ITライフハック

Amazon

Amazon.co.jpでのお買い物に「ドコモ ケータイ払い」が対応

05_00

NTTドコモは、インターネットでの支払いを月々の携帯電話料金と一緒に合算して支払え決済サービス「ドコモ ケータイ払い」について、2017年6月5日よりAmazon.co.jpに対応したと発表した。

「ドコモ ケータイ払い」は、ネットショッピングの購入代金など、インターネットでの支払いを月々の携帯電話料金と一緒に合算して支払える決済サービス。ネットショッピングサイトが本サービスに対応していれば、spモードまたはiモードを契約しているユーザーは申込み手続きなしで利用できる。

Amazonを利用しているユーザーは、商品購入時のカート画面にて「携帯決済」から「ドコモ」を選択するだけで、「ドコモ ケータイ払い」を利用できるため、クレジットカード情報などの入力をせずに、外出先などでも手軽に買い物ができる。

なお、本サービス開始から6月30日までにAmazonで購入の際、「ドコモ ケータイ払い」で500円以上(税込)を支払うと、抽選でdポイントが最大1万ポイント当たるキャンペーンが実施される。

キャンペーン詳細

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
CMのような風で髪がなびいた写真が一人で簡単に撮影できる「モバイルバッテリー付クールファン自撮り棒」
リンクス、iPad mini 4対応 7.9インチ用ハードケース一体型Bluetoothキーボードを発売
ほぼすべての9~10インチタブレットに対応するユニバーサル キーボード ケース「ロジクール UNIVERSAL FOLIO uK1050」
スマホに繋ぐだけ スピーカー付きマイクでカラオケを楽しめる「スマホでどこでもカラオケマイク」
スマートフォンでの音楽聴取 10代の約6割が「毎日」聴取、定額制音楽配信サービスの利用は9.1%




Amazon「Amazonファーマシー」にて第1類医薬品の販売を開始

01+

総合オンラインストアAmazon.co.jpは、医薬品を取り扱う「Amazonファーマシー」において、第1類医薬品の販売を開始した。販売を開始した第1類医薬品は、大正製薬「リアップX5プラスローション 60mL」、第一三共ヘルスケア「ロキソニンS 12錠」、同社「ガスター10 S錠」など約80点。

現在、薬機法上、第1類医薬品の販売にあたっては使用者の状態等の確認と薬剤師による適正使用の判断・情報提供が義務づけられている。そのため、店舗で第1類医薬品を購入する際は、薬剤師が店舗にいることが必要となり、薬剤師が不在の場合は第1類医薬品を買うことができない。

Amazonファーマシーでは24時間いつでもご注文が可能で(商品の発送は薬剤師の適正使用の確認後)、また、9:00~18:00の時間内であれば薬剤師への問い合わせもいつでも可能とのこと。

さらに、今回販売を開始した第1類医薬品は最短で翌日着の配送が可能なため(地域や注文時間・注文内容等により配送時期が異なる)、忙しくてドラッグストアに行く時間のない人や、外出が難しい高齢の人、また、薬剤師が勤務しているドラッグストアが住んでいる場所の近くにないなど、第1類医薬品を購入するのが困難な人でも、Amazonでは時間や場所を選ばずに第1類医薬品を注文可能だ。

※薬剤師が適正使用でないと判断した場合には、注文はキャンセルとなる。
※提供した情報の内容によっては薬剤師より直接確認する場合がある。
※一定期間内に適正使用の確認が完了しない場合は、適正使用の確認が完了しない第1類医薬品を含む注文に含まれる全ての第1類医薬品の注文がキャンセルとなる。

Amazonファーマシー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
マルツエレック、電気通信大学UECアライアンスセンター内に西東京営業所を開設
「COMPUTEX 2017」の日本語公式サイトオープン
「COMPUTEX 2017」、ロボット&AIなど5つのメインテーマを発表
GlassViewのファウンダー兼CEOジェームズ・ブルックス・ジュニアが語るIoTやスマートウォッチへの広告戦略
国際産業技術、Synologyエンタープライズパートナー&カンファレンスを開催






Amazon、「母の日特集 2017」をオープン

10

総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、2017年5月14日(日)の母の日に向け、この度、「母の日特集2017」をオープンした。

Amazon「母の日特集2017」では、花束・鉢植え・プリザーブドフラワーのほか、お花とお菓子のギフトセットやお酒、家電、キッチン用品・食器、バッグ・ジュエリーなどを用意。今年は、フラワーギフトとして人気の青紫色のカーネーション「ムーンダスト」が全国に配送可能となったうえ、どらやきやカステラ、抹茶スイーツなどの和菓子とセットになったフラワーギフトも用意されている。

Amazonプライム会員向けサービス「Prime Now(プライム ナウ)」では、母の日にあわせて、4月末からプリザーブドフラワーを、また5月12日(金)から生花を届ける予定となっている。

さらに、5月1日(月)から5月14日(日)まで、母の日ギフトをさらにおトクに購入できる「母の日タイムセール祭り」の開催を予定しているほか、母の日以降の5月15日(月)から5月21日(日)までは、母の日当日にプレゼントを渡せなかったユーザーを対象とした「遅れてごめんね、母の日特集」も行われる予定となっている。

母の日特集2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に読売新聞、ananなど新たに22メディアが参画
10周年限定キャラクター登場で「PASMOのミニロボット 探そう!キャンペーン」開催
「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始






アナログとデジタルが融合した新感覚知育玩具「ブロクセル」を4月上旬より発売

main

マテル・インターナショナルは、ゲームに登場するキャラクターや背景をブロックで作り、端末で撮影して実際にゲーム全体をデザインし、自分だけのオリジナルゲームを作ることができる新感覚ブロック玩具「ブロクセル」を、Amazonにて2017年4月上旬より発売する。価格は5,400円(税抜)。

「ブロクセル」は、ゲームのデザイン、ストーリー、プログラムを自由にカンタンに作ることができるキット。持っているタブレット又はスマートフォンに本製品を購入したあと、無料でダウンロードできる「Bloxels Builder app」をダウンロードし、アプリの指示に従って進めていく。

ボード上に8色のブロックをはめこみながら、自分で考えついたゲームのキャラクターやステージを構築し、作成したアートをゲームボードが全部入るようにタブレットを持ち、ボードをキャプチャする。

その後、敵のアクションやパワーアップアイテム、ストーリーの設定を行えば、自分だけのオリジナルのゲームが完成する。キャラクターや背景も静止しているものだけでなく、歩くときやジャンプするときのアートをつくることで、動きの変化をつけることも可能だ。

また、ブロクセルのアプリにはすでに約1万2000ユーザーが世界中で登録されているため、アプリ内で自分が作成したキャラクターをオンライン上で他のユーザーと共有することが可能で、ブロクセルのコミュニティも楽しめる。

■「ブロクセル」概要
発売日: 4月上旬よりAmazonにて数量限定販売
対象年齢: 8歳以上
サイズ(cm): W28.6×D5.1×H28.6
発売元/販売元: マテル・インターナショナル

sub3

sub5

sub9


ブロクセル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
2017年度も石原さとみさんが出演! 東京メトロ「Find my Tokyo.」の新CMを発表
どこでも眠れるあなたにぴったりな快眠姿勢が見つかるトラベルピローを発売
位置ゲーム「駅メモ!」のカメラアプリが登場
定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始




Amazon.co.jpで「ホワイトデー特集2017」をオープン

図2

Amazon.co.jpは、2017年3月14日のホワイトデーに向けて特設ページ「ホワイトデー特集2017」をオープンした。

バレンタインと同じく年々多様化するホワイトデー需要にお応えできるよう、Amazon「ホワイトデー特集」では、スイ―ツはもちろんジュエリーや美容家電、おもしろグッズまで幅広い商品を取り揃えているとのこと。

さらに、特集ページ内では“本命”、“目上の人へ”、また“同僚”、“友人へ”など贈る人別のおすすめ商品をまとめたページをご用意しており、プレゼント選びに悩んでいる方でもお求めの商品を見つけやすいページ作りとなっている。

また今回は、「バチェラー・ジャパン」のバチェラー第1号の久保裕丈さん、スタジオトーク進行役、総合プロデューサーを務める今田耕司さん、番組進行役の坂東工さんにホワイトデーに“本命に贈りたいプレゼント”、“友人に贈りたいプレゼント”、“目上の人に贈りたいプレゼント” 、“会社の同僚に贈りたいもの”についてインタビューを実施。ホワイトデー特集では、それぞれのホワイトデーの思い出エピソードも公開中だ。

ホワイトデー特集2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ストリートファイターII」とトヨタの「C-HR」がコラボ
NTTドコモ、人気のアプリ「SNOW」とタイアップして「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」を実施
「テイルズ オブ アスタリア」をメインテーマにした生放送番組をニコ生とYou Tube Liveで放送
東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ