ITライフハック

GfK

利用の拡大が続くタブレット端末 GfK Japan「012年4月期企業のタブレット型端末導入状況調査」

タブレット型端末導入状況


ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(通称:GfK Japan)は7月11日、国内企業約1800社のIT関連業務従事者に実施したアンケート調査より、企業のタブレット型端末の利用状況を発表した。

続きを読む

地デジ搭載一体型がパソコン市場をけん引!2011年上半期のITと家電を総まとめ



2011年上半期は、東日本大震災の発生直後に、テレビやパソコンの売り上げが2割近く落ち込んだ。しかし、3月末からは復興基調に転じたのだ。

調査会社ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンが2011年上半期の家電・IT市場動向を発表した。そこで、パソコン、タブレット、デジタルカメラ、携帯電話、薄型テレビなどの動向を見ていこう。

続きを読む

スキャナーが売れている!しかもシートフィーダータイプが急成長

iPad2をはじめ数多くのタブレットが登場したことでタブレット市場が盛り上がりを見せる中、意外な商品も人気となっている。それがスキャナーだ。
その中でも特にシートフィーダータイプの販売台数が急速に伸びていることが、ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK)の調査から見えてきている。果たしてその理由とは?

続きを読む

家電エコポイントはテレビ販売に貢献したのか?GfKが実態を調査

東日本大震災ですっかり忘れ去られた感じもあったが、空前の薄型テレビ特需を巻き起こした家電エコポイント制度が3月末で終了した。果たして、家電エコポイントはどのくらい販売に貢献したのだろうか。
ジーエフケーマーケティングサービスジャパン(GfK)は、家電エコポイント制度対象3品目(薄型テレビ、エアコン、冷蔵庫)の販売動向について調査を行った。そこから薄型テレビの販売が急増した実態が見えてきた。

続きを読む

家電市場は総じて堅調!エコポイント製品が全体を牽引

ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社は2010年02月15日、2009年の家電およびIT市場の販売動向を発表した。

■全体市場概要
厳しい景況感の中、家電製品の販売は全体的に堅調に推移。家電販売全体の約7割を占める家電量販店チャネルは金額前年比4.1%増となった。

5月に開始されたエコポイント制度により薄型TVは数量前年比34%の大幅増で、LCDTVは初の1,000万台超えとなった。また同制度の効果により冷蔵庫は大容量モデルが市場を牽引し、数量前年比微減ながら金額前年比では9%増と好
調だった。

パソコン、携帯電話、デジタルカメラは、通年で数量前年比マイナス。しかしながら携帯電話、デジカメは下半期にやや回復傾向となり、パソコンはWindows7効果によりリテール市場のデスクトップPCがプラス成長へ転じるなど、明るい兆しも見られた。

洗濯機、シェーバーは数量・金額とも前年比を下回った。洗濯機は高付加価値モデルが好調で平均価格が5%程度上昇した一方、シェーバーは市場の8割を占める男性用シェーバーで低価格モデルの数量構成比が増加した。

■TV:エコポイント成長の後押しを受け、数量前年比34%増と大幅成長
5月に施行されたエコポイント制度の後押しを受け、数量前年比34%増の1,394万台と前年を大幅に上回った。平均価格の下落基調は変わらないものの、数量ベースの市場拡大に伴い金額ベースでも18%増と好調だった。

特にLCDTVは数量前年比39%増、1,270万台と大きく伸長し、LCDTV単独で初めて1,000万台を突破した。PDPも12%増の114万台と二桁成長を遂げた。2010年もエコポイント制度の継続、アナログ放送の完全停波に伴う地上デジタル放送対応TVへの買い替え需要により、引き続き市場拡大が見込まれる。

■DVD:Blu-ray Discレコーダーが数量前年比103%増と躍進
全体市場は数量前年比4%増の761万台と微増ながら、金額ベースでは10%増と二桁成長となった。プレーヤーは数量ベースで前年を大幅に下回ったものの、レコーダーは数量前年比19%増の446万台と好調だった。

レコーダーの市場拡大を牽引したのがBlu-rayDiscレコーダー(BDレコーダー)である。BDレコーダは、DVDレコーダーに比べ4万円ほど高価であるものの、地上デジタル放送対応TVの普及を背景に、地上デジタル放送の画質を落とすことなく録画、保存できることから急速に市場が拡大、2009年は数量前年比103%増、292万台に達した。


■パソコン:Windows 7発売で、デスクトップPCに顕著な新OS発売効果
全体市場は通年で数量前年比2%減の1,373万台となった。リテール市場はノートPCの好調な販売が牽引し、10%増のプラス成長となったが、ディーラー市場は企業の投資抑制の影響を受けて、8%減のマイナス成長となった。金額ベ
ースは、平均価格の下落で、リテール・ディーラー市場ともに数量を下回るマイナス成長となった。

2009年10月22日の新OSのWindows 7発売を契機に、リテール市場ではそれまでマイナス成長が続いていたデスクトップPCが数量、金額ともにプラス成長に転じた。同時期に発売となったAppleの新製品も需要を後押しし、デスクトップPC市場では顕著な新OS発売効果がみられた。2009年12月にはデスクトップPC、ノートPCともにWindows7モデルの構成比は7割を超え、着実に新OSへの移行が進んだ。

■PCディスプレイ:フルHD対応比率が拡大
全体市場は通年で数量前年比7%減の384万台となった。リテール市場は、平均価格の下落により大画面モデルを中心に値頃感が高まったことで販売が伸張、同9%増のプラス成長となった。一方、市場の4割強を占めるディーラー市場は、企業における投資抑制やデスクトップPC市場の縮小などの影響を受け、同14%減のマイナス成長となった。

リテール市場では大画面化が進み、20インチ以上のクラスが数量構成比6割を超えた。特に21.5インチや23.0インチ、23.6インチなどのフルHD対応モデルが急速に広まり、フルHD対応比率は2008年の9%から、2009年は48%に拡大し
た。フルHD対応、HDMI端子の搭載、高コントラスト比など、機能面での優位性と値頃感の高まりが、販売を後押しした。

■デジタルカメラ:市場全体としては前年割れが続くが、ミラーレス一眼など新たな商材が登場
数量前年比は10%減の955万台と2年ぶりに1,000万台を割り込んだものの、下半期は上半期に比べ数量前年比のマイナス幅が縮小し、緩やかながら回復の兆しが見られた。

しかしながら、コンパクトカメラにおいては旧モデルに人気が集まった為、平均価格は昨年から9%減の23,700円に下落。結果、金額前年比は約20%減となった。一眼レフカメラでは、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼モデルの登場により、コンパクトカメラと一眼レフカメラの中間に位置する新しいセグメントが確立されつつある。下半期には一眼レフ市場の15%を占め、一定の需要を獲得している。

■携帯電話:数量前年比は13%減ながら、下期に回復傾向に
数量前年比は13%減の3,420万台と2年連続の二桁減となったが、下半期は8%減にとどまり数量減のトレンドに底打ち感が見られた。厳しい環境の中でiPhoneなどのスマートフォンが躍進し、通年での数量構成比は8%と、昨年の1.2%から急増した。

また引き続きカメラ機能が高画素化しており、1,000万画素以上のカメラ機能があるモデルは、2009年12月時点で11モデル、数量構成比では1%を占めた。今後も高画素カメラ搭載モデルが順次発売される見通しで、2010年は1,000万画素以上が主流になると考えられる。

■冷蔵庫:エコポイント制度が高価格帯への購入を後押し
販売台数は、数量前年比2%減の457万台ながら、金額前年比では9%増と好調だった。巣篭もり消費の影響で内食機会が増加したことが、大容量冷蔵庫に追い風となった。

更にエコポイント制度の効果も高価格帯機種の購入を後押しし、平均価格は2008年から約1万円(約12%)上昇した。また大容量化・省エネとともに、イオンなどによる除菌・鮮度保持機能が新たな訴求として定着し、600L台の大型サイド・バイ・サイド冷蔵庫の発売など、ラインナップの充実が進んだ。

■洗濯機:数量・金額ともに縮小傾向だが、省エネ対策の進んだモデルが増加
数量前年比は6%減の452万台、金額前年比は2%減となった。エコポイント制度の対象カテゴリーではないが、高付加価値モデルが好調なため全体の平均単価は昨年比で約2千円上昇した。

ドラム式・縦型ともに洗濯使用水量の削減が進み、80L未満クラスが2008年の13%から17%に拡大。また、多様化するライフスタイルに応じ、洗濯・乾燥までの時間短縮で「日常少量洗い」や、反対に10kgを「まとめ洗い」できる機種も登場した。冷蔵庫同様、イオンなどによる「除菌コース」が多くの高価格帯モデルで搭載され、消費者の清潔に対するニーズの高さが一層、鮮明となった。

■シェーバー:男性用シェーバーでは低価格帯の比率が高まる
全体市場では数量前年比2.5%減、金額前年比4.3%減となった。数量ベースで市場の約8割を占める男性用シェーバーでは5,000円未満の価格帯の数量構成比が48.9%と昨年から4.4%ポイント拡大、昨年に続き更に低価格帯の構成比が高まった。

低価格モデルであっても、「剃る」という基本機能においは十分な性能を持っており、コストパフォーマンスの高さから選択されたと考えられる。また女性用シェーバーは数量前年比1.2%減に対して、金額前年比は0.8%増となった。夏季ピーク時に高価格帯脱毛器が販売好調だったため平均価格が18%上昇、金額ベースでのプラス成長につながった。

■GfK Japanのデータって、なに?
全国有力家電量販店より、毎日POSデータを収集。モデル別であらゆるカテゴリーの動向を調査している。多くの市場データが出荷時点を捉えているのに対し、販売時点で実需を細かく追っているのが特徴である。

また、同様に総合量販店(GMS)や地域家電店、インターネットチャネルなどからも販売データを収集。家電以外にも、ゴルフ用品やDVDソフトウエアの販売データを構築している。

「2009年 家電およびIT市場総括」(PDF形式)
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
最新デジ一眼の魅力を探る!写真で見るキヤノン「EOS Kiss X4」
誰もが驚愕の映像!3Dテレビ「3D VIERA」が美しい理由
可愛いだけじゃない!テレビも映る8インチ液晶モニタ
こびとは入ってないよ!しゃべるカラー電子辞書が登場

【エコポイント対象商品】 TOSHIBA REGZA 19V型 地上デジタルハイビジョン液晶テレビ 19A8000K ムーンブラック
東芝 (2009-03-18)
売り上げランキング: 681
おすすめ度の平均: 4.0
4 コスト・パホーマンスにすぐれていますね!
4 大満足
3 値段を考えればいい商品かな
4 寝室用に購入しました
5 良かった~

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ