ITライフハック

IBM

J-WAVEにIBMのAI Watson を使って開発したラジオ版“AIアシスタント”誕生

main

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)では、日本IBMとIBMのAIである「Watson」を使って、史上初のラジオAIアシスタントを誕生させた。このAIは、川田十夢氏がナビゲートしているプログラム「INNOVATION WORLD」(毎週金曜 22:00~22:55 OA.)にてレギュラー出演が決定。 2017年8月25日(金)の放送に初登場する。

今回のAIのラジオ出演は、これまでにあるテキストを合成音声で読み上げるだけの内容ではありません。 AIならではの様々な企画を実施していくとのこと。

毎回登場するゲストのSNSや過去の取材記事、作品などのデータを収集してゲストの性格を診断。初回となる8月25日(金)のゲストはミュージシャンの佐野元春さん。 AIが大胆にも佐野さんの代表曲を分析して、この歌詞を書く人はこんな性格といった佐野さんの性格診断を実施する。果たして佐野さんの反応は?

また今後、様々な音楽データを学習させ、 AIがその日の天候、ニュース、 SNS等に応じて最適な選曲を行う。当初は少ないデータの中で的外れな選曲になる可能性もあるが、徐々に学習して最強の選曲AIを目指す。

そしてAIの声による番組ジングルもオンエア。流暢な英語でJ-WAVEのジングルになるとのこと。

このほか、SNSやネット上で盛り上がっているニュース、ワードをピックアップして今後のヒットや流行を予測するなどAIの機能を活かした企画を順次実施していく。

J-WAVEとIBMはこの、 AIを「Tommy」(トミー)と名付けた。今後Tommyが様々なデータを学習することでラジオAIアシスタントとして成長していく様子も番組を通じて楽しめる。初回オンエアは、8月25日(金)22:00-22:55。ナビゲーターの川田十夢とAI Tommyとの掛け合いにも注目だ。近い将来AI Tommy が一人で番組を作れるようになるのか期待しよう。

INNOVATION WORLD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
LINEショッピング、開始1か月半で会員数500万人を突破、店舗数は1.5倍に!
ヤマハ、「おもてなしガイド」の東海道新幹線車内での実証試験を開始
LINE Pay、スマートフォンのみで外貨両替が可能な「LINE Pay外貨両替」を7月24日から開始
LINE、新会社「LINE GAMES」を設立
東京メトロ AR技術を活用した土木構造物の維持管理教育用アプリの使用を開始






ThinkPadをNECで生産へ 2012年秋より日本で試験生産【デジ通】



レノボとNECパーソナルコンピュータは2011年7月より、NECレノボ・ジャパングループの元で運営されている。

それから1年が経過し、ユーザーの目に見える部分では、レノボのサポートサービスをNECに委託し、レノボのIdeaCenterにNECのTV技術を用いた製品が発表されるなど、いつかの点でその成果が出始めている。

さらに、一部の個人ユーザーに人気のThinkPadを、NECの米沢事業所で試験生産することを発表した。

続きを読む

ThinkPad X1風アイソレーションタイプへ! ThinkPad新シリーズのキーボード一大変更



2012年6月に発表されたレノボのThinkPadはキーボードが一新された。従来の7列キーボードからThinkPad X1風のアイソレーションタイプの6列キーボードへと全面的に変わった。ThinkPadは企業ユーザーや意識の高い個人ユーザーに支持されている。キーボードのような日常利用するインターフェースに関しては、特にこだわる方も多く、従来とは一新されたものは受け入れられるだろうか? ちなみにずいぶん前から廉価モデルのThinkPad Edgeシリーズのキーボードは、このアイソレーションタイプだ。続きを読む

ただ薄いだけじゃない!ThinkPad X1は米軍規格をクリア



レノボ・ジャパンは、ThinkPad史上最薄を実現し、デザインや機能を一新した新しい高性能モバイルノートブックPC「ThinkPad X1」を2011年5月17日より発売した。

続きを読む

女子エンジニアがコミュニケーションで心がけていることは?

ウェブ業界で活躍する女子エンジニアに集まって頂き、今回は、コミュニケーションのとり方について伺いました。エンジニアはまだ男性が多いと思いますが、そのなかでどのようなことを心がけてコミュニケーションをとられえているのでしょうか?
今回は主に「株式会社ユーザーローカル」所属のエンジニア、閑歳孝子さん、開発会社「株式会社アクシオン」代表の大山有美さんに伺いました。

続きを読む

女子エンジニアは大変ですか?

ウェブ業界で活躍する女子エンジニアに集まって頂き、今回は、仕事のやりがい・苦労されることなどについて伺いました。ウェブ業界にはまだまだ女子エンジニアが少ないと思いますが、そのなかで何を思い、どのように働かれているのでしょうか?

今回の座談会に協力いただいたのは、「株式会社ユーザーローカル」所属のエンジニア、閑歳孝子さん、開発会社「株式会社アクシオン」代表の大山有美さん、「株式会社ライブドア」所属のエンジニア、浅見亜希子さんです。

続きを読む

女子エンジニアが本当に作りたいウェブサービス・iPhone/Androidアプリとは?

今ウェブ業界で活躍する女子エンジニアに集まって頂き、エンジニアになったきっかけや、作りたいサービスについて伺いました。ウェブ業界にはまだまだ女子エンジニアが少ないと思いますが、そのなかで何を思い、どのように働かれているのでしょうか?

今回の座談会に協力いただいたのは、「株式会社ユーザーローカル」所属のエンジニア、閑歳孝子さん、開発会社「株式会社アクシオン」代表の大山有美さん、「株式会社ライブドア」所属のエンジニア、浅見亜希子さんです。

続きを読む

シリーズ最小・最軽量!レノボ「ThinkPad Edge 11”」が登場



モバイルノートパソコンは、どこにでも持ち歩ける大きさと軽さが魅力だが、パフォーマンス的に物足りなさを感じるユーザーもいる。そうしたユーザーに対して、レノボがまさに打ってつけのモバイルノートパソコンを投入する。

レノボ・ジャパンは2010年9月28日、ThinkPad Edgeシリーズの中で最小・最軽量となる、「ThinkPad Edge 11”」を発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

iPhoneひとつで仕事も人間関係もスムーズに!これであなたもデキる人



あなたは、周りの人の意見をまとめて、物事を決めたりするとき、どうしているだろうか?

評判や統計データをネットで調べたり、他人の意見を参考にすることが多いはず。しかし、いつも都合よくテーマにマッチした情報やみんなの意見をまとめることができるとは限らない。

そこで、自分で簡単にアンケートが採れるとしたらどうだろう。

自分でアンケートを作って実施できれば、テーマに合わせてみんなの意見が素早くリサーチできるだけでなく、思ってもみなかった良い意見を発見できるかもしれない。なにより、すぐに結果を集めてまとめられるので、仕事や物事の決定をテキパキかつスムーズに進めることができる。

オリジナル・アンケート・メーカー「アンケート君」は、そんなアンケートが簡単にできるスマートな無料ツールなのだ。

続きを読む

CPUを選択可能!ノートPC「ThinkPad」に新機種が登場



IT関連の企業に勤めている人の中には、ノートパソコンを持ち歩いている人も多いだろう。ビジネスマンが使うノートパソコンとして根強い人気を誇る「ThinkPad」に新たな機種が追加された。

レノボ・ジャパンは、企業向けノートブックPCの新たなメインストリーム製品となる「ThinkPad L412」、「ThinkPad L512」の2機種を2010年4月27日より発売した。
価格は、いずれもオープンプライス。直販価格は、「ThinkPad L412」が10万2,900円(税込み)、「ThinkPad L512」が10万2,900円(税込み)。

今回レノボが発表した2機種は、インテルの高性能プロセッサーであるインテル Core iシリーズプロセッサー搭載を搭載しているので、複雑なタスクも高速に処理することができる。

液晶ディスプレイは、「ThinkPad L412」が14.0型 HD液晶、「ThinkPad L512」が15.6型HD液晶を搭載した。いずれも1366×768ピクセルの快適な作業領域を提供してくれる。

いずれの機種もユーザーのニーズにあわせて、購入時にプロセッサーやOfficeソフトなどの選択が可能となっている。

ThinkPad 製品情報
レノボ・ジャパン株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
君はどれだけ知ってるか!インテルの豆知識や歴史がわかるサイトがオープン
ドラえもんも驚く!パソコン機器を離れて使える秘密兵器
余っているドライブを有効活用!トランセンド、耐衝撃性のポータブルHDDをリリース
前代未聞の大盛況!シルバーストーン、アキバで新PCケースを披露

Transcend SDHCカード Class6 16GB TS16GSDHC6
トランセンド・ジャパン (2008-03-05)
売り上げランキング: 134

究極のThinkPadか!パフォーマンス重視の新製品を発表

「ThinkPad T410s」


レノボ・ジャパン株式会社は、これまで以上に高いレベルのパフォーマンスと生産性をもたらす高性能ノートブックPC「ThinkPad」4機種を2010年1月7日に発表し、販売を開始した。

新製品は、ThinkPad Tシリーズの「ThinkPad T410」、「ThinkPad T410s」、「ThinkPad T510」と、モバイル・ワークステーションThinkPad Wシリーズの「ThinkPad W510」となる。

レノボ・ジャパンは、
「これらの新しいノートブックPCは処理能力が大幅に強化されており、CPUに高い負荷がかかる作業を行うビジネスユーザーに向けて、マルチタスクに耐えうるパフォーマンスを提供します。 」と、コメントしている。

■生産性の向上に貢献するテクノロジー
ThinkPadの新製品は、最大限の処理パフォーマンスを提供するために、インテル Core 2 Duoプロセッサーの新しいファミリーから、個々のコンピューティングニーズに合った最適なCPUを選択することができる。

遠隔でOSを修復できるインテル社の先進のvPro テクノロジーに対応したプロセッサーを選べることと、レノボのThinkVantageテクノロジーの優れた管理機能が組み合わさることによって、企業のIT部門は複数のPCの電力設定やインターネット接続プロファイルなどの様々な設定を遠隔操作で行うことができる

■起動・シャットダウンの短縮
新しいThinkPadは、レノボ・ジャパンより2009年10月6日に発表されている、Windows 7 Lenovo Enhanced Experienceに認定されている。

これによりシステムファイル、ハードウェア設定が新しいOSに対して最適化されているため、同じシステム構成で最適化されていないPCと比較した場合、アンチウィルス・ソフトウェアなどのPC機能の初期化までをも含め、起動時間とシャットダウン時間が短縮される。

■高感度のタッチ機能
「ThinkPad T410s」「ThinkPad W510」では、オプションでマルチタッチ・スクリーンを選択することができる。対応アプリケーションを使用した場合、ドキュメントやWebページ、写真等の閲覧に必要な「ピンチ」「ズーム」「タップ」「ページをめくる」などの多様な動作を、マウスを使わずに指を使って実行できるようになる

同時に最大4本の指を使った操作が可能なため、一人のユーザーだけでなく、他のユーザーと一緒に画面をタッチして共同で作業することも可能。レノボのマルチタッチ・スクリーンは高度な静電方式を採用しているため、感度が高く、指先のちょっとしたタッチにも素早く反応する。

また、レノボのThinkVantageテクノロジーの1つとして提供している、「SimpleTap」アプリケーションによって、ハードウェアベースのコントロールもタッチスクリーン上で簡単に行うことができる。

「ThinkPad」製品情報
レノボ・ジャパン株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
ファイル操作を極めろ!できるビジネスマンになる技
不要な情報を消去!高速化支援アプリでPCが快適に
HDDクラッシュで慌てないバックアップ&簡単・楽しいビデオディスク作成
ThinkPadの新たなアプローチ!AMD版の新モデルが登場

ThinkPadの新たなアプローチ!AMD版の新モデルが登場

「ThinkPad X100e」ヒートウェーブ・レッド


レノボ・ジャパン株式会社は2010年1月5日、ThinkPadブランドの世界をさらに広げる新製品として、すべてのビジネスユーザーを対象とした11.6型のウルトラポータブル・ノートブックPC「ThinkPad X100e」と、中・小規模企業向けに開発された13.3型ノートブックPC「ThinkPad Edge 13”」の2機種を発表した。
価格は、いずれもオープンプライス。

新製品は、ThinkPadのデザインに対するレノボの新しいアプローチが反映されている。
ThinkPad T、X、RおよびWシリーズに見られる従来のThinkPadデザインのクラシックな要素と、より先進的かつシンプルなデザインが組み合わされたほか、ユーザー個々のスタイルに合わせて選べるようカラーバリエーションを追加した。また、全体的にすっきりと洗練された外観を保てるよう、デザイン面で様々な工夫が凝らされている。

■AMDを搭載した初のThinkPad
「ThinkPad X100e」と「ThinkPad Edge 13”」は、業界で初めて AMDのコマーシャル向けプラットフォームブランドである「VISION Proテクノロジー」を採用し、ビジネス環境においてますます重要性が高まりつつあるビジュアル・コミュニケーションが強化され、ユーザーの生産性向上をサポートする。
「ThinkPad X100e」ミッドナイト・ブラック

クラシックなデザインに新しい輝きを - 「洗練されたシンプルさ」を実現
新製品は、ThinkPad製品で定評のあるトラックポイントを備えたキーボードのユーザビリティ、そしてハードディスクを守るActive Protection SystemやRescue and RecoveryをはじめとするThinkVantageテクノロジーなどの従来のThinkPadの技術を継承している。これらに加えて、これまでの ThinkPadシリーズとは大きく一線を画す特長がある。
「ThinkPad Edge13"」グロッシー・ブラック

・シンプルなキーボードを搭載
「ThinkPad X100e」、「ThinkPad Edge 13”」 とも、キー独立型のアイソレーション・キーボードを搭載している。また、「ThinkPad Edge 13”」のキーボードでは、音量調節、ミュートオン/オフなどの独立ボタンを省き、キーボード上の単独キー操作で行えるようにした。同じく、PCのロックやワイヤレス通信のオン/オフなどの操作も、ファンクションキーとの組み合わせではなく、単独キー操作で実行できる。

・タッチパッドの拡張
トラックポイントに加え、マルチタッチ・タッチパッドが拡張されたことにより、ピンチやズーム、スクロールなどの操作を容易にした。

・カラーバリエーション
「ThinkPad X100e」では、ミッドナイト・ブラック、ヒートウェーブ・レッド、アークティック・ホワイトの3色、「ThinkPad Edge 13”」はグロッシー・ブラック、グロッシー・レッドの2色のカラーバリエーションをご用意している。また、「ThinkPad Edge 13”」では、なめらかなメタルバンドがアウトラインを飾り、スリムで使いやすいボディをより一層引き立てる。

■「ThinkPad X100e」の主な特長
・AMD Athlon NeoプロセッサMV-40搭載
・最大4GBのDDR2メモリーを搭載
・250GBのハードディスク・ドライブ
・Microsoft Windows 7 Home Premium(32bit) 正規版もしくはMicrosoft? Windows? 7 Professional (32bit)正規版搭載
・LED バックライト11.6型HD (1366 x 768ドット)ディスプレイ
・マルチタッチ・タッチパッド搭載
・3つのUSBポート
・厚さ15.0mm~29.5mm、重さ1.5kg (6セルバッテリー搭載時)
・約5時間のバッテリー駆動時間 (6セルバッテリー搭載時)
・ミッドナイト・ブラック、ヒートウェーブ・レッド、アークティック・ホワイトの3色を用意
※「ThinkPad X100e ヒートウェーブ・レッド」については、レノボ・ウェブサイトでのCTO (Configure To Order:注文仕様生産)のみの販売となる

■「ThinkPad Edge 13”」の主な特長
・AMD Turion Neo X2 デュアルコア・プロセッサ L625もしくはAMD Athlon Neo X2 デュアルコア・プロセッサ L325搭載
・最大4GBのDDR2メモリーを搭載
・最大320GBのハードディスク・ドライブ
・Microsoft Windows 7 Home Premium(64bit) 正規版もしくはWindows 7 Professional(32bit) 正規版搭載
・LED バックライト13.3型HD (1366 x 768ドット)ディスプレイ
・3つのUSBポート
・厚さ17.0mm~31.3mm、重さ1.6kg (4セルバッテリー搭載時)
・約3.4時間のバッテリー駆動時間 (4セルバッテリー搭載時)最大5.2時間(6セルバッテリー搭載時)
・グロッシー・ブラック、グロッシー・レッドの2色を用意

レノボは、「『PCに何を求めるのか』という点について、お客様の声に耳を傾けました。その結果、堅牢性と信頼性を兼ね備え、ユーザビリティに配慮したデザイン、ビジネスにとって必要かつ十分なテクノロジーを搭載したPCを、お求めやすい価格で提供してほしいとの声が非常に多くあることが分かりました。このような声を踏まえ、従来のThinkPadファミリーに加わる新たなシリーズである「ThinkPad X100e」と「ThinkPad Edge 13”」を開発しました。」と、コメントしている。

「ThinkPad X100e」製品情報
「ThinkPad Edge 13”」製品情報
レノボ・ジャパン株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
自分好みにできる!パーツが選べるネットブックが登場
PCが無料でGetできるチャンス!VSPEC、特別企画を実施
完全無料!セキュリティを強化するテクニック集
ネットブックが見違える!ノートPC快適術

豪華ゲストも登場!レノボ、Windows 7パソコン発売記念イベントを開催へ

デュアルディスプレイの「ThinkPad W700ds」


レノボ・ジャパン株式会社は2009年10月24日~25日、秋葉原で開催した「レノボ Windows 7 パソコン タッチ&トライ イベント」に引き続く第2弾イベントを、11月7日より池袋サンシャインシティにてを開催する。

今回のイベントは、Microsoft Windows 7とレノボの先進のパフォーマンス・チューニング技術、Windows 7 Lenovo Enhanced Experienceの魅力をユーザーにお伝えするために企画されたもの。起動やシャットダウンの時間が大幅にスピードアップしたレノボ製品の魅力を存分に体験できるイベントとなっている。

また、今回はゲームやパソコンに詳しいタレントの伊集院光さんと現在大きな話題となっているニンテンドーDS向けのゲームソフト「ラブプラス」の姉ヶ崎寧々の声を担当している声優 皆口裕子さんをゲストに迎えたトークショーも同時開催される予定だ。

イベントの詳細
日時: 2009年11月7日(土)/8日(日) 10:00~18:00
場所: 池袋サンシャインシティ 噴水広場
    東京都豊島区東池袋三丁目1番1号
地図: http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/info/access_train.html

なお、「タッチ&トライ イベント」に参加してアンケートに答え人には、巻き取り式LANケーブル、もしくはRollbahnのメモ帳がプレゼントされる。

ゲストによるトークショー詳細
伊集院光さん 11月 7日、8日 12:00~
皆口裕子さん 11月 7日、8日 14:30~

レノボ・ジャパン
■関連記事
レノボ 山田氏に聞く!IdeaPadとThinkPadの日本市場でのゆくえ

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとパソコン関連の記事をみる
日本IBM 伊藤理事が語る!「ホームページ・ビルダー」が人気を得た理由
レノボ 山田氏に聞く!IdeaPadとThinkPadの日本市場でのゆくえ
NEC 渡邉氏が語る!NECのWindows 7搭載パソコンの特長とPC戦略
東芝 PCマーケティング 影山部長が語る!東芝のノートPC新製品とその戦略

日本IBM 伊藤理事が語る!「ホームページ・ビルダー」が人気を得た理由

日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 ソフトウェアパートナー事業 兼 GBソフトウェア営業 理事 伊藤 昇 氏


日本IBMと株式会社ジャストシステムは2009年10月28日、集客支援機能や商用テンプレートを用意し、商用に最適なWebサイトが手軽に作れるWebサイト作成ソフト「ホームページ・ビルダー14」の新製品発表会を開催した。

「ホームページ・ビルダー」は、IBMが開発したWebサイト作成ソフト。新製品は、Webサイトへの集客効果を高めるSEO対策支援機能や、業種ごとのクオリティの高いテンプレートを提供する機能が強化された。

希望小売価格は、通常版が13,143円(税抜)、ライセンス製品の利用料金は通常版(JL-Standard)が1万2,000円(税抜)~、アカデミック版(JL-Education)が6,000円(税抜)~。本年12月4日より提供開始の予定。

■日本を元気にするようなツールになって欲しい - 日本IBM 伊藤理事
日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 ソフトウェアパートナー事業 兼 GBソフトウェア営業 理事 伊藤 昇 氏


日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 ソフトウェアパートナー事業 兼 GBソフトウェア営業 理事 伊藤 昇 氏は、「ホームページ・ビルダー14」の化粧箱を手に持った伊藤理事は開口一番、「『日本の町や地域のWeb&携帯サイトを元気にしよう!』ということで1年間、今日のバージョンのために研究・開発を重ねて今日に至っています。」と挨拶。

昨今の経済状況などが厳しい折り、IBMとしてはユーザーに「ホームページ・ビルダー」を使ってもらい、ビジネスの成功を導けるようにという思いを込め、今回のバージョンを開発したそうだ。
IBMは1998年にホームページ・ビルダーを発売して以来、本製品で14年を迎える。このように長い間、ユーザーに親しまれている製品は、IBMの製品の中でも類い希なるものだという。

さらにホームページ・ビルダーは、日本の大和研究所の製品でもあり、日本人の手により開発されていることもありう、ユーザーのニーズに迅速に対応することができるだけでなく、日本のユーザーからの厳しい要望にも対応できる製品となっているという。

IBMはホームページ・ビルダーの開発に際し、初心者でもわかりやすいインターフェイスを心掛けるために、ユーザーを大和研究所に呼んで実際にホームページ・ビルダーを触ってもらい、ユーザーの反応を確認する検証を実施している。この検証により、ユーザーがどこで操作につまずいているのか、どこで時間を掛けているのかを把握して製品に反映している。これが、ホームページ作成ソフトとしての市場シェア10年間連続 No.1を実現でいている、
ホームページ・ビルダーが人気の秘密というわけだ。

また。ここ数年ホームページ・ビルダーが商用に使われるケースが増えてきたことから、「ホームページ・ビルダー14」ではSEO対策機能に対応、さらに増加中の携帯ユーザー向けに、マルチキャリア対応携帯サイト作成機能も向上させている。

最後に伊藤理事は、「商用ユーザーを意識してPCおよび携帯のキレイで集客となるサイトを作れるというのが、今回の14のコンセプトになります。小規模事業者様のビジネスのご支援となるツールとしてホームページ・ビルダーを使っていただきたい。話は大きくなるが、日本を元気にするようなツールになって欲しい。」と、ホームページ・ビルダーの特長と展開について語った。

なお、ホームページ・ビルダー製品は、事業拡大を目的とした新たな販売体制として、今回のバージョンよりパッケージ製品、ライセンス製品ともすべてジャストシステムからのみ販売する。
日本IBMは、今後も引き続き「ホームページ・ビルダー」の開発を行うとしている。

■ここが違う!新ホームページビルダー
「ホームページ・ビルダー14」は、従来のホームページ・ビルダーをベースに機能強化がはかられ、新機能も追加されている。
ここでは、とくに注目の機能をピックアップしてみた。
Webサイト作成ソフト「ホームページ・ビルダー14」

1.初心者でも簡単!SEO対策支援機能「SEOナビ」
検索エンジンでの検索結果に、自社のWebサイトが上位に表示されるようにするためのSEO対策支援機能「SEOナビ」を搭載した。

対策に必要な編集支援だけでなく、必要な設定ができているかどうかを確認するチェック機能も提供され、ユーザーが作成したWebサイトへの集客を支援してくれる。
SEO対策支援機能「SEOナビ」

2.商用に利用しやすい「プレミアムテンプレート」
「企業」「ショップ」「美容院」「飲食店」などのカテゴリーにより商用に利用しやすく、かつデザインクオリティの高い様々なテンプレートを、PCおよび携帯用サイトそれぞれ4~12ページのボリュームで10種類提供。テンプレートに最小限の変更を加えるだけで、容易に自社のWebサイトが公開できる。
商用に利用しやすい「プレミアムテンプレート」

3.CSSを簡単編集「スタイルエクスプレス」
外注で作成したWebサイトや市販のテンプレートなどに使われているCSSを直したいと思った際に、従来はCSSを知らないとうまく編集できなかった。また、編集画面上ではCSSを忠実に再現できなかったという課題もあった。

「スタイルエクスプレス」では、関係する全てのCSSをひと目で確認できる「スタイルエクスプレスビュー」機能や、CSSをより正確に再現できるような機能を向上させた。

4.携帯サイトにも対応!「ショッピングカート機能」のプラグイン
作成したページに、「ショッピングカート機能」を貼り付けるだけで、2,400円/月(税込)の格安料金でネットショップを開店することができる。さらにネットショップモール「e-shops」にも出店できる。

5.マルチキャリア対応携帯サイト作成機能の向上
マルチキャリア対応携帯サイト作成機能は転送時の操作性を大幅に向上し、さらに今回のSEOナビやプレミアムテンプレート、ショッピングカートの新機能にも対応した。

なお、パッケージ製品にはGoogleやYahoo! JAPANで検索した結果に表示される検索連動型広告を、各社5,000円分、合計10,000円分利用できるクーポンがセットになっている。検索されたキーワードに対して広告が表示されて効率的に集客することができるため、作成した商用サイトをさらに効果的に活用することができるようになっている。

ホームページ・ビルダー14
日本IBM
ジャストシステム

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとパソコン関連の記事をみる
レノボ 山田氏に聞く!IdeaPadとThinkPadの日本市場でのゆくえ
NEC 渡邉氏が語る!NECのWindows 7搭載パソコンの特長とPC戦略
東芝 PCマーケティング 影山部長が語る!東芝のノートPC新製品とその戦略
ネットブックより高性能!ライトノートも登場した「Windows 7博覧会」 - 後編
IBM ホームページ・ビルダー13 バージョンアップ版 書籍セット

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ