ITライフハック

Adobe

Creative Cloudと連携してこそ意味があるiPad用スタイラスペン「Adobe Ink & Slide」【デジ通】

アドビのiPad用スタイラスペンとデジタル定規である「Adobe Ink & Slide」が日本で発売となった。これを使うと指での操作が基本のiPadでも、ペンと定規をうまく活用することで曲線や直線がスムーズに描けるようになる。

単なるiPad向けのスタイラスペンとして見た場合、2万円程もする価格は非常に高価だ。ただし、アドビが用意しているiPad用のアプリは簡単にデスクトップ用アプリケーションのCreative Cloudと組み合わせることができ。そして組み合わせたときに本製品が真価を発揮する。Creative Cloudと連携してこそ総合的なソリューションとしての価値が高まる製品となっている。

続きを読む

2014年はホースパワーだ!クレイグ・ティーゲル社長が来年の抱負を語る



これが東京シティ競馬場のVIPルーム!アドビ システムズ、記者懇親会を開催」で紹介したように、アドビ システムズ株式会社は、東京シティ競馬場(TCK)において、記者懇親会を開催した。

会場にて、同社 代表取締役社長 クレイグ・ティーゲル氏にお話をうかがうことができた。

続きを読む

これが東京シティ競馬場のVIPルーム!アドビ システムズ、記者懇親会を開催



アドビ システムズ株式会社は、2013年11月27日、東京シティ競馬場(TCK)において、今年も記者懇親会を開催した。昨年の11月に「アドビ システムズ、プレス向けイベントを東京シティ競馬で開催」で紹介してから、およそ1年ということになる。

同社は、2013年6月から新しいクリエイティブシリーズの提供を開始している。クラウド上のアプリは常に最新版に更新されているためユーザーは「Creative Cloud」に登録することで、常に最新のソフトウェア群を利用できるというものだ。


続きを読む

アドビCreative Cloudへの移行はいつするのがお得?~複数ソフト利用の場合~【デジ通】



昨日、「アドビCreative Cloudへの移行はいつするのがお得?~単一ソフト利用の場合~」でソフト一本だけを利用した場合のコストなどについて解説した。次は、複数のソフトウェアを利用するケースを考えてみたい。

続きを読む

アドビCreative Cloudへの移行はいつするのがお得?~単一ソフト利用の場合~【デジ通】



先日お伝えしたようにアドビのプロフェッショナル向けクリエイティブソフトウェアの最新バージョンは、今後サブスクリプション版の「Creative Cloud」(CC)のみで提供される。

いままではパッケージ版かアップグレード版の支払いを一度すれば、そのバージョンを使い続けることができたが、サブスクリプション型では常に最新バージョンが使える代わりに、毎月一定額の利用料金を支払わなければならなくなった。

従来とはライセンス形態が変わるため、様子見としてとりあえずパッケージ版のCS6や過去のバージョンを使い続ける人もいるだろう。逆にこの機会にサブスクリプション版を試してみようと積極的な人もいるだろう。

CCに移行すると支払額などがどうなるのか、ソフトを1本だけ使用しているケースで調べてみた。



続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ