ITライフハック

AbemaTV

1月2日よりAbemaTVでアニメ73番組&初登場約30作品を一挙配信

13166_ext_05_0

AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV」は、24時間無料で多彩なジャンルのアニメ作品を楽しめるアニメ専門チャンネルの、2017年1月配信予定の一挙放送や初放送作品ラインナップを発表した。2017年1月は、アニメ専門5チャンネルの配信作品・オリジナル特番企画などラインナップをさらに強化、過去最多73作品以上の一挙放送&劇場・舞台作品、特番放送などが放送される。

2000年代中心のヒット作を24時間配信する「アニメ24 チャンネル」では、2017年1月6日(金)の「傷物語〈Ⅲ冷血篇〉」公開に合わせ、2017年1月2日(月)22時より「傷物語〈I鉄血篇〉」、「傷物語〈Ⅱ熱血篇〉ダイジェスト版」の世界初配信、本放送前には「〈物語〉シリーズ」の魅力に迫るオリジナル特番を放送し、元日にはTVアニメ最新作「終物語」も初放送する。

さらに、2017年1月よりTVアニメ第三期がスタートする「弱虫ペダル」劇場3作品「弱虫ペダル Re:RIDE」、「弱虫ペダル Re:ROAD」、「劇場版 弱虫ペダル」の一挙放送、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ、「東京喰種トーキョーグール√A」を正月特別編成で一挙初放送するほか、人気声優音楽ライブ・舞台作品ラインナップも拡充。

「AbemaTV」独占&ネット初配信となる「おれパラ 2014 AbemaTV Special」、「おれパラ 2015 AbemaTV Special」、「おれパラ 2016 ~Ⅸ'mas Magic~」を3週にわたり初放送、「舞台「東京喰種トーキョーグール」もネット初放送する。レギュラー放送ラインナップでは、2017年1月劇場版公開の「黒執事」「黒執事Ⅱ」も初登場する。

「深夜アニメチャンネル」では、「迷い猫オーバーラン!」HAPPY NEW YEAR一挙を皮切りに、年始より一挙配信作品を拡充。「ゆるゆり」、「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」(初)、「リトルバスターズ!」(初)、「アクセル・ワールド」、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」、「ご注文はうさぎですか?」、「ご注文はうさぎですか??」、「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」(初)、「ユリ熊嵐」、「とある科学の超電磁砲」、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」、「ゆるゆり♪♪」、「落第騎士の英雄譚≪キャバルリィ≫」、「そらのおとしもの」・「そらのおとしものf」(いずれも初)、「ましろ色シンフォニー」「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」、「ヨスガノソラ」(初)、「たまゆら~hitotose~」を一挙配信するほか、2016年7月に劇場公開された「アクセル・ワールド -インフィニット・バースト-」を初配信する。

さらに、24日より特別編成企画「5年前のクールをもう一度。」第2弾が月曜から金曜の25時台でスタート。2012年冬クール放送5作品を、AbemaTVオリジナルの日替わり編成(月曜「あの夏で待ってる」、火曜「ハイスクールD×D」、水曜「Another」、木曜「ゼロの使い魔F」、金曜「未来日記」)で展開する。

子どもの頃に見ていたアニメの感動・興奮がよみがえる「なつかしアニメチャンネル」では、特別編成として劇場作品「ラーゼフォン 多元変奏曲」、「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」、「劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」、「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」を配信するほか、レギュラー放送ラインナップとして、「スラムダンク」、「メジャー 第1シリーズ」、「メジャー 第2シリーズ」、「Dr.SLUMPアラレちゃん」、「ボボボーボ・ボーボボ」、「無限のリヴァイアス」(初)、「アルジェントソーマ」(初)がスタート。さらに、21日より「土曜イッキ見」として「オーバーマン キングゲイナー」を毎週土曜、22日より「日曜イッキ見」として「スクライド」を毎週日曜に放送する企画が1話よりスタートする。

世代を問わず、一人でも、家族でも楽しめる「家族アニメチャンネル」では、「クレヨンしんちゃん」のテレビアニメ&映画25周年を記念して、「映画クレヨンしんちゃんシリーズ 毎晩一挙放送だゾ!」と題し、2017年1月1日(日)より劇場版23作品を毎日2本ずつ一挙放送。「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」・「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の元日初放送を皮切りに、シリーズ最高興行収入を記録した「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~」まで23作品を一挙初放送するほか、「美味しんぼ」がレギュラー放送ラインナップとして新たに追加される。

AbemaTV

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
お年玉つき年賀スタンプを発売。総額5億円、最大100万円が当たる「LINEのお年玉」
ついついハンコをなでなでしそう!?柴犬好きのためのはんこ「しばずかん」
「Ameba」が2016年「ブログ流行語」ランキングTOP10を発表。1位「広島」 2位「熊本地震」 3位「不倫」
あのペンパイナッポーアッポーペンが、ついにゲーム化!「LINE:PPAP The Game」配信開始
フレーベル館とソフトバンクロボティクスのコラボで「Pepper」の絵本が登場

【Amazon.co.jp限定】 ご注文はうさぎですか? Blu-ray BOX (キャンバスアート)
佐倉綾音
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2016-12-21




「AbemaTV」、データ通信量を設定できる新機能を提供開始

12769_ext_05_0

インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、サービスの利用環境に合わせて、データ通信量を利用者が自身で細かく設定することができる新機能を2016年11月1日(火)より提供開始した。

この度、新たに提供を開始する新機能は、「AbemaTV」のサービスを利用する際の通信環境に合わせて、「最高画質」「高画質」「中画質」「低画質」「最低画質」の5段階で画質を選択することで、データ通信量を利用者の方が細かく設定することができる機能。これにより、Wi-Fi接続、モバイル通信とそれぞれの利用環境において最適な設定を選ぶことが可能となり、効率的にどこでも安心して利用できるようになる。

また、この他にも「AbemaTV」では、新たな機能として、視聴者が生放送番組に投票という形でリアルタイムに参加ができる「投票機能」の提供も開始する。「投票機能」は生放送番組中に選択画面が表示され、タップで投票参加できるというもので、投票結果をもとに番組を進行するなど、コメント機能よりさらに双方向性の高いコミュニケーションを楽しめる。本機能を活用した企画は、2016年11月1日(火)以降に放送される番組において、順次実施予定となっている。

■「通信量(画質)設定機能」について
「モバイル回線」、「Wi-Fi」それぞれのサービス利用環境において、画質を細かく5段階で設定することが可能だ。

<モバイル回線>
画面サイズに応じて、「低画質」もしくは「最低画質」の項目がデフォルトで設定される。

・最低画質( 1GBあたり約5時間)
・低画質( 1GBあたり約4時間)
・中画質(1GBあたり約3時間)
・高画質( 1GBあたり約1.5時間)
・最高画質(1GBあたり約1時間)

<Wi-Fi>
「自動で最適化」の項目がデフォルトで設定される。

・自動で最適化
・最低画質( 1GBあたり約5時間)
・低画質( 1GBあたり約4時間)
・中画質(1GBあたり約3時間)
・高画質( 1GBあたり約1.5時間)
・最高画質(1GBあたり約1時間)


12769_ext_10_0_L


AbemaTV

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ヤマハ、ネイティブ米語にも対応!自然な「英語」に特化した「男声」の新型ボカロライブラリー
「東京防災」のクリエイティブチームが制作した食べられる防災ブック「東京備食」が発売
通勤・通学に便利!防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」を発売
ネスレ日本「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」を郵便局で発売
「アプリ甲子園R2016」決勝大会を開催
AbemaTV
AbemaTV,Inc.
2016-10-26

Netflix
Netflix, Inc
2016-10-07

Hulu
Hulu Japan LLC
2015-09-14



インターネットテレビ局「AbemaTV」が「Amazon Fire TVシリーズ」に対応

12714_ext_05_0

インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「Amazon Fire TVシリーズ」に対応したと発表した。

この度、「Amazon Fire TVシリーズ」を自宅のテレビに接続し、「AbemaTV」を「Amazon Androidアプリストア」からダウンロードすることで、「AbemaTV」のコンテンツを簡単にテレビで楽しめるようになった。AndroidおよびiOSのスマートフォン・タブレットやPCに追加して、「AbemaTV」をテレビ画面でも簡単に視聴することが可能となり、放送しているコンテンツや利用シーンに合わせて、更にサービスを楽しめる。

「AbemaTV」では、2016年8月より「Chromecast」への対応を開始しているが、今後、「AndroidTV」や「Apple TV」、「AirPlay」への対応、PC向けアプリの提供など、新たなデバイスへの対応を順次行う予定だ。

AbemaTV

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ボス ラテベース 焦がしキャラメル」期間限定で発売へ
日本ワインとシャトー・メルシャンの魅力に触れるイベントを開催
ソニー・エクスプローラサイエンス、ブロック形状の電子タグ「MESHワークショップ」を開催
JRAと「ダビスタ」の史上初のコラボが遂に実現
マピオン季節特集で全国4000箇所の「ご当地グルメ特集」を公開





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ