ITライフハック

DELL

旧環境やセカンドPC向けの液晶 デルより低価格液晶ディスプレイ2モデル

21.5インチでフルHDの「E2213H」


最近、ハイエンド向けのコストパフォーマンスに優れる液晶をリリースしたり、低価格向けのワイド液晶を出したりと精力的に市場に製品を投入し続けているデル。そのデルより低価格向けの新製品が2モデルリリースされた。

続きを読む

マルチタッチ? 高解像度? Windows 8時代のPC用ディスプレイを考える



先日、デルがリリースした液晶ディスプレイ「U2913WM」という29インチの液晶ディスプレイが驚きの仕様で低価格なのだ。29インチというサイズで4万円を切る39,980円という価格だと「29インチサイズだったら、その程度か別に安くないじゃん」と思うかもしれない。驚くべき点は解像度が2560×1080ドット(アスペクト比21:9)とフルHDを凌駕する解像度であるところだ。



続きを読む

1万円ちょっとの20インチ液晶 デルより低価格液晶ディスプレイ登場



自宅でPCを使っているユーザーすべてが24インチ以上の液晶ディスプレイを設置できるスペースがあるわけではないだろう。自宅内でPC設置用スペースが限られているため仕方なくノートPCを使っていたり、昔から使っている学習机の上に1280×1024ドット(アスペクト比4:3)の17インチ液晶ディスプレイなどを置いてノートPCと接続しているなんて人も多いのではないだろうか。

そろそろ16:9で大画面の液晶が欲しいと考えている独身のリーマン、子供たちのPC用に16:9のディスプレイを買おうかと考えている親御さんなどにオススメしたいのがデルが新しく発売する20インチのワイド液晶Dell Eシリーズ「E2013H」(以下、E2013H)だ。
続きを読む

Windows 8に最適! 10ポイントタッチが可能なマルチタッチ液晶登場!



デルはコンシューマ向け液晶ディスプレイの新製品として23インチでマルチタッチに対応したワイド液晶ディスプレイ「Dell SシリーズS2340T」(以下、S2340T)を発売する。最大で10か所のマルチタッチに対応しており、画像のスクロールから、タップ、タッチ、ドラッグ、ストレッチまで、26日に発売される新OS、Windows 8の操作に最適化されている。

続きを読む

スタイリッシュなモニター新登場 Ultrabookのセカンドモニタに【デジ通】



DELLは日本のモニター市場でエントリーモデルから、ハイエンドのプロユースまで大きく4ラインを展開しており、5年連続シェア1位となっている。今回、コンシューマー向け製品のSシリーズを強化すべく新モデルを発表した。実際に製品を見てきたので紹介しよう。

IPSパネルを使用し、画質などを向上させながら、狭額縁でスタイリッシュなデザインを採用しているが、価格は従来と同等で13,980円からという低コストを実現している。

最近はノートパソコンの利用が多く、そうしたユーザーには外付けモニターは不要になりつつあるが、このような外部モニターと併用する事で利便性も向上する。

続きを読む

もちろん見てきました!デルがはなつUltrabookの本命!写真で見てもカッコイイ「XPS 13」



既報『本命は後からやってくる!デルの新型Ultrabook「XPS 13」がカッコイイ!』でお伝えしたように、デルは最薄部が約6㎜という非常にスリムなUltrabook「XPS 13」を発表した。発表会の現場にて製品版と同等の実機に触れることができたので、さっそく紹介しよう。

続きを読む

本命は後からやってくる!デルの新型Ultrabook「XPS 13」がカッコイイ!



2012年3月13日、デルが新製品説明会を開催。発表の目玉は、同社のUltrabook「XPS 13」だ。腰の軽い同社らしく発表と同時に発売も開始され価格は、Intel Core i5-2467M、メモリ4GB、128GB SSDのスタンダードモデル構成が89,980円からという手頃な価格に設定されている。


続きを読む

ついに発売日が決定!有機ELスマートフォン「DELL Streak Pro 101DL」が凄い



ソフトバンクは、「DELL Streak Pro SoftBank 101DL」(DELL製)を、2012年3月3日(土)より全国で発売すると発表した。

モバイルユーザーからは注目されている製品だが、いったいどこが凄いのだろうか?

続きを読む

【速報】驚くほど薄いボディで性能も充実!最薄部9.9mmの23型液晶モニタ



デルは本日(2011年8月18日)、液晶モニタの新製品として、Dellウルトラスリムシリーズの新製品として、「S2330MX 23インチワイドモニタ(以下、S2330MX)」を同日より発売すると発表した。
価格は、1万7,480円(税・送料込み)。

続きを読む

「X PLATE × DELL Streak セット」が登場!ウィルコムがセット販売をする訳



ビジネスをアップさせるスマホとウィルコムのあわせ技」で紹介したウィルコムが新たな展開を明らかにした。

ウィルコムは2011年6月16日、「X PLATE × DELL Streak セット」を6月24日より発売すると発表した。
「X PLATE × DELL Streak セット」は、質量わずか64gのコンパクトなボディとクールなデザインで発売以来、多くのユーザーに愛用されているセイコーインスツル製電話機「X PLATE」、5インチの大画面液晶を搭載したAndroid2.2搭載のDELL株式会社製スマートフォン「DELL Streak」のセット商品となる。

続きを読む

謎のパソコンの詳細が明らかに!デルらしくない薄型ノートPC



シルバーボディのお洒落なデザイン!デルが謎の薄型ノートPCを予告」でお伝えした謎の薄型ノートPCの詳細が明らかになった。

デルは、15インチノートPCとしては世界最薄クラスとなる厚さ24.6ミリの薄型・超高性能ノートブックPC「Dell XPS 15z」を発売することを発表した。XPS 15zは、最新のテクノロジーを洗練された薄型ボディに収めたモデルとなっている。
価格は、最小構成で9万9,980円(送料・税込み)。

続きを読む

5インチタブレットとの魅力とは!「DELL Streak」日本投入の真実を探る【ITフラッシュバック】

須藤元気さん率いるパフォーマンス集団「WORLD ORDER」とデル コンシューマー&SMB事業本部 マーケティング本部長 原田洋次氏


ソフトバンクモバイルのタブレット「DELL Streak」が、須藤元気さん率いるパフォーマンス集団「WORLD ORDER」とのコラボレーションし、日本を元気にするキャンペーンキャンペーン「DELL Streak Man Project」を開始している。いままでにないキャンペーンを展開するなど、デルが日本のスマートフォン市場へ本気で参入したいことが、見え隠れする。

そこで、最新ITニュースを振り返るITフラッシュバックでは、このAndroidタブレット「DELL Streak 001DL」を取り上げよう。

続きを読む

元気、マルチ、ワールドを発信!DELL Streak Man Project始動

須藤元気さん率いるパフォーマンス集団「WORLD ORDER」


何度も発売が延期され、やっと2010年末に発売されたソフトバンク、デル製Androidタブレット「DELL Streak 001DL」が、須藤元気さん率いるパフォーマンス集団「WORLD ORDER」とのコラボレーションを開始した。

それがビジネスマンを応援し、日本を元気にするキャンペーン「Streak Man Project」だ。「DELL Streak」のメインカラーとなっている情熱の赤に顔を染めた男「Streak Man」が、「DELL Streak」を片手にダンスを繰り広げるというもの。

続きを読む

夢の長時間駆動を実現!早くも登場した、DELL Streak 001DL用大容量バッテリー【モバステ通信】



発売を再延期していた「DELL Streak 001DL」がついに発売された。手軽に携帯できて画面も大きいAndroid端末であるだけに、購入した人も多いことだろう。「DELL Streak 001DL」は、ネットブラウズやメール処理、動画を楽しむなど、様々な使い方ができる反面、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。そこで今回は、「DELL Streak 001DL」で使える大容量バッテリーを紹介しよう。

続きを読む

派手なだけじゃない!超高性能な小型ノートPCが登場

デル「Studio 15」

- 17種類の多彩なラインナップから選べるデザイン -

デル株式会社は、15型のモバイルノートPCの新製品として、最新のインテル Cor i7 プロセッサーを搭載した「Studio 15」の販売を開始した。

■高性能なPCパーツを選択できる
「Studio 15」は、高性能かつデザイン性に優れたノートパソコン。注文時にPCパーツを選択することで、自分好みのノートパソコンにカスタマイズすることができる。

CPUには、Core 2 Duo プロセッサーと比べて、約2倍の処理スピードを発揮するインテル Core i7 プロセッサーを選択することも可能だ。

エンターテイメントに特化した高性能グラフィックを搭載。オプション扱いだが、フルHDでハイビジョン映像を再現することもできる。

■独創的なデザインが魅力
性能だけでなく、デザイン性も重視している。トップカバーは、17種類の中から好みのデザインを選択することができる。
デザインが選択できる「Studio 15」

■5秒でわかる!主な仕様
・Intel Core i7 プロセッサー搭載
・Windows 7 Ultimate 正規版 (日本語版) 64ビットまで選択可能/Windows XP Professional SP3 正規版 選択可能 (Windows 7 Professional 正規版 ダウングレード 64ビット) 32ビット(日本語版) (対象パッケージ限定)
・今までにない高速なマルチタスクが実現
・エンターテイメントに特化した高性能グラフィック搭載
・デジタルメディア作成に最適なパフォーマンスを実現
・フルHD (オプション)でハイビジョン映像を再現
・サブウーファを備えた迫力のサラウンドサウンド
・Design Studioで17種類のデザインから選択可能
・ブルーレイディスク搭載可能
・最大8GBメモリの搭載可能

「Studio 15」製品情報
デル株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
パソコンと家電を融合へ!アイオーデータのやる気が熱い
次元が違う!宇宙最強のゲーミングノートに弟分が登場
メールを活用しよう!できるビジネスマンになるパソコンの技
高性能なゲームノートも登場!ASUSは技術力で勝負

1万円台で全部入り!デル、低価格なオールインワンプリンタを発売へ

「デル オールインワンプリンタV715w」


デル株式会社は2009年11月18日、カラープリント、コピー、スキャン、単独FAX機能が付いた、個人ユーザー、SOHO・小規模ビジネス向けインクジェット複合機のラインナップを刷新し、新たに「デル オールインワンプリンタV715w」など新製品3機種を同日より順次発売すると発表した。

価格は、オープンプライス。市場想定価格は、最上位機種の「デル オールインワンプリンタ V715w」が1万8,420円、ミドルクラスの「デル オールインワンプリンタ V515w」が1万4,920円、そしてエントリークラスの「デル オールインワンプリンタ V313」が1万1,920円。
「デル オールインワンプリンタ V515w」

新製品は、最上位機種の「デル オールインワンプリンタV715w」、ミドルクラスの「デル オールインワンプリンタV515w」、 そしてエントリークラスの「デル オールインワンプリンタV313」の3機種。

従来機種より印刷やコピースピードを向上させたほか、V715wおよびV515Wでは ワイヤレス接続機能に対応しているのが特長。高速印刷やマルチプリントタスクを利用するSOHOから小規模ビジネス、より高機能なプリンタを求める個人など、 手軽にインクジェット複合機を導入したいユーザーに最適なプリンタに仕上がっている。
「デル オールインワンプリンタ V313」

■各機種の特長
「オールインワンプリンタV715w」
・イーサネット搭載によるネットワーク接続が可能なほか、無線LANの内蔵により、ワイヤレス印刷にも対応
・高速・高解像度の印刷/コピー/スキャナ機能
- 印刷速度:A4モノクロ33枚/分、A4カラー30枚/分
- コピー速度:A4モノクロ25枚/分、A4カラー21枚/分
- 印刷解像度:4800×1200dpi、スキャン解像度:1200×2400dpi
- 自動原稿送り装置(ADF) 50枚
・PCを立ち上げなくても送受信ができる単独FAX
・簡単操作が可能な2.4インチカラー液晶パネルを搭載
・「エコ・モード」ボタンを搭載。印刷設定では両面印刷が優先されるほか、停止時の消費電力を抑えるセーフモードへ自動的に移行
・高品位な写真印刷、メモリカードやカメラからのダイレクトプリントに幅広く対応
・ブラックを基調としたボディにホワイトのラインが特徴的な新デザインを採用

「オールインワンプリンタV515w
・無線LANの内蔵により、ワイヤレス印刷に対応
・高速・高解像度の印刷/コピー/スキャナ機能
- 印刷速度:A4モノクロ33枚/分、A4カラー30枚/分
- コピー速度:A4モノクロ25枚/分、A4カラー21枚/分
- 印刷解像度:4800×1200dpi、スキャン解像度:1200×2400dpi
- 自動原稿送り装置(ADF) 35枚
・高品位な写真印刷、メモリカードやカメラからのダイレクトプリントに幅広く対応
・2行表示のモノクロ液晶パネル搭載
・上位機種V715w同様の新デザインを採用

「オールインワンプリンタV313」
・充実の印刷/コピー/スキャナ機能
- 印刷速度:A4モノクロ33枚/分、A4カラー30枚/分
- コピー速度:A4モノクロ25枚/分、A4カラー21枚/分
- 印刷解像度:4800×1200dpi、スキャン解像度:1200×2400dpi
・2行表示のモノクロ液晶パネル搭載
・高品位な写真印刷、メモリカードやカメラからのダイレクトプリントに幅広く対応

「デル プリンタ」詳細情報
デル株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとパソコン関連の記事をみる
モバイラー待望 てのひらPC!A5より小さなパソコン
Windowsアプリ開発環境の定番!「Visual Studio 2010 ベータ2」の提供を開始
急なリスケも怖くない!Googleカレンダーの賢い使いこなし術
フォトスタンドじゃない!ASUS、2万円台の23型ワイド液晶ディスプレイを発表

世界最薄のプレミアムノート!デル、「Adamo XPS」を発表

デル、世界最薄のプレミアムノート「Adamo XPS」


デル株式会社は2009年11月6日、個人向けパソコンのプレミアムブランド「Adamo by Dell」の新製品として、世界最薄のノートパソコン「Adamo XPS」を11月18日より発売すると発表した。
正面から見た「Adamo XPS」

「Adamo by Dell」は、今年3月にデルの個人向けパソコンのラインナップに加わったプレミアムブランド。細部に至るまで徹底したこだわりのデザインが最大の特長となっている。

「Adamo XPS」はAdamo by Delllブランドを冠した第二弾目の製品。卓越したクラフトマンシップとこだわりのデザインの価値を認めるユーザーをターゲットとしている。匠ともいえる平均9.99mm (最薄部9.7mm、最厚部10.3mm)という画期的な薄さを誇る。

Adamoブランドを象徴する唯一無二のデザインを備えた高級感あふれるアルミニウム・ボディに妥協のない先進のテクノロジーを搭載。ボディを浮き上がらせて快適なタイピングを実現する独自システムなど、ユーザーの使い勝手にも配慮されている。
液晶パネルを開いた「Adamo XPS」
左側面から見た「Adamo XPS」
右側面から見た「Adamo XPS」

Adamo XPSの特長
・最薄部9.7mm、最厚部10.3mmを実現した世界最薄ノートパソコン。シルバーを基調とした高級感の高いアルミニウム・ボディを採用
・キーボード部がディスプレイに包み込まれて収納されるような特徴的なデザイン。ボディの開閉には感熱式のラッチシステムを採用。開閉後、ボディを立ち上げるとキーボード部分が浮き上がり、タイピングに適した角度に傾斜する斬新なオリジナル構造
・ユーザー側で交換可能なリチウムポリマーバッテリーを採用。標準の20WHrバッテリーでは最大2時間36分、オプションの40WHrバッテリーでは最大5時間17分のバッテリー駆動が可能
・プロセッサーに超低電圧版のインテルR CoreTM 2 Duo プロセッサー SU9400、チップセットにはグラフィック機能を内蔵したモバイル インテル GS45 Express を搭載し、薄型・軽量モデルながら妥協のないパフォーマンスを提供。OSにはWindowsR 7 Home Premium 64ビット版を採用
・ストレージには高い静粛性と堅牢性を備えた128GB Micro SSDを採用。メモリは4GB デュアルチャネルDDR3-SDRAMメモリを搭載
・白色LEDバックライトを採用した16:9アスペクト比、HD解像度(1366x768)の13.4インチワイド液晶搭載
・質感の高い金属製キートップを採用したフルサイズ・キーボードを搭載。タッチパッドはマルチタッチ・ジェスチャー機能をサポート
・イーサネット、802.11a/b/g/n対応のワイヤレスLANやBluetoothなど多様なネットワークをサポート
・2つのUSBポートと次世代インターフェースのDisplayPortを搭載。DVI接続をサポートする変換コネクタを同梱。(VGA、HDMI接続用もオプションで選択可能)
・Adamo XPSのデザインと統一された各種オプションを用意(DVDスーパーマルチドライブ、ブルーレイコンボドライブ、250GB/500GB USB ハードディスクドライブ)

ノートパソコン 製品情報
デル株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとパソコン関連の記事をみる
東芝、業界最大320GBの1.8型ハードディスクを量産へ
豪華ゲストも登場!レノボ、Windows 7パソコン発売記念イベントを開催へ
日本IBM 伊藤理事が語る!「ホームページ・ビルダー」が人気を得た理由
レノボ 山田氏に聞く!IdeaPadとThinkPadの日本市場でのゆくえ

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ