ITライフハック

ASUS

ドスパラ秋葉原本店にて「ASUS最新マザーボード徹底紹介イベント」を開催

22952_cUHatAzbSP

ドスパラ本店店頭にて、2017年2月25日(土)午後2時より、ドスパラ×ASUSコラボイベント「ASUS最新マザーボード徹底紹介イベント」が開催される。

会場では、ASUSの最新マザーボード「MAXIMUS IX APEX」を用いて、実際にオーバークロックを体験可能。さらに、オーバークロックで高スコアを出された人には景品がプレゼントされる。

■「ASUS最新マザーボード徹底紹介イベント」開催概要
・開催場所: ドスパラ秋葉原本店 1階特設ステージ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-11-2 ロック2ビル1,2F
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-akb_honten
・開催日時: 2017年2月25日(土)

・トークセッションスケジュール
14:00~ASUS製品解説 一回目
16:00~ASUS製品解説 二回目
※一回目、二回目ともに同内容となります。
※各回30分程度の予定です。
※雨天決行
※参加費無料

・オーバークロックコンテスト
12:00~16:00
※期間中どなたでもご自由に参加いただけます。
※トークセッション中はご体験いただけません。
※オーバークロックコンテスト賞品は、なくなり次第終了です。
※イベント内容は予告なく変更される場合がございます。


ドスパラ秋葉原本店

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
充電式で電源不要&接続不要なサイコロ型の超コンパクトプロジェクター
最大解像度16,000dpiのMOBA/MMO特化型ゲーミングマウスが登場
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場





ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売へ【先週のまとめ】

ZenWatch-3-WI503Q

先週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を掲載した。面白い記事としては、ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を紹介した。2016年12月9日(金)の記事を振り返ってみよう。

ホタルのように鼓動するLEDコネクタと断線に強い2.1A対応の充電ケーブル
ミスターカードは、ホタルのように鼓動するLEDコネクタと断線に強い高耐久TPU材質を採用した2.1A対応のスマートフォン充電データケーブルREMAX「BREATHE(ブリーズ)」を12月12日(月)から発売する。ラインナップはMicro USBとLightningケーブルの2種類。ケーブル先端には鼓動するLEDインジケータを搭載。やわらかい光なので寝室でも邪魔にならずにケーブルを見つけられる。充電時に鼓動するようなLED点滅、充電完了時に点灯でお知らせ。


タブレットが取り付けられるスマホ天体望遠鏡に地上・天体兼用モデルが新登場
TOCOLは、スマホ天体望遠鏡「PalPANDA」シリーズの新商品として、地上・天体兼用「スマホ地上・天体望遠鏡 PalPANDAx2」を2016年12月1日に発売した。新商品は、正立天頂プリズム(アミチプリズム)を搭載した「DIY組立式」と「完成ギフト版」の2種類。さらに、同望遠鏡への「メッセージ刻印」もできる。メッセージは、洒落の効いた日本語・英語対訳メッセージ文500例を掲載。


VRコンテンツを360度立体的に楽しめる超軽量な4.7/5.5インチ専用アコーディオン式VRゴーグル
上海問屋は、VRコンテンツを立体的に上下左右360度全方位に楽しむことができる、アコーディオン式のVRゴーグルの販売を開始した。価格は2,999円(税込)。本製品は、スマホのVRゲーム、VRアプリ、360度動画等VRコンテンツを立体的に上下左右360度全方位に楽しむことができる、アコーディオン式のVRゴーグル。縮めると超コンパクトになり、約210gの軽量サイズのため持ち運びにとても便利だ。対応サイズは、iPhone7/iPhone7 Plusと同じ、4.7インチと5.5インチ専用(4.7インチの方は、付属のアダプター使用)。


GACKT“クリスマスに彼女のいない漢”限定ライブ&トークXmasプレミアムイベント開催
ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、2016年12月20日(火)に開催されるGACKTのライブ&トークXmasプレミアムイベントの模様を独占中継する。今年7月にリニューアルした「niconico」内のGACKT公式チャンネル「OH!!MY!!GACKT!!」が、12月20日(火)に六本木・ニコファーレで、シングル男性だけが参加できるイベント「彼女のいない漢達限定ライブ&トークXmasプレミアムイベント <イェーイ、オトコだけで『クリ…スマッシュ!』>」を開催。本イベントは、“クリスマスに彼女のいない漢”のみが観覧参加できる限定イベントだが、女性や彼女のいる男性など観覧できないファンのために、ニコ生が独占でイベントの模様を中継する。


ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売
ASUS JAPANは、地球、月、太陽がほぼ一直線に並ぶ、神秘的な「金環日食」からインスパイアされ、丸型デザインに生まれ変わった「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を、2016年12月10日(土)より発売する。グッドデザイン賞2016を受賞した「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」は、自然の神秘から生まれた丸型デザインに、ベゼルにはダイヤモンドカットを施し、毎日身に着ける腕時計としての装着感はそのままに、装飾品としての美しさを最大化させた。美しさと堅牢性を兼ね備えたディスプレイには、省電力ながら美しい、有機ELディスプレイ「AMOLED」を搭載。緩やかにカーブを描く表面には「Corning Gorilla ガラス3」を採用し、日常の傷や衝撃から美しい画面を守ってくれる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
かわいい哺乳瓶デザインの5500mAh薄型モバイルバッテリー
全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokemon GO」の公式パートナーショップに
ASUS JAPAN、Qualcomm Snapdragon 652を搭載する「ZenFone 3 Ultra」を発売
Anker、小さくて軽いQuick Charge 3.0対応 20000mAhモバイルバッテリーを発売
au STAR会員を新感覚リアル脱出ゲームへご招待



ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売

ZenWatch-3-WI503Q

ASUS JAPANは、地球、月、太陽がほぼ一直線に並ぶ、神秘的な「金環日食」からインスパイアされ、丸型デザインに生まれ変わった「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を、2016年12月10日(土)より発売する。

グッドデザイン賞2016を受賞した「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」は、自然の神秘から生まれた丸型デザインに、ベゼルにはダイヤモンドカットを施し、毎日身に着ける腕時計としての装着感はそのままに、装飾品としての美しさを最大化させた。美しさと堅牢性を兼ね備えたディスプレイには、省電力ながら美しい、有機ELディスプレイ「AMOLED」を搭載。緩やかにカーブを描く表面には「Corning Gorilla ガラス3」を採用し、日常の傷や衝撃から美しい画面を守ってくれる。側面には新たに3つのクラウンボタンを搭載し、電源ボタンの他に2つのボタンへは自由にアプリが割り当てられ、素早く、簡単に起動が行える。OSにAndroid Wearを搭載することで、Android OSとiOSで利用が可能なほか、最新のQualcomm(R) Snapdragon(TM) Wear 2100搭載により、約25%省電力化を実現し、最大約1日半のバッテリー駆動時間を確保した。

「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」は、スマートな健康管理に最適なZenFitを搭載し、歩数をカウントするだけでなく、距離やカロリーを計測したり、睡眠サイクルを解析して、適切な睡眠時間を取れるようにサポートしてくれる。また、腹筋、腕立て、ランニングなどの計測にも対応。計測されたデータは、日、週、月単位で表示することができる。

専用アプリZenWatch Managerを使うと、「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」の状況や設定を一度に確認・変更することができる。さらにFaceDesigner(フェイスデザイナー)アプリ※3を使うことで、様々な種類の文字盤や、針、ウィジェットを自由に組み合わせて、世界に一つだけ、自分だけのオリジナルウォッチフェイスが作成できる。

「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」は、Wi-Fiをサポートし、スマートフォンとBluetoothの接続が解除されてもWi-Fiに接続することによって、通知を受け取ることができる。またスピーカーを搭載し、ハンズフリー通話が可能です。わずか15分の短時間で全容量の約60%まで充電が可能な急速充電機能に対応する。

また純正アクセサリーとして、気分により本体ストラップ部分を交換できる「ASUS ZenWatch 3 (WI503Q)専用ストラップ」(本革/ラバー) は2016年12月10日(土)より順次、バッテリー容量が追加できる「ASUS ZenWatch 3 (WI503Q) 専用バッテリーパック」と充電用のケーブル「ASUS ZenWatch 3 (WI503Q)専用 充電用USBケーブル(マグネット式)」は2017年1月下旬以降より発売予定だ。

■ASUS ZenWatch 3(WI503Q)
・型番(本体カラー):WI503Q-LBR04(ガンメタル)
・ストラップ素材/カラー:本革/ダークブラウン
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 3万6,800円(税別))

・型番(本体カラー):WI503Q-LGR04(シルバー)
・ストラップ素材/カラー:本革/グレーベージュ
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 3万6,800円(税別))

・型番(本体カラー):WI503Q-LRG04(ローズゴールド)
・ストラップ素材/カラー:本革/グレーベージュ
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 3万6,800円(税別))

・型番(本体カラー):WI503Q-RBR04(ガンメタル)
・ストラップ素材/カラー:ラバー/ブラウン
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 3万3,800円(税別))

・型番(本体カラー):WI503Q-RGR04(シルバー)
・ストラップ素材/カラー:ラバー/ベージュ
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 3万3,800円(税別))

■ASUS ZenWatch 3(WI503Q)専用純正アクセサリー
・製品名: ASUS ZenWatch 3 (WI503Q)専用 本革ストラップ
・型番(本体カラー):90NZ0060-P00100(ダークブラウン)
・発売予定日: 2017年1月下旬以降予定
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 4,280円(税別))

・型番(本体カラー):90NZ0060-P00120(グレーベージュ)
・発売予定日: 2016年12月10日(土)
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 4,280円(税別))

・製品名: ASUS ZenWatch 3 (WI503Q)専用 スポーツストラップ
・型番(本体カラー):90NZ0060-P00110(ブラウン)
・発売予定日: 2016年12月10日(土)
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 2,980円(税別))

・型番(本体カラー):90NZ0060-P00130(ベージュ)
・発売予定日: 2016年12月10日(土)
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 2,980円(税別))

・製品名: ASUS ZenWatch 3 (WI503Q) 専用 バッテリーパック
・型番(本体カラー):90NZ0060-P00090
・発売予定日: 2017年1月下旬以降予定
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 5,480円(税別))

・製品名: ASUS ZenWatch 3 (WI503Q) 専用 充電用USBケーブル(マグネット式)
・型番(本体カラー):90NZ0060-P00150
・発売予定日: 2017年1月下旬以降予定
・価格: オープン価格 (希望小売価格: 2,980円(税別))


ASUSオフィシャルサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
かわいい哺乳瓶デザインの5500mAh薄型モバイルバッテリー
全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokemon GO」の公式パートナーショップに
ASUS JAPAN、Qualcomm Snapdragon 652を搭載する「ZenFone 3 Ultra」を発売
Anker、小さくて軽いQuick Charge 3.0対応 20000mAhモバイルバッテリーを発売
au STAR会員を新感覚リアル脱出ゲームへご招待






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ