ITライフハック

DELL

デル、11型バリューノートPCと小型デスクトップPCを発表

デルは2016年2月9日、都内の会場で発表会を開催し、11型のノートPC「Inspiron 11 3000」シリーズと、小型デスクトップPC「Inspiron マイクロデスクトップ」を発表した。2月9日より受注を開始し、直販価格はInspion 11 3000が3万4,980円から、Inspiron マイクロデスクトップが4万2,980円から(いずれも税別)。
続きを読む

デルより27インチでWQHD(2560×1440ドット)、7万円台のゲーミング対応液晶モニター「S2716DG」

デルは、同社の液晶モニターの新製品として、NVIDIA G-sync搭載、144Hz駆動で1msという高速な応答速度により残像やチラつきのないクリアで滑らかな映像を表示できる「Dell SシリーズS2716DG 27インチワイドゲーミングモニタ」を発表した。

続きを読む

本日から期間限定でオープン!デルの最新製品に触れられる「Dell cafe ~次世代ワークスタイル~」

デルは、インテル協賛のもと、「Dell cafe ~次世代ワークスタイル~」を本日2015年4月14日 から4月16日までの3日間、東京 虎ノ門・Sign霞が関にてオープンする。

続きを読む

デルよりインテルRealSenseカメラ搭載で厚さ6mmのAndroidタブレット「Dell Venue 8 7000」【デジ通】

デルはAndriodタブレット「Dell Venue 8 7000シリーズ」をリリースした。価格は48,980円(税別)からとなっており、低価格モデルではないが、インテルのRealSense Snapshot Depthカメラの搭載、解像度2560×1600ドットの高精細ディスプレイ、本体の厚さ、わずか6mmと様々な特長を持つハイエンド仕様となっている。

続きを読む

利用時の注意点は? デルが投入した5K解像度対応モニター「UP2715K」【デジ通】

デルが先日PC用のモニターとして4Kを超える、5Kの解像度に対応したモニター「UP2715K」を発売した。5K解像度を持つモニターとしては、本体と一体型になるアップルのiMac Retina 5Kディスプレイモデルが先行しているが、Windowsでも5K解像度を利用できるようになる。

ただし、すべての製品でこの5K解像度をフルに活用できるわけではない、ハイエンドの環境が必要になるので注意しよう。

続きを読む

デルからHaswell-EPこと新Xeon搭載のワークステーションPrecisionシリーズが登場【デジ通】

8月末に発表されたHaswell-E、このサーバー向けモデルがHaswell-EPだ。そのHaswell-EPのXeon E5-2600/1600 v3を搭載したワークステーションがデルのワークステーション「Precision」シリーズである。

発売は9月9日より。インテルの公式アナウンスらしきものがなかったHaswell-EPことXeon E5-2600/1600がv2からv3へとひっそりとアップデート。この新しいXeonを採用することでプラットフォームが一新され、AMDとNVIDIAの最新GPUの搭載も可能となっており、ハイエンドワークステーションの性能は一気に向上する。

続きを読む

デルのChromebook 11のポイントはどこにある?【デジ通】

GoogleのChromebook日本市場投入の正式発表を受け、デルから同社製Chromebookが国内市場に投入されたことを紹介した。また、昨日はデルでは日本のユーザーへ自信を持って価値を提供できる状態になってから製品を投入する戦略を取っているということも紹介した。

Chromebookは、どのメーカーの製品も、スペックが似通っている。ということで日本市場に投入されるDell Chromebook 11には、デルならではの特徴があるのか? それを見てみたいと思う。

続きを読む

これは買いだ! DELLのAndroidタブレット「Venue 8」が破格に安い理由【デジ通】

デルから8インチ液晶を搭載するAndroidタブレット「Dell Venue 8」が登場した。1920×1080ドットのWUXGA解像度を持つ8インチの液晶に、64ビット対応するインテルのMerrifieldことAtom Z3480を搭載。Wi-Fiモデルが税込で22,980円というスペックの割に手ごろな価格に設定されているのが大きなポイントだ。

続きを読む

値段優先で判断してはまだダメ! 4Kモニター選びの大事なポイント【デジ通】



3月4日にデルが69,980円の4K解像度を持つ液晶ディスプレイ「Dellプロフェッショナルシリーズ P2815Q 28インチワイドモニタ」(以下、P2815Q)を発売するニュースをお伝えした。同社の4Kモニターとしては3モデル目となるこの製品は、保証体制なども充実したプロフェッショナル向け製品だ。

今回のモデルで用途に応じた4Kモニターのラインナップが、一通りそろった形となる。もちろん今後もラインアップは拡充していく模様だ。ただ、今回の製品は7万円を切っており価格が安い。一般ユーザーで高解像度モニターを求めている人の中には、安いからと購入を検討している人もいるかもしれないが、本製品に限って用途によってははきりと向いていないことがある点に注意してほしい。

続きを読む

純正のオプション類が豊富なデルのWindowsタブレット「Venue Pro」【デジ通】

バッテリー内蔵のキーボードでノートパソコンのようにも利用可能


デルならではの付加価値を持つWindowsタブレット「Venue Pro」シリーズ』で紹介したようにデルはWindowsタブレットのVenue Proシリーズを、同社ならではの付加価値を持つWindowsタブレットとして展開する。

SIMフリーなど競合機種にない特徴を持っているなど6つの付加価値が特徴であることを紹介した。さらに最近のタブレットでは、人気機種でもない限り周辺機器メーカーから登場するアクセサリー類は、そう多くないので純正で提供されるオプションの充実度が非常に重要なポイントとなる。そこで同社から提供されるキーボードを中心とした純正のオプション類をチェックした。


続きを読む

デルならではの付加価値を持つWindowsタブレット「Venue Pro」シリーズ【デジ通】

Venue 8 Proを紹介するデルのクライアント製品・ソリューションマーケティング本部 部長 秋島氏


デルがWindowsタブレットの「Venue Pro」シリーズを発表した。海外ではAndroidタブレットも提供しているデルだが、日本国内市場ではWindowsタブレットに特化して市場に投入する。

現状の同社のAndroidタブレットは、ライバルが多いため多数のAndroidタブレットのひとつでしかなく、デルならではといった付加価値を付けにくいため日本国内投入は見送り、その代わりにライバルに対して付加価値を付けやすいWindowsタブレットを投入する戦略のようである。Venue Proシリーズならではの付加価値とは何か? 同シリーズの発表会で説明されたので紹介しよう。


続きを読む

デル、WiDi&Miracast両対応ワイヤレスモバイルプロジェクター「M900HD」を新発売



デルは、同社のプロジェクターの新製品として、Intel WiDi 3.5 およびMiracastに対応した「Dell M900HDモバイルプロジェクター」(以下、M900HD)を発売した。「M900HD」は前機種「M210X」の後継モデルとなるモバイルプロジェクターの新製品で、ワイヤレスで映像を飛ばすIntel WiDi 3.5 およびMiracastに対応している。持ち運べる1.59kgの重量でLED光源を搭載し900ルーメンという非常に明るい画像を投影できるのがポイントだ。

続きを読む

デルのコンパチノートがHaswell化 デルのXPS12が最新プラットフォームに進化



以前『ディスプレイがくるっと回転してタブレットに! Dell「XPS 12」』で紹介したデルのコンパチノート「XPS 12」がアップデートを行った。第四世代のCore iプラットフォームへと進化した。バッテリーの持ちや演算やグラフィックスといった各部の性能が飛躍的に向上しており、まさにWindows 8搭載のコンパチノートの本領発揮と言っていい仕上がりになっている。


続きを読む

グラフィクス環境を突き詰めたDELL Graphic Proシリーズが登場【デジ通】



デルは動画編集などに強いPCとなる「Graphic Proシリーズ」を発表した。OpenGLといった3D専用APIを使ったオフライン3Dレンダリングや動画のリアルタイムエンコードを行うには、専用のPCとなるワークステーションが提供される。デルもハイエンドワークステーションの「Presicion」シリーズを展開している。

対して「Graphic Proシリーズ」は、デルの「Presicion」や「XPS」、「Inspiron」、「Vostro」シリーズなどと同じように製品群に新しく加わる新シリーズではない。これら既存シリーズから、より動画編集や3Dレンダリングに向くようにスペックを構成してオススメ仕様にしているシリーズになる。

続きを読む

ディスプレイがくるっと回転してタブレットに! Dell「XPS 12」【この冬欲しいWindows8搭載コンバーチブルノート】

130125_dell_win8_01


昨年(2012年)は。AppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。

そんななか、2012年10月26日、Microsoftより発売された新OS「Windows 8」は従来のマウスとキーボードで操作するデスクトップモードのほかに、iPadやAndroid搭載タブレットのように画面に直接タッチして操作できるタイルデザインの新しいインターフェイスが採用されており、それが大きな特長となっている。

タッチ操作ができる新OS「Windows 8」の特長を活かして、ノートPCスタイルとしても、タブレットスタイルとしても利用ができるコンバーチブルマシンの発表がPCメーカー各社から相次いでいる。

そこで、当ブログメディアITライフハックでは、Windows 8搭載コンバーチブルマシンが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいWindows 8マシン選びを探ってみたい。

是非、後悔しないWindows8搭載コンバーチブルマシン選びの参考にしていただきたい。

今回は、Dellから発売された液晶部分をくるっと回転させてタブレットに変身するUltrabookコンバーチブルマシン「XPS 12」を紹介しよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ