ITライフハック

HMD

Nintendo Switchを寝ながら120インチの画面で楽しめるHMD「EYE THEATER Type-C to HDMI変換アダプタ付きセット」

3_000000003098

サンコーは、「EYE THEATER Type-C to HDMI変換アダプタ付きセット」を2018年9月上旬に発売する。それに伴い先行予約を7月4日より開始する。価格は2万2,780円(税込)。

本製品は、Nintendo Switchを寝ながら120インチ相当の画面で楽しめるいわゆるHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)。従来通りゴーグルのように頭にかぶって使用する。VRゴーグルとは違うことに注意。

■4メートル先に120インチのスクリーンを置いたのと同じサイズ
モニターのHDMIケーブルをセットのNintendo Switch用HDMI変換アダプタに接続し、USBケーブルをUSBアダプタやモバイルバッテリーにつなぐ。変換アダプタをNintendo Switchをつなげば準備完了。モニターを除くと約4メートル先に120インチ相当のスクリーンが現れる。

1080p/1080iフルHD入力対応で、表示解像度は1280×800の高画質。目の前に広がる大画面と、とても明るい鮮明でゲームを堪能できる。また、変換アダプタをお手持ちのスマートフォンに繋げれば動画視聴も映画館さながらの大迫力で楽しめる。

約250gと軽量で長時間付けても疲れにくく、レンズ位置や明るさ、音量の調整もモニターゴーグル部分で調整が可能。ベッドにごろんと横になって大画面で楽しめるウェアラブルモニターでゲームもスマホも贅沢に楽しめる。

■製品仕様
●高画質ウェアラブルフルHD対応モニター EYE THEATER
・サイズ/幅160×奥行き63×高さ52(mm)
・重量/250g
・HDMIケーブル長/本体から約1620mm(コネクタ含む)
・電源USBケーブル長/HDMIコネクタから約655mm(コネクタ含む)
・CPU/KU7038
・対応解像度/1080p/1080i/720p
・表示解像度/1280×800
・仮想ディスプレイサイズ/120インチ相当(仮想視聴距離4m)
・映像/音声入力/HDMI1.4
・電源/USBより給電 DC5V
・音声出力/イヤフォンジャック3.5mmステレオ
・調整機能/明るさ:1~10、音量:1~10、眼幅6mm内で調整可
・HDCP/対応
・使用環境/0℃~40℃
・内容品/本体(バンド、HDMIケーブル、USB電源ケーブル)、ステレオイヤフォン(約450mm)、交換用イヤーパッド、遮光カバー、給電用USB-ACアダプター、HDMI延長アダプタ、日本語取扱い説明書
●Nintendo Switch用HDMI変換アダプタ「ACアダプタいら?ず」
・サイズ/HDMI変換アダプタ:幅59×奥行き142×高さ13(mm)
USB給電ケーブル(USB-C to USB-A):長さ1010mm
HDMIケーブル:長さ1510mm
・重量/HDMI変換アダプタ:38g
  USB給電ケーブル(USB-C to USB-A):19g
  HDMIケーブル:67g
・出力/HDMI
・入力/USB-C(映像入力プラグ)、USB-C(電源入力ポート)、USB-A
・対応解像度/1080p
・動作に必要な電力/5V/1A以上
※Switch本体をプレイしながら充電する場合は、純正のACアダプターまたは
   それ相応の出力が可能なモバイルバッテリーやUSB-ACアダプターをご使用ください。
・内容品/本体、HDMIケーブル、USB充電ケーブル、日本語取扱い説明書


1_000000003098


EYE THEATER Type-C to HDMI変換アダプタ付きセット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「スパゲッティーのパンチョ」全店で先着5,000名に「トッピング無料定期券」をプレゼントをする「ナポの日」イベントを開催
「妖怪ウォッチ ワールド」App Store&Google Playストアランキング1位獲得を記念してイベントを開催
富士山の山小屋「里見平 星観荘」でマルコメの甘酒と豚汁を販売。登山客に振る舞い甘酒も実施
見つける、集める、取り憑ける。妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」が登場
今夏に体験したいアウトドアレジャーは? 流行の「グランピング」も調査!(マクロミル)






秋葉原最大級のVR体験施設『ドスパラ VRパラダイス』にて『サークル オブ セイバーズ VR無料体験会』を開催

cos_freetrial_title


全国22店舗及びWeb通販のパソコン専門店「ドスパラ」は、2016年8月28日(日)の正午12:00より、秋葉原最大級のVR体験施設である「ドスパラ VRパラダイス」にて、「サークル オブ セイバーズ VR無料体験会」を開催する。



当日は、VRヘッドマウントディスプレイ「Vive」を用いて、VRを体験することができる。その体験用コンテンツとして、去る2016年7月17日(日)に開催された「Unity VR EXPO AKIBA」にて、“グッドコンテンツアワード1位”を獲得し話題となった「サークル オブ セイバーズ」が登場。

さらに、コスプレで会場に来場した人たちを対象に、クロマキー合成による現実とVRの融合「ミックスドリアリティー(MR)」を実施。VRを体験している本人だけでなく、周りで見ている人も楽しめる大迫力のコンテンツだ。

cos_img03


■コスプレのリアルタイム配信も
この「ミックスドリアリティー(MR)」の様子はYoutubeライブ、及び、秋葉原のPCゲーミング専門店「GALLERIA Lounge」に設置された大型街頭ディスプレイ「GALLERIA Vision」にてリアルタイム配信される。この機会に目立ってやろうと思う人は是非コスプレで参加しよう。

来場した人たちには、先着400名までレッドブル・エナジードリンクがもらえる。

※13歳未満のお子様はVRコンテンツを体験することができません。あらかじめご了承ください。

■ドスパラVRパラダイス「サークル オブ セイバーズ VR無料体験会」概要
・日時:2016年8月28日(日)12:00~19:00
当日秋葉原本店1F店頭にて11:15より整理券を配布予定。

※時間内出入り自由ですが、混雑の場合、入場を制限させていただく事があります。

場所:ドスパラ秋葉原本店5階「ドスパラ VRパラダイス」
住所:東京都千代田区外神田3-11-2 ロック2ビル5階

※秋葉原本店横のエレベーターをご利用ください。

参加費用:無料

体験ブースの配信について
・一般体験ブース×3 ※動画配信なし
・コスプレの方歓迎クロマキーブース×1 ※動画配信あり

コスプレについて
簡易の更衣室をご用意しております。必要な方はスタッフまでお申し付けください。

配信について
クロマキーブースにて行われる「ミックスドリアリティー(MR)」のリアルタイム配信を行う。
※意図せずお客様が映り込む場合があります。ご了承ください。

リリース


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
マウスコンピューター、4K Ultra HD解像度対応ディスプレイを発売
アスク、3GBメモリーを搭載したGeForce GTX 1060搭載グラフィックスカードを発売
COUGARからゲーミングマウス「Revenger」と超軽量ゲーミングヘッドセット「MEGARA」が登場
遊べるゲーム続々! サードウェーブデジノス、GALLERIA Gamemasterシリーズ製品発売開始
手のひらサイズで気軽に置ける!直感的な操作できる、コンパクトデスクトップPC「ASUS Chromebox」









最新のHMDがスゴい!ものすごい臨場感が体感できる「Oculus Rift」【デジ通】



ウェアラブルコンピューターの関連商品では、メガネ型端末(HMD系端末)や腕時計型など様々な機器を各社が開発中だ。ウェアラブル機器の一種と言えるHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)自体は、以前からあった。これまでの製品は、視点的にはかなり離れた位置に画面が見えるような製品で、例えるなら大きなディスプレイが目の前にある視覚、たとえば100インチのディスプレイが1.5メートル先にあるような感じがする製品だった。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ