ITライフハック

HOMESTAR

3,980円で約1万個の満天の星空を出現させる家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Relax」

main

セガトイズは、光学式家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」から、肉眼では見きれないほどの約1万個の星で、本物に近い星空と四季折々の星座絵を自宅の部屋に投影できる「HOMESTAR Relax(ホームスター リラックス)」を2018年6月28日(木)に発売する。価格は3,980円(税別)。

■ボタン1つで自宅を圧倒的な星空に変えてくれる
「HOMESTAR(ホームスター)」は、世界屈指のプラネタリウム・クリエーター大平貴之氏が監修し、ボタン1つでいつもの自宅を圧倒的な星空空間に変える家庭用プラネタリウムだ。自宅で非日常を手軽に体験できることが人気となり、世界で100万台以上の累計販売台数を誇るシリーズに成長している。

「HOMESTAR Relax(ホームスター リラックス)」は、手狭な一人暮らしの部屋でも置き場所に困らないようサイズダウンしながらも、光学式投影とスイッチひとつで簡単に投影できるという「HOMESTAR(ホームスター)」の特徴をそのままに、いつも見慣れた部屋の天井に鮮明な星々と共にまるでプラネタリウムで見るような幻想的な星座絵を映し出してくれる。

■不思議な球体としてのインテリア性も高い
シンプルな球体デザインの本体も淡く光り、お部屋全体をリラックスできる雰囲気で包む。就寝前に最適な15分オートオフ機能も搭載し、「HOMESTAR Relax(ホームスター リラックス)」で星座絵を投影したまま、眠りに就くこともできる。頑張った今日1日のご褒美に、「HOMESTAR Relax(ホームスター リラックス)」でプレミアムな15分を過ごしてみてはいかがだろうか。

■4色のカラバリを用意
「HOMESTAR Relax(ホームスター リラックス)」の本体カラーは、自分のライフスタイルに合った色を選択できるよう、ホワイト、ピンク、ライトパープル、パステルグリーンの4種類で展開される。また、ピンクには春の星空と星座絵、パステルグリーンには夏の星空と星座絵、ライトパープルには秋の星空と星座絵、ホワイトには冬の星空と星座絵を投影する星空原板を各2枚ずつ付属しており、誕生日や贈り物の季節に合わせて選ぶこともでき、ギフトなどにも最適なアイテムだ。

■商品概要
商品名:HOMESTAR Relax(ホームスターリラックス)
投影方法:光学式
商品本体サイズ:幅116×高120×奥行116(mm)
投影星数:約1万個
投影範囲:約の円状(天井までの投影距離が約2mの場合)
最適投影距離:2~2.3m
角度調整:0度~180度
付属品:専用恒星原板2枚(「日本の星空」、四季と月をテーマにした星座絵)、取扱説明書
素材:本体:ABS、 PMMA 台座:TPR 原板:ABS、 PE
対象年齢:15歳以上


sub1


HOMESTAR

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
もう見た? 博多華丸・大吉が応援!地方競馬を簡単に楽しめるサービス「SPAT4」新CM
Facebook日本語版の導入10周年を記念して限定のカメラエフェクトが登場
いくら課金した? 恋活・婚活マッチングアプリ利用の目的は?マクロミルが調査結果を公表
AIによる画像解析技術で食べものの写真をLINEで送ると糖質量・塩分・カロリーを表示する「糖質AIちゃん」
元祖バトルロイヤルゲームのモバイル版「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」がいよいよサービス開始






火星からみた星空を家庭用プラネタリウムで再現!「HOMESTAR Classic MARS」を発売

main

セガトイズは、世界初の光学式家庭専用プラネタリウム「HOMESTAR Classic」から、史上初めて火星からみた星空を再現する「HOMESTAR Classic MARS」を火星イヤーとなる2018年2月15日(木)に発売する。価格は1万1000円(税別)。

2018年5月にはNASA(アメリカ航空宇宙局)から火星探査機「インサイト」が打ち上げられ、本格的な火星研究が進められ、火星関連トピックの盛り上がりが期待されている。火星の地軸から想定した“火星から見た星空“の再現に成功したプラネタリウム・クリエーター大平貴之氏は、「火星は我々に最も身近な惑星。火星からみえる星空は、地球から見たものと一見似ているようで全く違う。おそらく今回の再現は世界で初」と明かしている。また、同時に「投影星空を火星の地軸に合わせた動きをさせるために、複数の回転軸をコンピューターで制御して仮想的に実現する業務用のプラネタリウム機と異なり、 HOMESTARではたった1枚の原板で再現できる決定的なシンプルさがある」とも語っている。

日常の部屋を、スイッチひとつで肉眼では見きれないほどの圧倒的な星数で星空空間に変える「HOMESTAR」で、まだ誰もみたことがない火星からみた星空を体験してみてはいかがだろうか。

■商品概要
商品名:HOMESTAR Classic MARS
投影方法:光学式
商品サイズ:幅159×高167×奥行151(mm)
投影星数:約6万個
投影範囲:約2.5mの円状(天井までの投影距離が約2mの場合)
最適投影距離:2~2.3m
角度調整:0度~180度
付属品:専用恒星原板2枚(「日本の星空と火星」「火星から見た星空」)、 ACアダプター取扱説明書
素材:ABS、 PC、他
対象年齢:15歳以上
発売予定日:2018年2月15日(木)


HOMESTARブランドWebサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
カルチャーに関連した記事を読む
「オムニ7」にVRを活用した“新感覚”のバレンタインショップVALENTINE PARADISE VR」がオープン
「dカーシェア」、“カーシェア時代におけるクルマの使い方”意識調査を実施
スマホRPG「オーディナルストラータ」本日より配信
C93冬コミは初日だよ! 冬コミに桃箱さん&mikoさん参加のお知らせ
「ニコニコ生放送」&「ニコニコチャンネル」2018年1月期TVアニメ新番組発表






家庭専用プラネタリウム「HOMESTAR」がPlayStation VRでも体験可能に

main

セガトイズのミリオンセラー家庭専用本格プラネタリウム「HOMESTAR」の満天の星世界を360度体験できるPlayStation VR向けソフト「ホームスターVR for PlayStation VR」が、ポケットから2017年12月20日(水)より配信を開始した。価格は980円(税込)。

「ホームスターVR for PlayStation VR」は、日本屈指のプラネタリウム・クリエーター大平貴之氏完全監修のもと、 NASAの天体データを基に星の位置や距離、色までも忠実に再現しており、 1等星から11等星までおよそ250万個の星による圧倒的な仮想空間を楽しめる。天の川やオーロラも出現、音楽データの入ったUSBを接続すれば、お気に入りの音楽を聴きながら心奪われるような星空体験が可能だ。

■商品概要
タイトル名:ホームスターVR for PlayStation VR
配布形態:PlayStation Storeよりダウンロード
ジャンル:家庭用プラネタリウム
価格:980円(税込)
対応端末:PlayStation VR
プレイ人数:1人
言語:日本語、英語
ダウンロードURL: https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP4111-CUSA10701_00-HOMESTARVR000001


sub1

sub2

sub3


(C)2017Pocket (C)Ohira Tech (C)SEGA TOYS

公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
手が届きにくい窓の外側や隅の方まで簡単お掃除。窓の裏まで楽々お掃除モップ「窓ふき名人」
Gzブレイン、2018年冬アニメ番組の視聴意向を発表。第1位は「七つの大罪 戒めの復活
DMM.make ROBOTS、ファースト・オーダーの機動歩兵ロボットの取り扱いを開始
「ぷよぷよ」×「駅メモ!」コラボイベント開催決定。ぷよぷよコラボでんこも登場
OPENREC.tv、「ジャンプフェスタ2018」における任天堂ブースのステージイベントを配信






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ