ITライフハック

GeForce

マウスコンピュータ、GeForce GTX 1050搭載の17.3型大画面ノートパソコンを発売

01_正面

マウスコンピューターは、17.3型の大画面液晶パネルと最新グラフィックスを採用したハイスペックノートパソコンを2017年6月8日(木)より発売する。価格は11万9,800円(税別)から。

17.3型の大画面液晶パネルを採用した「m-Book W875シリーズ」は、最新グラフィックス「GeForce GTX 1050」と、第7世代の最新CPU「インテル Core i7-7700HQ プロセッサー」を搭載することで、写真の閲覧や動画の視聴だけではなく、編集作業も大画面で快適に行うことができる。

また、Windows 10へのログインを簡単にする、指紋センサーを標準搭載。指紋による個人識別で、アカウントの使い分けが簡単なほか、パスワード管理のわずらわしさや、パスワードを盗み見られる心配から解放され、手軽に安全なセキュリティを実現する。

m-Book W875シリーズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
インバースネット、Ryzenシリーズ搭載デスクトップパソコンを発売
障害が発生しても迅速に対応できるネットワーク管理ソフト「IO Navi」
ロジクール初、ゲーミングで培った技術を応用した一般向けメカニカルキーボードを発売
JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売
プラネックス、様々な機器から安全に使えるVPNルータ・OpenVPN専用「かんたんOpenVPN」を発売






NVIDIA、賞金総額60万円のeSportsトーナメント、「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」を開催

01

NVIDIA Japanは2017年5月20日(土)より、日本の eSports シーンをさらに盛り上げ、GeForce GTX が提供する「究極のゲーミング体験」をプレイヤーにより多く届けるため、eSports トーナメント「GeForce CUP」を開催する。

今回は、全世界のプレイヤー数が 2,500万人を誇る Blizzard Entertainmentの新感覚 FPS、「Overwatch」PC 版で賞金総額 60 万円を懸けた大会となる。

大会のグランドファイナルとして、トップ2位のチームには、秋葉原 UDX THEATER にて戦い、優勝チームへの表彰式を行う。最新鋭の機器を備えた空間で臨場感と緊張感のある観戦や、来場した人にも楽しめるイベントを企画しているとのことだ。

■開催概要
イベント名:GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞
主催:NVIDIA Japan
参加費:無料
協賛:
・プラチナ協賛 GAMING BASE LEVEL∞ by iiyama
・ゴールド協賛(50音順)ELSA、GIGABYTE、ZOTAC、PALIT
・賞品提供 RAZER
日程:
・予選トーナメント: 2017年5月20日(土)
・決勝トーナメント :2017年5月21日(日)
・グランドファイナル:2017年6月3日 (土)
ゲームタイトル:Overwatch (Blizzard Entertainment)
参加対象:どなたでもご参加可能(プロ、アマチュア不問)
参加方法:参加登録および大会ルール詳細は JCG 特設サイトを参照のこと。
大会ゲスト:
・MC:STANSMITH
・解説:NONKE
内容:賞金総額60万円のオンライントーナメント。本大会は全 3 日間で行われ、予選トーナメント、決勝トーナメント、グランド ファイナルの 3 部構成で行われる。
賞金:優勝チーム 42万円 / 準優勝チーム 18万円 /3位 賞品贈呈


配信ページ
NVIDIA特設ページ
参加ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ライフイズテック、「進撃の巨人」のキャラクターや世界観でデザインが学べる「創造兵団」を開催
羽田で偽家康騒動? はねだ江戸まつり2017~母上感謝祭~本日より開催中<PR>
「アイドルマスター シンデレラガールズ」とスニッカーズのコラボレーション企画の第3シーズンを開始
FINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」に菜々緒さんが挑戦
会社員1,000人に聞く 2017年夏のボーナス調査(マクロミル調べ)




G-Tune、GeForce GTX 1050 Tiを搭載する14型コンパクトゲーミングノートを発売

NGNi4400_GTune_left

マウスコンピュータのゲーミングパソコンブランド「G-Tune」は、持ち運びに便利な14型コンパクトゲーミングノートパソコン「NEXTGEAR-NOTE i4400シリーズ」を発売した。

外出先でも見やすいノングレア処理液晶、視認性の高いバックライト付きキーボード、USB3.1や各種の外部接続端子を備え、家でも、持ち運び先でも便利に使うことができる。

また、持ち歩くことが多いACアダプタにも配慮し、前モデル比で約2割コンパクト化。軽量化することで、携帯性を向上した。

ゲームプレイをアシストするキーボード用ユーティリティや、サウンド効果を拡張するソフトウェアを搭載し、より快適にゲームを楽しむことができる。

スペック面では、インテル Core i7-7700HQ プロセッサーとGeForce GTX 1050 Tiを採用することで、前モデル比で約1.4倍のグラフィックス性能を実現した。

■NEXTGEAR-NOTE i4400シリーズ(例)
<NEXTGEAR-NOTE i4400BA1> お求めやすいエントリーモデル
・Windows 10 Home 64ビット
・インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
・GeForce GTX 1050 Ti (4GB)
・8GB メモリ (8GB×1)
・500GB HDD SerialATAII 5400rpm
・14型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
・IEEE 802.11 ac/a/b/g/n・Bluetooth(R) V4.2

販売価格 12万9,800円(税別)

<NEXTGEAR-NOTE i4400GA1> SSD&HDD搭載、メモリ追加で快適モデル
・Windows 10 Home 64ビット
・インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
・GeForce GTX 1050 Ti (4GB)
・16GB メモリ (8GB×2/デュアルチャネル)
・256GB SSD SerialATAIII M.2規格
・1TB HDD SerialATAII 5400rpm
・14型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
・IEEE 802.11 ac/a/b/g/n・Bluetooth(R) V4.2

販売価格 14万9,800円(税別)


NGNi4400_GTune_backleft


製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
圧感知ペン付き8インチタブレット「raytrektab DG-D08IWP」を4月27日に発売
G-TuneでRampageのe-Sports大会優勝記念セール開催
Microsoft、Windows 10 Creators Update を4月11日より順次提供開始
パソコンのUSBポートから映像出力を可能にするUSB3.0(2.0)-HDMI変換アダプタ
VRに便利な背負えるバックパック型PC「GALLERIA VR WEAR」を発売






ASUS、取り外し可能な水冷ユニットを装備するハイエンドゲーミングノートPCなどを発表

1_NB-GX800VH

ASUS JAPANは2017年3月30日、、ASUS ROG(アールオージー:Republic of Gamers)シリーズをはじめとしたゲーミング向けノートPC6製品、デスクトップPC 2製品3モデルの計9モデルを春のゲーミングラインナップとして発表した。2017年4月1日(土)より順次発売する。

極限のオーバークロックを実現する、取り外し可能な水冷ユニットを付属する超高性能なゲーミングノートPC「ROG GX800VH」は、前モデルよりも一回り大きく大画面18.4型の迫力ある筐体に、最新世代のIntel Core i7-7820HKプロセッサーとNVIDIA SLI技術に対応したNVIDIA(R) GeForce(R) GTX1080を2枚、NVMe接続の512GB SSDを3枚 RAID 0で搭載する。

そのほか、120Hzの高リフレッシュレートで圧倒的ハイスペックの「ROG G701VIK」、4K UHD液晶搭載の「ROG G752VS」、ゲームをどこでも思い切り楽しめる15.6型のハイパフォーマンスゲーミングノートPC「ROG STRIX GL502VS」、ゲームパッドが付属するカジュアルゲーミングノートPC「FX502VM」、ゲームも動画編集もクリエイティブに楽しむカジュアルゲーミングノートPC「FX553VD」の6製品を発売する。

デスクトップPCには、最高4.5GHzで動作する最新世代のIntel Core i7-7700Kプロセッサーと、ROG GX800VHと同様、NVIDIA SLI技術に対応したNVIDIA GeForce GTX1080を2枚搭載し、筐体側面からのぞく基盤を好みのイルミネーションカラーに設定できるASUS Aura機能に対応したモンスター級のハイパフォーマンスデスクトップPC「ROG GT51CH」と、筐体はコンパクトながら妥協のない性能を誇る「ROG G20CI」、NVIDIA GeForce GTX1080を搭載したハイエンドモデル「G20CI-K7P1080」とNVIDIA GeForce GTX1070搭載したミドルレンジモデル「G20CI-K7P1070」の計3モデルが用意される。

■ゲーミングノートPC
取り外し可能な水冷ユニットでオーバークロックが可能な18.4型ゲーミングノートPC
(ASUS Aura機能搭載 英語キーボード)
------------------------------------------------------------
製品名:ROG GX800VH
型番 :GX800VH-GY004T
    発売予定日:2017年4日7日(金)
    価格:オープン価格(予想実売価格:73万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

圧倒的ハイスペックの17.3型高性能ゲーミングノートPC(英語キーボード)
------------------------------------------------------------
製品名:ROG G701VIK
型番 :G701VIK-BA045T
    発売予定日:2017年4日1日(土)
    価格:オープン価格(予想実売価格:40万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

驚愕の高精細さで映し出す4K UHD液晶搭載17.3型ゲーミングノートPC
------------------------------------------------------------
製品名:ROG G752VS
型番 :G752VS-GB387T
    発売予定日:2017年4日1日(土)
    価格:オープン価格(予想実売価格:34万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

ゲームをいつでもどこでも、思いっきり楽しむ、15.6型のハイパフォーマンスゲーミン
グノートPC
------------------------------------------------------------
製品名:ROG STRIX GL502VS
型番 :GL502VS-FY353T
    発売予定日:2017年4日1日(土)
    価格:オープン価格(予想実売価格:22万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

PCゲームがもっと身近に、ワンランク上の15.6型カジュアルゲーミングノートPC
------------------------------------------------------------
製品名:FX502VM
型番 :FX502VM-FY324T
    発売予定日:2017年4日1日(土)
    価格:オープン価格(予想実売価格:16万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

ゲームも動画編集もクリエイティブに楽しむ、ワンランク上の新世代15.6型カジュアル
ゲーミングノートPC
------------------------------------------------------------
製品名:FX553VD
型番 :FX553VD-FY381T
    発売予定日:2017年4日1日(土)
    価格:オープン価格(予想実売価格:11万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

2_NB-ROG

3_NB-FX


■ゲーミングデスクトップPC
すべてがモンスター級、デュアルGPU搭載オーバークロック対応水冷ゲーミングデスク
トップPC
------------------------------------------------------------
製品名:ROG GT51CH
型番 :GT51CH-1080SLI
    発売予定日:2017年5月中旬以降
    価格:オープン価格(希望小売価格:69万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------

ゲーミングデスクトップPCに小型化の革命を。サイズに妥協のないパワフルマシン
------------------------------------------------------------
製品名:ROG G20CI (GeForce GTX 1080、SSD512GBモデル)
型番 :G20CI-K7P1080
    発売予定日:2017年5月中旬以降
    価格:オープン価格(希望小売価格:30万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------
製品名:ROG G20CI  (GeForce GTX 1070、SSD256GBモデル)
型番 :G20CI-K7P1070
    発売予定日:2017年5月中旬以降
    価格:オープン価格(希望小売価格:22万9,800円(税別))
------------------------------------------------------------


4_DT-ROG


ASUSゲーミング全国イベント~最強で最高のゲーミング新製品を体験~

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
パソコンのUSBポートから映像出力を可能にするUSB3.0(2.0)-HDMI変換アダプタ
VRに便利な背負えるバックパック型PC「GALLERIA VR WEAR」を発売
COUGAR、8色バックライト搭載の薄型ゲーミングキーボード「COUGAR VANTAR Gaming Keyboard」を発売
GALLERIA「ファイナルファンタジーXIV」推奨パソコンに「KabyLake」搭載モデルを追加
日本エイサー、ゲーム初心者にも持ち運べるゲーミングPCとしても最適な15.6型ゲーミングノートPCを発売






日本エイサー、ゲーム初心者にも持ち運べるゲーミングPCとしても最適な15.6型ゲーミングノートPCを発売

As_VX5-591G_02_main

日本エイサーは、Aspireシリーズより、ゲーム初心者にも、持ち運べるゲーミングPCとしても最適な15.6型高性能ゲーミングノートPC「VX5-591G-H58G」を2017年4月7日(金)より発売する。

本製品は、ハイスピードでパワフルな最新処理性能を持つ第7世代インテルCore i7プロセッサーを搭載。最新のGPUアーキテクチャのNVIDIA Geforce GTX 1050も採用されており、高品質な映像と最高のプレイ環境で、高負荷のゲームでもストレスなく快適に楽しめる。

ディスプレイにはIPS方式を採用。斜めから見ても画面の明るさや色味が落ちないため、フルHDの大画面をどの角度からでも楽しめる。サウンドは、Acer True HarmonyとDolby Audio Premiumを採用。2基のスピーカーからでるサウンドは圧倒的な臨場感を演出してくれる。

また、2つのファンで排熱効率を高め、CPUの温度上昇による処理速度低下を抑え、高機能を最大限に発揮。リア部に目立つ2つの大きな排熱孔は、実用性を計算したこだわりの角度とデザインにより、美しさを損ねない特徴的なデザインに仕上げられている。

製品概要

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 1080Ti搭載ゲーミングPCを発売
ロジクール、レーザーが出なくワンタッチのズーム機能を持つ「ロジクール Spotlight」を発売
深夜じゃないぞ!ドスパラ、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」を早朝販売
LIVA(Windows10)にHDMIケーブルと無線マウス/キーボードを同梱したセットモデルを発売
リンクスインターナショナル、Steamコントローラー、Steamリンクの取り扱いを開始




サードウェーブデジノス、GeForce GTX 1080Ti搭載ゲーミングPCを発売

サードウェーブデジノスは、圧倒的な性能と機能を備えた最新鋭ハイエンドグラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1080Tiを搭載したゲームPC「GALLERIA ZZ」を発売する。価格は23万9,980円から(税別)。

「16nmプロセス」と「Pascal」アーキテクチャを採用、現在最高クラスのグラフィックスカードGeForce GTX 1080にくらべて演算用のCUDAコアを2560から3584ユニットに、メモリの最大動作クロックを5000→5505MHzに大幅に強化したNVIDIA GeForce GTX 1080Ti。

負荷状態に応じてクロックを引き上げるGPU Boost機能も、より最適化が図られ、これまで以上に高い画質設定でもスムーズな描画が可能だ。

同時に、高速データ転送が可能な「GDDR5X」を採用するメモリも、8GBから11GBに大増量し、膨大なテクスチャーデータを誇る4Kの最新ゲームや、今後ますます普及していくVR(仮想現実)用ヘッドマウントディスプレイでの描画を劇的に高速化する。

このほか本体には、高性能と省電力を両立した第6世代「Skylake」をさらに改良した製造プロセス「14nm+」を採用した最新「第7世代 インテル Core プロセッサー」を搭載。電力効率が12%向上、高負荷時により効率的に性能を発揮する。

対応メモリはDDR4-2400に対応し、第6世代のDDR4-2133サポートから12.5%の高速化。リアルタイムレンダリングなどの高負荷が持続する用途はもちろんのこと、瞬間的に負荷が高くなるオフィス作業などのビジネス用途でも快適に動作する。

筐体にはゲームPCブランド「GALLERIA」専用に作られた、冷却性能に優れるミドルタワーの「KT」ケースを採用。高負荷が続くゲームプレイ時もケース内温度を低く抑え、性能をフルに発揮させることができ、高い剛性により、ケースファンやドライブなどの振動による不快な騒音も抑えている。

搭載電源は、電圧変動が非常に少なく安定した動作が可能で、高負荷環境を想定した室温50℃での連続240時間に及ぶテストをクリアした高品質・高信頼性電源を標準で採用。

このほか、快適なプレイに欠かせない高性能ゲーミングレーザーマウスを標準で付属するなど、ゲームを知り尽くした「GALLERIA」ならではのパーツを厳選している。

また、Windowsの起動やゲームのデータ読み込み時間を劇的に短縮させるSSDの追加をはじめ、CPUのアップグレード、メモリやハードディスクの増量、大型CPUクーラーや、静音性・耐久性に定評のある山洋製ケースファンへの変更、ブルーレイドライブの追加など、各種カスタマイズに対応。さらに、人気のゲーミングマウスやキーボード、ヘッドセットなどのデバイス各種も同時にご購入可能。届いたその日から快適なゲーミングライフを楽しむことができる。

■GALLERIA ZZ 製品情報
・CPU: インテル(R) Core(TM) i7-7700K プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格4.20GHz, TB時最大4.50GHz, L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル Z270 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ: 16GB PC4-19200 (DDR4 SDRAM, 8GB×2, 最大64GB)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB
・SSD: 750GB SSD (SATA)
・ハードディスク: 3TB HDD (SATA 3)
・LAN: 1000BASE-T LAN
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: 800W 静音電源 (80 PLUS TITANIUM)
・OS: Windows 10 Home インストール済み


GALLERIA ZZ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクール、レーザーが出なくワンタッチのズーム機能を持つ「ロジクール Spotlight」を発売
深夜じゃないぞ!ドスパラ、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」を早朝販売
LIVA(Windows10)にHDMIケーブルと無線マウス/キーボードを同梱したセットモデルを発売
リンクスインターナショナル、Steamコントローラー、Steamリンクの取り扱いを開始
ドスパラ、ZBrushのための専用モデル 2機種を発売


MSI H270M BAZOOKA mATXゲーミングマザーボード [第7世代Core Kaby Lake対応] MB3858

bscriptionId%3DAKIAIM37F4M6SCT5W23Q%26tag%3Dmedi01-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB01N6II4SX" target="_blank" >MSI H270M BAZOOKA mATXゲーミングマザーボード [第7世代Core Kaby Lake対応] MB3858 [Personal Computers]
MSI COMPUTER
2017-01-06




深夜じゃないぞ!ドスパラ、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」を早朝販売

dos_20170308

ドスパラは、2017年3月11日(土)朝7:00より、ドスパラ秋葉原本店にて、最新グラフィックスカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」の早朝販売会を開催する。

販売会は、ドスパラモバイル会員を対象とした抽選方式となる。販売スケジュールの詳細は以下の通り。

■「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」早朝販売会概要
◆販売スケジュール
・2017年3月11日(土) 7:00AM~8:00AM 抽選券配布
 ドスパラ秋葉原本店前にて抽選券を配布。希望する人は店頭に並ぶ。
 ※スマートフォンにてモバイル会員証の提示が必要。

・2017年3月11日(土) 9:00AM~ 抽選発表+販売会
 ドスパラ秋葉原本店前にて抽選発表。当選者様には購入券が渡される。
 ドスパラパーツ館にて会計。

※注意※
・抽選時間に抽選会場にいない場合、当選は無効。
・商品の購入は、当日9:00AM~10:00AMのみ可能。
・ご購入は1人1点まで。
・複数当選した場合でも1点のみ有効。
・代理での購入は不可。

◆対象のお客様と抽選券について
・ドスパラモバイル会員:抽選券 1枚配布
・モバイル会員+プレミアムサービス加入者:抽選券 2枚配布

当販売会への参加にはドスパラモバイル会員(無料)の登録が必要。
当日の登録も可能。新規のご登録は下記を参照のこと。
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_members_apps

※プレミアムサービスに加入する場合は、事前に登録が必要・。
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_premium_member

◆会場
・抽選権配布会場 ドスパラ秋葉原本店
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-11-2 ロック2ビル1,2F
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-akb_honten

・販売会場 ドスパラパーツ館
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-10-8 中澤ビル
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-parts

イベント詳細ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
LIVA(Windows10)にHDMIケーブルと無線マウス/キーボードを同梱したセットモデルを発売
リンクスインターナショナル、Steamコントローラー、Steamリンクの取り扱いを開始
ドスパラ、ZBrushのための専用モデル 2機種を発売
レノボ、ゲーミングPCラインナップを一新。新ブランド「Lenovo Legion Y520」など4モデルを新発売
充電式で電源不要&接続不要なサイコロ型の超コンパクトプロジェクター






ドスパラ、オーバークロック仕様のPalit製「GeForce GTX 1070 GameRock Premium Edition」を発売

GTX1070_GameRock_Premium_01

ドスパラ最新のグラフィックチップであるNVIDIA GeForce GTX1070を搭載したPalit製グラフィックカード「GeForce GTX 1070 GameRock Premium Edition」を発売する。価格は5万2,980円(税込)。

PCゲーム愛好家のために設計された高性能グラフィックカード「GameRock」シリーズに新製品が登場。最新のPascal アーキテクチャとなるNVIDIA GeForce GTX 1070搭載モデルだ。

本製品はオーバークロック仕様となっており、通常のNVIDIA GeForce GTX 1070よりも高い処理能力をもち、これまで以上に快適な動作を実現している。今話題のVR(バーチャルリアリティ)にも対応。処理の重い3Dゲームだけでなく、3DCG作成やCAD、映像編集などの幅広い用途で快適に利用できる。

■製品詳細
製品名 : Palit NE51070H15P2-1041G
チップ : NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1070
接 続 : PCI Express ×16 (3.0対応)
メモリ容量  : 8GB
メモリバス幅 : 256 bits
メモリ種類  : GDDR5
ベースクロック  : 1,670 MHz
ブーストクロック : 1,873 MHz
メモリクロック  : 8,500MHz
モニタ出力  : DisplayPort×3 / HDMI / DVI
ボードサイズ : 285mm × 133mm × 58mm 2.5スロット
補助電源   : 8ピン×1


Palit NE51070H15P2-1041G

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
最大解像度16,000dpiのMOBA/MMO特化型ゲーミングマウスが登場
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント






ドスパラ、ファンレス仕様のGeForce GTX 1050Tiとオーバークロック版1080を発売

Palit_GTX1080_DUAL_OC_01

ドスパラは、最新のグラフィックチップ「NVIDIA GeForce GTX 1050Ti」及び「NVIDIA GeForce GTX 1080」を搭載したPalit製グラフィックカード「Palit GTX 1050 Ti KalmX」「Palit GTX 1080 DUAL OC」の販売を開始する。

Palit GTX 1050 Ti KalmXは、GeForce GTX 1050 Ti初のファンレスモデル。大型のヒートシンクを搭載することで排熱効率を高め、ファンレスでも十分な冷却性能を確保した。これにより、高負荷時に騒音の元となっていたファンの駆動音がなくなり、静音PCなどの用途でも安心して利用できる。

また本製品は、前世代の同価格帯製品に比べ、3Dの描画性能が大きく向上しているのが特徴。加えて、NVIDIA Ansel、NVIDIA G-SYNC、GPU Boost 3.0といった数々の最新機能にも対応。Pascalエントリーモデルでありながら、最新の3Dゲームを快適に楽しめる。

Palit GTX 1080 DUAL OCは、オーバークロックモデル。通常のNVIDIA GeForce GTX 1080チップセットよりも高い処理能力を持ち、これまで以上に快適な動作を実現している。今話題のVR(バーチャルリアリティ)にも対応。処理の重い3Dゲームだけでなく、3DCG作成やCAD、映像編集などの幅広い用途で快適に活用できる。

■製品詳細
〇Palit GTX 1050 Ti KalmX
チップ:NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
接 続:PCI Express ×16 (3.0対応)
メモリ容量:4GB
メモリバス幅:128 bits
メモリ種類:GDDR5
ベースクロック:1,290 MHz
ブーストクロック:1,392 MHz
メモリクロック:7,000MHz
モニタ出力:DisplayPort / HDMI / Dual-link DVI
ボードサイズ:182mm × 142mm × 36.5mm 2スロット
補助電源:なし
価 格:1万9,990円(税込)

〇Palit GTX 1080 DUAL OC
チップ:NVIDIA GeForce GTX 1080
接 続:PCI Express ×16 (3.0対応)
メモリ容量:8GB
メモリバス幅:256 bits
メモリ種類:GDDR5X
ベースクロック:1,620 MHz
ブーストクロック:1,759 MHz
メモリクロック:10,000MHz
モニタ出力:DisplayPort×3 / HDMI / Dual-link DVI
ボードサイズ:252mm×112mm×38.7mm 2スロット
補助電源:8ピン×1
価 格:6万9,999円(税込)


Palit_GTX1080_DUAL_OC_B-PA210A_S-PA677_S-PA67[1]


Palit GTX 1050 Ti KalmX
Palit GTX 1080 DUAL OC

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
レバー操作でフルフラットに!極厚クッションで座り心地も寝心地も抜群なチェア





GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント

1060

NVIDIAは、GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入した人を対象に、最前線のインディーズゲーム3タイトル「MAIZE」、「Redout」、「Raw Data」の中から好きなゲームを1つ無料でプレゼントするキャンペーンを開催する。2016年12月6日~2017年1月30日(先着順で在庫がなくなり次第終了)。

Finish Line Gamesの「MAIZE」は、トウモロコシ畑の中に隠された秘密研究施設を舞台にした一人称型のアドベンチャーゲーム。しゃべるトウモロコシやクマのロボットなど、コミカルなキャラクターが繊細で美しいグラフィックスで表現されている。34BigThingsの「Redout」は、人間が移り住んだという設定の火星と土星で、時速1000kmを超える臨場感たっぷりのスピードレースゲームを楽しめる。Surviosの「RawData」はHTC Vive向けにリリースされ、ルームスケールでのトラッキング機能を活用し、激しいVR SF戦闘に没頭できるアクションゲームだ。

■応募方法:
購入したメーカーの特設サイトよりクーポンコードを参照のうえ、以下の手順に従いダウンロードしよう。
1.https://redeem.geforce.com/ja-jp/ にアクセスして、クーポン コードと、自分の誕生日を入力する。
2.使用条件に同意します。
3.ユーザーの Steamアカウントでログインするように求められるので、アカウントを持っていない場合は、https://store.steampowered.com/join/ で作成する。これは、引き換え完了時にゲームが自動的に自分ののアカウントへ追加されるために必須のステップ。
4.[Sign in through STEAM (STEAM 経由でサインイン)] をクリックする。
5.STEAM のサインイン ページが表示されるので、ユーザー名とパスワードを入力。
6.ログインすると、NVIDIA が引き換えとCD キーを有効にするようアクセスすることを許可するよう求められるので、 [Allow (許可する)] をクリック。
7.引き換えポータルが再び表示される。
8.成功すると、自分のSteamユーザー名が表示されるので、自分が要求したアカウントかどうか確認しよう。もし間違えた場合は、[Cancel (キャンセル)] をクリック、[Continue (続行)] をクリックして手順を再開する。
9.自分の追加情報 (氏名、Email アドレス) と、GeForce ニュースレターの購読を希望するかどうか入力し、[Redeem (引き換え)] をクリックする。
10.ゲームが自動的に自分のアカウントへセットされる。成功するとその旨メッセージが表示される。
11.引き換え確認を含む確認メールが送信される。


キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設
Steam公式ハードウェアの日本国内販売を開始
ドスパラ、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコン「Diginnos DGM-S12Y」を発売
ネットラジオをエアチェック!Radikoなどのインターネットラジオを録音できるソフト





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ