ITライフハック

Air

ユニットコム、スマホで一眼レフカメラを遠隔コントロールできる「CASE Air」を期間限定で発売

img_138084_1

ユニットコムは、パソコン工房 AKIBA STARTUP (アキバ スタートアップ)にて、CTJが販売しているスマホで一眼レフカメラを遠隔コントロールできる「CASE Air」を2017年9月1日より展示・販売開始した。価格は1万5,000円(税込)。

CASE AirはカメラをWi-Fi化することで、スマートフォンやタブレットなどの端末で、カメラの遠隔操作を実現したカメラアクセサリー。USBでデジタル一眼カメラと「CASE Air」を繋ぎWi-Fiスポットとして通信することで、ライブビューやフォーカススタッキング、パラメータ調整などの操作がスマートフォンやタブレットでできるようになる。

■「CASE Air」機能概要
クイックビュー:撮影した写真を自動的に転送し、大きな画面で確認することができる
パラメータ調整:シャッタースピード/絞り/ISO/ホワイトバランスなどをアプリで簡単調整
遠隔ライブビュー:カメラから離れた場所でも、撮影シーンを見ながら遠隔撮影可能
写真のシェア:インターネット経由であれば撮影した写真を素早くシェア可能
その他:タイムラプス、HDR、長時間露出撮影などの機能も用意。
サイズ:60mm × 40mm × 10mm
重量:50g
Wi-Fi:802,11 b/g/n
有効距離:最大50メートル
バッテリー駆動時間:最大6時間
対応カメラ機種:CanonおよびNikon(詳しくは商品HPを参照)
対応OS:iOS8.0以降、Android 4.0.3以降、Windows7以降、OSX 10.10以降


img_138084_3

img_138084_2


CASE Air

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
レノボ・ジャパン、PHAB2 ProとTangoテクノロジーによる「ONE PIECE」コラボアプリを提供
ファーウェイ初のAIモバイル・コンピューティング・プラットフォーム「Kirin 970」を発表
「WiMAX 2+」のデータ通信速度がさらに高速化。256QAM対応で下り最大558Mbpsを実現
iPhoneやAndroidスマホに最適!サンワサプライ、レザー&木製の高音質Bluetoothスピーカーを発売
「北神急行電鉄×駅メモ! 」コラボグッズだけじゃない!コラボ ヘッドマーク掲出車両を運行へ





アスク、Androidスマートフォンに接続できる360度ビデオカメラ「Insta360 Air」を発表

air (3)

アスクは、Shenzhen Arashi Visionが展開するカメラブランドである、Insta360ブランド製の360度ビデオカメラ「Insta360 Air」の取り扱いを開始すると発表した。発売は3月上旬を予定。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円台前半(税別)。

「Insta360 Air」は、Androidスマートフォンに接続できる360度ビデオカメラ。約26.5gかつ直径37.6mmの軽量コンパクトサイズで手軽に持ち運びでき、Androidスマートフォンのディスプレイを確認しながら、手軽に360度の全天球写真・動画の撮影が行える。

本体前後に備えた魚眼レンズは、F値2.4で、解像度は3040×1520ドットでの静止画撮影に加え、2560×1280ドットでの動画撮影が可能。撮影した静止画や動画は、専用アプリからFacebookやYouTubeなどのSNSに投稿でき、YouTubeと連携させることで、360度動画のライブストリーミング配信も可能だ。

製品ラインナップは、Micro USBまたはUSB Type-Cコネクタ搭載モデルに、ブラック、ホワイト、ピンク、ゴールドの各カラーバリエーションが用意されている。

scene-graph-003


Insta360 Air

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ロジクール、クレカロットとお札用ポケット付きiPhone 7・iPhone 7 Plus用ケースを発売
つながらないを解消!自宅のWiMAX 2+電波を改善する「UQ宅内アンテナ」の受付を開始
DMM mobileで2周年を記念した大感謝祭を開催。豪華賞品が総計2510名に当たる
異素材を組み合わせた、衝撃に強いiPhone用ケース
iPhone所有率が多いのはどんな職業? 女性のスマートフォン利用実態調査。MMD研究所調べ




内蔵バッテリーの膨張で本体修理が必要になってしまったMacBook Air【デジ通】



Ultrabookなどの薄型パソコンやiPhoneシリーズ、7インチ以上のタブレットや小型のデジタルデバイスの多くはバッテリーが本体に内蔵されておりユーザーが自分で交換することができないようになっている。そして一般的な利用方法では2年から3年程度でバッテリーに寿命がきてしまう。その後も十分なバッテリー駆動時間が必要であるのなら、メーカーに依頼してバッテリーを交換してもらう必要が出てくるのだ。バッテリー駆動時間を気にしないなら、そのまま使い続ける事もできるが、経年変化でリチウムイオン電池が膨らんでしまう場合があり、その影響で利用できなくなってしまう可能性がある。

続きを読む

たとえ家族でも横からの覗き見はイヤ! iPad Air用の覗き見防止フィルム

※画像の備品は商品に含まれません。

Appleの10インチタブレット端末「iPad Air」は、重量は500gを切っているが、さすがに10インチタブレットを持ち歩くというより、自宅でくつろいでいる際に使い倒すという人が多いのではないだろうか。もちろん持ち歩いている人もいるだろう。

iPad Airは、そのデザインから人の注目を集めることは間違いない。そのため人通りの多い場所や公共の交通機関の中などで、メール、アプリ操作といったことをしていると、興味深く覗き込んでくる人もいる。




続きを読む

3割の軽量化は体感できる! iPad Airは、軽量化ゆえの優れた使い勝手【デジ通】



11月12日にアップルのiPad Airと、iPad mini Retinaディスプレイモデルが正式に発売開始された。筆者は旧iPadシリーズを利用してきたが第4世代iPadの購入は見送った。

これまでの性能の進化を考えるとそろそろ買い換え時ということで今回は、サイズ以外で基本性能(CPUやメモリー等のスペック)は同じになった小型版のiPad mini Retinaモデルを選んでもいいかなと思い悩んだが、最終的には画面サイズが大きいという理由でiPad Airに決定した。

このiPad Airを使い始めてみて、メリットを肌で感じるのは、何より軽くなった重量だ。従来モデルよりも30%程度軽くなった重量は、あらゆる場面でその軽さを実感できるのだ。

続きを読む

A7チップにRetinaディスプレイと似たようなスペックに見えるiPad Airと新型iPad miniのどっちを選ぶ?【デジ通】



すでにお伝えした通りアップルがiPadの新モデルを発表した。ディスプレイサイズが9.7インチのモデルは薄く軽くなるなどして、名称も「iPad Air」になった。小型で7.9インチモデルの「iPad mini」はRetinaディスプレイを採用し「iPad miniRetinaディスプレイモデル」へと進化した。

日本では小型でも高性能という製品があったりするが一般的にタブレットで同じブランド名の製品なら、大きいサイズの方がスペックを高くして機能に差を付ける。しかし、今回発表されたiPad AirとiPad miniはディスプレイのサイズや本体サイズ・重量以外のスペックはほぼ同じだ。

性能的に同じであるなら同じ使用感ということになるのだろうが、それじゃあどちらを選択したらいいのか? 

続きを読む

触ると欲しくなる!実機写真で見るアップルの「iPad Air」と「iPad mini Retina」



アップルがiPad新モデル発表 薄くて軽量なiPad AirおよびiPad miniがRetina化」で紹介したように、アップルは2013年10月23日、報道関係者向けに新製品のイベントを開催した。イベントは、前半が米国でのメディアイベントの動画、後半がタッチ&トライであった。

今回の目玉ともいえる「iPad Air」と「iPad mini Retina」を実機写真で見てみよう。

続きを読む

アップルがiPad新モデル発表 薄くて軽量なiPad AirおよびiPad miniがRetina化



10月23日、アップルは画面サイズが9.7インチで2048×1536ドット(264ppi)の解像度を持つ新型タブレットの「iPad Air」および、既存のiPad miniをRetinaディスプレイ化し7.9インチで2048×1536ドット(326ppi)の解像度へと進化したiPad mini Retinaディスプレイモデルを発表した。発売は11月中。


続きを読む

アップルの今年前半の目玉は新型MacBook Air この新型MacBook Airの価格は円高にどう影響したのか【デジ通】



既報の通りアップルが2013年のWWDCで正式に発表したハードウェアはMacBook Airのみである。MacBook Airのみ発表日から購入可能であったので“正式に発表”という言葉を、あえて使っている。

なぜならハードウェアの新製品としてMac Proも発表されていたのだが、この製品の発売はまだ先で、スペック等の紹介のみである。買えないので、唯一買えるMacBook Airだけを正式発表と表現したわけだ。個人的に期待していたMacBook ProのHaswell化のアップデートもなく、iPhone 5SやiPad miniといった新端末もなかった。

ここのところ急激に円高が進み1ドル95円台で推移している。先日、急激な値上げを行ったアップルだがMacBook Airの価格決定にどういった影響があったのかチェックしてみよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ