ITライフハック

7インチ

iPad AirやiPad mini向けのフレキシブルアームスタンド~週末こぼれネタ~

※画像の備品は商品に含まれません。

通常の記事更新では扱わないような製品を紹介する週末こぼれネタ。本日は、枠の関係で紹介したかったんだけどできなかったタブレット用のフレキシブルアームスタンドを紹介しよう。iPad Air/iPad miniなど、7インチ~11インチサイズのタブレット向いている。


続きを読む

意外と多いタブレットでも使える機器 強化関連グッズを使ってより便利にタブレットを活用しよう!



2012年は、それまでiPadだけが目立っていたタブレット市場に、7インチや10インチのAndroidタブレットが続々と投入され、いわばタブレット普及元年とでも言える年になった。スマホと違ってタブレットはディスプレイのサイズが大きく見やすいのでWebの閲覧、メールのやり取りといったことがスマホよりも適している。2013年は、所有しているタブレットをより便利に使い倒すことを考えたい。

たとえばキーボードが使えたら? モバイルバッテリーでバッテリー切れの心配を解消、といった感じで便利に活用できる方法を考えると、Bluetoothキーボードやスタンドといったグッズと組み合わせることで、より便利に使い倒すことができるようになる。特にBluetoothキーボードなどは、スマホや別のタブレット等にも使い回すことができるので、買っておいて損はないと思われる。ということでイケショップの連載記事で紹介してきた「タブレット関連グッズ」をまとめたので参考にしてもらいたい。

続きを読む

Amazonの7インチタブレット発売! Kindle Fire HDが日本で成功するポイントを考えてみる【デジ通】



Amazonの7インチタブレット端末「Kindle Fire HD」が当初の予定を繰り上げ本日、12月18日より販売される。電子ペーパーを搭載している「Kindle Paperwhite」とは異なり、カラーの液晶画面で動画なども楽しめるAndroid端末である。先行して販売されているアメリカと日本では提供されるコンテンツの状況が異なるため、同サイズのデバイスに比べ、単に安いと言うだけで選ばない方がいいだろう。


続きを読む

これはガラ端末か!?BIGLOBEの新タブレットに潜む危険性【ITフラッシュバック】

NECビッグローブ 取締役執行役員常務 古関義幸氏


注目記事を振り返る「ITフラッシュバック」では、BIGLOBEのAndroid端末「Smartia」をピックアップしよう。なぜAndroidを採用したのか、どうしてサービスとハードを一体化することとなったのかを解説していく。

PCを買ってプロバイダーと契約して、インターネットに接続する。PCを買い替えれば、また最初から設定をし直す。しかし、初心者にとって、このような設定は難しい上、何か問題が発生した時に対処できない。

NECビッグローブ 取締役執行役員常務 古関義幸氏は、「PCはユーザーが買って、ユーザーが管理するため、ネットワークやサービスの設定、使い方の説明までは手が出せません。しかし、ユーザーからは設定の仕方が分からない、メールの使い方が分からない、PCを買い替えたらつながらなくなったという声が寄せられてくるのです」と説明する。

そこで黎明期からインターネットのサービスを20年近く行なってきたBIGLOBEならではのノウハウが生かされてくる。端末にサービスを入れて提供することで、ユーザーのハードルが低くなるのだ。

続きを読む

プレゼントに最適!カラフルなフォトフレームが登場



デジタルカメラで撮影した写真を手軽に楽しめるデジタルフォトフレームは、あらかじめ画像を入れて、家族や友人へのプレゼントとしても注目を集めているデジタルガジェットだ。そんなデジタルフォトフレームに、カラフルな製品が登場した。

グリーンハウスは2010年8月23日、高解像度7型ワイド液晶搭載デジタルフォトフレーム「GHV-DF7D」シリーズとして、カラフルな2トーンカラーモデルを9月上旬より発売すると発表した。
価格は、いずれもオープンプライス。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ