ITライフハック

HyperX

Kingstonよりゲーミングヘッドセット「HyperX CloudX Revolver Gears of War」が登場

gow_top
Kingstonのゲーミングブランドである「HyperX」より、ゲーミングヘッドセットCloudシリーズのXboxの公認ライセンス取得製品第2弾「HyperX CloudX Revolver Gears of War」が2016年9月16日に発売される。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万7,980円(税込)。

本製品は10月に最新作「Gears of War 4」の発売が予定されているGearsシリーズとコラボレーションしたモデルで、その外観にはGearsシリーズの象徴であるクリムゾン・オーメンがあしらわれている。製品仕様は既存のフラグシップモデルCloud Revolverに対して、最新の家庭用ゲーム機向けに調整や仕様変更を施したもので、単なるカラーバリエーションとは異なる。

本体はサスペンションデザインとHyperX独自の低反発クッションによるストレスのない装着感を実現しており、広大な空間を再現するオーディオ性能や、取り外し可能なノイズキャンセリングマイクによって、一段上のボイスチャットコミュニケーション、ゲームへの没入や音楽鑑賞が可能だ。そして、家庭用ゲーム機への接続時にマイクミュートと音量調整機能をサポートするインラインコントローラーを搭載している。

HyperX

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
幅約14cmのスリム筐体にハイパフォーマンスなシステムを構築可能なスリムATXケース
VRも快適に動作する自作PCセットに最新のMSI製パーツを使用した「パーツの犬モデルM-101」が登場
ドスパラ、「Vive」が快適に動作する推奨ノートパソコン2機種の販売を開始
日本エイサー、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を発売
PC-9801などが「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」に登録





KingstonのゲーミングブランドHyperXからXbox公式認定ゲーミングヘッドセット「HyperX CloudX」を発売

s-HyperX CloudX Headset


Kingston TechnologyのゲーミングブランドであるHyperXから、プロゲーミングヘッドセット「HyperX CloudX」が6月24日(金)に発売される。価格は1万5,990円(税込)。


HyperX CloudXは、耐久性に優れた白銀のアルミニウムフレームとマットブラックのボディで構成。基本設計はHyperX Cloud IIのものを踏襲しており、低反発素材の採用によるほどよい装着感、直径53mmの大型ドライバーを通して聞こえる明瞭な音声をXbox OneやWindowsモバイル機器などで体験することができる。

さらに、HyperX CloudXはシリーズ初の機能として、取り外し式マイクのミュートと音量調節機能を有したインラインオーディオコントローラーを本体直結のケーブル側に搭載しており、据え置きゲーム機での使用において効果を発揮する。また、Cloudシリーズ同様にTeamSpeackの認証を受けるほか、Discord、 Skype、 Ventrilo、 Mumble、 RaidCallという主要なボイスチャットクライアントにおいて正常な動作を確認しているとのこと。

なお付属品として、基本装備されているレザー素材のイヤーカップとは別に、ベロア(布)素材のイヤーカップを1組、PCに接続するための2mの延長ケーブル、携帯用のハードシェルキャリングケースが付属する。

HyperX

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


カルチャーに関連した記事を読む
明治座で日本の伝統芸能とアニメを融合させたミュージカル「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」を上演
国内有数のデジタルマーケティングの広告賞!「コードアワード2016」の受賞12作品が決定
東京ワンピースタワーに新アトラクション「360ログシアター ~The World of ONE PIECE~」がオープン
ゼンリンデータコム、「24時間テレビ 愛は地球を救う」のチャリTシャツ取扱店舗を案内するサイトをオープン
「モンスターストライク」テーマ曲の吹奏楽向けバンドスコアを、モンスト公式サイトで提供開始





Kingston、HyperXの次世代フラグシップゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud Revolver」を発表

マイルストーンは、「Kingston」のゲーミングブランドである「HyperX」より、ゲーミングヘッドセットCloudシリーズのフラグシップモデル「HyperX Cloud Revolver」を発表した。2016年5月16日発売開始で、価格は1万3,870円(税別)。
続きを読む

書き込みが最大530MB/秒の爆速SSD登場! Kingstonの新モデル「HyperX Savage SSD」を試す

つい先日、メモリーメーカーであるKingstonことKingston Technologyが新モデルとなるSSD「HyperX Savage SSD」を発表した。

これまで『Intel XMP対応でHaswell-Eをきっちりぶん回せるKingstonのDDR4メモリー「HyperX FURY DDR4」』や『読み書き速くて特大容量! Kingstonの「クラス10 UHS-I SDHC/SDXC SDA10/256GB」を試す』といった記事で紹介してきたように、同社はメモリーメーカーだけあってメモリーに関連するデバイス類を多く取り揃える。

そして、それぞれ用途ごとにラインアップが分かれている。中でも「HyperX」シリーズという名前は、性能を重視するハイエンドユーザー向けのブランドに位置づけられている。

たとえばHyperXシリーズのSSDは、「HyperX FURY SSD」、「HyperX 3K SSD」、「HyperX Savage SSD」、「HyperX Predator PCIe SSD」といった具合だ。FURYより3K、3KよりSavage、SavageよりPredatorといった形で差が設定されている。当然、PCI Express接続であるHyperX Predator PCIe SSDが最高性能となる。ただし、この製品は、サーバーなどの特殊用途向けであり、一般ユーザー向けの最高峰モデルに位置するのがHyperX Savage SSDとなる。

今回発表されたHyperX Savage SSDは、最小容量が120GB、それから240GB、480GB、960GBと倍倍で増えて行く。ほぼ1TBが最大だと理解しておくといいだろう。

今回、おそらく最も大きなボリュームで出荷されると予想される240GBモデル「SHSS37A/240G」(ノートパソコンとデスクトップパソコン専用インストールキット付)を入手することができたので、紹介していきたいと思う。

続きを読む

赤いあいつは3倍速い? KingstonのDDR3新ブランド「HyperX SAVAGE」を試す

これまで『安定動作で爆速なSO-DIMMメモリー!Kingston「HyperX Impact」をチェック』『爆速KingstonのDDR3 2666MHzモデルの性能は?「HyperX PREDATOR」を試す』『高速高耐久な2800MHzメモリーキット「HyperX PREDATOR」その性能に迫る!』といった記事でメモリーメーカーであるKingstonことKingston Technologyの「HyperX」シリーズを、たびたび取り上げてきた。「HyperX」シリーズは、高性能を優先するユーザー向けのブランドに位置づけられるメモリーモジュールで、ユーザーたちからも、そう認識されている。その高い性能は、ベンチマークテストでも実証されてきた。

またHyperXシリーズは、用途別に種類が分かれており、それぞれにブランド名が付いている。たとえば用途ごとに、それぞれ「BLU」ブランド、「GENESIS」ブランド、「PREDATOR」ブランドといった名前が付いている。それぞれのブランドで通常動作時のメモリークロックやCPUをクロックアップした際の追従性といった性格が異なるモデルが用意されている。

今回紹介する「SAVAGE」は、「GENESIS」の後継となる新しいブランドだ。安定性を重視しつつも、どこかに力を隠している。羊の皮をかぶった狼的な性格に位置づけられると言っていいだろう。今回は、SAVAGEブランドの2400MHzのメモリーモジュール「HX324C11SRK2/16」(16GB 2400 DDR3 CL11 DIMM(2組キット))のパフォーマンスをチェックしたので紹介しよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ