ITライフハック

Bridge

デスクトップ代わりに使える低価格ノート レノボのIdeaPad Z480はIvy Bridege搭載



巷はWWDCで発表されたアップルの新型ノート「MacBook Air/Pro」の話題で持ち切りだ。特にRetinaディスプレイを搭載したMacBook Proは、解像度が2880×1800ドットという超高解像度なので従来の感覚を大きく凌駕する高精細さが魅力だ。PCで作業をしているイラストレータさんや漫画家さん、アニメーターさんなどがこぞって購入したとしてもおかしくないだろう。

そうは言ってもRetinaディスプレイモデルの18万4800円からという値段を考えると、CPUをCore i7の高クロックモデルにしてメモリーを倍に増やしてSSDを768MBにすると余裕で30万円近くになってしまう。確かにそれだけの価値はあるのだが、この厳しい経済状態でかつ先立つものが無い人にとって30万円という金額は、おいそれとねん出できるものではないだろう。

続きを読む

インテル吉田社長の自作PCをパワーアップ!“超”社長PCを作ってみた



インテル社長の自作PCまとめ 吉田社長の個性的な自作機【デジ通】」で紹介したように、インテルの吉田社長は同社の最新プロセッサーをリリースするタイミングで、自作したPCをお披露目するのが恒例となっている。

そんな吉田社長の最新作は、第3世代インテルCoreプロセッサー(Ivy Bridge)の発表に合わせて製作した自作PCだが、そのPCをパワーアップさせた社長PCを超える“超”社長PCとでも言えるPCをDr.クリス氏が作ったとの報告を受けたので、ここで紹介しよう。

続きを読む

インテル最新プロセッサが登場! 新Ultrabookへの採用はいつ? 【デジ通】

デスクトップ向け第3世代インテルCoreプロセッサー


インテルが第3世代インテルCoreプロセッサーファミリーを発表した。コード名はIVY Bridge、22nmの製造プロセスで、より省電力化された最新のプロセッサーになる。デスクトップ向けが11モデル、モバイル向けIVY Bridege製品は、クアッドコアのハイエンド向けCore i7が2モデルとなっており、超低電圧版やCore i7以下のモデルが見当たらない。お披露目と同時に多数の搭載ノートを期待したかったところだが、Ultrabook用のTDPが低いモデルやCore i5/i3などが今回はお預けとなったことで、対応製品の登場もそれに合わせて遅れることになる。続きを読む

石より早く土台が登場! IVY Bridge対応チップセット「Intel 7シリーズ」解禁!



すでにCeBIT 2012で大量に参考出品されていた“IVY Bridge対応某チップセット”の情報開示が4月8日をもって解禁になった。その名も「Intel 7 シリーズ」だ。デスクトップ用とノートPC用で合計11種類が用意される。いずれも第三世代のCore iシリーズであるIVY Bridge対応だ。

続きを読む

聞こえてきたIVY Bridgeの足音!GIGABYTEがCeBIT 2012でIVY Bridge対応マザーを展示



現在ドイツのハノーバーで開催中のCeBIT 2012で、GIGABYTEがSandyBridge後継となる待望の新型CPU、IVY Bridge向けのチップセット「Intel Z77 Express」を搭載したマザーボード「GIGABYTE 7シリーズ」を展示中だ。

続きを読む

4万円台で第2世代Core i搭載!マウスコンピューターの新「LUV MACHINES」はトクか

LUV MACHINES Slimシリーズ


高機能なゲームマシンから低価格デスクトップまで、ニーズにあわせた幅広いラインアップが特徴のマウスコンピューターの最新モデルは、第2世代Core iを搭載しながら4万円台に抑えたコストパフォーマンスの高いマシンだ。
スマートスリムなデスクトップパソコン「LUV MACHINES Slimシリーズ」はCore i3-2100を搭載した「Lm-iS610E」(4万4940円)から、コストパフォーマンスの高いデスクトップパソコン「LUV MACHINESシリーズ」はCore i5-2400を搭載した「Lm-i730B」(4万9980円)からというラインアップになっている。

続きを読む

スカルの目が赤く光る!ハイエンド版のインテル最新マザーを無料でゲット



インテルの新世代CPU「Sandy Bridge」が注目を集めているが、どのマザーボードを使ってパソコンを組み上げるかが問題だ。

新しいCPUに合わせたマザーボードは情報や検証例が少ないこともあり、自作ユーザーも悩みどころでもある。

そんな人に朗報がある。インテルの最新マザーボードが無料でもらえるチャンスだ。無料で入手できるならリスクも少なく、最新CPUを試すことができる。

合計90名が無料でもらえる!Sandy Bridge対応のインテル最新マザーボード」で紹介した「ロクナナ!トリオレビュー」だ。

その第3弾は「インテル デスクトップボードBOXDP67BG」のレビューアー30名の募集だ。2011年2月25日より開始され、レビューアーとしてレポートを提出した人に、もれなくレビュー「インテル デスクトップボードBOXDP67BG」が進呈される。

まずは、「インテル デスクトップボードBOXDP67BG」の性能を見てみよう。

続きを読む

インテルを襲ったチップセットのリコール!PLLトランジスタに問題か



第2世代Core iプロセッサー(Sandy Bridge)がついに出荷され、大きな注目を集めたインテルだったが、その出鼻をくじかれる問題が発生した。
第2世代Core i7、i5プロセッサーのクアッドコアを搭載した製品には、CPUと周辺機器をつなぐためにチップセットとしてインテル 6シリーズ(開発コード名:Cougar Point)が使われている。このインテル 6シリーズチップセットで設計上の問題が見つかった。すでにこの問題を特定し、解決策を講じているとしている。AnandTechによると、Serial-ATA(SATA)ポートを制御するトランジスタに問題があったとのこと。インテルでは、出荷されたシステムの修理や交換などにかかる総費用がおおよそ7億ドルと予想され、2011年第1四半期の売り上げが3億ドル減少する。

続きを読む

【速報】3DノートPCも登場!NEC、2011年 PC春モデル 7タイプ51モデルを発表



日本HPパナソニック富士通など、新年早々、各社から新製品ラッシュが続いている。NECも本日(2011年2月1日)、2011年春モデルを発表した。NECは、個人向けパソコン「VALUESTAR」「LaVie」シリーズ7タイプ51モデルを商品化し、2011年2月3日より順次発売する。

続きを読む

Sandy BridgeでLet'snoteが進化!すべてに最高を追求した「CF-B10」【ITフラッシュバック】

パナソニック AVCネットワーク社 システム事業グループ ITプロダクトビジネスユニット テクノロジーセンター 坂田厚志氏


インテルから第2世代Core iプロセッサー(Sandy Bridge)が登場して以来、各PCメーカーは意欲的なマシンを続々と投入してきた。
そして1月27日、ついにパナソニックが「Let'snote」2011年春モデルとして全5モデルのラインアップを明らかにした。もちろん、Sandy Bridgeを搭載したマシンも登場している。

「Let'snote」は質実剛健で軽量、長時間、高性能でビジネスユーザーだけでなくパーソナルにも人気が高い。そのためどのモデルも注目されているが、その中でも熱い視線を集めているマシンが新しく追加された高性能A4ノートPC「CF-B10」だ。

ITニュースを振り返るITフラッシュバックでは、この「CF-B10」をピックアップしよう。

続きを読む

ビジュアルが次世代に進化!インテルがSandy Bridgeで目指す世界【ITフラッシュバック】



今までになかったビジュアル体験を提供してくれるSandy Bridgeが登場し、さまざまな搭載マシンが発売されている。Sandy Bridgeは、Core iプロセッサーの第2世代目となるが、インテルは何を目指してSandy Bridgeの開発を進めてきたのか?

ITニュースを振り返る「ITフラッシュバック」では、Sandy Bridgeの真の姿に迫ってみよう。

続きを読む

パソコンだけじゃない!Sandy Bridgeが放送/通信装置や工作機械にも進出【Sandy Bridge特集】



高性能な3D対応PCから低価格ノートPCまで、さまざまなパソコンでインテルの第2世代Core iプロセッサー(Sandy Bridge)が使われている。このSandy Bridgeの新たな分野への進出が始まった。

PFUは、インテル最新のプロセッサー、第2世代Core iを搭載し、大幅な性能アップを実現したシステムオンモジュール「AM160モデル150G」を開発した。6月末に出荷開始し、価格は10万6800円となっている。

続きを読む

3Dの美しさが違う!東芝の次世代ノートPCがハンパない魅力に迫る【Sandy Bridge特集】

「dynabook T551」


富士通のグラスレス3Dパソコンや、HPのエンタメやゲーム向けPCまで、さまざまなメーカーからインテルの第2世代Core iプロセッサー(Sandy Bridge)を搭載したパソコンが登場してきている。
ノートPCの国内における2010年年間販売台数でシェア第1位(GfK Japan調べ)の東芝からは、Sandy Bridge搭載3D対応ノートPC「dynabook T551/D8B」が登場した。「T551」シリーズは、3D非対応「T551/58B」がラインアップされ、1月28日から順次発売される。

続きを読む

今年後半はもっと凄いCPUが出る!インテル本社 副社長が緊急来日【Sandy Bridge特集】



自作パソコンが好きなユーザーにとっては、待ちに待った「インテルの第2世代Core i プロセッサー「Standy Bridge」」が発売となった。自作パソコンの聖地とも言える秋葉原では、「Intel Technology Day in Akiba 2011」を開催し、次世代プロセッサーを披露した。

Intel Technology Day in Akiba 2011」では、英漢字書家 國重友美さんによる書き初めの書道パフォーマンスに加え、インテル本社 副社長 スティーブ・ダルマン氏によるスピーチもあった。

続きを読む

プラス1万円でグラスレス3Dに!富士通らしくない発想のPCを投入【Sandy Bridge特集】

富士通の戦略を説明する富士通 執行役員副社長 佐相秀幸氏


9シリーズ22機種が登場した富士通の新モデルは、インテルの最新プラットフォームとしてインテルの第2世代Core i プロセッサー「Sandy Bridge」に対応するほか、新入学・新生活に最適な家でもモバイルでも使える1台「SHシリーズ」の投入、富士通がシェアトップとする「地デジPC」の充実の3点がポイントとなっている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ