ITライフハック

GTX

マウスコンピュータ、デスクトップ向けCPUと高性能グラフィックス搭載15.6型ノートPCを発売

製品画像1

マウスコンピューターは、デスクトップパソコン向けCPUと高性能グラフィックスによる高速な処理性能を15.6型のノートパソコンに搭載することで、デスクトップパソコンの処理速度とノートパソコンの利便性を両立した新製品「m-Book P500シリーズ」を2017年7月24日(月)より販売開始する。価格は9万9,800円(税別)から。

本製品はデスクトップパソコン向けのCPU「第7世代インテル Core プロセッサー」と、動画編集や3DCG描写を高速に処理する外部グラフィックス「GeForce GTX 1050」を搭載している。ノートパソコン向けのCPUを搭載した製品に対して動画圧縮時間を約35%短縮することができる。

また、高速なデータアクセスを可能とするSSD(M.2形状)を2基と、大容量の保存領域を有するHDDを1基同時に搭載可能な拡張性を備えており、大容量の動画や写真の読み出しや保存にも適している。

これにより、自宅やオフィスの中の移動を軽快にし、場所を選ばずパワフルな性能を発揮できるため、ノートパソコンをはじめて買う人からクリエイターまで、幅広い層にオススメできる製品だ。

IOポート


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
「LEVEL∞」より第7世代 Core i7とGeForce GTX 10シリーズを搭載したコンパクトゲームパソコンが登場
アスク、CORSAIR製のゲーミングキーボード「K68 Red LED」を発表
Synology、Wi-Fiルータ「RT2600ac」および「VPN Plus」を発表
富士通、デスクトップパソコン「ESPRIMO FH90/B2」を新発売
歩けるVRお化け屋敷が登場「呪いのVR体験会」を開催






ドスパラ、GeForce GTX 10シリーズ発売記念イベントを開催

22952_jIlzDzEaUf
ドスパラは、2016年6月25日(土)午後2時よりドスパラ秋葉原本店にて、GeForce GTX 10シリーズ 発売記念イベントを開催する。


イベントには、ゲストとして“改造バカ”ことテクニカルライター 高橋敏也氏、NVIDIA チャネルマーケティング&セールスマネージャー 高橋一則氏、NVIDIA コンスーマー マーケティングマネージャー 谷口純也氏が登場。最新グラフィックカードGeForce GTX 10シリーズの紹介を行う。

さらに、6月25日(土)発売予定のGeForce GTX 10シリーズ Palit製オリジナルファンモデルも登場。イベント後半では、元FPSプロゲーマーである谷口氏との豪華景品を賭けた対戦イベントを開催する。なおイベントの様子はニコニコ生放送にて中継される。

■GeForce GTX 10シリーズ 発売記念イベント
・日時:2016年6月25日(土)
第1部 14:00~14:50
・高橋敏也氏によるGeForce GTX 1080/1070 Palit製品紹介
・NVIDIA 高橋一則氏による NVIDIA 技術紹介
・豪華景品が当たる!ジャンケン大会

第2部 15:15~16:55
・元FPSプロゲーマーNoppo氏(谷口純也氏)と対戦
 豪華景品を賭けたCounter-Strike: Global Offensive大会
 ※整理券方式となります。
・豪華景品が当たる!ジャンケン大会
・会場:ドスパラ秋葉原本店


イベント詳細ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本エイサー、ブロックを追加するだけで自分好みの機能アップができるスリムデスクトップを発売
マウスコンピューター、3万円台のSSD搭載ノートPCを限定で8000台発売
KingstonのゲーミングブランドHyperXからXbox公式認定ゲーミングヘッドセット「HyperX CloudX」を発売
インテルの高速SSDが無料入手できる!?ZIGSOWでレビュアー30名を大募集<PR>
マウスコンピューター、オンライン対戦アクション「真・三國無双Online Z」推奨PCを販売開始







ビックカメラグループでしか買えない限定販売グラボ「ZOTAC GeForce GTX 970 AMP Edition」

アスクは、NVIDIA GeForce GTX 970を搭載するZOTAC製グラフィックスボード「ZOTAC GeForce GTX 970 AMP Edition」を発表した。同製品はビックカメラグループ様限定モデルとして発売される。
続きを読む

CFD販売、GIGABYTEおよび玄人志向の最新GPU「NVIDIA GeForce GTX 980Ti」搭載カードを発売

GIGABYTEおよび玄人志向ブランドのパーツを扱うCFD販売より、NVIDIAのMaxwellアーキテクチャのハイエンドGPUとなるGeForce GTX 980 Tiの登場を受け、同社が取り扱うGIGABYTEおよび玄人志向から、GeForce GTX 980 Ti搭載カードを販売する。

続きを読む

ドスパラより最新GPU「NVIDIA GeForce GTX 980Ti」を搭載した「Palit NE5X98T015JB-PG600F」

株式会社ドスパラは、2015年6月1日(月)7:00より、ドスパラ通販サイト及びドスパラのパーツ取り扱い店舗にて、NVIDIAの最新GPU「NVIDIA GeForce GTX980Ti」搭載のPalit製グラフィックカード「Palit NE5X98T015JB-PG600F」の販売を開始した。

続きを読む

ZOTACより補助電源不要でファンレス駆動のGeForce GTX 750搭載グラフィクスカード

アスクは、NVIDIA GeForce GTX 750を搭載するZOTAC製グラフィックスカード「ZOTAC GeForce GTX 750 1GB ZONE Edition」を発売する。ヒートパイプによるファンレス駆動、そしてMaxwellの特徴である低消費電力によって補助電源が必要ないのポイントだ。

続きを読む

NVIDIAよりKeplerの最高峰GPUと次世代アーキテクチャMaxwell採用GPUが登場

GeForce GTX TITAN BLACKを搭載する「ZOTAC GeForce GTX TITAN BLACK」


2012年にFermiからKeplerへと世代が変わったNVIDIA GeForceシリーズのアーキテクチャー。そのまま2013年、204年とKeplerアーキテクチャーのGeForceシリーズをブラッシュアップしつつ製品をリリースしてきた。

中でも最上位のGeForce GTX TITANは10万円近くするグラフィックスカードながら、その高性能さで他の追従を許さないほどであった。その最高峰のGeForce GTX TITANを凌駕するKeplerアーキテクチャーの新たな最高峰GPUとなる「GeForce GTX TITAN BLACK」が登場した。


続きを読む

「Twin Frozr 4S」採用でGeForce GTX 660搭載のMSI「N660GTX Twin Frozr 4S OC」登場



アスクは、NVIDIA GeForce GTX 660を搭載するMSIのグラフィックスボード「N660GTX Twin Frozr 4S OC」を発売する。「N660GTX Twin Frozr 4S OC」は、KeplerアーキテクチャのミドルレンジGPU「GeForce GTX 660」を搭載。コアベースクロック、ブーストクロック共に大幅にオーバークロックされたモデルとなり、クーラーには冷却性能と静音性を強化したMSI最新GPUクーラー「Twin Frozr 4S」を搭載している。



続きを読む

GIGABYTEよりNVIDIAのGeForce GTX760、GTX 780搭載グラボ登場



GIGABYTEよりNVIDIAのGeForce GTX760を搭載する「GV-N760OC-4GD」、GeForce GTX780を搭載したグラフィックスカード「GV-N780OC-3GD REV2」が登場した(取り扱いはCFD販売)。いずれもオーバークロック仕様となっておりGV-N760OC-4GDは、ベースクロックを980MHzから1085MHz、ブーストクロックを1033MHzから1150MHzにオーバークロック。GV-N780OC-3GD REV2はベースクロックを863MHzから954Hz、ブーストクロックを900MHzから1006MHzにオーバークロックしている。上位モデル、GeForce GTX TITANとほぼ同等の性能を発揮するとしている。

続きを読む

ミドルレンジの700番台GeForce登場 NVIDIAのGeForce GTX 760搭載カード登場



現状でKeplerアーキテクチャーを採用するGeForce GTXシリーズの700番台はGeForce GTX 780、GeForce GTX 770の2製品が存在していた。GeForce GTX 780搭載カードは8万円台後半から10万円台、GeForce GTX 770が5万円台後半から6万円台前半といった値段で、おいそれと手が出せる価格ではなかった。最上位のGeForce GTX TITANは12万円超と雲の上の存在だ。パフォーマンスと価格が手ごろなミドルレンジのクラスのGeForce GTXシリーズの700番台が待たれていたが6月25日に、まさにミドルレンジとなるGeForce GTX 760が発表となった。


続きを読む

ノート用GPUがKeplerへ完全移行 GeForce GTX 700Mシリーズが登場 【デジ通】



本日、朝6時、NVIDIAがノートパソコン用のGPU GeForce GT 700Mシリーズの上位モデルとなるGeForce GTX 700Mシリーズを発表した。4月1日に発表されたGeForce GT 700Mシリーズの上位モデルとなる。GT 700Mシリーズは、下位モデルにFermiアーキテクチャを残していたがGTX 700Mシリーズは、全モデルがKeplerアーキテクチャとなる。Kepler登場から1年を経てようやくノートPCでもデスクトップ版と引けを取らないグラフィックス性能を持つことになる。

5月23日にデスクトップパソコン向けのGeForce GTX 780が発表され、30日に下位となるGTX 770が発表されたが、このノートパソコン版とも言えるGeForce GTX 780Mも含まれる。日本では、ゲーミングPC市場は大きくはないが、今後発表されていくミドルレンジからハイエンド向けのノートに採用されていくとみられる。


続きを読む

人気ゲームが落とせるクーポン付 MSIよりGeForce GTX 770搭載グラフィックスボード



NVIDIA社最新のハイエンドGPU、GeForce GTX 770の発表を受け、同GPUを搭載するMSI社製グラフィックスボード「N770GTX Twin Frozr 4S OC」を発売する。「N770GTX Twin Frozr 4S OC」は、1536ユニットのCUDAコアを搭載する最新のNVIDIAのKeplerアーキテクチャ採用の新GPU「GeForce GTX 770」を搭載している。


続きを読む

NVIDIA最新GPU搭載カード アスクよりZOTAC製Geforce GTX 770搭載カード登場



アスクは、NVIDIA社最新のハイエンドGPU、GeForce GTX 770を搭載するZOTAC社製グラフィックスボード「ZOTAC GeForce GTX 770」を発売する。「ZOTAC GeForce GTX 770」は、1536ユニットのCUDAコアを搭載するNVIDIAのKeplerアーキテクチャ採用の最新GPU「GeForce GTX 770」を搭載。

続きを読む

GeForce GTX770搭載PC ドスパラのゲーミングPCにNVIDIA GeForce GTX770モデル登場



株式会社サードウェーブデジノスは、2013年5月30日より、同社のゲームPCブランド「GALLERIA」シリーズに、最新のハイエンドグラフィックスNVIDIA GeForce GTX770を搭載した「GALLERIA XF-Z」を追加した。全国21の「ドスパラ」各店舗およびドスパラ通販サイトにて販売を開始する。


続きを読む

MSIからグラボ2枚 GeForce GTX 650 Ti Boost、AMD Radeon HD 7790搭載モデル





アスクは、NVIDIA GeForce GTX650 Ti Boost、およびAMD Radeon HD 7790を搭載するMSI製グラフィックスボードを2製品を発表した。GeForce GTX650 Ti Boostを搭載するのが「MSI N650GTX-Ti Twin Frozr III OC BE」でRadeon HD 7790を搭載するのが「MSI R7790 ARMOR 1G OC」だ。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ