ITライフハック

FUJITSU

富士通よりWindows 10搭載の個人向け「FMV」「ESPRIMO WHシリーズ」「LIFEBOOK AHシリーズ」新登場

富士通は、個人向けパソコン「FMV」のラインナップを拡充し、最新OS「Windows 10」搭載の新製品として、23型の液晶一体型デスクトップパソコン「ESPRIMO WHシリーズ」2機種、および15.6型ノートパソコン「LIFEBOOK AHシリーズ」2機種の計2シリーズ4機種を10月3日より発売する。

■ハイレゾ音源と「ATOK」に対応した2シリーズ4機種を提供
「ESPRIMO WHシリーズ」の「WH77/W」は、「Windows 10」の生体認証機能「Windows Hello」に対応した3Dカメラを搭載しており、パソコンの前に座るだけでカメラが利用者の顔を認証し自動的に「Windows」にサインインできる。

生体認証機能「Windows Hello」 生体認証機能「Windows Hello」

■23型の液晶一体型デスクトップ「ESPRIMO WHシリーズ」
「ESPRIMO WHシリーズ」は「WH77/W」「WH53/W」の2機種。共にフルHDの大画面はタッチ操作と合わせてペン入力にも対応。付属の専用タッチペンを使って、「Windows 10」の新ブラウザ「Microsoft Edge」でWebページに手書きでメモを残したり、ハイライトしたりできる。

さらに、「WH77/W」にはCyberLinkの写真・動画編集ソフトを搭載。負荷の高い編集作業も高性能CPUを搭載しているためスムーズに行うことができ、タッチペンを使えば切り抜きなどの細かい編集作業も楽に行えるので、本格的な写真・動画編集を楽しめる。

24al
24bl

■大容量・長時間駆動のノート「LIFEBOOK AHシリーズ」
15.6型ワイド液晶を搭載したノートパソコン「LIFEBOOK AHシリーズ」は、最新OS「Windows 10」を搭載した「AH45/W」「AH42/W」の2機種。2機種とも大容量バッテリーを搭載し、「AH45/W」は約8.2時間、「AH42/W」は約8.7時間のバッテリー駆動時間を実現。場所を選ばずに使用可能だ。また、「AH45/W」「AH42/W」ともに約1TBの大容量HDDを採用しているので、容量を気にせず写真や動画、音楽などを楽しむことができる。

24dl
24el

また今回発売する4機種すべて、ハイレゾ対応ヘッドフォン(別売)を接続するだけでハイレゾ音源を聴くことができ、臨場感あふれる高音質なサウンドが気軽に楽しめる。

さらに快適な日本語入力・変換で定評のあるIME(日本語入力システム)である「ATOK」を搭載しているので、長文や話し言葉も誤りなく変換、スムーズな文字入力を実現している。

■Skylakeが選択できるカスタムメイドモデル
カスタムメイドモデルとしては、Skylakeこと最新の第6世代「インテル Core プロセッサー」を選択できる「LIFEBOOK WA2/W」をはじめとした2シリーズ3機種も、富士通ショッピングサイト「WEB MART」において10月3日より順次発売する。2シリーズは「ESPRIMO WW1/W」と「LIFEBOOK WA2/W、WA1/W」で主な特徴は以下、

■23型の液晶一体型デスクトップ「ESPRIMO WW1/W」
23型の液晶一体型デスクトップ「ESPRIMO WHシリーズ」では、16GBメモリー、3TB HDDといった構成を選択できる「WW1/W」を新規に提供。CPUは「インテル Core i3 プロセッサー」、「インテル Core i7 プロセッサー」に加えて、「インテル Core i5 プロセッサー」も選択可能だ。

■15.6型ノート「LIFEBOOK WA2/W、WA1/W」
15.6型ノートパソコン「LIFEBOOK AHシリーズ」では、16GBメモリー、1TB ハイブリッドHDD、256GB SSDといった構成を選択できる「WA2/W」、「WA1/W」を新規に提供。「WA2/W」では、最新CPUの第6世代「インテル Core i5 プロセッサー」、「インテル Core i7 プロセッサー」を選択できる。

価格

製品情報サイト「FMWORLD.NET」
富士通ショッピングサイト「WEB MART」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
3ステップの設定でかんたん接続!「WD Cloud」でパーソナルクラウド環境を楽々構築
TFX規格の電源ユニットに対応するMicro ATX対応スリムPCケースがリンクスから
サードウェーブデジノス、ハイエンドグラフィックス&低消費電力の「AMD Radeon R9 Nano」搭載PC販売開始
無線LAN環境が劇的に改善! ネットギアの高速無線LANルーター「R8000」を試す
475gと超軽量で800ルーメンの高輝度を持つLEDモバイルプロジェクター「QUMI Q6」




自分のパソコンを自分で組み立てる!富士通のパソコン組立体験サービス【デジ通】



最近のパソコンの多くは中国などの外国で生産されている。コストを安くするため工場を海外に置いているためだ。そうした中で富士通などは国内でパソコンを製造している。そうした国内のパソコン製造工場において夏休みといった季節に定期的に一般の子供たちに向けてパソコン組み立て教室が長期に渡り開催されてきた。こうしたパソコン組み立て教室のノウハウを生かした新しいサービスとして「パソコン組立体験サービス」を富士通が開始する。

続きを読む

富士通がクラウドサービスを開始!「My Cloud」はどんな発展をするのか?【デジ通】



富士通が2012年夏モデルPCの発表に合わせ、「My Cloud」というコンセプトを発表した。iPhoneやiPadで高収益を上げるアップルは、端末そのものとiTunesなどのサービスを合わせた事業を展開している。富士通もアップルと同じようにスマートフォンやタブレットPC(SlatePC)を提供しているが、アップルとは異なり、サーバーやスーパーコンピューターといったPCを取り巻く環境全部を自社の製品でまかなえる。こうしたリソースをうまく連携したクラウドサービスを行うことでPC事業をさらに強化していくようだ。続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ