ITライフハック

Android

JICA、「いまを知る」SNSアプリ「Jhappy」のAndroid版をリリース

main

日本及び世界各国の様々なパートナーと協働し、途上国の開発課題解決のための支援を行っている国際協力機構(JICA:ジャイカ)は、 2017年3月1日に「いまを知る」SNSアプリJhappyのAndroid版をリリースした(iOS版は2016年11月先行リリース)。

このアプリは、誰でも無料でダウンロード・情報発信・閲覧などに利用できるアプリ。 JICAは、既存のHPやSNSに加えてこれを活用し、国際協力支援の現場で起きていることをよりわかりやすく紹介していくとのこと。

また、様々な立場で事業に関わる、または関心のある国内外の人に、情報交換のプラットフォームサービスとして提供することで、より国際協力・交流の現場に近いところからの情報発信、異なる文化や考え方の人々との対話・学びあいの促進に貢献していくとのこと。Jhappyを通して、世界で起きていることを、より身近に感じられるようになるだろう。

■アプリ概要
・名称:Jhappy(ジェイハッピー)
・対応言語:日本語/英語
・配信形式:スマートフォン向けアプリ(iOS、 Android端末)
・利用料:無料
・特徴:
- 国際協力・交流・ボランティアに特化したSNS
- 投稿された国別に情報を閲覧できます。
- テーマ別に投稿を募集するキャンペーンに参加できます。
- 利用に応じポイント・スタンプが獲得できます。
・ダウンロード:AppStore/GooglePlayより「Jhappy」又は「JICA」と検索しダウンロード可能
iOS版: https://appsto.re/jp/keJ0db.i
Android OS版: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.xenlon.jhappy


sub1


Jhappy公式Facebookページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
全国どこからでも電子お薬手帳サービスharmoサービスに参加可能に
コロチキ、瀬戸内の景色豊かで温暖な土庄町をアピール
ソースネクストが老舗ソフトメーカーの筆まめを子会社化
東京メトロ×NTT、表参道駅構内でナビゲーションと広告サービスの実証実験を実施
世界最大級IT関連見本市「CeBIT2017」に「ジャパン・パビリオン」を出展






「テイルズ オブ アスタリア」をメインテーマにした生放送番組をニコ生とYou Tube Liveで放送

名称未設定-1

バンダイナムコエンターテインメントは、スマホゲーム「テイルズ オブ アスタリア~結晶の大地と導きの光~」の公式生放送「スレイとミクリオのアスタリア放送局」を、ニコニコ生放送とYou Tube Liveにて2017年2月22日(水)午後9時より配信すると発表した。

配信中のアプリ「テイルズ オブ アスタリア」では、いよいよクライマックスを迎える「結晶の大地と導きの光」編の主人公スレイと、そのパートナーキャラクターミクリオを迎え、旅を振り返る生スキットや、アスタリアの最新情報をお届けする。

■番組概要
番組名:「テイルズ オブ アスタリア 結晶の大地と導きの光」公式生放送~スレイとミクリオのアスタリア放送局~
放送日時:2017年2月22日(水)午後9時~
出演:木村良平(スレイ役) 逢坂良太(ミクリオ役)
配信プラットフォーム:
ニコニコ生放送:http://live.nicovideo.jp/watch/lv289474242
You Tube Live:https://www.youtube.com/watch?v=ekQ0Ham5Has
※内容は予告なく変更になる場合があります。


テイルズ オブ アスタリア~結晶の大地と導きの光~

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ
「JAEPO×闘会議2017」の来場者数は6万8000人
闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場
今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ





アスク、Androidスマートフォンに接続できる360度ビデオカメラ「Insta360 Air」を発表

air (3)

アスクは、Shenzhen Arashi Visionが展開するカメラブランドである、Insta360ブランド製の360度ビデオカメラ「Insta360 Air」の取り扱いを開始すると発表した。発売は3月上旬を予定。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円台前半(税別)。

「Insta360 Air」は、Androidスマートフォンに接続できる360度ビデオカメラ。約26.5gかつ直径37.6mmの軽量コンパクトサイズで手軽に持ち運びでき、Androidスマートフォンのディスプレイを確認しながら、手軽に360度の全天球写真・動画の撮影が行える。

本体前後に備えた魚眼レンズは、F値2.4で、解像度は3040×1520ドットでの静止画撮影に加え、2560×1280ドットでの動画撮影が可能。撮影した静止画や動画は、専用アプリからFacebookやYouTubeなどのSNSに投稿でき、YouTubeと連携させることで、360度動画のライブストリーミング配信も可能だ。

製品ラインナップは、Micro USBまたはUSB Type-Cコネクタ搭載モデルに、ブラック、ホワイト、ピンク、ゴールドの各カラーバリエーションが用意されている。

scene-graph-003


Insta360 Air

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ロジクール、クレカロットとお札用ポケット付きiPhone 7・iPhone 7 Plus用ケースを発売
つながらないを解消!自宅のWiMAX 2+電波を改善する「UQ宅内アンテナ」の受付を開始
DMM mobileで2周年を記念した大感謝祭を開催。豪華賞品が総計2510名に当たる
異素材を組み合わせた、衝撃に強いiPhone用ケース
iPhone所有率が多いのはどんな職業? 女性のスマートフォン利用実態調査。MMD研究所調べ




3つの端末を記憶して簡単に切替できるタッチパッド付き3つ折りBTキーボード

22952_LvwjCsmfhr

上海問屋は、持ち運びに便利なサイズでありながら、3つの機器を記憶できるタッチパッド付きの3つ折りBluetoothキーボードの販売を開始した。価格は5,999円(税込)。

本製品では、複数の機器を記憶させることができるので、機器が変わる都度、設定をし直す必要がない。さらに便利なタッチパッド付。AndroidやWindowsではマウスとして使用できる。

開閉により、自動で電源管理。閉じるとiPhone7 Plusより若干幅があるくらいのコンパクトサイズ。畳んだ状態では、マグネットで固定されるので、鞄の中で勝手に開くといったこともない。約2時間の充電で、約30~80時間稼動。使わない時は、畳むことでバッテリーの消費を抑えることができる。キーボードの裏側についている黒いスタンドを使えば、タブレットを置くことも可能だ。

■製品仕様
接続・・・・・・・・・・・Bluetooth3.0
サイズ・・・・・・・・・・横158.68mm 縦90.56mm 厚さ116mm(畳んだ状態)
             横278mm 縦90.56mm 厚さ5.65mm(開いた状態)
タッチパッドのサイズ・・・横45.8mm 縦55.2mm
動作範囲・・・・・・・・・最大10m
重さ・・・・・・・・・・・約220g
対応OS・・・・・・・・・・Android iOS Windows
充電時間・・・・・・・・・約2時間
スタンバイ時間・・・・・・最大90日
連続稼働時間・・・・・・・30時間~80時間 ※使用環境により異なります
バッテリー・・・・・・・・210mAh リチウム電池(寿命約3年)
素材・・・・・・・・・・・前面:ABS樹脂 背面:アルミニウム合金
付属品・・・・・・・・・・充電用ケーブル 英語マニュアル
製品保証・・・・・・・・・購入後6か月間


22952_dfBJUsTUEp


DN-914570 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
見た目はすっきりしてるけど、高機能な4 in1 マルチ変換USBケーブル
スポーツ時でも外れにくい安心のイヤーフックイヤホン
スマホとタブレット2画面の作業に便利なスマホ/タブレット用 デュアルアームスタンド
iPhone用ケーブルとUSBメモリが合体!バックアップも充電も便利にできるアイテム
モバイル用キーボード選びの外せないポイントを全て投入したというBluetooth接続二つ折キーボード






LINE MUSIC、累計ダウンロード数が2,000万件を突破。iOS版「LINE着うた」も提供開始

LINE MUSIC_2000万DL突破

LINE MUSICは、同社が運営する定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」(iPhone・Android対応)において、累計ダウンロード数が2,000万件を突破したと発表した。

「LINE MUSIC」は、邦楽・洋楽問わず幅広いジャンルのヒットチャートや新曲をベースに2,400万曲以上の豊富な楽曲ラインナップやプレイリストを揃え、いつでもどこでも利用シーンや気分に応じて様々な楽曲を聴くことができる定額制オンデマンド型音楽配信サービス。

2015年6月のサービス開始以降、プロフィール画面に好みの楽曲を設定できる「BGM設定機能」、無料通話をかけてきた相手に聞こえる“呼出音”などを設定できる「LINE着うた(R)」など継続的なサービスの機能追加・改善を積極的に行っている。また、清水 翔太さんや平井 大さんのスタジオ・セッション・ライブ音源やFlowerのベストアルバム新録曲をLINE MUSICで独占先行配信するなど、新たなレーベル・プロダクションやアーティスト・楽曲の追加し、2016年7月~2016年12月における月間アクティブユーザー(MAU)は最大1,000万人を越えたとのこと。

中でも「LINE」アプリと連動した「BGM設定機能」が好評で、ユーザー全体の約6割が「LINE」を通じて楽曲を視聴している。楽曲を個人で聴いて楽しむだけでなく、友人同士のコミュニケーションの場で音楽と触れ合うという新たな視聴スタイルを提供することで、これまで以上に音楽を身近なものとして提供することが可能となり、その結果、サービス開始から約1年7ヶ月となる2017年1月23日時点で累計ダウンロード数が2,000万件を突破したそうだ。

また、今月18日には「LINE MUSIC」アプリ内で友だちが設定している楽曲を確認できたり、時間帯やシーンに合わせたプレイリストをおすすめしてくれたりなど大規模アップデートを実施、さらに、iOS版「LINE着うた」の提供もスタートした。

■主なアップデート内容
●使いやすくなったTOPメニュー
画面下段に「ホーム」「カテゴリ」「検索」「マイミュージック」を常に表示させ、より手軽に各メニューへの移動を実現するとともに、「ホーム」からLINEの友だちが設定している「BGM」や「LINE着うた®」の確認が可能に。

●より充実したレコメンドプレイリスト
再生履歴を元にユーザー好みのプレイリストを提供する「Weekly Mix」や、"朝の目覚めに合うさわやかな曲""登校時に聴きたい気分のアガる曲"など一日の様々な時間帯やシーンに合わせたプレイリスト等を新たに追加。

●フリックひとつで「お気に入りの登録」や「オフラインに保存」が可能
アーティストやプレイヤーページで各楽曲タイトルを左にフリックすることで、「お気に入り」と「オフラインに保存」ボタンが表示されるので、気に入った楽曲があった時や、後で聴きたいと思った時にはすぐに設定が可能。

●ジャンル別ランキングの表示
「邦楽」「洋楽」「K-POP」「ROCK」「EDM」「アニメ」などジャンル毎のランキングTOP100を閲覧することができる。


LINE MUSIC

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東京都、オープンデータを使った防災アプリのコンテストを開催
「闘会議2017」追加情報“モンスト”新ステージの実施やペルソナ5エレクトーンやダンガンロンパV3ライブ等
有村架純が初めてセルフプロデュースしたセブン&アイ限定の2017年週めくりカレンダー発売
時代を彩った数々のショート・フィルムとともにマイケル・ジャクソンをハイレゾで体感
日産公式プロトラベラーを募集!リーフで旅して報酬1か月30万円






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ