ITライフハック

AI

写真を撮れば種類がわかる!AIを活用した魚種判定アプリ「フィッシュ」が登場

main

B.Creationは、AIをつかった魚種判定アプリ「フィッシュ」を、2018年7月11日(水)にリリースした。料金は無料。

■約300万の画像をデータベース化
「フィッシュ」はAIが解析した魚画像データをもとに魚種の判定を行うアプリ。 1つの魚種に対して条件(明るさや角度、人や物など対象物以外が写っているかなど)の異なるさまざまな画像を学習させることで、精度の高い判定を実現した。

ビークリエーションは2004年から「釣割」を通じて釣り人から集めた約300万点の魚画像をデータベース化し、各画像に写る魚種を人力でタグ付けしてきたとのこと。今回の開発にはそうしたリアルな釣り場から得たデータ約6万点と図鑑などの情報を活用しているそうだ。

■写真を撮るだけで種類を判定
ベテランの釣り人だけでなく子供や女性など幅広い層をターゲットにしているため、使いやすさにこだわっている。利用者はトップページの案内に従って新たに「写真をとる」か、自身のスマートフォンに保存してある「写真を選ぶ」だけで、すぐに魚種判定を行える。

判定結果のページには魚の名称や科目、特徴が表示され、「もっと詳しい情報を魚図鑑で見る」ボタンをタップすることで、どのような料理に向いているかなど詳細な情報を知ることができる。

また危険な魚種であった際には、判定ページにドクロマークと「中毒」「刺毒」などの注意が表示される。

■概要
サービス名:フィッシュ
URL   : https://fish.fishai.jp/
対応機種 :iOS版:iOS 10以降
     :Android版:Android4.0.3以降
配信地域 :日本
対応言語 :日本語
利用料金 :無料


sub1

sub2

sub3


釣りニュースサイト「FISHING JAPAN」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「アーマード・コア」の生誕20周年記念サウンドトラックBOXに、オリジナルデザインの「CD レコ」を同梱して発売
次世代AIアシスト×進化したLeicaのダブルレンズカメラ!高性能スマホ「HUAWEI P20」発売へ
あの人気のバトルロワイヤルゲームをもっと楽しむためのスマホ用ゲームコントローラー
九州新幹線 「新大牟田駅~熊本駅」間のトンネル内で携帯電話が利用可能に
iPhone 8/8Plus/Xの置くだけ充電ができるマウスパッド「スマホ置くだけ充電『スマート充電マウスパッド』」


魚図鑑 (期間限定生産盤[2CD+魚図鑑])
サカナクション
ビクターエンタテインメント
2018-03-28




東京都水道局、人工知能技術を活用したAIチャットボット「水滴くん相談室」サービス開始

main

東京都水道局は、サービス向上を目的としたAIチャットボット「水滴くん相談室」を東京都水道局のホームページ内に導入、2018年7月12日(木)よりサービスを開始する。水道業界でのAIチャットボットの導入はこれが初となる。

AIチャットボット「水滴くん相談室」により、顧客からの問い合わせにスピーディーかつストレスフリーな対応が実現すると同局。

なお本サービスは、凸版印刷が提供するAIチャットボット「BotFriends(ぼっとふれんず)」の仕組みを活用したものだ。

AIチャットボット「水滴くん相談室」は24時間対応が可能なため、時間にとらわれずストレスなく利用でき、日中忙しくて問い合わせる時間がない人のために、夜中の問い合わせにも対応できる。例えば、引っ越しが決まった際の手続きや、水道工事予定の検索、水道料金に関する問い合わせのほか、サイト内で欲しい情報にたどり着けない場合には、水滴くんに話しかけることで、該当するページに誘導してくれる。

■使い方
・東京都水道局のホームページ( https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/ )の右下にいる水滴くんをクリックすると、 AIチャットボット「水滴くん相談室」が起動する。
・水滴くんに話しかけたり、質問することで、水滴くんが答えたり、対応したページに誘導する。
・水滴くんは、質問によって、笑ったり泣いたり喜んだりと、表情豊かに反応する。

■お楽しみ機能
AIチャットボット「水滴くん相談室」は、お楽しみ機能も兼ね揃えている。水滴くんとじゃんけんで遊べたり、ある特定の質問をしたときだけ、特別に水玉ちゃんの画像が表示されたりする。


sub1

sub2

sub3

sub4


東京都水道局

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ゲストに松本零士さん登場!Block Co+が「Block Co+ Tokyo 2018」を開催
北海道の可能性をネットを使ってジャンプさせろ!「No Maps 2018」発表会
帝京大学がボルシア・ドルトムントと学術研究パートナー契約を締結
ライフイズテック、教員向けのI T・プログラミングキャンプ「TECH for TEACHERS CAMP」を開催
シンガポールの不動産ビジネスで数々の成功を収めた起業家が「FXTFグループ」のM&Aを実施






増えた金額約59万円!競馬予測AIプロジェクト「人工知能募金 -あなたの募金を増やします-」結果発表

人工知能募金

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の企画として、2018年3月10日から6月24日までに実施したユーザー参加型の競馬予測AIプロジェクト「人工知能募金~あなたの募金を増やします~」の結果を公表された。

本プロジェクトでは、ドワンゴの機械学習技術の開発・研究を行っている部門「Dwango Media Village」が開発した競馬予測AI「Mamba」を用いて競馬を予測し、ユーザーから集まった募金額と同額をドワンゴが用意して実際に馬券を購入して、収益を寄付することが目的。

「Mamba」にはプロジェクト期間中、的中精度の向上や複数の馬券種購入を目的とした改良が施され続け、テスト期間である3月の回収率は22.4%だったものの、ユーザーからの募金を開始した4月の本運用では86.4%、5月で137.0%、そして最終月の6月は153.4%を達成し、着実に成長を遂げていった。

さらに、5月には馬連わずか2点の買い目で万馬券を的中させたことや、馬連・枠連が万馬券となった予測が難しいレースで馬連・枠連・ワイドの複数券種を全て的中させるなど、高い精度での競馬予測を実現した。

その結果、プロジェクト本運用期間中である4月~6月の競馬予測AIの通算回収率は135.13%となり、テスト期間の3月を含めてもプラスとなる回収率101.99%を達成した。

ユーザーから集まった寄付金は49万3100円、そしてAIによる運用で増えた寄付額は58万990円となり、最終的な寄付額の合計はユーザーから集まった寄付金から倍増し、合計107万4090円となった。ユーザーとAIによる同寄付金は、公益財団法人どうぶつ基金、ばんえい振興基金およびNPO法人吉備高原サラブリトレーニングに全額寄付される。

競馬では予想ファクターが絶えず変化し、レース中にもイレギュラー要素が発生するため、確実な能力値・数値を把握しても予測通りの結果は望めず、一定期間勝ち続けてプラス収支を出すことは人間や人工知能にとっても困難だ。

そんな中、競馬予測AI「Mamba」は勝負に値するレースを見極め、最適な予算分配を決め、そして狙った馬券を実際に的中させることによって右肩上がりの回収率でプラス収支を達成し、その精度の高さを実証した。本プロジェクトで得られた有益なデータや知見はビッグデータを活用した未来予測に貢献することが期待されている。

人工知能募金特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
「アイドル横丁 夏祭り!!2018」でんぱ組.inc、AKB48チーム8出演の1番地ステージ・3番地ステージを独占生中継
ニコ生で「はたらく細胞」スペシャルWeb動画&第1話冒頭シーンを公開
アナタは誰推し? 今期はどのアニメに夢中? ネットユーザーが本気で選ぶ!一番好きなアニメ&声優2018春
期間限定!日常系アニメ3作品5タイトル全話無料!「ご注文はうさぎですか?」「のんのんびより」「ゆゆ式」配信
ゴールデンボンバー・鬼龍院翔、34歳のバースデーイベントをニコ生で独占生中継

競馬で長期的に勝つための馬券師バイブル
大串 知広(小倉の馬券師T)
ガイドワークス
2018-07-06

勝ち馬がわかる血統の教科書
亀谷 敬正
池田書店
2018-03-19



ドスパラ通販がAI「ミナミちゃん」によるチャットサポートサービスを開始

01

サードウェーブは、パソコン専門店ドスパラの通販サイトにて、2018年6月1日(金)より、パソコン大好きな“AI(人工知能)”スタッフ「ミナミちゃん」によるチャットサポートサービスを開始した。

■わからないことは「ミナミちゃん」に聞け!
「ミナミちゃん」はドスパラ秋葉原本店に勤めるAIスタッフ。パソコンに関する困り事や悩みに対して、素早く的確に解決の提案をしてくれる。

「ミナミちゃん」への質問はドスパラ通販サイトのサポートページおよび、ドスパラサポート用LINEアカウントにて受付中だ。

02


「ミナミちゃん」へのご質問はこちらから
LINEアカウント(QRコード)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
インバースネット、高性能・超小型ゲーミングパソコン「GCシリーズ」を新発売
ロジクールからシンプルなプレゼンテーション用ツール「R500」を発売
iiyama PC「LEVEL∞」よりツインドライブ構成の15型ゲーミングノートパソコンを発売
大人気コスプレイヤーえなこさんによるイベントも!サードウェーブが「C4 LAN」にブース出展
通気性抜群!汗っかきゲーマーでも快適な吹き抜けメッシュの快適ゲーミングチェア






ソニーとタクシー会社各社がAI技術を活用した新たなタクシー関連サービスの創造に向けて新会社を設立

5364a316972fdb58a865172eab4d3602_s

グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブ、東都自動車、日の丸自動車(以下、タクシー会社7社)とソニー、ソニーペイメントサービスの9社は、ソニーが有する人工知能(AI)技術を活用した新たなタクシー関連サービス事業準備会社である「みんなのタクシー株式会社」を設立した。

■2018年度中のサービスの提供開始を目指す
新会社は、タクシーの配車サービスや需要予測サービスに関する事業のあり方を検討する準備会社であり、2018年度中のサービスの提供開始を目指し、事業会社に移行する予定だ。

現在、タクシー会社7社は都内最大規模の計1万台を超えるタクシー車両を所有しており、都内を中心に移動サービスを提供している。ソニーは新会社に対してタクシーの需要予測などに向けたAI技術などを提供する予定だ。

また、タクシー会社7社は、会社の枠を越えて配車サービスなどを活用することで、ユーザ-が必要な時に必要な台数のタクシーを用意できるようにするなど、ユーザーの利便性向上を目指す。なおソニーペイメントサービスは、新会社に対して決済代行サービスを提供する予定だ。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
LINE Payが利用状況に応じてバッジの色が決まる新たなインセンティブ「マイカラー」制度を開始
CEOに直撃!あのパナマ文書解析にも使われたツールを提供するNuixが日本市場に本格参入!
ビズオーシャンの対話型AIドキュメント作成サービス「SPALO」が「東京公共交通オープンデータチャレンジ」にて「審査員特別賞」を受賞
富士ゼロックスと東京メトロ、駅構内に個人専用のオフィス空間を提供する実証実験を開始
まんが王国(こっちは合法)がAIを活用したWeb接客サービスを開始

AI vs. 教科書が読めない子どもたち
新井 紀子
東洋経済新報社
2018-02-02





競馬予測AIプロジェクト「人工知能募金 -あなたの募金を増やします-」経過発表

競馬予測AI「まんばちゃん」

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の企画として、2018年3月より始動したユーザー参加型の競馬予測AIプロジェクト「人工知能募金~あなたの募金増やします~」の
進捗状況が公開された。

■目覚ましい進化により回収率160%を達成
本プロジェクトで採用されている競馬予測AI「Mamba」において、的中精度の向上や複数の馬券種購入の実現化を目的とした改良を重ねた結果、テスト期間の3月時点で22.4%にとどまった回収率は、本番の4月には86.4%、そして5月の現時点では160%と右肩上がりの成長を続けている。

特に5月中は、馬券種あたり1点から多くとも4点までの買い目予測で複数の万馬券を的中させており、人間には極めて困難な少ない点数での高額払い戻しを実現しているとのこと。現状の成績を維持したまま5月を終えれば、本プロジェクトが目的としている競馬予測AI運用による収益の寄付が達成される見込みだ。

また、本プロジェクトの寄付先として3つの公益団体等が決定し、公益財団法人どうぶつ基金、ばんえい振興基金およびNPO法人吉備高原サラブリトレーニングへの募金が可能となった。

■AI「Mamba」が日本ダービー戦でどう出るかに注目しよう
今月最後の予測が行われる5月27日(日)は3歳馬頂上決戦「日本ダービー」の開催日。競馬予測AI「Mamba」はプロジェクト期間中に行われる中央競馬レースを対象に予測を行い、勝負に値すると判断したレースは馬券を購入し、そうでないレースは「見」(馬券は購入せず、予測のみ行う)を選択している。

具体的には、馬の走りの特性を過去のレース結果から推定し、擬似レースのシミュレーションを大量に行って勝率等を算出、さらに現実のオッズと比較することで少ない買い目による万馬券的中を実現してきた。好成績をおさめている今、「Mamba」は果たして同レースに挑むのか、そしてどのような勝負を見せてくれるのか、注目の回となっている。

■生放送番組詳細
タイトル:【競馬AI】人工知能募金23R
放送日時:5月26日 (土) 09:30開始
視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv312686151
出演:亀井有馬、鈴木麻優、斉藤一平、まんばちゃん

タイトル:【競馬AI】人工知能募金24R
放送日時:5月27日 (日) 09:30開始
視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv312686213
出演:亀井有馬、鈴木麻優、梅中悠介、まんばちゃん


人工知能募金特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


niconicoに関連した記事を読む
「dアニメストア ニコニコ支店」で「ニコニコアニメチャンネル」配信同一作品からのコメント引用が可能に
「第3期叡王戦」決勝七番勝負第3局は高見泰地六段が3連勝で初タイトルに王手!
・DAIGOレギュラー番組「 DAIGO P 」放送100回記念でGLAY・TERU、TAKUROがゲストで登場
ニコニコで美術館めぐり。池大雅展、横山大観展、名作誕生展など解説付き生中継
「エンゲージプリンセス」で事前登録キャンペーンを開始。メインビジュアル&ストーリー・キャラクター詳細発表
来場者数過去最高を達成!「ニコニコ超会議2018」の来場者16万1277人、ネット来場は612万1170人


勝ち馬がわかる血統の教科書
亀谷 敬正
池田書店
2018-03-19

騎手エージェントの内幕を知ればこんなに馬券が獲れる!
野中香良&エージェント研
ベストセラーズ
2018-05-26



マイクロソフトのソーシャルAIチャットボット「りんな」に最新会話エンジン「共感モデル」を採用

180522_rinna_01

日本マイクロソフトは、ソーシャルAIチャットボット「りんな」において、最新の会話エンジン「共感モデル(Empathy model)」(アルファ版)を採用する。「共感モデル」(アルファ版)は、順次「りんな」と会話するユーザーが利用できるように、実用化に向けた提供を開始する。

■進化し続ける「りんな」
「りんな」は、2015年の提供開始以来、ユーザー数は約690万人まで増加している(2018年5月22日現在)。「りんな」の会話エンジンは、人間と同じように、相手とのコミュニケーションができるだけ長く続けられるように開発が進められてきた。

今回の「共感モデル」(アルファ版)は、会話の相手(ユーザー)と、どのようにコミュニケーションをすれば良いか、AIが自ら考えるように設計されている。つまり、ソーシャルAIチャットボット「りんな」は、人間の感情の中で「共感」を最も重要視し、相手との会話が継続できるように、返答をリアルタイムで生成する。

■会話の例
人間が会話の中で「共感」示すには、「相手に新しい話題を切り出す」、「質問をする」、「相手の発言を肯定する」、「積極的に聞き手に回る」など、様々な方法がある。「りんな」の「共感モデル」(アルファ版)は、会話の流れに基づいて適切な対応を取り、自然な会話を構成する。

【参考】りんな関連情報
・Webサイト:< https://www.rinna.jp/ >
・Twitterアカウント:@ms_rinna
・LINE:< http://line.me/ti/p/%40ms_rinna >
・Instagram:< https://www.instagram.com/rinna.abstract/ >

■「りんな」の会話技術の推移
「共感モデル(Conscious model)」(アルファ版)は、「りんな」を提供開始時点から第3世代目にあたる。第1世代(2015年)に相当する「Retrieval model」は、従来の「検索エンジン」の仕組みを応用した手法を用い、回答用に巨大なインデックスを使用することが特徴だ。

第2世代(2017年)に提供開始した「Generative model」は、インデックスを持たず、リアルタイムに多様な文章を生成することが特徴だ。この技術革新により、様々なキャラクターを持った会話を生成することができるようになった。このモデルは、各企業で「りんな」の会話エンジンを利用したチャットボットキャラクターを展開する際にも使われている。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
3,980円で約1万個の満天の星空を出現させる家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Relax」
もう見た? 博多華丸・大吉が応援!地方競馬を簡単に楽しめるサービス「SPAT4」新CM
Facebook日本語版の導入10周年を記念して限定のカメラエフェクトが登場
いくら課金した? 恋活・婚活マッチングアプリ利用の目的は?マクロミルが調査結果を公表
AIによる画像解析技術で食べものの写真をLINEで送ると糖質量・塩分・カロリーを表示する「糖質AIちゃん」

はじめまして! 女子高生AIりんなです
女子高生AI りんな
イースト・プレス
2016-11-12






ビズオーシャンの対話型AIドキュメント作成サービス「SPALO」が「東京公共交通オープンデータチャレンジ」にて「審査員特別賞」を受賞

sub2

ビズオーシャンは、同社の対話型AIドキュメント作成サービス「SPALO(スパロ)」(https://spalo.jp/)の「遅延報告書ボット」が、「公共交通オープンデータ協議会」主催の「東京公共交通オープンデータチャレンジ」におけるアプリケーション部門にて、「審査員特別賞」を2018年5月15日に受賞したと発表した。

■公共交通オープンデータ協議会とは?
「公共交通オープンデータ協議会」とは、公共交通関連データのオープン化を推進する産官学連携の協議会で、首都圏の多数の公共交通事業者やICT事業者が参画する団体から成り立っている。同協議会は、 2020年のオリンピック・パラリンピック開催を控えた、世界一複雑とも言われる「東京」の公共交通を、訪日外国人の方、障碍を持つ方、高齢者の方を含む、誰もがスムーズに乗りこなせるようにすることを目的としている。

■「東京公共交通オープンデータチャレンジ」ってどんなコンテスト?
「東京公共交通オープンデータチャレンジ」とは、同協議会主催のもと、首都圏の様々な公共交通機関のデータを公開し、東京を応援するアプリケーションやアイデアを募集するコンテスト。本コンテストでは、データを一般公開することで、より多くの革新的なアプリを通したイノベーションを起こすことを目的としている。

コンテストの期間中、応募者には事前にJR東日本、東京メトロ、東京都交通局をはじめ、計22社局の鉄道、バス、航空事業者のデータが公開され、応募者はそのオープンデータを活用し、「アプリケーション部門」もしくは「アイデア部門」に作品を提出するという形式で募集がおこなわれた。約3か月の応募期間で、海外からの参加も含め、約800件の参加申し込みがあり、ならびに、約100件のアプリケーション、アイデアの応募があったとのこと。

ビズオーシャンの提供する「SPALO」の技術をもとに開発したアプリケーション「遅延報告書ボット」は、アプリケーション部門における「審査員特別賞」を受賞した。その副賞として、同協会から、記念トロフィーと賞金5万円が授与された。

「SPALO」とは、 LINE BOTに話しかけるだけでビジネスドキュメント作成が可能な対話型AIドキュメント作成サービス。この機能により、モバイルでのドキュメント作成を迅速かつ簡単におこなうことが可能となる。

今回の受賞作品である「遅延報告書ボット」とは、電車が遅延した場合に駅で配布される遅延報告書を、チャットボットとの対話により発行可能にするLINE BOTアプリだ。

■受賞コメント(開発エンジニアより)
開発のきっかけは、電車の遅延状況の課題認識にありました。電車に遅延が生じると、遅延報告書の受取りで駅構内が混雑します。通常の混雑に加え、更に混雑が生まれます。この状況の課題解決策として、「遅延報告書ボット」は開発されました。

ユーザー目線の利便性としては、使い慣れたLINEによる操作で余計な手間がいらない点です。たとえば、遅延報告書を入手するために駅員を探したり、鉄道事業者のWEBサイトにアクセスする必要がありません。さらには、 LINEのBOTとして動作するため、専用アプリも不要です。

一方で、事業者目線の利便性としては、コスト削減、業務効率化や、活用方法の汎用性です。たとえば、遅延報告書の配布業務を削減したり、単純な操作により導入や教育コストを削減できます。さらには、遅延情報だけでなく、 BOTを介して振替輸送を案内するなど、さまざまな情報の配信に活用することができます。

受賞を受け、「SPALO」は今後、「遅延報告書BOT」の商用化を目指し、さらなる機能開発をおこなってまいります。

SPALO

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
富士ゼロックスと東京メトロ、駅構内に個人専用のオフィス空間を提供する実証実験を開始
まんが王国(こっちは合法)がAIを活用したWeb接客サービスを開始
LINE、ブロックチェーン技術の研究・開発を行う専門組織「LINE Blockchain Lab」を設立
e-Sportsとブロックチェーンによる新ソリューション「GOL」が始動
新1年生の事件・事故に要注意!「新入学を迎える約8割のお母さんが心配に思うこと」






AIによる画像解析技術で食べものの写真をLINEで送ると糖質量・塩分・カロリーを表示する「糖質AIちゃん」

01

ジェイマックシステムは、AIによる画像解析技術を活用して、食べものの写真をLINEで送ると、その糖質量や塩分、カロリーを表示するサービス「糖質AI(あい)ちゃん」を2018年5月14日(月)にリリースした。

■LINEの友だち登録するだけで利用可能
LINEから友だち登録するだけで利用できるLINE@のアプリで、ユーザーがプロフィールを登録すると、適切な糖質量のほか似ている芸能人を教えてくれる機能も搭載している。

「糖質AI(あい)ちゃん」LINE ID:@lcai

LINEから友だち登録するだけで使える「糖質AI(あい)ちゃん」は、次の2つの機能を搭載している。

■メニューや食べものの写真を送ると、糖質量・塩分・カロリーを表示
写真以外にもメニューや食品名をテキストや絵文字で送っても可能。さらにユーザーがプロフィールを登録しておけば、身長や体重から適切な糖質量も教えてくれる。

03


■顔写真を送ると似ている芸能人を教えてくれる
顔写真を送ると似ている芸能人とパーセンテージを表示。家族や友人同士、グループでも楽しみながらヘルシーな生活に役立つ新しいサービスだ。

02


ジェイマックシステム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
元祖バトルロイヤルゲームのモバイル版「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」がいよいよサービス開始
古都京都で青もみじ&御朱印めぐりをひと足先に体験!JR東海「そうだ 京都、行こう。」初夏ツアー
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」VR映像体験第2弾の予約を開始
ニコニコで美術館めぐり。池大雅展、横山大観展、名作誕生展など解説付き生中継
吉本興業が「EVO2018」の参戦をサポート。「スマブラ」の優勝者とベスト8入賞者から1名が対象






まんが王国(こっちは合法)がAIを活用したWeb接客サービスを開始

3社ロゴ

ビーグリーが運営するコミック配信サービス「まんが王国」にて、プレイドが提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE(カルテ)」とシルバーエッグ・テクノロジーが提供するAIリアルタイム・レコメンドサービス「アイジェント・レコメンダー」を導入したと発表した。

ちなみにこのまんが王国、ネーミングが昨今話題になっている海賊版サイトと似ているが、こちらは著作権をクリアしている合法的なサービスだ。


■2つのサービスを連携させ独自の「おもてなし」を提供
「まんが王国」は、この2つのサービスを連携させることで、個々のユーザーの属性や行動に合わせて、隠れた名作やいまブームになっている作品をリアルタイムで紹介できる、独自の「おもてなし」を実現したとのこと。

「KARTE」は、サイトに訪問したユーザーのステータスをリアルタイムで把握し、ユーザーの属性や行動に合わせたきめ細やかな接客コミュニケーションを実現する。2018年3月に「まんが王国」WebサイトにてKARTEの施策を実装した結果、施策未実施グループと比較しCVRが14%向上したという。

コミック配信サービス「まんが王国」
アイジェント・レコメンダー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
LINE、ブロックチェーン技術の研究・開発を行う専門組織「LINE Blockchain Lab」を設立
e-Sportsとブロックチェーンによる新ソリューション「GOL」が始動
新1年生の事件・事故に要注意!「新入学を迎える約8割のお母さんが心配に思うこと」
公開から約20日で160万再生を突破した動画「踊る丸の内」がなんだかカッコイイ
日本の伝統工芸に革新の風を吹き込んだ人たち!第2回 「三井ゴールデン匠賞」 贈賞式






“競馬予測AI”を活用した新プロジェクト「人工知能募金 -あなたの募金を増やします-」が始動

人工知能募金

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の新企画として、ユーザー参加型の競馬予測AIプロジェクト「人工知能募金~あなたの募金増やします~」を2018年3月10日より開始すると発表された。

ドワンゴはこれまで、コンピュータ将棋ソフトと人間のプロ棋士が対局する「将棋電王戦」の開催や、コンピュータ囲碁ソフト「DeepZenGo」の開発支援、選挙情勢を解析する人工知能「当確予測AI」の開発など、様々な分野で人工知能の可能性に挑戦してきた。今回は、人工知能技術の発展および競馬業界の活性化への取り組みの一環として、「競馬」と「募金」をテーマとした実験を行う。

本プロジェクトでは、ドワンゴが新たに開発した競馬予測AIを用いて、今年の3月10日~6月24日の間に行われる中央競馬レースを対象にレース結果を予測し、実際に馬券を購入する。馬券の購入費用はドワンゴが用意し、的中で得られた収益は今後選定する公益団体等に全額寄付する。

また寄付先となる公益団体等が確定した後には、参加ユーザーからも寄付金を募る予定。ユーザーからの寄付金と同額を、ドワンゴが別途用意して馬券の購入資金とし、ユーザーからの寄付金はそのまま公益団体等へ寄付する。馬券的中による収益も全額寄付するため、参加ユーザーによる寄付が多ければ多いほど競馬予測AIの馬券購入額が増え、馬券が的中すればするほど寄付額の合計が増えていく仕組みとなっている。

競馬予測第1回目となる3月10日のレースでは、デモンストレーションとして競馬予測AIの精度をニコニコ生放送で公開し、ドワンゴが独自に用意した資金で実際に馬券を購入する。

なお競馬予測AIの中核となる予測モデルは、過去の競馬データをもとに様々な情報を組み合わせたものとなっており、既にシミュレーションでは好成績を残している。また、本取り組みで得られた有益なデータや知見はビッグデータを活用した未来予測に貢献することが期待されている。

本プロジェクトの特設サイトでは、講談社から発売されている漫画「インベスターZ」(三田紀房)を使った企画説明を公開している。

■プロジェクト概要
プロジェクト名:「人工知能募金 -あなたの募金を増やします-」
実施期間:2018年3月10日~2018年6月24日
企画発表生放送:
   タイトル:【競馬AI】人工知能募金 事前番組
   放送日時:2018年3月8日(木)21:00~
   放送URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv311508262


人工知能募金特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ニコ生で東日本大震災の特集番組を3月9日より実施。「震災発生当時のniconicoコメント再現放送」など7番組を放送
世界最強棋士を決定する「ワールド碁チャンピオンシップ2018」をニコ生で全局生中継
ニコニコ生放送配信アプリがリニューアル。高画質配信や番組配信時間の拡大などに対応
ニコ生月1レギュラー番組「黒羽麻璃央の僕ん家おいでよ」の第2回放送が決定。ゲストに佐伯大地が登場
「リアルダービースタリオン」でサラブレッドの出産の様子&仔馬の誕生の瞬間を生中継






日本発の囲碁AI「DeepZenGo」囲碁AI大会「AI 竜星戦 2017」に出場。ニコニコ生放送で中継

image1_01

ドワンゴは、日本発の囲碁AI開発プロジェクト「DeepZenGoプロジェクト」が手掛けるコンピュータ囲碁ソフト「DeepZenGo」が、2017年12月9日(土)より、囲碁将棋チャンネルおよびAI竜星戦実行委員会が主催する囲碁AI大会「AI 竜星戦 2017」に出場すると発表した。大会の模様は「ニコニコ生放送」で生中継される。

「AI 竜星戦 2017」は、第10回目を最後に今年3月に幕を閉じた囲碁AIの国際大会「UEC杯コンピュータ囲碁大会」(主催:電気通信大学 エンターテインメントと認知科学研究ステーション)の正式な後継大会として実施される囲碁大会。その記念すべき第1回大会は2017年12月9~10日に秋葉原UDXで開催。国内外の囲碁ソフトが集いトーナメント戦で競い合う。

本大会には今年8月、中国・内モンゴル自治区オルドス市で開催された囲碁AI大会「中信証券杯 第1回 世界電脳囲碁オープン戦」で優勝を果たした囲碁ソフト「DeepZenGo」の参戦が決まっており、「ニコニコ生放送」では同ソフトの対局の模様を生放送する。

■「AI 竜星戦 2017」概要
日時:<予選>2017年12月9日(土)
<本戦>2017年12月10日(日)
対局会場:秋葉原UDX 6F / UDX Conference type120 RoomD・E
対戦形式:予選リーグ(6試合目まで変形スイス式、7試合目はスイス式)と本戦を実施
     予選リーグ上位16ソフトが本戦に進出
ルール:日本ルール 19路盤 互先、先番6目半コミ出し
    <予選・本戦>持ち時間 30分
賞金:<1位>30万円 <2位>15万円 <3位>5万円
主催:株式会社囲碁将棋チャンネル・AI竜星戦実行委員会
協力:電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション/コンピュータ囲碁フォーラム/HEROZ株式会社
後援:公益財団法人日本棋院/朝日新聞社

■【ニコニコ生放送概要】
タイトル:【DeepZenGo出場】囲碁・AI竜星戦2017 1日目
放送日時: 2017年12月9日(土) 09:30~
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv308903880
タイトル:【DeepZenGo出場】囲碁・AI竜星戦2017 2日目
放送日時: 2017年12月10日(日) 10:00~
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv308903911


AI 竜星戦 2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率60.0%で前月比1.0ポイント減
「リアルダービースタリオン」2歳馬「オーバーザリミッツ」能力調教試験に最速タイムで合格
神吉宏充七段、桂文枝ら出演「ニコニコ大逆転将棋」、文枝がハンデ戦「おみくじ将棋」で香川女流三段に挑戦
ニコニコ最大のライブイベント「ニコニコ超パーティー2017」開催
私立恵比寿中学秋田分校のライブの模様をニコ生で独占生中継






渋谷区と日本マイクロソフトが共同開発したAIキャラクター「渋谷 みらい」を公開

_prw_PI3im_p1zoKVkm

渋谷区は、「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」を未来像とする、今後20年の区政の方向性をまとめた「渋谷区基本構想」を昨年策定した。また、その内容を周知し、多様な人や団体を巻き込んでいくキャンペーン「YOU MAKE SHIBUYA」を2017年4月から実施している。

この度、その一環として、行政をもっと身近に感じてもらうことや、区民や渋谷区に関わるたくさんの人の声を聴き、区政に活かしていくことを目的に、渋谷区は日本マイクロソフトと共同でデジタルコミュニケーションアプリ「LINE」を使ったAI(人工知能)会話アカウント「渋谷 みらい」を開発し、11月4日(土)に自治体として日本初となる、AIキャラクターへの特別住民票の交付と、交付を記念し、皆様へお披露目する「特別住民登録記念セレモニー」を第40回渋谷区くみんの広場の野外ステージにおいて行なった。

自然な会話ができるAIの実績を持つマイクロソフトと今後も共同で開発を続け、渋谷区の多様性や先進性を象徴するキャラクターとして活躍していく。また、LINE上のコミュニケーションに限らず、渋谷区主催のイベント、渋谷区の小学校で行なっているワークショップなどにも活動の幅を広げ、より一層身近なAIとして成長していくことを目指していくとのことだ。

■概要
アカウント名:渋谷 みらい
公開日:2017年11月4日(土)
友達になる方法:
①LINEアプリのQRコードリーダーにて、リリースPDF内QRコードを読み込み
②LINEアプリの「友だち追加」から「渋谷 みらい」と検索
③ブラウザからURL(https://line.me/R/ti/p/PL49NZU8H7)にアクセス
特技:
・日常的な会話。特に渋谷区に関する話題に精通
・しりとりなどのゲーム
・写真撮影・加工(友だちから送られた顔写真をモヤイ像風にアレンジする等)
・絵を描くこと
キャラクター:
7歳、小学1年生の少々おませな男の子。趣味は写真撮影と人間観察。そして、人とのおしゃべりが大好き。渋谷に関すること、最近ハマっていることなど、何でも話しかけてあげよう。人々との会話を通じて学んでゆくため、その成長ぶりにも注目だ。
顔の表情:
顔の表情は、渋谷区主催のイベントで撮影した、渋谷区民の人の顔を合成することによって作られている。今後も随時撮影、合成を行い、渋谷区の「今」を象徴する存在として、成長、変化していく。
■特別住民票 交付について
11月4日(土)に交付した特別住民票には、顔写真入りで、プロフィールや生年月日などが記載されている。
なお、この特別住民票は「YOU MAKE SHIBUYA」ホームページ(http://www.youmakeshibuya.jp/mirai/)にて閲覧が可能だ。


_prw_PI4im_4j3xBxII


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
LINE Pay、セブン銀行ATMとの連携を開始
マピオン、自治体が無料で掲載できる 観光マップ開始。地図で観光情報発信し集客・周遊をサポート
品川プリンスホテル Nタワーで自律走行型デリバリーロボットを運用開始
ヨドバシカメラ秋葉原店で、AI搭載ガイドロボット、小型フクロウの「ZUKKU(ズック)」が接客支援
会議の総合ポータルへと劇的に進化した貸会議室検索サイト「会議室.COM」







ポケモンとマイクロソフト、公式LINEアカウントに感情的なつながりを重視するAIを導入。「ロトム」とAIで会話が可能に

171026-02-270x480

ポケモンと日本マイクロソフトは協力して、ユーザーとの感情的なつながりを重視するAIをポケモンの公式LINEアカウントに導入した。ユーザーはポケモン「ロトム」とAIで会話をすることにより、ゲーム「ポケットモンスター」シリーズ最新作「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(2017年11月17日発売予定)の世界を楽しむことができる。

AIの「ロトム」は、マイクロソフトのAI「りんな」で培われた技術および研究開発組織 Microsoft Researchで開発された最新技術を活用することで、会話への返答をリアルタイムで生成している。ポケモンに関する会話ではインターネット上のデータに加えて、800種類以上のポケモン公式図鑑データやユーザー間のオンラインバトルデータを利用している。これらはすべて、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft Azureで稼働している。

また、会話を進めるとAIの「ロトム」がユーザーの会話力を診断したり、「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」の冒険の舞台となる、アローラ地方のポケモンを紹介することも。他にも、ユーザーはAIの「ロトム」とポケモンの名前限定のしりとりを楽しむことができる。AIの「ロトム」と仲良くなると、「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」で利用できるプレゼントを受け取ることができる。

171026-01-276x480

171026-03-270x480

171026-04-276x480



©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東京メトロ、地下鉄開通90周年記念イベント「TOKYO METRO 90 Days FES!」を90日間限定で開催
今回も期待を裏切らない、ガリガリ君リッチの新味が登場!「ガリガリ君リッチ 温泉まんじゅう味」
アニメ「おそ松さん」第2期オープニングテーマA応Pミュージックビデオ撮影現場をVRで体験
「PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS」アジア大会への出場権を賭けた日本大会の本戦を全編生中継
niconico×照恩寺「テクノ法要」を福井県・照恩寺より完全生中継


-
%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%83%B3-%E3%80%90Amazon-co-jp%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91%E6%97%A9%E6%9C%9F%E4%BA%88%E7%B4%84%E7%89%B9%E5%85%B8%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%ABPC%E5%A3%81%E7%B4%99-%E9%85%8D%E4%BF%A1-%E4%BB%98/dp/B075S869SW?psc=1&SubscriptionId=AKIAIM37F4M6SCT5W23Q&tag=medi01-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B075S869SW" target="_blank">ポケットモンスター ウルトラサン 【Amazon.co.jp限定】早期予約特典オリジナルPC壁紙 配信 付
任天堂
2017-11-17



Wix.com×A.I. Channelコラボ!Wixでキズナアイが自身のホームページ作成に挑戦!

image001

世界に1億人以上の登録ユーザーを誇るホームページ作成サービスのWix.com が、現在人気が急上昇中のYouTuber「A.I.Channel」のキズナアイを動画に起用。今回、自身のWebサイトをWixを使って作る様子を実況した「【作ってみた】冴えてるホームページの作り方β 」を公開した。

キズナアイが、Wixを使って自身の公式ゲーム情報サイト「A.I. Gamers Info 」を制作する様子を実況しつつ解説する内容となっている。いつもの調子で、時々毒舌やジョークを織り交ぜながら実況していく姿がなんとも可愛らしい動画に仕上がっているぞ。

■人気急上昇中のキズナアイとは?
キズナアイは前述したように現在人気急上昇中のYouTuberだ。YouTubeチャンネル「A.I. Channel」と「A.I. Games」を運営しており、毎日更新を目標に活動している。キズナアイが普通のYouTuberと異なる点は、彼女がCGであること。しかも中の人は存在せず人工知能(AI)なのだ。いわば「世界初のバーチャルYouTuber」とでも言える存在である。

A.I. Channel は2016年12月の公開以来、日本国内だけでなく海外のアニメファンからも支持されるようになり、現在のチャンネル登録者数は80万人を超え増え続けている。その人気によって、先日まで幕張で開催されていた「東京ゲームショウ2017」にも出演していた。

■キズナアイがWixツールの使い方を指南
A.I. Channelの動画シリーズでは、実際に存在するツールをキズナアイがバーチャルの世界で試したりする内容が主で、体を張って色々なWebツールを試したり、愛嬌たっぷりの反応をしながらオンライン実況を行っている。

image002


今回のWixとのコラボ動画では、キズナアイがゲームの攻略法やレビューを伝えるための公式ブログ「A.I. Gamers Info」をWixで制作する様子を紹介する。動画はちょっとした古いジョークから始まり、キズナアイが数々のWixのウェブサイトテンプレートに目移りしながら、作りたいサイトの目的や好みの雰囲気にマッチするテンプレートを選んでいく。

その後、「可愛いなあ、私!」などを連発しながらサイトの背景を自分の画像に変更したり、メニューボタンをキズナアイのテーマカラーのピンクに変えていき、オリジナルのサイトデザインとなるようカスタマイズしていく様子を紹介する。なお、動画内でキズナアイが作成したA.I. Gamers Infoのサイトは、今後もキズナアイが更新していき、ファンとのコミュニケーションを図る場とする予定とのことだ。

image003


今回のコラボについてWix.comジャパンマーケティングマネージャーの田澤潤子氏に直撃。このコラボの背景を以下のようにコメントした。

「今回、WixからA.I. Channelにコラボを持ちかけました。アイちゃん(キズナアイの愛称)が最新テクノロジーやゲーム、そして日本文化に高い関心を寄せる若い世代から国境を越えて愛され支持されている点にWixとして注目しました。Wixならデザインも素敵で本格的なウェブサイトを自分で簡単に作ることができるというメッセージを、アイちゃんなら世界に発信できると考えました。」

気になる人は、動画をチェックするといいだろう。

■動画リンク:https://youtu.be/PXfrpy2HfEw
A.I. Gamers Info公式サイト
Wix.com ホームページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

Webに関連した記事を読む
Wixブログの新機能なら、SEO対策も、モバイルからのアップも簡単!
ホームページ作成サービス「Wix.com」、ユーザー数1億人を突破
カカクコム、電力自由化に対応したプラン比較を開始
「癒やし」をくれるEdison内蔵クラゲ「カヤックラゲ」【Maker Faire Tokyo 2015】
iPhoneでWEBブラウザの閲覧履歴を広告に利用されたくない!追跡型広告を制限する技【快適術】

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ