタル放送×2
HDD録画機能 :USB外付けハードディスク(別売)にて裏番組録画対応/留守番録画可能/追っかけ再生対応
入出力端子 :UHFアンテナ入力端子(地上デジタル放送)×1、BS/CSアンテナ入力端子×1、AV入力端子(RCA)×1、LAN端子×1、USB端子(録画対応用)×1、HDMI入力端子(Ver1.4準拠×2(ARC対応×1) 4K入力対応×1)×3、デジタル音声出力端子×1、φ3.5mmステレオヘッドホンジャック×1
消費電力 :155W
年間消費電力 :185kwh/年
省エネ達成率 :135%
待機電力 :0.5W
最大消費電力 :155W
動作環境 :温度:0~40℃(結露なきこと)/湿度:20~80%(結露なきこと)
本体寸法 :1241(W)×759(H)×241(D)mm(スタンド取付時)
本体重量 :約14.6KG
付属品 :リモコン(1)、リモコン用単四形乾電池(2)、miniB-CASカード(1)、スタンド(2)、スタンド用部品(ネジ 4)
電源コードの長さ:約1.5m
原産国 :中国
梱包寸法 :1365(W)×860(H)×160(D)mm
梱包質量 :約19.3kg


公式販売サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
タバコの煙をグングン吸い込み浄化・排出してくれる充電式スモークレス灰皿「ちょっと吸っトレイ2」
レノボ、スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を発売
かたまり肉を360度回転させながら焼くノンフライ調理もできるドーム型のオーブン
世界中どこにいても自宅に来た訪問者と話せるクラウド対応インターホン「SpotCam-Ring」
自宅がルーヴル美術館に大変身!家にいながらにして3万点以上の名画が鑑賞できる電子キャンバス






グリーンハウス、4万円台の4K/HDR対応49型液晶テレビを発売

gh-tv49b_01

グリーンハウスは、49V型の大画面で高画質な映像を楽しめる4K液晶テレビ「GH-TV49B-BK」を4月28日(土)より発売する。価格は4万9,800円(税別)。

今回発売する4K/HDR対応49V型液晶テレビ「GH-TV49B-BK」は、メイン基板に日本製ボードを採用し、低価格ながらも日本製ボードならではの色再現性やノイズ低減を向上、さらに高画質技術HDR(ハイダイナミックレンジ)対応により、明暗差の大きい映像でも、肉眼で見ているような高品質で美しい映像を実現、広視野角IPS式パネル採用の高品質モデル。

チューナーは、地上デジタル放送とBS/CSデジタル放送それぞれ2つ搭載したダブルチューナータイプなので、USB外付けハードディスクを接続すれば、番組表からの録画予約、視聴中の番組をダイレクトに録画できるだけでなく、裏番組の録画にも対応し、最大64番組の録画を予約できる。

また、HDMI入力は3系統を装備。HDMI1は音声出力も可能なARC(オーディオリターンチャンネル)に対応し、HDMI3は4K映像の入力と外部機器との相互コントロールが可能なCEC機能に対応している。

製品は4月28日(土)からゲオショップ100店舗で販売する。またゲオのECサイトGEO-MARTではより予約販売も実施する。

ゲオショップ
GEO-MART

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
かたまり肉を360度回転させながら焼くノンフライ調理もできるドーム型のオーブン
世界中どこにいても自宅に来た訪問者と話せるクラウド対応インターホン「SpotCam-Ring」
自宅がルーヴル美術館に大変身!家にいながらにして3万点以上の名画が鑑賞できる電子キャンバス
超便利!USBポートから直接充電が可能な「充電器不要!USB充電できる乾電池」
置くだけで冷却や加熱が自在に!専用カップも付属する「デスクトップ冷熱カップ」







ノジマから滑らかな動きが自慢の4K対応テレビ第2弾が登場

ac80f1b763

ノジマは、自社で企画・販売するプライベートブランド「ELSONIC」より、HDR10に対応した、55インチ/49インチ4K対応テレビを2018年3月末より発売する。販売価格は「ECC-TU49R3」が5万9,800円(税別)、「ECC-TU55R3」が7万9,800円(税別)。なお新生活特価として、予約開始から1か月間、ECC-TU49R3は5万3,800円(税別)、ECC-TU55R3は6万9,800円(税別)で販売する。

昨年11月に発売した第1弾は、想定を超える予約となり完売したことから、今回継続するにあたり、さらにより自然な立体感のある画質を可能にするHDR10を採用した。また、動きを滑らかに写し、フレーム間補正・ぶれ補正技術を新たに搭載した。

大画面テレビでは特に液晶の特性上、動きの速い映像や残像感が目立つことがあるが、フレーム間に映像を作り出すことで、より自然に近い映像として映し出すことができる。また、ぶれ補正を搭載したことにより、よりくっきりとした映像で見ることが可能となった。

録画機能として、レコーダーを繋ぐために必要なHDMI端子を3つ搭載し、また外付けUSBハードディスクにも対応している。ハブを使用することで、複数台を同時につなげて使用することができる。

大画面でゲームを楽しむ人向けに、ゲームモード搭載に加え、ゲーム用以外の画質設定でも低遅延が必要な場合は設定で低遅延モードにすることができるようになった。

昨年末に発売したステンレス風のハンサム家電、洗濯機・冷蔵庫・オーブンレンジに合わせ、ECC-TU49R3は、フレームの下部をステンレス風のデザインにしている。

また、ECC-TU55R3は前回のモデルに比べ、13mmボディをスリムにしたことで、壁掛けで使用する人にもおすすめのモデルとなっている。

ECC-TU49R3
ECC-TU55R3

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
シンプルで奥深いあのシューティングゲーム再来!カシオが80年代に一世を風靡したゲーム電卓を復活!
テスプロ、次世代AI音声翻訳機「Mayumi」を発売
24bit デュアルDAC搭載 aptX HD対応フルバランスワイヤレスアンプ「EarStudio」の展示を開始
ノジマ、ハイレゾ音源対応でメモリを内蔵するワイヤレスヘッドホンを発売
伝説の名器「TR-808」の音色を精密に再現。ライブ・パフォーマンスでも活躍する最新型リズムマシンが登場






ゲーム映像を4K解像度で録画、ストリーミングできる「Elgato Game Capture 4K60 Pro」を発売

index_pic_02

ソフトバンク コマース&サービスは、Elgato Systems(エルガトシステムズ)が開発した、「PS4 Pro」および「Xbox One X」などのゲームプレイ映像を4K解像度で録画、ストリーミングができる「Elgato Game Capture 4K60 Pro」を2018年2月16日に、Amazon.co.jpおよびSoftBank SELECTION オンラインショップで発売する。価格はオープンプライスで、SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格は4万9,190円(税込)。

「Elgato Game Capture 4K60 Pro」は、現行モデルの「Elgato Game Capture HD60 Pro」と同様、ゲームプレイ動画を簡単にシェアできる手軽さはそのままに、4Kの高解像度映像の録画やストリーミングができるキャプチャーボード。低レイテンシーテクノロジーでストリーム配信ができる新たな“インスタントゲームビュー機能”を搭載したことで、“内蔵ライブストリーミング機能”を使えばクリック一つでYouTubeなどの動画共有サイトをはじめ、TwitterやFacebookなどのSNSにゲームプレイ映像をアップすることができる。

さらに、“ストリームコマンド”を使用してウェブカメラやオーバーレイなどを追加すれば、シーンに合わせたストリームレイアウトをすぐその場で変更できるほか、“フラッシュバック録画機能”を使ってパソコン上で時間を戻し、録画ボタンを押すだけで時間をさかのぼって録画をすることもできる。

■製品仕様
インターフェース:PCIe x1/x4/x8/x16
入力:PlayStation 4、Xbox One、暗号化されていないHDMI
出力:HDMI(ラグのないパススルーに限る)
対応解像度:4K60、1080p60、1080p30、1080i、720p60、720p30、576p、576i、480p
サイズ:178×121×21mm
重量:270g
PC:Windows 10(64bit)
対応CPU:第6世代Intel Core i7CPU/AMD Ryzen7以降
ストリームコマンド:第2世代 Intel Core i7 CPU(i7-2xxxまたは同等)、NVIDIA Geforce GTX 10xx/AMD Radeon RX vega以上


製品詳細

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
干した洗濯物が自動で360度回転!「360度ソーラー回転ハンガー『くるくるカラりん』」
「プレイステーション4 Pro」、「グレイシャー・ホワイト」を2018年3月8日(木)より数量限定発売
ボイスレコーダーにもなるポケットサイズのフルHD小型カメラ「レンズが回転するポケットカメラ『マワッ撮る』」
LIXILとローランドが「音」にこだわったトイレ用音響装置を共同開
パナソニック、ノイズキャンセリング搭載でハイレゾ対応のワイヤレスステレオヘッドホンを発売




玄人志向より4K 60P/HDR映像信号対応のHDMIセレクター

krswhdr318ra_03

玄人志向は、4K 60P/HDR映像信号に対応し、HDR対応4Kテレビや4Kディスプレイに最適なHDMIセレクター「KRSW-HDR318RA」を2018年2月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5,000円前後(税別)。

HDCP1.4/2.2パススルー仕様により4K放送や4Kコンテンツ、UltraHDブルーレイの視聴にも利用可能だ。

■KRSW-HDR318RA製品概要
主な仕様:4K 60P/HDR対応 HDMI 3ポートセレクター
HDMI入力:3系統(タイプA)
HDMI出力:1系統(タイプA)
最大解像度:2160p
 ※3840/4096x2160 60p(YCbCr 4:4:4 8bit、4:2:2 12bit、RGB 8bit)まで
付属品:リモコン、ACアダプター、ゴム足


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
「プレイステーション4 Pro」、「グレイシャー・ホワイト」を2018年3月8日(木)より数量限定発売
ボイスレコーダーにもなるポケットサイズのフルHD小型カメラ「レンズが回転するポケットカメラ『マワッ撮る』」
LIXILとローランドが「音」にこだわったトイレ用音響装置を共同開
パナソニック、ノイズキャンセリング搭載でハイレゾ対応のワイヤレスステレオヘッドホンを発売
ソフトバンク コマース&サービス、個性を学習するパートナーロボット「ユニボ(家庭向け)」取扱い開始




JAPANNEXT、4K、HDMI 2.0、60Hz FreeSync 24型ワイド液晶ディスプレイ「JN-IPS240UHD」発表

czMjYXJ0aWNsZSM0NDkzNCMxOTYwOTUjNDQ5MzRfRGVMRG5lZWRDbi5qcGc

JAPANNEXTは、4K (UltraHD)、3,840×2,160ドット24型ワイド HDMI2.0 60Hz対応液晶ディスプレイ「JN-IPS240UHD」を発表した。2018年2月6日(火)より発売を開始し、2018年1月24日~2018年2月6日は発売前モニター特価販売セールとして2万9,970円で発売する。

本製品は、4K解像度に対応した液晶ディスプレイ。4Kとは、フルHD(1,920×1,080)の約4倍の作業領域を実現する3,840×2,160ドットの解像度。充実のインターフェースでHDMI2.0, HDMI1.4(2口)、Displayport(DP)合計4つのポートを搭載している。IPSタイプのAASパネルを搭載し、あらゆる角度から見ても色やコントラスト変化がおきにくい、画像を鮮明に映し出し、広視野角上下左右178°を実現している。

JN-IPS240UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
ハイレゾと3Dサウンドを楽しめる低音を生み出すデュアルチャンバー構造ハイレゾ対応HDSS搭載3Dイヤホン
大量のデータを高速で通信可能なUSB3.1(Gen1)対応USB TypeC - USB TypeAケーブル
スマホの充電ケーブルを楽々着脱。充電専用 マグネット変換アダプタ
ルームミラー一体型のドライブレコーダー。後方録画対応で前後同時に録画
長時間の装着でも苦にならない超軽量スマホ用VRゴーグル




JAPANNEXT、4K 60Hz Freesync 28型ワイド液晶ディスプレイ「JN-T2840UHD」発表

czMjYXJ0aWNsZSM0NDkzNCMxOTQ4MTcjNDQ5MzRfcG9ta3Nhdll6Si5qcGc

JAPANNEXTは、4K(UltraHD)3,840×2,160ドット28型ワイド HDMI2.0 60Hz対応液晶ディスプレイ「JN-T2840UHD」を発表し、2017年12月21日(木)より発売を開始する。価格はオープンプライスで、2017年12月21日~2018年1月11日は発売記念モニター特価販売セールとして3万4,980円で発売する。

本製品は、4K解像度に対応した液晶ディスプレイ。ブルーライト軽減モードを搭載し、フリッカーフリー設計で、身体への負担を軽減する。インターフェイスも充実しており、HDMI2.0、Displayport(DP)、DVI、VGAの合計4つのポートを搭載している。

10bitカラーパネルを採用しsRGBを100%カバー。画像をより鮮やかに、美しく、どんな場面でも忠実な色再現できる。画数ピッチを約0.16ミリ及び157PPIという高画数密度を実現し、どんな詳細も明確に、高精細な表示を実現できる。

60Hzのリフレッシュレートと2.5ms(最大)応答速度対応で、動きの速い描写の映像をなめらかに表現することが可能だ。さらにAMD freesyncに対応。映画やゲームなど楽しむ人に最適な環境を作り上げる。

マルチウィンドウ機能、PIP/PBPに対応し、画面を分割して最大4つの入力ソースを表示できる。スマートフォンの楽しみ方が広がるMHLにも対応している。4W×2のステレオスピーカーを搭載している。LEDバックライト採用により、大幅な省電力を実現し、標準で消費電力を35Wに抑えている。バックケースはブラックとなる。

JN-T2840UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ACアダプタドック不要でNintendo Switchをテレビ出力するNintendo Switch用HDMI変換アダプタ「ACアダプタいら~ず」
サンコー、糖質を33%カットする「糖質カット炊飯器」を1月31日に発売。12月15日より先行予約開始
最大80℃の熱水でイヤなニオイをカット&除菌!全自動小型熱水洗濯機「ニオイウォッシュ」
居眠りやわき見運転をすると音と日本語メッセージで警告する「居眠り&脇見運転警告システムアイキャッチャー」
オンラインゲームやサバイバルゲームに最適な咽喉マイク




NTTレゾナント、高精細・広視野角パネル搭載のDOSHISHA「32型4K液晶ディスプレイ」を発売

_prw_PI1im_gp7bPL71

NTTレゾナントは、オンラインストア「NTT-X Store」において、2017年11月29日(水)15:00から、精細で広視野角のAHVAパネルを搭載したDOSHISHA「32型4K液晶ディスプレイ OD4K-32B1」の先行予約受付を開始する。価格は3万6,980円(税抜)。

今回開発した32型4K液晶ディスプレイは、上下左右の視野角がそれぞれ178°の広視野角AHVAパネルを採用。どの角度から見ても精細感のある4Kコンテンツを楽しむことができる。

本製品には、複数の入力を同時に表示できる「マルチウィンドウ機能」を搭載。任意の入力を選んで最大4つの分割表示が可能だ。またメイン画面の中に子画面を表示する「ピクチャーインピクチャー(PIP)機能」にも対応。株価指数を見ながらレコーダーの録画番組を視聴、同時にパソコンでWebブラウジングを楽しむなど、4K高精細画質ならではの使い方で楽しめる。

また、画面のちらつきを防止する「フリッカーフリー」設計、動きの速い映像に適した「オーバードライブ機能」を搭載し、ゲーム等の用途にも使用可能。その他にも映像に合わせてコントラストを調整する「ダイナミックコントラスト機能」や、映像の解像感を調整する「超解像機能」等、様々な機能を搭載している。

端子部は、4K60pに対応したDisplayPort端子とHDMI端子3系統(内1系統は4K60p)をはじめ、VGA端子(アナログ音声入力端子付き)1系統を備え、入力インターフェースも充実。本体のチルト調整が可能で、VESA規格の壁掛けにも対応しており、サイネージモニター等様々な環境でも活用可能だ。

OD4K-32B1

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
パワフル洗浄&脱水の二槽式洗濯機。サブでもメインでも使えて便利な小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」2
手も足も暖かい ソファでも使える自分だけのこたつ「手まであったかいお一人様用こたつ」
Anker、音質に加え、防水・防汗性能も進化した、カナル型Bluetoothイヤホンのプレミアムモデルを発売
寒い冬に大活躍!フワッと軽いUSBで即暖ヒーターライトジャケット
サンコー、パーソナル加湿&空気清浄機「エアクリーンネックバンド」を発売






日本エイサー、4Kパネルを搭載したHDR10対応の31.5型4Kディスプレイを発売

01

日本エイサーは、4Kパネルを搭載したHDR10対応の31.5型4Kディスプレイ「ET322QKwmiipx」を2017年11月10日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5万5,000円前後(税別)。

本製品は、フルHD(1920×1080)の4 倍の画素数、4K の解像度(3840×2160)を実現する最新高性能パネルを採用。大画面の隅々まで色鮮やかな映像を楽しめる。

明暗の差をダイナミックに表現できるHDR10 対応のAcer HDR Ready 搭載により、輝度の幅が拡大。高コントラストで、より実物に近い色味を再現し、臨場感溢れる映像を楽しめる。対応する家庭用ゲーム機でもHDRの映像美を楽しむことができる。

従来の「レッド」(R)、「グリーン」(G)、「ブルー」(B)の3 色に加えて、「シアン」(C)、「マゼンタ」(M)、「イエロー」(Y)を加えた6 色でカラーマネージメントができる「6軸カラー調節機能」を搭載。より実物に近い、忠実な色再現が可能だ。

4K 放送視聴に必要なHDCP2.2 対応のHDMI2.0 端子を備えているため、対応チューナー接続で簡単に高解像度の4K 放送を楽しめる。入力端子は2 系統搭載しているので、ゲーム機やAV 機器をそれぞれに接続しておけば、表示を切り替えて使用できる。

黒が締まった力強い映像を楽しめるVA パネルを搭載。斜めから見ても映り込みが少なく、長時間の視聴でも目の疲れを感じにくい、178°の広視野角対応の非光沢パネルを採用している。

また同時表示機能搭載で、2つの画面を1台に同時表示させることが可能。サブ画面表示で気になるテレビ番組を見ながらの作業や、2 つの資料を並べながらの作業ができる。31.5 型の大画面ならストレスなく利用シーンに合わせた活用ができる。

このほか、液晶ディスプレイのLED バックライトは輝度調節のために目に見えない速さで明滅(フリッカー)を採用。フリッカーは目には見えないが、目の疲れや不快感、頭痛等の症状を引き起こす原因になると言われている。本製品はフリッカーレス・テクノロジーを搭載しており、フリッカーが発生しないようになっている。ブルーライトを軽減する機能を搭載しており、目の疲れや肩こりの原因になると言われているブルーライトを大幅に抑えることができる。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Anker、音質に加え、防水・防汗性能も進化した、カナル型Bluetoothイヤホンのプレミアムモデルを発売
寒い冬に大活躍!フワッと軽いUSBで即暖ヒーターライトジャケット
サンコー、パーソナル加湿&空気清浄機「エアクリーンネックバンド」を発売
軽量&小型でも機能は十分。乾電池でも動き、返し縫いができる「返し縫いできるコンパクトミシン」
テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」



JAPANNEXT、27型ワイド 4K液晶ディスプレイ HDMI 2.0 HDCP2.2 60HzFreeSync「JN-IPS2700UHD」を発表

44934_MSJkJYpqBd

JAPANNEXTは4K IPSパネル 27型ワイド FreeSync HDMI2.0 / 60Hz HDCP2.2対応液晶ディスプレイ「JN-IPS2700UHD」を発表し、2017年9月11日(月)より発売を開始する。なお、2017年9月11日~9月21日はモニター特価販売セールとして3万4,444円。

本製品は、4K解像度に対応した液晶ディスプレイ。4Kとは、フルHD(1920×1080)の 約4倍の作業領域を実現する3840×2160ドットの解像度となる。充実のインターフェースで HDMI 2.0 x 2, Displayport(DP) x 2、合計4つのポートを搭載している。10bitカラー パネルを採用し、sRGBを100%カバーしている。画像をより鮮やかに、美しく、どんな場面 でも忠実な色再現できる。

画数ピッチを約0.15ミリ及び163PPIという高画数密度を実現し、どんな詳細も明確に、高精細な表示を実現可能。目に優しい低ブルーライトモードを搭載し、フリッカーフリー設計で、身体への負担を軽減してくれる。

ゲーマーのために、AMD FreeSync対応に3つのゲームモード機能搭載。HDCP2.2 対応でパソコンのみならず、4K対応メディア配信サービスが楽しめる。5Wx2のステレオスピーカーを搭載し、映画やゲームなど楽しむ方に最適な環境を作ってくれる。LEDバックライト採用により、大幅な省電力を 実現し、消費電力を36Wに抑えている。筐体はブラックの1色のみ。

JN-IPS2700UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
80年代を代表するローランド初のフルデジタル・シンセサイザー「D-50」を再現
欲しい時にすぐ氷が作れる 場所を取らない最小クラスの小型高速製氷機
Androidスマホ、Windowsパソコンの両方で使えるカメラ先端径5.5mm径内視鏡
Lightning端子に接続する超小型シェーバー「ポケット髭剃り for iPhone」
全世界2000台限定!リコー、35mmフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1 Limited Silver」発売へ




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ