ITライフハック

AMD

日本AMD、「AMD FAN FES in AKIBA / in OSAKA」を開催

無題

日本AMDは秋葉原と大阪にて、「AMD Ryzen 3000シリーズ」、「AMD Radeon RX 5700シリーズ」の発売記念イベント「AMD FAN FES in AKIBA / in OSAKA」を開催する。

秋葉原は、2019年7月13日(土)~14日(日)、7月20日(土)~21日(日)の4日間、大阪は8月31日(土)に開催する予定だ。当日は、「AMD Ryzen 3000シリーズ」と「AMD Radeon RX 5700シリーズ」に関するAMDや各パートナーのトークセッション、製品展示を行います。また、AMDオリジナルノベルティーがもらえるスタンプラリーも実施する。

■AMD FAN FES in AKIBA / in OSAKA概要
開催日時:
【秋葉原】日時:2019年7月13日(土)~14日(日)、7月20日(土)~21日(日)11:00 ~18:00
 会場:LIFORK AKIHABARA II(旧:リナックスカフェ)
【大阪】日時:2019年8月31日(土) 11:00~18:00
 会場:なんばスカイオコンベンションホール
実施内容:
【新製品展示】AMD新製品デモコーナー、ASUS、ASRock、GIGABYTE、MSIによるX570マザーボード製品展
【トークセッション】ASUS、ASRock、GIGABYTE、MSI 他、パートナーによるトークセッションを開催
【スタンプラリー】会場の近隣店舗を対象として、AMDオリジナルノベルティがもらえるスタンプラリーを開催
【対象製品購入者特典プレゼント】期間中に対象商品を購入した人に、AMDオリジナルTシャツと缶バッジをプレゼント
対象製品:
・「AMD Ryzen 3000シリーズ」 デスクトップ・プロセッサー
・AMD X570チップセット搭載マザーボード
・「AMD Radeon RX 5700 シリーズ」グラフィックス・カード
・上記の対象製品を搭載したBTOメーカー製PC
対象購入期間:2019年7月7日(日)19:00 ~ 2019年8月31日(土) 17:00
特典お渡し方法:イベント当日のスタンプラリー実施店舗にてお渡しします。その際は、お買い求めの購入証明が必要となります。


AMD FAN FES in AKIBA / in OSAKA

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブ、GeForce RTX2060 Super / 2070 Super 搭載パソコンを発売
VAIOからA4よりも小さい12.5型モバイルPC「VAIO SX12」を発表
iiyama PC「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1650を搭載した15インチのゲーミングノート
リンクス、プロ向けに設計されたハイパフォーマンスマウスパッドを発売
日本エイサーから初音ミクとコラボした「Acer×HATSUNE MIKU ノートパソコン」が登場






ドスパラ会員を対象にAMD最新X570チップセット搭載マザーボードが当たる来店チェックインキャンペーンを開始

czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMyMjIwODAjMjI5NTJfRHh0WUVyaEN0Qi5wbmc

ドスパラは、2019年6月1日(土)より、ドスパラ会員を対象とした「来店チェックインキャンペーン」を開始した。

期間中ドスパラ各店店頭にて、ドスパラアプリの「店舗チェックイン」を行い、かつキャンペーンページでエントリー登録をしたユーザーを対象に、抽選で5名に最新のAMD第三世代RAYZENに対応した「X570チップセット搭載マザーボード」を、抽選で10名に5,000円分のドスパラポイントをプレゼントする。マザーボードの引き渡しは7月7日以降を予定している。

ドスパラ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ユニットコム、パソコン工房 Webサイトでお買い得アイテムがたっぷり詰まった「プレミアムフライデー特集」を開催
エプソンの新サービスはLINEからプリントできる! LINE公式アカウント「Epson Printer」提供開始
CHUWIから高コスパな小型PC「CHUWI GT Box」がGearbestで登場
JAPANNEXT、15.6型フルHD Type-C モバイルディスプレイ「JN-MD-IPS1506FHDR」を発売
リンクスよりCORSAIRブランドの最大解像度12000dpiで超軽量85gを実現した超軽量コンパクトゲーミングマウス






日本AMD、200名に「次世代『AMD Ryzen』が当たるキャンペーン」実施中

無題

日本AMDは、2019年5月24日(金)より「次世代『AMD Ryzen』が当たるキャンペーン」を実施中だ。

■抽選で200名に次世代Ryzenが当たる!
本キャンペーンでは、期間中に対象の製品を購入し、専用サイトから応募した人の中から抽選で200名に次世代「AMD Ryzen」をプレゼントするというものだ。

■次世代「AMD Ryzen」が当たるキャンペーン概要
概要:キャンペーン期間中に対象の製品を購入し、専用キャンペーンサイトから応募された方の中から抽選で200名様に次世代「AMD Ryzen」プロセッサーをプレゼント
開催期間:
対象製品の購入:2019年4月29日(月) ~ 2019年6月30日(日)
申し込み期間:2019年5月24日(金) ~ 2019年7月14日(日)
※キャンペーンサイトにて申し込み後、次世代「Ryzen」発売日以降の抽選・当選者連絡・発送となります
参加方法:
購入期間内に店頭またはウェブで対象製品を購入
キャンペーンサイトから購入証明をアップロードし応募
当選者には事務局から別途連絡
対象製品:
Ryzen 7 2700X Gold Edition
Ryzen 7 2700X
Ryzen 7 2700
Ryzen 7 2700 with Wraith Max Cooler
Ryzen 5 2600X
Ryzen 5 2600
Ryzen 5 2600X with Wraith Max Cooler
上記の対象製品を搭載したBTOメーカー製PC
キャンペーン特典
Ryzen 5 2600、2600Xを購入した方:同等クラスの次世代「Ryzen」プロセッサー
Ryzen 7 2700、2700X、2700X Golden Editionを購入した方:同等クラスの次世代「Ryzen」プロセッサー


キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
JAPANNEXT、15.6型フルHD Type-C モバイルディスプレイ「JN-MD-IPS1506FHDR」を発売
リンクスよりCORSAIRブランドの最大解像度12000dpiで超軽量85gを実現した超軽量コンパクトゲーミングマウス
かまってちゃん&お節介好きにたまらない!姿勢チェックや休憩を促すお節介なPCスタンド「nocnoc base」
マウスコンピューター、薄さ約16.8mmで約16.4時間のバッテリー動作可能なペン入力対応14型コンバーチブルパソコンを発売
iiyama PC、「SENSE∞」より、TITAN RTX搭載BTOパソコン新モデルが登場






ユニットコム、AMD 50周年記念パソコン「AMD 50th Anniversary Edition」を発売

img_183243_3

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」より、AMD 50周年記念ゲーミングPC「AMD 50th Anniversary Edition」を50台限定で発売する。

「AMD 50th Anniversary Edition」は8コア16スレッドのパワフルな処理能力を持つ「Ryzen 7 2700X」、優れた描画能力で美しいゲームプレイを可能にする「Radeon VII」を搭載したモデルで、AMDの最新技術が詰まった構成となっている。また、購入特典として「AMD 50周年オリジナル特大マウスパッド」と「アクリルサイドパネル」が付くお得なゲーミングPCとなっている。

また、AMD50周年を記念して、対象のAMD製品を購入・応募した人に2つのゲームがプレゼントされるキャンペーンを開催中。もちろん、「AMD 50th Anniversary Edition」は対象PCとなるので、新しいPCで新たなゲームを楽しむことができる。

●製品名:LEVEL-R0X4-R72X-RSVI-50th [Windows 10 Home]
OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
プロセッサー;AMD Ryzen 7 2700X
チップセット;AMD X470 [ASUS X470-PRO]
メモリ:DDR4-2666 DIMM 8GB×2(計16GB)
M.2 SSD:500GB M.2 SSD / NVMe対応
HDD:1TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ;DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックス:AMD Radeon VII 16GB HBM2
電源:800W 80PLUS TITANIUM認証 ATX電源
価格:20万9,980円~(税別)

「AMD 50th Anniversary Edition」掲載ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本エイサー、DisplayHDR600対応で自然な色彩を再現し10億7000万色を表示する4Kディスプレイを発売
オンキヨー&パイオニア、“SHIDO”ゲーミングヘッドセット、USB コントロールアンプをクラウドファンディングにて先行販売
iiyama PC「LEVEL∞」よりGeForce RTX 2070を搭載した16型ノートパソコンが登場
日本エイサー、IPS方式フルHD解像度、応答速度1ms、リフレッシュレート144Hzの27型ゲーミングディスプレイを発売
アスク、CORSAIR製のワイヤレスキーボード「K83 Wireless」をAmazon様限定モデルとして発表






ユニットコム、Radeon Vega 11グラフィックス内蔵のRyzen 5プロセッサーを搭載したミニタワーPCを発売

img_154706_2

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「STYLE∞(スタイル インフィニティ)」より、Radeon Vega 11グラフィックス内蔵AMD Ryzen 5 2400Gプロセッサーを搭載したミニタワーパソコンの販売を開始した。価格は7万2,980円から(税別)。

Radeon Vega 11 グラフィックスを内蔵するRyzen 5 2400Gプロセッサーは、4コア/8スレッドのマルチスレッド性能とオンボードグラフィックス性能に優れ、ビデオエンコードやコンテンツ作成、ゲーミング性能で高いコストパフォーマンスを発揮するミドルクラス向けCPU。

メインドライブにSSDを採用した。OSやアプリケーションの起動が高速になり、非常に軽快な動作で使用できる。各種カスタマイズが可能な「BTO」に対応している。

■STYLE-M0B3-R5G-VHS [Windows 10 Home]
OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
プロセッサー:AMD Ryzen 5 2400G
チップセット:AMD B350
メモリ:DDR4-2400 DIMM 4GB×1(計4GB)
SSD:240GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
グラフィックス:AMD Radeon VEGA 11 Graphics (CPU 統合グラフィックス)
電源:350W 80PLUS BRONZE 認証 ATX電源


ミニタワーパソコン STYLE∞ M-Class

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラ、第8世代インテル Coreプロセッサー搭載ゲーミングノートPCの5モデルをリリース
Qi対応のワイヤレス充電器を内蔵するゲーミングマウスパッド「MM1000 Qi Wireless Charging」
BenQ ZOWIE / GALLERIA共催「PUBG 東京VS上海対抗戦」オフラインイベント開催
ユニットコム、パソコン工房「Webピックアップサポートサービス」を提供開始
マウスコンピューター「世界級リゾートへ、ようこそ。山の信州」フォトコンテスト春を開催






「LEVEL∞」でAMD Ryzenを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売

img_142792_2

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」C-Classより、AMD Ryzenプロセッサーを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売した。価格はLEVEL-C0B3-R6-LNが9万2,980円から、LEVEL-C0B3-R7-XNAが19万9,980円から(いずれも税別)。

これまでのアーキテクチャから進化した「ZEN」アーキテクチャを搭載し、今までにない高性能かつ高効率化を実現したAMD Ryzenプロセッサー。オフィスでの資料作成やデータ処理を快適にこなすのはもちろん、ゲーム用途など高い演算処理能力を必要とするシーンにおいても優れたパフォーマンスを発揮する。

「LEVEL-C0B3-R7-XNA」では、メインドライブにSSDを採用。OSやアプリケーションの起動が高速になり、非常に軽快な動作で使うことができる。容量は480GBと、OSだけでなくゲームをインストールするのにも十分なデータ保存領域を持つものを採用した。また、2TBの大容量HDDも同時に搭載しているので、ゲーム中のスクリーンショットなどの画像や動画を大量に保存することも可能だ。

LEVEL∞ C-Classはコンパクトなデザインに、カスタマイズを幅広く行うことが可能なコンパクトケースを採用。ハイエンドグラフィックボードの搭載・カスタマイズを可能にし、コンパクトながらパワフルなゲーミングパソコンを構築できる。

■LEVEL-C0B3-R6-LN [Windows 10 Home]製品概要
OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
プロセッサー:AMD Ryzen 5 1600
チップセット:AMD B350 チップセット
メモリ:DDR4-2400 DIMM 4GB×2(計8GB)
HDD:1TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:非搭載※オプションにてご選択可能
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1050 2GB GDDR5
電源:500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源

■LEVEL-C0B3-R7-XNA [Windows 10 Home]製品概要
OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
プロセッサー:AMD Ryzen 7 1700
チップセット:AMD B350 チップセット
メモリ:DDR4-2400 DIMM 8GB×2(計16GB)
SSD:480GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
HDD:2TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:非搭載※オプションにてご選択可能
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB GDDR5X
電源:700W 80PLUS GOLD認証 ATX電源


コンパクトゲームパソコン LEVEL∞ C-Class

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む

ユニットコム、「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1070 TiとCore i7-8700Kを搭載したミドルタワーゲームパソコンを発売
日本マイクロソフト、Surface ProのLTE対応モデルを法人向けに12月8日(金)より発売
アスク、TPCast製のVive用ワイヤレスキット「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」を発売
アスク、Synology製NAS「DiskStation DS218j」をはじめとするホームユーザー向けNASキット3製品を発表




インバースネット、Ryzenシリーズ搭載デスクトップパソコンを発売

d8196-227-200920-0

インバースネットは2017年6月1日より、 AMDの最新CPU Ryzenシリーズを搭載したデスクトップパソコンの販売を開始した。

このたび発表する新製品は、性能とコストパフォーマンスの高さから今、最も注目を集めているCPU「Ryzenシリーズ」を搭載したデスクトップパソコン。このシリーズで採用されている「ZEN(ゼン)」アーキテクチャは、前世代に対し性能と効率が約52%向上しており、インターネットなどの普段使いはもちろんのこと、ゲームや動画編集など高い負荷がかかる用途においても優れたパフォーマンスを発揮する。

ラインナップには、コストパフォーマンスに優れた「GAシリーズ」3機種を用意。GAシリーズは、オーソドックスな組み立て方式のケースを採用したことで、同じスペックを搭載した場合、同等クラスのシリーズよりも安価で購入できる。

ASUS製マザーボード「X370-PRO」をベースとしたRyzen5搭載モデル2機種、 Ryzen7搭載モデル1機種から、好みの構成とカスタマイズを選ぶことができる。

Ryzen搭載モデル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
障害が発生しても迅速に対応できるネットワーク管理ソフト「IO Navi」
ロジクール初、ゲーミングで培った技術を応用した一般向けメカニカルキーボードを発売
JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売
プラネックス、様々な機器から安全に使えるVPNルータ・OpenVPN専用「かんたんOpenVPN」を発売
回線が混雑した都市環境でも最高のWi-Fi環境を提供するWi-Fi高機能化モジュール「Portal Boost」






サードウェーブデジノス、AMD待望のメインストリームCPU「Ryzen 5」搭載ゲーミングパソコンを発売

42181_taXcZZflER
サードウェーブデジノスは、6コア/12スレッド動作を行う、AMD待望のメインストリーム向け新CPU「Ryzen 5」を搭載したゲーミングパソコン「GALLERIA AT5」を発売する。価格は12万9,980円(税別)。

「GALLERIA AT5」に搭載するAMDの最新プロセッサー「Ryzen 5 1600」は、先月発表のハイエンドCPU「Ryzen 7」と同様に14nmプロセスの「ZENマイクロアーキテクチャ」で製造され、メインストリーム向けでありながら6コア12スレッドを実現した高性能CPU。

最大クロック3.6GHzに達するコアはシングルスレッドでの演算能力も高く、100以上のセンサーによる細かな周波数と電力コントロールを行う"SenseMI"テクノロジーをはじめ、様々なアーキテクチャーや処理テクノロジーの進化により、最新ゲームの要求する厳しいニーズに余裕を持って応えている。

■GALLERIA AT5 製品情報
・CPU: AMD Ryzen 5 1600(6コア, 12スレッド, 定格3.20GHz, 最大3.60GHz, TDP65W)
・マザーボード: AMD B350 チップセット搭載
・メインメモリ: 8GB PC4-19200 (DDR4 SDRAM, 4GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
・ハードディスク: 2TB (SATA 3)
・SSD: 250GB (SATA 3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: 500W 静音電源 (80 PLUS BRONZE)
・OS: Windows 10 Home インストール済み


GALLERIA AT5

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
G-Tune、GeForce GTX 1050 Tiを搭載する14型コンパクトゲーミングノートを発売
圧感知ペン付き8インチタブレット「raytrektab DG-D08IWP」を4月27日に発売
G-TuneでRampageのe-Sports大会優勝記念セール開催
Microsoft、Windows 10 Creators Update を4月11日より順次提供開始
パソコンのUSBポートから映像出力を可能にするUSB3.0(2.0)-HDMI変換アダプタ






ドスパラ、AMD最新CPU「RYZEN 5」深夜販売会を開催。記念のTwitterプレゼントキャンペーンも実施

ryzen

ドスパラは、2017年4月11日(火)22:00(日本時間)のAMD最新CPU「RYZEN 5」解禁にあわせ、ドスパラパーツ館(秋葉原)にて、深夜販売会を実施する。

■ドスパラパーツ館『RYZEN 5』深夜販売会詳細
◆1. 販売スケジュール
・2017年4月11日(火)
 20:00~21:59
 ドスパラパーツ館にて事前会計を開始 
 ※購入希望の方はパーツ館前に整列。
※在庫がなくなり次第、販売終了。

 22:00~22:30
 製品のお引渡し
  ※商品引換のみ。

◆2. 会場
 ドスパラパーツ館
 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-10-8 中澤ビル
 http://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-parts

■ドスパラ公式Twitter『RYZEN 5』深夜販売記念キャンペーン
「RYZEN 5」の深夜販売を記念し、ドスパラ公式Twitterアカウントにて、ゲーミングディスプレイ「BenQ ZOWIE RL2455」が抽選で1名様に当たるキャンペーンを開催する。

■1. 応募方法
 ①ドスパラ公式Twitterアカウント(@dospara_web)をフォロー
 https://twitter.com/dospara_web
 ②対象のつぶやきをリツイート
 https://twitter.com/dospara_web/status/850227673129299969

■2. 賞品
 BenQ ZOWIE RL2455  1名
 http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?&ic=439593&lf=0

■3. 応募期間
 2017年4月7日(金)~4月17日(月)23:59まで

■4. 応募資格
 有効なTwitterアカウントを持っている日本在住の人

■5. 抽選
 応募期間終了後、厳正な抽選の上当選者を決定(2017年4月下旬を予定)。

■当選発表
 当選者のみTwitterのダイレクトメッセージにて連絡。


イベント詳細ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
G-Tune、GeForce GTX 1050 Tiを搭載する14型コンパクトゲーミングノートを発売
圧感知ペン付き8インチタブレット「raytrektab DG-D08IWP」を4月27日に発売
G-TuneでRampageのe-Sports大会優勝記念セール開催
Microsoft、Windows 10 Creators Update を4月11日より順次提供開始
パソコンのUSBポートから映像出力を可能にするUSB3.0(2.0)-HDMI変換アダプタ






リンクス、Corsair Link対応水冷一体型ユニットを発売

リンクスインターナショナルは、システム統合管理ツールCorsair Link対応、240ミリサイズのラジエータを採用したハイエンドモデル、最新のIntel&AMDプラットフォームに対応した水冷一体型ユニット「CORSAIR Hydro Series H100i GTX」(以下、H100i GTX)を2015年5月16日より、全国のPCパーツ専門店にて発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万7,140円前後(税抜)。

続きを読む

最新のAPU情報や技術を解説! ドスパラパーツ館/秋葉原本店でAMDの最新製品紹介イベント開催

ドスパラパーツ館・ドスパラ秋葉原本店にて、AMDマーケティングスペシャリスト 井戸川氏によるAMDの最新製品紹介イベントが開催される。AMD APU 5つのポイントや、AMD Catalyst OMEGAなどの解説&デモンストレーションに加え、豪華景品が当たる抽選会を実施。イベント参加者には、限定ノベルティがプレゼントされる。

続きを読む

ドスパラ、AMD Kaveri APU A8-7650K搭載デスクトップパソコンの販売を開始

サードウェーブデジノスは2月26日より、Radeon Rシリーズと共通のアーキテクチャを持つ強力なグラフィックス機能内蔵の、最新のAMD Kaveri APU A8-7650Kを搭載したデスクトップパソコンLightning AMKをDiginnosの製品ラインナップに加え、全国21の「ドスパラ」各店舗およびドスパラ通販サイトにて販売を開始したと発表した。

続きを読む

アスクよりRadeon R9 285搭載のSapphire製グラフィックスカード3製品

アスクは、8月24日に発表されたAMDの最新GPU「Radeon R9 285」を搭載するSapphire Technology製グラフィックスカード「R9 285 2G GDDR5 DUAL-X」と「R9 285 2G GDDR5 DUAL-X OC」「R9 285 2G GDDR5 ITX COMPACT OC」の3製品を発表した。

続きを読む

玄人志向よりAMDの新GPU「Radeon R9 285」搭載カードが登場

8月24日に「GCN」ことGraphics Core Nextアーキテクチャーを採用したAMDの新GPUコアとなる「Tonga」(トンガ)を搭載する「Radeon R9 285」が発表された。「Radeon R9 285」はブリッジケーブルなしでのCrossFireを実現する「CrossFire XDMA」エンジンをサポートするなど、最新GPUにふさわしい仕様になっている。その新GPUを搭載するのが玄人志向の玄人志向のSTANDARDシリーズ「RD-R9-285-E2GB/OC」だ。

続きを読む

玄人志向より日本向けにカスタマイズされたRadeoon R7 250XE搭載グラフィックスカード

玄人志向から、AMDのRadeon Rシリーズ搭載のグラフィックスカードが登場した。日本では小型のデスクトップPCというカテゴリーが存在しており、ミニタワー型やキューブ型ケースやスリムタワー型のケースに結構な性能のCPU(Core i5や7)を搭載して性能的には十分以上のパフォーマンスを持っていることが多い。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ